1月

24

大家「小便は座ってしろ!床が汚れるだろ!」男「冗談じゃないよ!」→訴訟

By ono


toilet
■大理石の床が汚された?
 さて、勝つのはどっちだ?というわけでドイツからのニュース。居住者の男性がトイレで立って小便をしていたせいで床が汚されたと大家さんが男性を訴えるという出来事がありました。
 さて、この件は先日ドイツのデュッセルドルフにおいて裁判で争われました。建物の大家さんの主張はこうです。

居住者の男性がトイレで立って小便をしたせいで大理石の床が汚れた、だから入居時に預かった敷金から1900ユーロを修理に使わせてもらう。それから、床が汚れるので立って小便することを禁止する。

 居住者の男性はこれに猛反発。敷金を使うのも拒否するし、座って小便をするのも認めない、と言うのです。結局この建物に調査が入り、床の汚れが彼の小便(の跳ねたやつ)のせいなのかということが調べられました。

■立って小便は至って普通
 ・・・そして、結果。ステファン・ハンク判事は以下のような判決を下しました。

「男性は敷金が修理に使われるのを拒否して良い。また、立って小便することも認める。」

 というわけで、男性側の完全勝利。以下、説明が加えられました。
「昨今、男性は一家の主ではなく”家畜化”してきているが、立って小便をしている男性はまだ多く、一般的な行為と考えられる。建物の大家は、小便のしずくが跳ねることを事前に予想できたし、入居時にそのことをきちんと警告すべきだった。」
 そんなわけで、男性は立って小便をしても全く問題なし!という判決で終わった訳です。それにしても判事が「男が家畜化してきている」って断言しちゃうのも何だかすごいですねえ。ただ、この「小便は座ってしろ」問題、ドイツでは結構まじめに論議されておりまして、トイレなどに「立って小便するの禁止サイン」が貼ってあったりするそうです。また、一方で座って小便をする男性のことをドイツのスラングでは「Sitzpinkler(座り小便野郎)」と呼び、非常に人を侮蔑する言葉にもなっているのです。
 これ、日本だとどうなんでしょうね。発言小町なんかだとこんな相談を見かけますけど。

男性のトイレのしかた。座ってしてほしい
「洋式のトイレで立ってされると飛び散るので、うちでは出来るだけ毎回でなくていいので座ってしてくれるようお願いしましたが全く聞き入れてもらえません。」
お客さんにトイレの仕方注意できますか?
「心情的には座ってして頂きたいです。実際に注意するのはハードル高いですよね?」

 見てて面白いのは、「無理です。男として無理。」だとか、「イヤです。お断りします。男の沽券に関わります。」といった男性の書き込みがちらほら出てくるところ。やっぱ男の人は座ってするの嫌なのかなあ・・・しかしそこまでステイタスなのか?立って小便て。皆さんはいかがかしら?

<ネタ元:Judge: Landlords can’t stop men standing to pee

1月

22

夫の遺言で、生涯をクルージングで生きることに決めたおばあちゃん

By ono


MS_Crystal_Serenity_Trieste_1
■これからずっと船の上
 もう2度と丘では暮らさないのかしら。というわけで、アメリカからのニュース。夫の遺言を受け、全てを売り払いクルージングだけで暮らすことにした女性がいるそうです。
 この女性はリー・ウォッチステッターさん(86)。彼女の夫が7年前に亡くなる際、「決してクルージングを止めないように」と言い残したことを受け、一生クルージングして暮らすことに決めたのです。彼女は周遊船に乗り続けるため、年間10万8千ポンド(約2千万円!)の費用がかかっているそうです。7年前、フロリダのフォートローダーデールにある豪華な自宅と土地を売り払い、持てるもののほとんどを捨て、陸上での生活に別れを告げたのです。彼女は現在クリスタル・セレニティという船に乗っているのですが、655人いるというどの乗組員よりもこの船に長く乗っていると言います。
Lee-Wachtstetter
 ダンスを楽しむリーさん

