2006年01月25日

■白骨死体の正体は...

French murder was from a different era
フランスのニュース。ブルターニュ地方の海辺の町で、2年前に30代の女性のものと思われる白骨死体が見つかり、頭に大きな傷跡があること等から他殺死体と認定。警察は行方不明者のリスト等からこの死体の身元をずっと調べていたのですが、最近この死体に対する新たな調査結果が明らかになりました。
結論:「この白骨は550年前のものです」
放射性炭素年代測定法を行ったところ、1401年から1453の間で亡くなったことが判明。身元なんかわかるわけないよ(笑)2年間お疲れさまでした...

<ネタ元:Off beat-AFP

投稿者 ono takuya : 2006年01月25日 08:18 | トラックバック
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?