9月

22

図書館のトイレで自分のあそこを計った男、逮捕される

By ono


thomasmorgan16
■それは図書館で起きた
 トイレで計るものと言ったら、あれですよね・・・。というわけで、アメリカはアイオワ州からのニュースです。図書館のトイレで自分のペニスのサイズを勝手に測った男性が逮捕されています。
 写真の男性はトーマス・モーガン、42歳。警察の発表によれば、「悪行公然猥褻罪」だそうです。直訳ですけど。警察曰く、
「モーガンは洗面所内で被害者男性の方を向くと、自分のペニスに定規をあてがい、長さを測った」とのことです。

■「怪しくて不快だ」
 被害者(目撃者)のコメントによりますと、モーガンはその後自分のペニスに対し、何かコメントをしたようです。ただし、男性は「怪しくて、かつ不快に感じさせられた」と警察に話しています。
 被害者男性がその後モーガンを刑事告発し、彼は逮捕されることとなりました。警察の質疑では、モーガンは自分の行いを認めています。また、自分はそのとき興奮してはいなかった、また”自分の好奇心が強いのが悪かった”と述べているそうです。
 その後モーガンはジョンソン郡刑務所に名前を記録され、千ドルの保釈金を支払って真夜中に解放されています。彼は9月23日に地方裁判所の予審に出頭することになっており、それまでは犠牲者と絶対に接触しないよう言い渡されているとのこと。

 なんでわざわざ人前で自分のペニスを計りたいと思ったりするのか全然わかりませんけど、いやわからないでもないですけど、勝手にやったらアウトだろうっていう。自分のあそこなんていちいち計ったりしない訳ですし、たまに自分のサイズがわからなくて不安になるっていう人は結構・・・いるかも知れない・・・のかな?どうかな?

関連:
イギリスでは毎年2000人がペニスの皮をジッパーに挟んで病院に運ばれているそうです

 なんかわかる気がする。とても痛いやつです
ニューヨークで「小さいペニスコンテスト」が開催!優勝したのは…こんな人
 まずはこの大会に参加する人のメンタルを表彰すべきかと思う

<ネタ元:Iowan Busted For Measuring Self With Ruler

9月

19

男「彼女のせいでハムスターがブタみたいになったんだ!」警察「そうですか・・・」

By ono


4e5bdd24f2f1fa0dba5e7cb144f3c57c_s
■山ほどかかるどうでもいい電話
 警察の皆さんも本当、大変だなー。というわけでイギリスからのニュース。あまりにどうでもいい用事で警察に緊急通報をしてくる人が多い中、中でもひどい最近の事例がいくつか報道されているようです。ご紹介します。

1)自分のハムスターに彼女がエサをやり過ぎる、と警察を呼ぶ男
 説明よりも、まずは公開されている音声の内容を紹介しましょう。
男「忙しいところすみません。私と彼女のトラブルをどうにかして下さい。彼女は私のハムスターを勝手に世話しているんです。」
オペレーター「ああ、そう。」
男「わかってますよ、バカバカしい話だっていうのはね。」
オペ「それで、それはあなたのハムスターだっていう話なんですね?」
男「そうです、私の小さなハムスターです。彼女が連れて行ってしまった。私はトラブルなんか起こしたくないんです。でも彼女は”私の方がうまく世話できるから”って。でも、結局あの子は太った小さいブタみたいにさせられてしまった。」
男「だからその、ハムスターをかわいそうなことにしたくないんです。あの子は私の誇りであり、喜びなんです。」
オペ「あー・・・」

 好きにしてよもう。あと、次はこんな方。

2)ハンバーガーにスパイスが入り過ぎている、と通報する女
女「私はプレーンのハンバーガーが欲しかったんです。私はスパイスに対してアレルギーがあるからって彼らに話しました。けれども、あなたがそれを食べられなかったとしてもお金は返せないっていうんです。」
 うーん、それはそうだろう・・・そもそも警察が介入する問題ではないんじゃないかな・・・。

 ノーサンブリア警察によれば、緊急通報の電話は年間で100万回かかっており、1日に400回くらい鳴るのだそうです。しかし中には、「クモをつかまえて」、「トイレの水があふれた」、「店が汚い」、「街灯が切れてる」などなど、警察と関係のない電話が山ほどかかってくるんだとか。こうした電話にも応答しなければならないためオペレーターの数を減らすことができず、それによって人的経費が何万ポンドも無駄にかかっているといいます。
 担当者曰く、
「役所など、地方自治体に行くべき問題の多くが我々のところへ通報されています。ほとんど照会サービスのようになっていることもしばしばある、ということです。我々は本来警察に緊急通報するのに適切な事案は何かということを知ってもらうために、今回いくつかの音声を公開することにしました。」とのこと。

 まあ、当人にとっては一大事なのかもしれませんが、どう見ても警察沙汰ではないよね、ということなのでしょう。警察の皆様も日々ご苦労様です。

<ネタ元:Listen as man calls police as his ex-girlfriend was overfeeding his pet HAMSTER

9月

17

車掌の手が自販機から抜けなくなり、電車が遅れるという事案が発生

By ono


img_9385
■突然起きた列車の遅延
 そんな理由で電車が遅れるのね・・・。というわけで、イギリスからのニュース。乗務員の腕が自販機から抜けなくなったという理由で電車が遅れるという事案が発生したそうです。
 BBCによりますと、事件が起きたのは今週木曜日、イングランドのラグビー駅。ワーウィックシャーのファイア・アンド・レスキュー・サービスは通報を受けて同駅へと急行しました。スポークスマンの発表によれば、
「電車に乗っていたスタッフが自分の手をコーヒー・マシンに突っ込んで抜けなくなった状態にあることを確認しました。」とのことです。

