Archive for the ‘いかす新製品系’ Category

7月

18

「コーヒー」→5ドル、「こんにちは、コーヒーを一杯お願いします」→1.75ドル。このサービスとは・・・?

By ono


PAMrvHGl
■注文がただの「コーヒー」はそっけないでしょう
 お客様にも礼儀は必要よね。というわけでアメリカからのニュース。丁寧に注文してくれたら段々値段が安くなるという変わったサービスを提案している喫茶店が話題です。
 さて、場所はヴァージニア州、ロアノーク。ここのとあるカフェがある日上の写真↑のようなサインを店の外に出し始めたのです。なんて書いてあるかと言いますと、

「コーヒーSサイズ」 5ドル(約530円)
「コーヒーSサイズをお願いします」 3ドル(約320円)
「こんにちは、コーヒーSサイズを一杯お願いします」 1.75ドル(約190円)

 注文する時の言葉遣いがそっけなくなるほど、どんどん値段が上がっていきます。この提案をしているのがロアノークのグランディン・ビレッジにある「カップス・コーヒー・アンド・ティー」というすごくそのまんまな名前のお店。ストリートビューで見たらこんな感じでした。
2016-07-18
■店員だって人間だ
 サインを発案したのはカフェの職員、オースティン・シムズさん。彼はテレビの取材に対し、
「店員も人間なんだってことをわかってほしくて。注文する時に”こんにちは”を言う時間すら惜しむような人たちからはより高い料金を取るべきだっていう思いを解決するために提案したんです。」とコメント。
 カフェのオーナー、オリビア・バードさんによれば、このサインは半分冗談で、今のところは実際に「コーヒーSサイズ」といったお客から5ドルを取ったことはないと説明。あくまでもお互い礼儀正しくやろうよという提案のようですね。

 確かに日本でも「お客様は神様」的な消費者の無礼な態度が時折話題にされますしね。お金を払うこととサービスを受けることはあくまでも対等なのであって、声かけ一つにしてもお互い気を使いたいものですね。

■共感から反発まで色々
 さて、この写真に付いた海外のコメントを一部紹介。

・「コーヒーをよこせ、殺すぞ」なら0ドルだな。
・「はい、元気?もし良かったらコーヒーを・・・」って頼んでくれたら、最高のサービスを受けられると思うな。飲食店業界の職員は毎日クソみたいな客を相手にしているからね。
・「(電話しながら)コーヒーS」は7ドルだな。
・15ドルやるからコーヒーを入れてくれ、代わりにその偉そうな物言いをやめてくれないかな。
・僕なら最初から5ドル払うよ。自分は基本礼儀正しく注文しているけど、いちいちおしゃべりをしたくない人の気持ちもわかるんだ。強制される礼儀?ごめんだね。

 賛否両論、色々あるみたいですね。お互いが配慮し合う優しい世界が理想なんだけど、マナーじゃなくて礼儀を強要されるのはどうなんだ、という気持ちもわからなくもないしね。

<ネタ元:Virginia cafe’s sign promoting politeness-based pricing goes viral

7月

2

【どうする】名字を”バーガー”」に改名してくれたら、一生ハンバーガー無料にするキャンペーン

By ono


1436937046694
■改名でバーガーが一生無料に
 一生ハンバーガーが無料で食べられる代わりに、自分の名字が「バーガー」になるとしたら、あなたらどうしますか?という話題です。オーストラリアからのニュース。名字をバーガーに改名してくれたら一生無料のサービスをするというバーガーショップが現れました。
 さて、このファーストフードチェーンは「ミスター・バーガー」。オーストラリアのメルボルンを拠点にしています。すでに今回のキャンペーンについては上に書かれていますが、もう一度キチンと説明するとこういうことです。

生涯ハンバーガーを無料にするキャンペーンを行います。該当するには2016年7月31日の23時59分までに法的に自分の姓を「Burger(バーガー)」に変更し、その証拠を提出しなければなりません。