■100か国以上を来訪
 もともと、彼女をクルージングの旅に誘ったのは銀行マンをしていた彼女の夫メイヤーさんでした。2人は50年の結婚生活の間に80回以上ものクルージングを経験しており、100以上の国を訪れているそうです。
 そんな中、リーさんはアジア諸国がとても魅力的だという感想を述べています。それは自分の故郷であるアメリカと国柄が全く異なっているからだ、とのこと。
「夫が97年にガンで亡くなった日の前日、彼は私に”決してクルージングは止めるな”って言ったんです。それがきっかけで、ずっと船に乗り続ける暮らしを選んだの。ストレスもないし、おとぎ話みたいな人生だと思ってるわ。」
 イスタンブールのグランド・バザーに行ってみたいと楽しそうに語るリーさんですが、客室の広さには限りがあるため、ものを買わないように自分を制止するのが難しいんだとか。他にも船上での暮らしは運動不足になるので、食後に2,3時間ダンスする習慣をここ数年続けています。それでも25ポンド(11キロ)太ってしまいました。
 もう2度と陸上生活に戻る気はないという彼女はネットを通じて3人の息子と7人の孫と連絡を取り合っています。そんな彼女のことを、船のディレクターを務める ヒューバート氏はこうコメントしています。
「彼女はこの船でとてもユニークな存在なんです。」

 家族だったり仕事だったり、人は自分の住む土地にそれなりに縛られて暮らしているものだと思うのですけど、お金に困らないからと言ってそうしたものを全て捨て去って生きるというのはなかなかできることではないですよね。そう言う意味でもちょっぴりうらやましい人生だなあと思うのでした。

<ネタ元:Widow, 86, lives on CRUISE ship for £108,000 a year after late husband said ‘never stop cruising’

1月

20

あっという間にスカートの中にテレビを隠して持ち去った窃盗犯

By ono


20140119
■それは一瞬の出来事だった
 まさにイリュージョン。というわけでコスタリカからのニュース。スカートの中に華麗にテレビを隠して持ち去った窃盗犯の女性が話題となっております。
 事件が起きたのは2か月ほど前、コスタリカのグアピレスという町です。とある店舗にやってきた女性がプラズマテレビを盗んでいったのですが犯人が捕まらず、先日遂に警察が犯行時の監視カメラ映像を公開して目撃情報を募ることにしたのです。
 監視カメラの映像によれば、女性は店舗に入ってくると手慣れた動作でテレビの入った箱をつかみ、スカートを広げて股下に挟むとそのまま何事もなかったかのように去っていきました。
 公開された映像がこちらです。

 店に入ってから商品を隠して出ていくまでたったの13秒。スカートに入れる動作はほんの3秒ほどです。もう一度写真で見てみましょう。
20140119-01
 1、
20140119-02
 2の、

20140119-03
 3っ!はい、消えましたー。

■情報を待っています
 事件を担当しているグアピレス警察ではこう発表しています。
「あまりにも手際が良かったので、この女性はきっと外でも同様の窃盗を何度も行っていると考えています。犯人と接触するため、我々はあらゆる住民からの情報を必要としているのです。」
 また、この事件を報じたデイリー・メールでも、あんな重たいものを股に挟んで、落とすことなく歩いて行ったのは驚きだとコメントしています。

 これだけ姿がはっきり写っていれば犯人なんかすぐに捕まりそうなものですが、そうもいかないんですね。しかしあんな状態で知らんぷりして歩いて行けるとは、なかなかの人だと思います。むしろ、どこまで挟んで歩けるか試してもらいたいね!

<ネタ元:Woman Snatches TV By Putting It Up Her Skirt (VIDEO)

1月

17

【危機一髪】ゴミをあさっていた男、ゴミ箱ごと収集車に放り込まれる

By ono


108
■気づいたら収集車の中に
 ついてない日だったんですね。というわけでアメリカはカリフォルニア州からのニュースです。ゴミ箱の中をあさっていたら、ゴミ収集車に放り込まれてしまった男性がいたそうですよ。
 事件が起きたのはカリフォルニア州のサクラメント。今週の火曜日、午後のことでした。ヨロ郡警察の調べによれば、リオ・リンダ地区で、とある男性が通りに出してあるゴミのバケツの中から自分の財布を探し出そうとごそごそやっていたのだそうです。そこへ通りかかったゴミ収集車が、男性ごとゴミのバケツをつかむと、中へポイッと入れてしまいました。なんということでしょう。
 ゴミと一緒に収集車に押し込まれてしまった男性は全く身動きが取れなくなりました。

