2005年04月30日

■カエルを救えパート

ヒキガエル大量爆死事件 謎の答
ここでは紹介していませんが、先週ドイツのアルトナ湖で、1000匹以上のヒキガエルが大量に膨れ上がり爆発して死ぬ、という奇妙な事件があり、「北斗神拳か?」「新種のウイルスじゃねえか」など、適当な憶測が飛び交っていましたがようやく原因が判明したそうです。ヒキガエルは自己防衛の際におなかを膨らませるそうなのですが、その際に「肝臓が啄ばまれ、胃に穴が開くと、血管が炸裂し、肺がしぼみ、その他の内臓が飛び出てしまう」というからくりだった模様。このことに気が付いた目ざといカラスどもが次々にカエルをこのやり方で餌にしていた、ということのようです。ひ...ひで...ぶ!(意味不明)
<ネタ元:海外ボツ!ニュース

投稿者 ono takuya : 15:02 | コメント (0)

■カエルを救えパート

Police save frogs from juicers
カエル関連ニュース、まずはペルーから。ペルー警察はカエルを原料とする精力増強ドリンクの販売メーカーの倉庫を検挙、約4000匹のカエルを救い出したそうです。『Frogshake』と呼ばれるこの製品はカエルをジューサーで液体と化したもので、リマでは男性のセックスパフォーマンスを強めるドリンクとして人気があるんだとか。救出されたカエルは自然保護区に帰されました。警察では「これは我々がカエルをジュースメーカーから救い出す新たな聖戦だ!」といきまいているそうです。飲んでみたいようなみたくないような...いや、飲めねーだろ、普通
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:52 | コメント (0)

2005年04月29日

■女バーテンダー、ババアをシェイク

女バーテンダー化粧注意され、女性をシェイク
駅のホームで、バーテンダーの女性が、汗をふいていただけなのに「こんなところで化粧するなんて」注意されたのにキレて注意した女性(65)の肩をつかんでシェイク。電車に接触させ、怪我を負わせた容疑で逮捕されたそうですよ。原文自体が普通に面白いので、ぜひニュースソースも見てみてください
<ネタ元:ZAKZAK

投稿者 ono takuya : 10:02 | コメント (0)

2005年04月28日

■プリティ・イン・ピンク

Pretty in pink
アリゾナからのニュース。新しい刑務所ができたので囚人を歩かせて移動することになったらしいのですが、移動中の脱走を懸念した警察が、囚人にショッキングピンクの下着とサンダルだけの格好で歩かせる、という手段を決行。こんなはずかしい格好で逃げれるもんなら逃げてみな、というところでしょうか。2マイル離れているということなので、...約6.4kmか...きっと安岡力也みたいな顔した連中が全員ピンクの下着で行進するという、インパクトだけならエレクトリカルパレードにも負けないようなすごい行列が見られたんでしょう、きっと
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 14:04 | コメント (0)

■ニュースフラッシュ

10万回のキスでブレア首相を支持!
もちろん写真にですけど。パフォーマンスアーティスト・マクゴーワンさんによるブレアへの支持表明ですと。どうせなら本人を襲っちゃえば(以下略)
<ネタ元:世界びっくりニュース
スカイダイブしながら『ニンテンドーDS』ワイヤレス対戦
ダイブの最中も問題なくワイヤレスで対戦できたそうです。いや、問題はそこじゃなくて。エクストリームアイロンにも通じる体育会系バカ、大好きです

<ネタ元:WiredNews
尿を飲みジャングルで7日間生き抜いた男、やっと水が飲めて感激
コスタリカのジャングルを散策中、アクシデントにより背骨を骨折して立ち上がれなくなってしまった男性の悪戦苦闘。ビバ水!
<ネタ元:AZOZblog

投稿者 ono takuya : 13:43 | コメント (0)

2005年04月27日

■優雅に食い逃げ

無銭飲食の達人、ついに捕まる
イタリアから。ローマで無銭飲食の男性が捕まったらしいのですが、その方法が「上品に着飾った男性客が食事を終えたあと、おだやかに払う金は無いと告げた」ですと。あとでわかったのは、この犯人は以前に96件も食い逃げで苦情がきていた、とか。堂々と「あ、お金ありませんから」とかやられたら「あれ...この人VIP?」とか混乱するに違いない。この手法、使えるかもよ
<ネタ元:世界びっくりニュース

