Archive for the ‘いかす新製品系’ Category

9月

13

ハロウィンには攻めていきたい人のためのコスチュームベスト15

By ono



■まだ9月?いえ、「もう9月」です
 ハロウィンなんてまだまだ先でしょ、とおっしゃらずに。イベントは段取りが9割ですから!そんなわけで、ハロウィンには他の人よりもトンがったコスプレをしたい人のためのコスチュームを選んでみました。海外の通販サイトから抜粋しています。

1)エイリアンに拉致される男

 上の写真がそれです。いつの時代もエイリアンは大人気だと思います。ただし、グレイなどのコスチュームは顔もかぶってしまうのでイベント時には動きづらいのも確か。これなら顔はネイキッドですのでそんな問題もありません!49.99ドル

まだまだ続きます。下からどうぞご覧ください!

Read more »

11月

10

ウンチ人形から塗り絵まで、ドナルド・トランプ氏の珍グッズベスト9

By ono


f3d1b30d
■うんち人形から塗り絵まで
 さて、アメリカ大統領選挙はトランプ氏勝利という驚きの結果で幕を閉じた訳ですが、一応それ絡みということで。ドナルド・トランプ氏の選挙期間中に作られた珍グッズの数々をご紹介しましょう。

1)うんち人形
5820
 仲良くヒラリーさんと。これはお二人をバカにしている訳ではありません!スペインのカタロニア地方ではウンチを神聖視する文化があるのです。ウンチは大切な肥料であり、快便が健康の証ということもあって、排泄=豊穣や健康を意味するものという考え方なのですね。カタロニアではクリスマスが近くなるとカガ・ティオ(ウンチおじさん)がプレゼントを運んでくれる存在となっていて、様々な意匠のカガ・ティオが作られます。その中にはその年に流行した人たちもテーマになっており、トランプ氏やヒラリー氏もその一つという訳。どちらも1つ18ドル。興味のある方は是非「caganer.com」をチェックしてみて下さい!

他にも珍グッズをどんどん紹介していきます。続きは下からどうぞ。

Read more »

10月

16

オムツ愛好家(大人)のための専門ショップ遂にオープン!

By ono


baby1
■オムツ愛好家の大人達
 人のフェティシズムには際限がないなあ、と。というわけで、アメリカはイリノイ州からのニュース。大人のオムツ愛好家のための専門ショップ「タイケイブルス」がオープン、話題となっています。
 前提として、アメリカにはオシメなど赤ちゃんの格好をすることを愛して止まない人たちが集まるコミュニティというのが存在します。これは日本の「赤ちゃんプレイ」等とは違い、性的な目的を持ちません。純粋にそういう服装が好きなのです。ABDL(アダルト・ベイビー・ダイアパー(オムツ)・ラバーズ)といい、男性女性に関わらず、子どもの頃の格好をすることでリラクゼーションを得ることができるらしく、その数はアメリカで増加傾向にあるそうです。もちろんおしゃぶりなども愛用しているんだとか。

■専門ショップが遂にオープン
 そんな中、自身もABDLの一人であるというジョン・マイケル・ウィリアムスさん(30)がABDLのための専門ショップをオープンしました。とにかく、そういう指向の人たちのために必要なものは全てそろっているのだそうです。
 ラインナップは大人用のベビーベッド(?)、木馬、フロアジム、それに大人用オムツ各種。ブラックとイエローのレザー製オムツなど、大人向けならではの独自アイテムもあるのです。 
 タイケイブルスオリジナルアイテムもたくさんあり、中には「Refuse To Adult(大人お断り)」の文字も。
 前述のオーナー、マイケル・ウィリアムスさん(愛称は”トッド”)はこの14年間毎日オムツを着用しているというマニアの一人です。彼らは実際にオムツでおしっこをしたり、しています。

■大人の世界はストレスだらけ
 トッドさん曰く、
「私たちの提供するプロダクトは、幼児期のイノセントだった頃を表すものです。”大人として”私たちは現実世界の様々なストレスのある暮らしを生きなければなりません。でも、子どもの頃の心配やストレスと言えばサンタがちゃんと来てくれるかとか、サンドイッチに十分なピーナッツバターが塗ってあるかとか、そんなものでしたしね。」
 現実のつらさに疲れた大人達が子どもだった頃の良い思い出に浸りたい、そんな想いがあるのかもしれませんね。そういえば何年か前におぎやはぎの小木さんが一日オムツを着けて、放尿もオシメにするっていうチャレンジをしていましたけど、オシメにおしっこをするのは意外に気持ちいいみたいなことを言ってましたよね。気になる方は試してみても良いかも。クセになってしまったらちょっと危ないかもだけどね・・・