■レスキュー隊も四苦八苦
 かなりがっちりと機械に食い込んでいたようで、「手が抜けなくなったスタッフ」を救出するためには、油圧式の切断機械を使わなければならなかったそうです。また、腕に軽い裂傷を負ったスタッフは一応救急車で近くの病院まで運ばれた、とのこと。
 この事故のため、ホーリーヘッドからロンドンへ向かう途中だった電車は役20分遅れることとなりました。ただ、同駅を通過する他の列車には影響は無かったようです。

 電車に乗っていたスタッフがコーヒーの自販機から手が抜けなくなったっていうことなんだけど、あの機械にそんな危険あったんですねえ・・・?たぶんカップが最初に出て来て後から注がれるやつですね。缶コーヒーとかじゃなくて。時間に余裕が無い時ほど無理をすることってあると思うんですけど、そう言えば以前コンビニでセルフ式のコーヒーを入れてて、急いでいるもんだから「できました」の表示が出る前に外のふたを開けようとガチャガチャやって怒られたのを思い出しました。気持ちだけは余裕を持って行動を、ですね。

<ネタ元:Railway worker with hand caught in vending machine delays train

9月

13

窃盗で逮捕の女性、盗んだのは「フライドポテト3本」・・・3本?

By ono


b6ff_s
■首都で起きた凶悪?窃盗事件
 あげちゃえよもう。フライドポテトだけに。というわけでアメリカはワシントンD.C.からのニュース。警官からフライドポテト3本を盗んだ女性が逮捕された、と話題になっております。
 事件が起きたのは先週の水曜日、午後9時45分頃。場所はワシントンD.C.にある「イタリアン・ピザ・キッチン」。ホワイトハウスに近い場所だそうです。ここで警官が食事をしていたのですが、その女性は警官の隣に座り、会話を始めようとしました。

■知らんぷりして取って行く女性
 その直後です。女性は話をしながら、警官の食べていたトレーからフライドポテトを勝手に取り、食べてしまいました。警官は女性にやめるよう注意したのですが、女性は何食わぬ顔でもう1本、警官のフライドポテトを食べたそうです。警官は、今度は強くやめなさいと要求。それ以上取ったら逮捕するから、と女性に警告したのです。
 ところが、女性はまったく気にも留めません。すぐさまもう1本、ポテトを取ってもぐもぐやり始めました。警官は即座にこの女性を逮捕、連行して行ったそうです。警察の調書にもきちんと「盗まれた資産:フレンチフライドポテト、数量:3」と書いてあったそうです。女性は現在、第2級窃盗容疑を受けています。

 フライドポテト3本で逮捕かー。たぶん女性の方もまさかこれで逮捕しないだろっていう余裕があったのかもしれないね。単なるいたずらだったのか、もともとそういう人だったのか、体制への反抗なのか、その辺が気になるところです。

<ネタ元:Woman arrested for stealing three chips from a police officer

  

9月

11

客「船長のコスプレをした犬の写真を頼む」ホテル「かしこまりました」客「えっ」

By ono


meweg5el
■最初は冗談のつもりで
 サービスの質にも色々あるのですね。というわけでざっくり海外からのニュース。とある旅行者が出張で出かける先々のホテルでヘンテコなお願いをしてみたら意外と聞いてもらえるというので話題になっております。
 この男性がそんな遊び?を始めたのは、彼がオンラインでホテルを予約している時のことでした。記入欄の最後の方に「サービス・リクエスト」という項目があったので、ちょっとしたおふざけでこう書いてみたのです。
mxvxbi0l
「M&Msのチョコの赤いやつを3つ、カウンターに置いておいてくれ。パックされた状態じゃなくて、一粒のM&Msを3つだ。一つは僕の、一つは彼女の、もう一つは夜中にお腹がすいた時に二人で食べる用だ。あと、ベーコンの写真をベッドに設置しておいてくれ。僕はベーコンの写真が大好きなんだ。」
 で、はたしてどうなったかといいますと。
lfvnv0yl
 M&Ms3粒。
zkuxc3rl
 ベーコンの写真。すごい。リクエスト通りだ。これを面白いと思ったこの方、出張に出かける度に色々なリクエストをしてみることにしました。ただし、あまり迷惑をかけないで済む程度を心がけ、あくまでも冗談ぽくナンセンスに。で、冒頭の犬の写真は
「船長の格好をした犬の写真をベッドに置いておいてくれませんか。」の結果です。リクエスト通りですね。他にも、
「ベッドの上にネコの写真を、そして隣にはネコの瞳をじっと見つめるタオルで作った白鳥をお願い」したところ、
pf2ke9dl-png
 うん、タオルの白鳥が素晴らしいね。他にも「ベッドの上に(毛布の)ラクダ」や「シャンパンとバラ、そしてプラスチックの恐竜」、「”ハロー!”と言っている馬の写真」などのリクエストが公開されていました。旅のちょっとした楽しみが増えたみたいで、良かったですねえ。
 まあでも、こんなのが流行っちゃうとホテルのスタッフも大変だよね。試してみるのも程々に・・・。

<ネタ元:Weirdest requests hotel guests have made for their rooms – and got away with


QLOOKアクセス解析