投稿者 ono takuya : 12:31 | コメント (0)

2005年04月26日

■あ、すべっちゃった

Woman Finishes Anthem on Morning News Show
カナダからのニュース。ケベックにおいて行われたアメリカとカナダのアイスホッケー国際試合の前に、カナダの歌手が両国の国歌を歌おうとしたんだけど、うっかりアメリカ国歌の歌詞を立て続けに忘れてしまい、あわててカンペを取りにいって戻ってきたら滑って転んでしまう、という珍事があった模様。冗談のようなこの出来事に歌手のキャラロラインさんは会場を去ってしまい、結局国歌なしで試合が行われたみたいなんですけど、その後キャロラインさんはABCの「グッドモーニングアメリカ」という番組に出演し、歌えなかった国歌を最後まで歌い通したそうです。↓は滑って転んだ瞬間の映像。この後数秒は苦しくて動けなかったんだって。わかるわあ〜しかし国歌の歌詞を忘れるとは...大舞台のプレッシャーとは恐ろしいものですなあ

<ネタ元:Strange News - AP

投稿者 ono takuya : 13:40 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月25日

■刺さってるよ!!

Man woke to find knife in his face
ロシアからのニュース。友人を部屋に読んで泥酔し先に眠ってしまった男性が、夜中あまりの頭痛で起きてみたら、顔にナイフが刺さっていてさあ大変、パニクって隣人宅へ駆け込み救急車を呼んでもらうという事件があった模様。ナイフはほお骨を突き破って10センチほど刺さっていたようですが、幸い神経等を傷つけておらず、軽少ですんだそうです。ナイフには一緒に飲んでいた友人の指紋がついていたそうですが、彼は告訴等はせず、生きていただけで幸せだとコメントしているとか。いやー酔っぱらいども恐るべし。大昔アルコールは麻酔用だったっていうくらいだから、ほんとに麻痺してたんだろうね...わかるよ、酔っぱらってるときって転んだりしても痛くないもんね、ああ同類の匂いがする、ビバ酔っぱらい
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 23:06 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月24日

■裸で@

Students' naked performance causes outrage
成都の大学生が、ゴルフ場で41人で裸になり、自身の体で「@」を描くというパフォーマンスアートを行ったそうです。↓こんな感じね。しかし四川の音楽大学と成都の芸術大学では議論を巻き起こしたそうです。主催者のザンさんは大学のウェブでこんなコメントを。「来るべき世界の有力な力として、若さには義務があり、若さは力です!」
...若いって痛々しいよね...

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:44 | コメント (0) | トラックバック

■お犬様様様様

ペットの散歩1日3回しないと罰金 イタリア
イタリアはトリノからのニュースで、「一日に少なくとも3回はペットに散歩をさせないと、飼い主には500ユーロ(6万5千円)の罰金刑を課せられることが議会で承認される」そうですよ。しかし「イタリア全土では、すでにペットをいじめたり捨てたりすることは、一年以下の懲役と1万ユーロ(130万円)の罰金の有罪になることが決まっている」んですって。すごいなあ。今回の承認では自転車による散歩なども禁じているそうです。あと、金魚をビニール袋に入れて渡すのもNG。いい人たちなのか、ちょっと壊れ気味なのか、さてイタリア人ってやつは...
<ネタ元:世界びっくりニュース

投稿者 ono takuya : 09:24 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月22日

■やっぱりトイレは危険です

Cop accidentally shoots man while on loo
サンアントニオからのニュース。警官のクランシーさんが自動車のオークション会場でトイレに入ったのですが、ズボンを上げようとしたときにホルスターから拳銃がぽろり。拾おうとした瞬間間違って引き金をつかんでしまい、銃が2発暴発、彼のパンツに穴をあけ壁を突き抜けた弾丸が手を洗っていた一般人の男性に怪我を負わせる、という事件があった模様。なんか同じようなニュースを以前も紹介したような...気をつけようね、ほんとに
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 17:10 | コメント (0) | トラックバック

■つまらなかったので...

