1月

5

ダーウィン賞2009発表!

By ono   2010年1月5日


the_darwin_awards_250.jpg■恒例のダーウィン賞発表される
 毎年恒例ですね。今年もダーウィン賞が発表されましたよ!ちなみにダーウィン賞とは、
 「バカな人がそのバカさ故に死んでしまったために、後世に子孫を残さなかったので人類の進化に貢献した」ので賞をあげましょうという非常にブラックなアワード。毎年毎年、「なんで?ねえなんで?」というような死に方をする人が選出されているわけです。で、2009年の栄えあるダーウィン賞はこの方!

■ATMを破壊しようとしたら爆薬の量を間違えて自分達が爆死してしまった2人組の強盗
 ああ、バカすぎる…。ベルギーでの出来事のようです。お金が取り出せる程度の爆発で良いはずだったのに、何を間違ったのか火薬の量が多過ぎた。急行した警察は犯人の一人を見つけて病院へ搬送したのですがまもなく死亡。もう一人は逃走したのかと思っていたのですが、後ほど破片で見つかったそうです。
 それでは惜しくも2位だった方。

■渋滞に巻き込まれ、トイレを我慢できなくなった男性が車を降り、道路のフェンス飛び越えて向こうで用を足そうとしたところ、そこは線路をまたぐ跨線橋の上だったため下へ転落、死亡
 えーと、アメリカはフロリダから、だいたいは上記の通りの説明です。フェンスを越えたらそこは橋の上だった、という。彼は65フィート(約20メートル)落下し、死亡しました。担当したフォートローダーデール警察スポークスマンはこうコメントしています。
 「彼はたぶん、道があると思ったでしょう。そこには何もなかったのですけど」
 さて、第3位は今回にして史上初の女性受賞者が出ました。それがこちらの方。

■一度警察に救助されながら、自転車が惜しくて川に戻り溺れた女性
 いろいろと複雑なのですが、ノースカロライナ州からのニュース。2009年6月、グリーンズボロで大雨になり、多くの場所で水が道路に進水、交通が麻痺していたのですが、この女性はモペット(エンジン付の自転車のこと)でコンビニへ出かけました。ちなみにノースカロライナではモペットに関して免許は必要ありません。彼女は2年前に飲酒運転で実刑を受けてからこのモペットに乗っていました。
 彼女は道路が封鎖されているのを無視、警察も振り切って走っていったのですが増水した小川に転落。警察はロープを出して彼女を救出しました。その後警察は彼女から事情聴取。バリケードを無視したことやスピード違反について尋ねました。警察が一度パトロールカーに戻った際、まずいと思ったのか女性はまた川へとモペットを拾いに戻ってしまったのです。そのまま彼女は川に流されてしまいました。残念。

 …というのが今年のダーウィン賞。本家のサイトを見ると他にもノミネートされている方々が結構面白かったので、以下から簡単にご紹介していきたいと思います。それではどうぞ!

ノミネート1
■店舗に押し入った強盗、顔を金色のスプレーペンキで塗装して変装していたために呼吸困難に陥り逃走しきれず死亡(サウスカロライナ州)
 スプレー缶のラベルに「決して皮膚に使用しないで下さい」て書いてあるよね?とサイトでも言われています。

ノミネート2
■台風で停電、電気が回復しないのに業を煮やしたミル氏が戸外でぶら下がっている電線を電動ノコギリで切断しようとして感電、死亡(ニューヨーク州)
 ミル氏が立っていた場所も大きな水たまりのど真ん中でした。どう見ても危ないだろと思うのだが…

ノミネート3
■変電所施設に侵入、変圧器の上に立って小便をしたところ感電、死亡(テネシー州)
 こちらは1980年代の出来事として語られているのですが、事実は確認されていないというお話。みんなはやめようね。

ノミネート4
■鎮痛剤を処方してもらいたくて怪我をしようと走行中の車から飛び降りた男性、勢いが良過ぎて死亡(ミネソタ州)
 なんでも鎮痛剤に含まれる麻薬の成分が欲しかったんだとか…。管理人的にはこの人が一番ダーウィン賞っぽいんだけどなあ。

ノミネート5
■ハムの無線アンテナをあげていたら送電線に当たってしまい感電死した3人の家族(フロリダ州)
 ものすごい不注意ではありますけど、いまいちダーウィン賞っぽくないかも。

ノミネート6
■彼氏の車があまりにトロいので仕事に間に合わない、歩いた方がマシだと走行中の車から降りた女性、実は結構スピードが出ていて転落死
 気持ちはわかるけど、ほんとに降りちゃダメよね。そんなに遅くないわよ実際。