参考:お店を紹介するトッドさん

HP:https://tykables.com

<ネタ元:Adult baby who wears nappies day and night says his unusual dress-sense is about comfort NOT sex

10月

14

【ハロウィン】絶対にやめた方がいい最低コスチュームベスト10・2016

By ono


■知人の前ではやめた方が良いです
そんなわけで、仕事が忙しかったり体調を崩したりしているうちにもう10月14日ですよ!2週間近くもお休みしてしまいごめんなさい。今日からまた張り切って行きます。というわけでさっそく旬な話題を。10月31日のハロウィンを控え、コスチューム業界は盛り上がっています。今年も普通のイベントではきっとアウトなコスチュームを選んでみました。まずはこちら。
2016-001
 テングザルもびっくりな巨大な鼻。というか鼻オンリー。ソース記事には警告として「一晩中コカインジョークを聞かされることになっても良いなら着れば良い」。あー、鼻と言ったらコカインなのか、アメリカ人的には!
 Giant Schnoz Mask、24.99ドル

まだまだあります。続きはこちらからどうぞ!
Read more »

7月

18

「コーヒー」→5ドル、「こんにちは、コーヒーを一杯お願いします」→1.75ドル。このサービスとは・・・?

By ono


PAMrvHGl
■注文がただの「コーヒー」はそっけないでしょう
 お客様にも礼儀は必要よね。というわけでアメリカからのニュース。丁寧に注文してくれたら段々値段が安くなるという変わったサービスを提案している喫茶店が話題です。
 さて、場所はヴァージニア州、ロアノーク。ここのとあるカフェがある日上の写真↑のようなサインを店の外に出し始めたのです。なんて書いてあるかと言いますと、

「コーヒーSサイズ」 5ドル(約530円)
「コーヒーSサイズをお願いします」 3ドル(約320円)
「こんにちは、コーヒーSサイズを一杯お願いします」 1.75ドル(約190円)

 注文する時の言葉遣いがそっけなくなるほど、どんどん値段が上がっていきます。この提案をしているのがロアノークのグランディン・ビレッジにある「カップス・コーヒー・アンド・ティー」というすごくそのまんまな名前のお店。ストリートビューで見たらこんな感じでした。
2016-07-18
■店員だって人間だ
 サインを発案したのはカフェの職員、オースティン・シムズさん。彼はテレビの取材に対し、
「店員も人間なんだってことをわかってほしくて。注文する時に”こんにちは”を言う時間すら惜しむような人たちからはより高い料金を取るべきだっていう思いを解決するために提案したんです。」とコメント。
 カフェのオーナー、オリビア・バードさんによれば、このサインは半分冗談で、今のところは実際に「コーヒーSサイズ」といったお客から5ドルを取ったことはないと説明。あくまでもお互い礼儀正しくやろうよという提案のようですね。

 確かに日本でも「お客様は神様」的な消費者の無礼な態度が時折話題にされますしね。お金を払うこととサービスを受けることはあくまでも対等なのであって、声かけ一つにしてもお互い気を使いたいものですね。

■共感から反発まで色々
 さて、この写真に付いた海外のコメントを一部紹介。

・「コーヒーをよこせ、殺すぞ」なら0ドルだな。
・「はい、元気?もし良かったらコーヒーを・・・」って頼んでくれたら、最高のサービスを受けられると思うな。飲食店業界の職員は毎日クソみたいな客を相手にしているからね。
・「(電話しながら)コーヒーS」は7ドルだな。
・15ドルやるからコーヒーを入れてくれ、代わりにその偉そうな物言いをやめてくれないかな。
・僕なら最初から5ドル払うよ。自分は基本礼儀正しく注文しているけど、いちいちおしゃべりをしたくない人の気持ちもわかるんだ。強制される礼儀?ごめんだね。

 賛否両論、色々あるみたいですね。お互いが配慮し合う優しい世界が理想なんだけど、マナーじゃなくて礼儀を強要されるのはどうなんだ、という気持ちもわからなくもないしね。

<ネタ元:Virginia cafe’s sign promoting politeness-based pricing goes viral


QLOOKアクセス解析