裁判であくびした男性に罰金刑
ABC振興会さんから、カリフォルニアのニュース。「裁判中にあくびをした陪臣員の男性が、【侮辱的な行為】だったとして裁判官から1000ドル(10万円)の罰金の支払いを命じられた」そうです。最終的に罰金は100ドル(約1万円)まで下げられたそうですが...。裁判を侮辱しているという裁判官の指摘にこの男性は「すみません。でも、本当に退屈だったもので」とコメントしたとか。正直っていうかバカっていうか...どうでもいいけど記事の後に紹介されてる、”妙な判決をすることで有名なチコネッティ判事”ネタの方がよっぽど面白いのでぜひチェックを!
<ネタ元:ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会

投稿者 ono takuya : 15:58 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月21日

■病院での出会い

Detective finds criminal - in next bed
ドイツからのニュース。とある犯罪者が入院したところ、隣りのベッドに寝ていたのは彼を追っていた担当の警官だったという事件がありました。犯人は41歳の「Uwe.G」。一連の強盗事件の後逃亡中で、虫垂炎にかかり入院。隣りのベッドには彼を調査していたチームの警官・ウォルターさんが膀胱の病気で入院していたそうです。犯人をみたウォルターさんはすぐに通報、病気が治り次第犯人は刑務所に移管される予定です。いやー冗談みたいなほんとの話。刑務所には入ったけど、彼は一生使えるネタを拾ったという意味では幸せ物です
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:56 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月20日

■意外とばれないんだな

ランダム生成された情報学論文が国際会議に受理される
MITの学生が「SCIgen」というプログラムを公開しており、これはコンピュータサイエンスの研究論文をそれらしい体裁で適当に生成するプログラム。もちろんつくられる論文は見た目がそれっぽいというだけで内容はでたらめなのですが、 これを試しに「WMSCI 2005」という国際会議に投稿したところ、普通に「受理」されてしまったというお話。おいおい誰もチェックしてねえのかよ
SCIgenはこちら。試しに名前を入力してみると...おお、すごい!自分が英語で論文を作ったかのようだ(笑)
<ネタ元:Slashdot Japan

投稿者 ono takuya : 09:22 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月19日

■おいしゃさんごっこ

内臓付のクマちゃんぬいぐるみ
古今東西製品情報で紹介されてました。「クマちゃんの体を使って、体や治療について子供にも分かりやすく説明できるかわいいヌイグルミ」だそうです。なになに...「血液に見立てた液体(ジュースなど)を手足の管から注入可能」!?変なとこ懲りすぎだよ(笑)!クマちゃんのぬいぐるみのチャックを開けたら内臓が...なんか嫌なトラウマになりそうで勘弁してほしいような友人の出産祝いに買ってあげたいようなそんな微妙な気分にさせるナイス商品ではないでしょうかどうでしょうか

<ネタ元:古今東西製品情報

投稿者 ono takuya : 10:20 | コメント (0) | トラックバック

■インドの結婚事情

New groom is well happy
これもANANOVAから結婚ネタ。インドのジャールカンドからのニュース。両親が自分の花嫁を見つけてきてくれないことに我慢ならなくなった18歳の少年ラジェッシュ君が、井戸(水ははっていなかったもよう)に飛び込み、結婚させてくれなきゃ死ぬと両親を脅迫。仕方なくラジェッシュ君の両親は隣村からの結婚の提案を受け入れ、48時間後に無事井戸を脱出、ヒンズー寺院でめでたく結婚式が執り行われたそうです。
...もう、バカ。バカばっか
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 10:06 | コメント (0) | トラックバック

■よりリアルに

Robot sex dolls
ドイツの飛行機整備士マイケル・ハリマンさんが、最新式のダッチワイフを発明したと発表しました。どの辺が最新式かといいますと、体内にヒーターを搭載しており、体温があるということと、心臓が入っていて脈を打つこと。他にもナニの最中に腰を振るなどの機能がてんこ盛りで、「奴等を本物を区別するのはほとんど不可能です。(私のロボットとのセックスが)本物の”それ”よりよいとき、私は幸せです」とコメント。でもセックスの最中ロボコップみたいにモーターがウィーンウィーンいってたらいやだなあ
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:45 | コメント (0) | トラックバック

■派手に結婚式

Bungee-jump wedding
中国でバンジージャンプ結婚式が行われました。スリル好きなホワンさんとチャンさんが二人の結婚式に際して自分達の発案で行われたもので、温州の遊園地にて決行。バンジーマシンの上で簡単な儀式をした後、二人でダイブ↓ホワンさんは「このスリルが将来の二人の結びつきを強くするんだ」とコメント。こっそり浮気とかのほうがスリルありそうですけどどうですか