ノミネート7
■軍での訓練中、道路に寝ていたら車に轢かれて即死(ルイジアナ州)
 道路はすでに使われなくなった道だったということで、この方だけが悪いわけでもないような感じも。まあどっちにせよ道路で寝るのは危険なようです。

ノミネート8
■エールリング湖に遊びにきていた30歳男性、大雨で湖が氾濫しているのに乗じてベッドのマットレスを持ち出しサーフィンしようとして水死(ルイジアナ州)
 なんていうかこの男性、家のベッドのマットは空気の入ってるタイプだと思っていたそうです。ところが実際のマットはスポンジ式だったのでどんどん沈んでいったという…。

ノミネート9
■家の下に金が埋められていると夢で見た男性、毎日床下を掘っている最中崩れた土砂に埋まって死亡(インド)
 …。夢だね。夢だったんだね。いろんな意味で。

ノミネート10
■1000フィートの崖を滑り降りるチャレンジに失敗、滑落して死亡(オレゴン州)
 とにかく無謀なチャレンジだったようです。ご丁寧にも直前に友人に電話、「今から降りるぜ、下で会おう」と連絡した直後のお話。確かに会えたのですが…

ノミネート11
■バスに乗り遅れ走ってきた女性、方向転換したバスに轢かれる(カナダ)
 気持ちはわかるけど無茶し過ぎでした。結果的にバスは止めれたわけですが、命かけてまでやらなくてもいいよね、というお話。

ノミネート12
■庭にあるレンガの小屋を自分で壊そうとしていた男性、崩れてきたレンガにつぶされ死亡する(イギリス)
 何でも自分でやろうというDIYもほどほどに、ということでしょうか。

ノミネート13
■26歳の洞窟探検家、頭から入っていったら先が細くなっている場所で動けなくなり、救出できずに死亡(ユタ州)
 地元でも有名なNutty Putty Caveと呼ばれる広い洞窟だそうです。この事件は昨年の11月、AFP日本版でも報道されました。多くの洞窟探検家が訪れる場所でしたが、州では12月に洞窟の入り口を封鎖したそうです。

 一部を除き全て2009年の事件からでした。受賞した3件の方々にも負けないようなおバカっぷりが全開です。とにかく自分もこんな賞にノミネートされないよう気をつけないといけないな、と2010への気持ちを引き締めたい管理人でした。みなさまもお気をつけ下さい!

関連:ダーウィン賞2008発表!

<ネタ元:darwinawards.com


8 Responses so far

8番好きだなあ、災害が楽しみな子供心というか。こんな死に方はしたくねーな、と思うけど、どうせ死ぬなら笑い話になる方がハッピーかも。

今回の受賞者のところに「でも, こいつらそんなにお金には困ってなかったんだよね~, 逃走用に BMW 用意してるし」って書いてあるんですが, この自動車は本人の所有なんでしょうかねぇ.
以下業務連絡 (笑) ですが, ノースカロライナのやつは誤訳が混じってないでしょうか?
North Carolina does not require a license to own a moped.
です.

>taco様
またやってしまいましたね!「ノースカロライナ州ではモペットを所有するのに免許は必要とされない」ですよね。禁止じゃ逆じゃないですか…。
お詫びして訂正いたします。はー助かりましたー…
触れなかったのですが、陳腐な強盗の逃走車がBMWってのも微妙ですよね。

>clydemender様
気持ちはよくわかるんですよね、マットレスでサーフィン(笑)
日本じゃ空気式のマットレスはあんまりないですよね、残念です…
あれ、そういう話じゃないっけ?

みなさん、亡くなっているんですね~。ため息。
個人的には顔をペンキのスプレーで塗るだけで窒息死というのがびっくりでした。onoさんのコメント、どれもすごく面白いですが『…。夢だね。夢だったんだね。いろんな意味で。』というところに爆笑しました。いえ、笑ってはお気の毒なんですが…。

>penpen様
本当に。笑ってはいけないはずなのだけど、うかつにそうぞうするとつい「ぷっ」となってしまうのです。なんで?
こんな死に方だけはしたくないです。

ちょっぴりしたいかもだけど…(笑)

多分, ノミネート1 の「スプレーで窒息」は「顔を塗る」だけじゃなくって吸い込んじゃったんだと思います. 本当に顔だけなら窒息しないはず. でも, どうせなら全身金色のスプレーで塗りたくって「ご~るどふぃんが~」とかやってくれた方がおしゃれかも.
む, よく見たら 9 と 12 ってよく似てるな.

>taco様
スプレーの彼はあれでしょうか、ラッカー系のスプレーなどで有毒な成分を結構吸い込んでしまったんでしょうかね。窒息とはちょっぴり違うのかも。
ゴールドフィンガーですか?それぐらいはじけてくれたら受賞できたのに惜しいことをしましたよね(笑)

Leave a comment


QLOOKアクセス解析