2007年06月02日

■牧師が綴りを間違え結婚不成立に

Beach wedding spells trouble
 イギリスからのニュース。イングランド南西部、グロスターシャー州のカップルが、カリブ海の砂浜でロマンチックに結婚式を挙行したのですが、この際結婚証明書を書いた牧師がスペルを間違え、本国に戻った後で結婚が認められないという事態が起こっているそうです。
 この不幸なカップル、男性はマイク・グッドホールさん(37)、女性の方はハイジ・ローダーさん(34)。彼らが結婚式を挙げたのはドミニカ共和国。砂浜で結婚式を挙げたとき、牧師さんがマイクさんの苗字である「Goodhall」の「L」を、誤って「E」で書いてしまったもよう。帰ってきてから気づいたマイクさんは正しい証明書を送るように掛け合ったのですが、旅行代理店がその証明書を紛失しただとかなんだとかでトラブルが続き、すでに6ヶ月もかかっているようです。おかげで奥さんのハイジさんは結婚がイギリスで認められず、パスポートやクレジットカードを作るにも旧姓で登録しなければならないはめになっているとか...。ちなみに今回の結婚旅行、4000ポンド(約97万円)もかかっているんだって!
 他人の名前を書くときは慎重にね、ということでしょうか...関係ないけど、以前高校で「ワンダーフォーゲル部」に入っていたとき、山行の食料をスーパーに買いにいき、「領収書は”ワンダーフォーゲル部”でお願いします」と言ったところ、帰ってきた領収書には「ワンダーフォギルブ様」。俺、いったい何人なんだよ...
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 2007年06月02日 16:17 | トラックバック