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:26 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月17日

■鶏に接吻を

Man Saves Chicken With Mouth-to-Beak
アメリカ・コロラド州からのニュース。Safkenさんが、マウス・ツー・マウスで自宅の鶏を甦生させたそうです。ある日庭の水桶に飼っていた鶏が落ちぐったりして死んだようになったため、Safkenさんはまず足を持って逆さにして振ってみたんですと。それでも鶏は息を吹き返さず、彼は唇(くちばしか)に息を吹き込みはじめたそうです。するとまず鶏の片目が開き、すこしだけ口が開いたんですと。彼はすかさず叫びました...「死ぬのはまだ早いよ!!」
...あー、えーと...いい話でしたね
<ネタ元:Strange News - AP

投稿者 ono takuya : 13:30 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月16日

■とりあえずつけてみた

シャンペン・パラシュート
「古今東西製品情報」さんから。はじけとんだシャンパンのコルクにパラシュートをつけよう、というぜんぜんわけわからない発想がスキです。どうでもいいけどこのサイト、しょうもないパーティーグッズが充実しててなんだか楽しげ。つーか、売れ筋アイテムに力士の着ぐるみってどうよ。UKでは相撲ブームなのかネタとして笑われてるだけなのかちょっと気になったりならなかったり

<ネタ元:古今東西製品情報

投稿者 ono takuya : 13:31 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月15日

■おっぱいケーキですか

Hundreds to nibble on Jordan's boobs
世界一有名なシリコン巨乳モデルこと、UKのグラビアモデルジョーダンがこの程結婚することになったのですが、ケーキはやはりFFカップのおっぱい型にするんですと。お相手は昨年から付き合いのある(一発屋)歌手・ピーターアンドレ。どうでもいいけどニュースソースのタイトル↑「何百人もでジョーダンのおっぱいをかじる」って、まあ間違ってはいないんですけど...現在ケーキ職人が、最適な形を保てるようスポンジの素材を検討している最中とか。スポンジが重さでへこんでしまっては大変ということのようです。おっぱいケーキ...こんな感じなんでしょうかね?

※ジョーダンについてはこちらのページが詳しいです。
英国メディア発のテレビ・芸能情報サイト「Brits on TV」
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 23:22 | コメント (0) | トラックバック

■見つかったはいいが...

盗んだ携帯を局部に隠した女
えー、タイトルで一目瞭然。ルーマニアからのニュース。ピスティという町の混雑した店内で女性が買い物客から携帯を盗んだそうで、目撃者から通報があり捕まえてみたが携帯は見つからず。目撃者が絶対に盗むところを見たというので携帯に電話してみたらあそこからくぐもった発信音が...
盗まれた被害者は戻って来た携帯の受け取りを拒否しているそうです。確かに変なスメルがつーんとくるけいたいはちょっといやだ...
<ネタ元:Tokyo-Fuku-blob

投稿者 ono takuya : 18:26 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月14日

■ニュースフラッシュ

暴行牧師、断食宣言2日で断念
今話題の「聖神中央教会」ですな。いい感じのダメ人間っぷりです。

(・∀・)b GJ!!!! クールな行員、銀行強盗を追い返す
窓口で200万をよこせという強盗に係員は「お客様、この窓口ではご融資の相談は受けつけておりません。担当の窓口にお回りください」犯人途方にくれ逃亡→逮捕

ブリトニー学校新聞のために10歳少女の取材を快く受ける感動秘話が発覚! しかし実際は…
ブリトニースピアーズがヴェロニカちゃんという小学生の学校新聞の独占インタビューに快く応じるというちょっといい話のはずが、実はこの女の子の子のお母さんはタブロイド誌の人間だったというオチが。子供はスパイ。恐ぇ

ゴキブリをグチャッと噛み潰してしまった男性に賠償金14万円
ドイツのレストランで、男性がピーナツをガッと口に入れたら中にゴキブリが入っていてそれを知らずに噛み潰してしまった男性は...NO----------------!! 14万ぽっちで済んでいいんだろうか