■手数料分もお支払いします
 さて、同社のマーケティング・マネージャー、マレイク・エドワーズ氏は、今回の件についてこうコメントしてくれました。
「先週はとにかく大変な一週間でした。Brexit(イギリスのEU離脱)、選挙にひどい天候。これはすこしでも皆さんにとって明るい話題になるな、と思ったんです。」
 なるほど。これはみんなが明るくなる素敵な提案だ、と。
「これは少しだけ興味深くて楽しい、そして人生においてバカバカしいものを賛美する、そういうものです。」
 ま、名字を「バーガー」に変えるとと本人は「ミスター・バーガー」になりますね。ミスター・バーガーにとっては一生社名を名乗ってもらえるまたとない宣伝効果というわけでしょうか。女性だったらミス・バーガーになっちゃいますけどね(笑)
 また、実際に名字を変更した場合、同社では手数料分のキャッシュバックということで101豪ドル(約8千円)を進呈するとのこと。ただし、パスポートや各種カードなどの名義変更に伴う経費は自分の負担となります。また、すでに「バーガー」という名前の方は今回の対象にはなりませんが、同社まで連絡をくれれば、「その素晴らしいお名前に対し、商品券を贈呈したい」とのことです。

■一日一個が一生続く
 ところで、気になる「ハンバーガー生涯無料」の具体的な中身ですが、「週に7つのバーガーが無料を生涯サービス」ということです。一日一個、っていう計算なのですね。いつでも好きなだけ食べ放題、とはいかないのがちょっと残念かもしれませんが、飢える心配が無くなる、というのは大きいかもですね!
 さて、冒頭でも書きましたが、このサービスがもし日本でも行われるとしたら、あなたならどうしますか。名前だけならともかく、名字が変わっちゃうことには抵抗ある人が多いかも知れませんねー。

追伸:先日ミスター・バーガーからオフィシャルな発表がありました。それによりますと、ビクトリア州では改名を申し出た人がいたのですが、「不当な理由による改名は認められない」として申請書類が却下されたそうです。同社ではもしも申請が認められなかった場合には、その申請書のコピーを送ってくれれば、かかった分の経費を支払う、とのこと。また、めでたく改名に成功した人が既に一人誕生しており、終身無料のバーガーサービスが始まったことを伝えています。

参考:We’ve got bad news and we’ve got delicious news

<ネタ元:Fast food chain offers free burgers for life – if you change your surname to ‘Burger’

6月

17

開発中のロボットが研究所を脱走、道路が大渋滞に

By ono


Robot-escapes-laboratory
■たまたま門が開いていたので
 ロボットも自由が欲しいのかしらね。というわけでロシアからのニュース。研究所を勝手に出て行ったロボットが通りで大渋滞を引き起こし話題になっています。
 事件が起きたのはロシアの都市ペルミ。ここのプロモボット・ラボラトリーで人の質問に答えたり、道順を教えたりしてコミュニケーションが取れるというロボットが開発されていたのですが、このロボット「プロモボット」が研究所から出て行ってしまったようです。警察によれば、プロモボットは新しいバージョンの開発が進められており、独立して歩き回れる運動能力についての検査を受けている最中だった、とのことです。たまたま研究所の門が開けっ放しになっていたため、ロボットが出て行ってしまったのだとか。

■道路の真ん中でバッテリー切れ
 同研究所の担当技術者はこうコメント。
「ロボットは試験場所で独立した運動アルゴリズムについて学習しているところでした。これは現在プロモボットの最新バージョンの大きな機能を占めているんです。当社のエンジニアが門を閉めるのを忘れていたのです。それで、ロボットは逃げ出し、ちょっとした冒険の旅に出て行ってしまったのですね。」
 旅と行ってもこのプロモボットが外を歩いたのは門から164フィート(約50メートル)ほど。そこでバッテリーが切れてしまったために、ロボットは道路の真ん中で立ち止まってしまいました。これにより車がスムーズに走れなくなり、付近が渋滞となったのですね。交通警察が通報を受けて直ちに出動し、交通整理にあたるはめになりました。
 こちらがその時に撮影された映像です。

■本当に”閉め忘れた”の?
 警官も何か近寄りがたいのでしょうか。困った様子で遠巻きに眺めています。この後ロボットはプロモボット・ラボラトリーの担当者によって回収されたのですが、一部ではこれは同社による意図的な宣伝活動の一環なのではないかと邪推する人もいるようです。ま、確かに話題になりましたしね。道順を教える機能の前に、勝手に車道に出て来ないっていう機能もつけなきゃいけないかもですね・・・。

関連:
異形の”尻ロボット”、作ってる方は大まじめだった
 ロボットも色々。
刑務所もハイテク化?韓国が看守ロボットを導入予定
 2011年のニュースなので、すでに実践投入されているはずなんですが、どうなったのかしらねこれ?