■危うくブルにひかれるはめに
 保安官のトレス警部はこの件についてこうコメントしています。
「この仕事に入って27年になるけど、こんな事件は初めてだよ。男性は収集車の中に1時間ほど閉じ込められたと言っているが、実際は3時間近かった。車が埋め立て地に到着し、中のゴミを排出した時、ドライバーは人がゴミの山の中から這い出てくるのを見て大慌てになったという訳さ。」
 埋め立て地ではブルドーザーがが走り回っており、車がゴミをおろすとすぐにならしにやってくるのです。ドライバーは大急ぎでブルドーザーに合図を送り、こっちに来るなと呼びかけました。せっかく命拾いした男性は、危うくブルドーザーにひかれるところだったのです。

■午後だったのが幸いした
 以下、トレス警部の補足です。
「収集車はその日の作業の最後の方の巡回だったので、中にはそれほどゴミがありませんでした。もしも早い時間帯だったらゴミがぎっしり詰まっており、車の中でブレードに圧縮されていたでしょう。たぶん人間は圧迫死していたに違いありません。本当に運が良かったですよ。」
 この男性は名前が明らかになっていませんが、体に多少の痛みを感じるということですぐにサクラメントの医療センターへと運ばれたそうです。いやーほんと、危ないところでしたわ・・・。

 ところで、日本なんかだと収集車にゴミを入れるのは人間の作業ですから、中に人がいたりしたらすぐわかると思うんですよね。今回どうしてこんなことになったのか、不思議に思った方はちょっとこちらの映像をご覧下さい。アメリカのゴミ収集車の様子です。

 すごい!巨大なアームがバケツをつかんでは背中にボーン!運転手一人でやっているのです。このちょっと扱いが雑な部分も含めて、ザッツアメリカ。むしろ微笑ましいです。まあこんなですから、人がいても気づかずにボーンとやっちゃうこともあるのかも。
 ところでこの方、財布は見つかったのかな・・・?

<ネタ元:Man scooped up by garbage truck lives to tell about it

1月

15

【逮捕】間違えてドラッグの入った方のリュックを子供に持たせちゃったパパ

By ono


ad156599454lee_webb-__a_dop
■朝の大忙しでうっかり?
 うっかり・・・ではすみませんよ!というわけでイギリスからのニュース。保育園へ行く子供に誤って自分のリュック(ドラッグ入り)を持たせてしまったパパが逮捕されております。
 事件があったのはイギリス南部、フォークストーンにあるスマーティー・パンツ保育園。2人の子供を持つ樹木専門家のリー・ウェッブ(23)は、先日の朝、3才になる子どもにリュックを持たせると保育園へと送り出しました。

■タッパに白い粉
 ところが、子どもが保育園へ到着してリュックを開けてみると見慣れないタッパが入っています。先生が見つけて一緒に中を確認してみると、中からは驚くようなものがたくさん出てきました。
 まず、コカインがぎっちり詰まったタッパ。それに禁止薬物のメセドリン、計量用のスケールなどでした。どうやら朝、急いでいたせいで子どもに持たせるリュックを自分のものと間違えてしまったようなのです。保育園はその場で警察に通報。ウェッブの自宅にはすぐに警察が駆けつけ、彼は逮捕されることとなったのでした。
 ウェッブは法廷でドラッグの所有をしていたことを認め、4年の刑期を言い渡されました。判事のジェームズ・オマホニー氏は彼にこう述べています。
「あなたはクラスA・クラスBに相当する薬物が入っているリュックを子どもに持たせて、保育所へ連れて行きました。子供がドラッグのディーラーキットを持たされたのです。あなたの愚かさが子どもを危険にさらしたのです。」

 まあ、子供がいる家庭の朝はどこも大忙しですよね!いやドラッグは論外ですけど、カバンの持たせ間違いには我々も注意したいところです。

<ネタ元:Dad sends toddler to school with Tupperware box full of cocaine


QLOOKアクセス解析