50年前のウイルスを誤送−致死インフルエンザ再び?
世にも恐ろしい誤送ですな。アメリカの研究機関が6500ヶ所以上の研究施設に送りつけてしまったとか。現代の人間には抗体がないため、広まったら致死性なのは必至。いやがらせなのがテロなのか

投稿者 ono takuya : 09:46 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月13日

■破壊力は抜群

ネズミ退治のため!?300人のお婆ちゃんが裸でダンスする儀式
ちょっと衝撃的なニュースだったので、コピペさせて頂きます。以下AZOZblogより引用。
農作物を食い荒らすネズミを退治するため300人ものお婆ちゃん達が全裸でダンスするというイベントが南アフリカのリンポポ州で行われた。参加したお婆ちゃんの話によると、これは古代から伝わる伝統儀式だという。
「今回の儀式では、参加者の100人が畑で死んでいるネズミを発見し、川に死骸を投げ捨てた」とのコメントもあるそうですが、いろんな意味で破壊力のあるダンスであるのだけは間違いなさそうですな
<ネタ元:AZOZblog

投稿者 ono takuya : 10:37 | コメント (0) | トラックバック

■豚が飛ぶよ

Crowds Drawn to Pig Olympics in China
中国の上海で豚の飛んだり跳ねたりするレース、通称「ブタオリンピック」が大人気なんだそうです。やつら(豚)はショーとして1日に2度、走ったり泳いだり飛んだり(たいして飛ばないが)していると上海デイリー紙が伝えています。地方では一般的な豚のレースも都会ではなかなか見る機会がなかったので興味を引いているんですと。豚は怠惰で鈍いやつらだという認識を改める人が増えているそうよ。もう「このブタ!」などとは言えませんな、いや誰に言うのかは知りませんが
<ネタ元:Strange News - AP

投稿者 ono takuya : 10:24 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月12日

■これであなたもスマートに装着

Automatic condom fitter on display
えー、スイスはジュネーブで行われている国際発明品の展示会で、「自動コンドーム付け機(↓)」が話題を呼んでいるとか。どんな仕組みなのかはちょっとわかりませんが、とにかくあっという間にコンドームを装着できる器具なんですと。「コンドームが使いづらいと感じている男性はたくさんいます。この発明品なら行為中につけたことすら女性に気づかれないでしょう」とのコメントも。発明者のセックさんは地元のセネガルで既にこの発明で成功しており、国際的に売り込むために出品したそうですよ。あなたはきちんと装着できてますか(笑)?

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 00:48 | コメント (0) | トラックバック

■栄えある...なのか?

「村のまぬけ者」大賞を勝ち取った男性の受賞理由
アメリカはインディアナ州で、「村のまぬけもの」大賞が行われ、見事大賞に選ばれたのは「ストーリー町のマーク・カーマイケルさん」。屋根を修理しようとして送電線をのこぎりで切り落としてしまったらしいよ。ちなみに他の候補者の間抜けぶりは...
・700円のワインを出そうとして誤って6千円するワインを空けてしまった従業員
・180cc5000円もするトリュフオイルを使い(値段のことを知らず)ギシギシする便器を直したハウスキーパー
などがエントリーされてたとのこと。中身をその辺の日本酒とすり替えた「越乃寒梅(本来は一本6千円以上)」を「いやーやっぱ越乃寒梅はうまいね!飲み口が○■×...!」と騒いで飲んでいた私となんかたいして差がないようなおばかさんですね。ええわたしもバカだと思いますが何か
<ネタ元:ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会

投稿者 ono takuya : 00:26 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月09日

■秘密主義。

Teenagers use 'spy pen'
もいっちょANANOVAからほのぼの系ニュース。付属の特殊なライトで照らさないと普通の人には書いた字が読めないという「spy pen」が中国の武漢でティーンエイジャーに大人気なんですと。試験中だとか、ラブレターとかに使われてるそうだけど...何に使うんだろ?カンニングとか?うーんいいアイデア求む。地元の校長先生は「禁止すべき」と憤慨ですが、「このペンはとても便利。うちの母は私の日記を読むけど、これなら読まれずに済むわ」とコメントする学生も。いや、母さんもそのペン買うからきっと
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:44 | コメント (0) | トラックバック

■大当たり

£12K ring found in cooking sauce
えー、ケントからのニュース。ケビンさんがガールフレンドのために料理をしていたら、ソースの中から指輪がポロリ。調べてみたら12000ユーロ(約167万円!)もする指輪で約150年ほど前のものだと判明。これは誰かの家宝に違いないからと、もとの所有者を探している、というそうです。メーカーもとのユニリーバでは何でそんなものが混入したのか、現在調査中だそうですよ。一緒に切り落とされた指とか入ってたらいやだなあ...以前そういうニュースあったよね...
((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル
<ネタ元:ANANOVA
追記:ユーロとポンドを間違えた!正しくは12000ポンドで約244万円です!ごめんなさい〜...