<ネタ元:Robot escapes laboratory, causes traffic jam in Russian city

5月

31

もうすぐ父の日!パパにプレゼントしたい珍グッズベスト10

By ono


000
■冷遇されてる?父の日
 6月19日日曜日は父の日。一般的に贈り物の消費金額が母の日に比べて格段に少ないと言われている父の日ではありますが、そんな冷遇されている世のお父さんにこそ、金額じゃなくて愛のある贈り物をしたいものです。
 というわけで、ハフィントンポスト紙の「Super Weird Father’s Day Gifts For Your Super Weird Dad(ヘンテコなお父さんのためのヘンテコな”父の日”ギフト)」から10点を選んでご紹介いたしましょう。

1)ショット・アット・グラス
001
 ショットグラスならぬ「ショット・アット・グラス」。名前の通り、グラスに弾丸が突き刺さった瞬間を表現してみました。シャレのわかる、かつショットグラスでお酒を飲むお父さんに。Drunkmall.comで販売、15ドル(1700円)。

 まだまだありますよ。続きは以下の「Read more」からどうぞ!
Read more »

5月

28

「クジラのゲロ」をビールの香料にした新感覚ビールを開発!

By ono


27841098
■それはクジラが吐き出したもの
 ゲテモノ好きとしてはちょっと興味あるな。ということで、オーストラリアからのニュース。「クジラの嘔吐」を取り入れた新しいビールが開発されたということで、話題になっていますよ。
 これはオーストラリアのメルボルンにある醸造所が開発したもの。吐瀉物(としゃぶつ)、もっと有り体に言えば「ゲロ」なわけですが、マッコウクジラの吐瀉物限定、しかもただのゲロではありません。実は、マッコウクジラの吐瀉物にはまれにアンバーグリスという石のようなものが含まれている場合があり、この石がいい香りを発するということでビールにも入れてみようという発想になったようです。

■実は結構いい香り
 ちなみにこのアンバーグリス、クジラの食べたイカのくちばしの部分(カラストンビ)が消火されずに体内に残ったものが結石となって排出されたものと考えられています。実は古来から竜涎香(りゅうぜんこう)と呼ばれ、香水の原料として珍重されてきたものなのだそうです。
 商品名としては「Moby Dick Ambergris Ale(モビーディック・アンバーグリス・エール)」となっており、カラメルモルトでフルーティなフレーバー、バランスの良い苦み、という仕上がりになっているとか。同社のマリス・ベザイティスさんはこうコメントしています。
「アンバーグリスが香水業界で使用されているという話を聞いたとき、それがビールのスパイスとして使えないかな、と思ったんです。」

■原料はビーチで探す
 また、クリスティ・ベザイティスさんは
「何となく、”海”みたいなテイストかな。もしくは海洋動物の臭いというか。とても興味深い感じですよ。」とのこと。
 マリス氏曰く、今後数年分ビールを造るためのアンバーグリスは確保しているが、将来的にも安定して確保できるようなことも考えているんだとか。
「ビーチでアンバーグリスを見つけられるように、犬を訓練しようと思っているんです。」
 アンバーグリスは海辺に漂着することが多いため、浜辺を丁寧に調べれば見つけることができるんだとか。また、香水の原料としてのアンバーグリスは非常に高価で、一説には1gあたり2000円前後。大きな塊に出会えれば巨額の報酬も夢ではないのです。現に、2013年にはイギリスで見つかったアンバーグリスが1500万円もの価格になっています。ほのかにいい香りがするというので、犬を訓練して探させるというのはいいアイデアかも知れませんね。皆さんも浜辺で探してみます?

補足:
 wikipediaなどでアンバーグリス(竜涎香)を調べると、「マッコウクジラから排泄されたもの」となっているので、吐瀉物というよりは排泄物、という考えもあるようです。ゲロではなくウンチだ、ということでしょうか。ただ、今回の記事のビールも「whale vomit(クジラの嘔吐)」という表現を使っているので、オーストラリア的には口から出たもの、という認識なんだと思います。

<ネタ元:Australian brewery offers ‘whale vomit’ beer

 


QLOOKアクセス解析