投稿者 ono takuya : 09:31 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月07日

■リスペクトなのか悪ふざけなのか

ヨハネ・パウロ2世、コミックのスーパーヒーローとして《復活》!
タイトルのとおりですな。「世界びっくりニュース」から。先日亡くなったばかりのヨハネ・パウロ2世をなんとスーパーヒーローにしちゃったという話。変身後のヨハネ・パウロ2世は「ポープマン」となるのだ。「ポープ」とは法王のことらしいよ。ということは「超人法王マン」...!ちなみに、最近発売予定の第1巻では「先日、死去したポーランド人の法王が、バットマン、スーパーマンといった伝説のコミックキャラと出会い、サタンと闘うための超能力の使い方を学ぶ」という内容らしいよ。ひょっとしてバットマンは恐れ多くも法王の先輩という設定に...いや何も言うまい
ちなみにコロンビアからのニュースでした
<ネタ元:世界びっくりニュース

投稿者 ono takuya : 09:23 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月06日

■事実は小説より...

Suspect's Phone Tips Police to Burglary
アメリカはテネシー州からのニュース。男性二人組みが強盗の計画を打ち合わせしていたところ、うっかりポケットの中にあった携帯電話が911(日本の110番ね)を押してしまっており、計画が全て警察に筒抜けになっていた、というオバカ事件があった模様です。どうもショールームのトレーラーハウスにある冷蔵庫を盗もうとしたらしいのだけれど、行ってみたらすぐに警察が出てきて犯人も思わずびっくりという感じ。犯人が持っていた携帯電話の機能に、9を押されたら自動的に911に電話をかける機能があったらしく、それで何かの拍子に9が押ささって電話がいったようです。やっぱ電話は折りたたみにしとけってことですかねえ犯罪者の皆さん
<ネタ元:Strange News - AP

投稿者 ono takuya : 13:36 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月05日

■史上最古のポルノ像

Stone age porn
えー、ドイツからのニュース。ライプチヒの発掘で発見された小立像が、世界で最も古い7200年前のセックスの様子を表したものだと発表されたそうです。セックスが石器時代にはタブーではなかったことが証明されたとコメント。これには2通りの解釈があり、一つは儀式的な踊りの様子であり、もう一つはセックスの場面である、というもので、それもこの姿勢は男性が女性の後ろに立つという状態だそう。あ、石器時代のセックスは基本的にバックだったてことでいいんでしょうか
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 10:14 | コメント (0) | トラックバック

■お化け探知機発売

おばけ探知機能付きUSBメモリ発売
4月1日発売ですが、冗談ではないようです。どうせアメリカとかのインチキくさい会社が発売すんだろとか思ってたら...ソリッドアライアンスって日本じゃないですか〜!なになに、香港の電脳集団が開発したお化け探知機能ねえ。ソリッドアライアンスといえば寿司の形をしたUSBメモリ「SushiDisk」など、ちょっといっちゃった感じの強いメーカーですので、まあ、ありといえばありかな。どうでもいいがこのメーカー、HPを見てみると他にも「折りたたみ式ゴミステーション」やら「カロリーメーター付きボールペン」いやに間口の広い商品展開のよう。何でもいいからとりあえずUSBメモリにつけとけっていう発送は大好きです!これからもこの路線で!

<ネタ元:PCWatch

投稿者 ono takuya : 09:37 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月03日

■葬式は派手にしてくれや

妻からの最大のはなむけ―亡き夫の遺灰を花火に混ぜて、夜空に打ち上げ!
えー、タイトルのとおりですな。UKtodayの記事より。エセックス州のオリーブさんが、今年2月に83歳で亡くなった夫のロナルドさんに何かはなむけを、ということで思案した挙句の結果が...これかよ!花火を用いた葬儀を企画・提案している葬儀業者「Heavens Above Fireworks」が夫の遺灰を混ぜた火薬で18発の花火を生前彼がよく散歩していた公園で打ち上げたんですって。良識ある親戚が誰も反対しなかったのかどうかが微妙に気になるところですが...

<ネタ元:InternetJourney

投稿者 ono takuya : 10:07 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月02日

■それもエイプリルフール?

BBC asked to interview Marley
BBCテレビがドキュメンタリー番組を制作するにあたり、レゲエの神様ボブ・マーリーにインタビューの依頼を出したそうです…本人は1981年に死んでるんだけどね。レゲエスターに関する1時間のトリビュート番組にする予定で大ヒットした「No Woman, No Cry」などのショーも行う予定だったとか。BBCは「これはエイプリルフールではない、我々は非常に困惑している」とコメント。うーんもうこれはイタコ経由で出演しかないな、ビバ恐山
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 14:00 | コメント (0) | トラックバック

■イギリスのエイプリルフール事情

Britain's press play the fool
というわけで、エイプリルフールにはイギリスの大手新聞も大々的に嘘ニュースを報道してたわけですが、その概要はこんな感じのよう。
サン:ジプシーが650年前の法律にのっとってウィンザー城の芝生にキャンプを張っている。彼らはエドワード三世からテントをそこに張る許可を得た城の最初の建築業者の子孫であると主張とかなんとか
ミラー:羊がニューウェンブリーでサッカーグラウンドの手入れをしている。天然の肥料(うんち)がプレイヤーの科学アレルギーを減らすそうだ。「これは数世紀前の実際の方法であり、我々は別にバカを言っているわけではない」
デイリーメール:チャールズ皇太子とハリー王子がセクシーな下着を買っているところをスクープした写真を手に入れた。チャールズ皇太子は白と真っ赤な胴着のどちらにしたらいいか迷っていたとコメント。
...やっぱ皇室をネタにできるのはイギリスならではだな
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:46 | コメント (0) | トラックバック

■いやあぁぁぁぁぁ

口に自らの排泄物を入れ、警察の酒気検査をごまかそうとした男
えーと、上の文章のとおりです...カナダからのニュースで、犯人は59歳の男性。飲酒運転の疑いで警察署に連行される途中にパトカーの中で嘔吐、放尿、さらには脱糞までして、警察署に入ったとたんこぶしに握り締めていた自分のウンチを口の中に...おえぇぇぇぇもうこれ以上は勘弁してください(笑)
ちなみに、結局口臭からは規定値の2倍のアルコールが検出され逮捕。意味ないです。「あ、その手があったか」とか思った人、効き目ないみたいなのでやめた方がいいみたいです
<ネタ元:AZOZblog

投稿者 ono takuya : 09:33 | コメント (0) | トラックバック

■芸術のあそこ

ボンネット全体に彼女自身の下腹部をペイントしたVWビートルは危険すぎた?
ロスアンゼルスからのニュース。旧型のVWビートルのボンネットに、自分の下半身をペイント↓した車が街を走り回っていたせいで、追突事故が多発。ロス市警も仕方なくこの車を洗い出し、ボンネットを塗りつぶすように要請したとか。結果、この車の所有者は美容師のネリー・ノードさん。働きながら大学でデザインアートを専攻しており、これも一種のアートだった模様。はた迷惑なのかうれしいのか、男にとっては微妙ですな...
ニュースソースはこちら(画像あり)
<ネタ元:なんでも評点

投稿者 ono takuya : 09:21 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月01日

■4年に一度の祭典

「ダラリンピック」開催
チリはサンチアゴからのニュース。世界各国が日頃のどうでもいい訓練の成果をなんとなく競い合うかもしれないという「ダラリンピック」が開催している模様。昨日も「男子100m小走り」が行われ、中国の営・業中(3)がだいたい24秒で優勝したかもしれないとか。注目は明日の「サンポール投げ」で世界記録保持者のウクライナ出身レンタルスキーが期待されてたりされてなかったりで、それなりに盛り上がりを見せたり見せなかったりしているとかしていないとか(しつこい)
<ネタ元:Strange News - AP

投稿者 ono takuya : 16:46 | コメント (0) | トラックバック