10月

27

家族のあり方に答えはあるのかしらね・・・?映画「ギフテッド」

By ono



7歳の子供に教わる「本当の幸せ」
 私には子供がいないので偉そうなことは何一つ言えないわけですけど、一つ感じるのは、子育てに真剣に向き合っている人は素晴らしいなということです。そんなわけで、「家族」、「愛」、「人生」、「自分らしさ」生きていく上でとっても大切な問題を素敵に描いた映画「ギフテッド」を紹介します。

あらすじ
 フロリダで、ボートの修理をして生計を立てている独り身のフランク(↑写真右)。彼は、天才数学者だったが志半ばで自殺してしまった姉の一人娘、メアリー(↑写真中央)と暮らしている。メアリーは先天的な数学の天才児“ギフテッド”であることが知れると、周りは特別な教育を受けるよう勧めるが、フランクは「メアリーを普通に育てる」という姉との約束を守っていた。ところが、レベルにふさわしい教育をするべきだ、というフランクの母イブリンが現れ、親権問題で訴えられてしまう・・・(20世紀フォックスHPから

 メアリーの神童っぷりはものすごくて、祖母のイブリンがマックブックをお土産に持ってきて、「中に本がたくさん入ってるわよ、チャールズ・ジマーの”代数学の発展”とか」って言うと、「ああ、あの本大好き、今は微分方程式の方が好きだけど」とか言ったりするのね。恐ろしい7歳だわよ。
 イブリンは自分の娘ダイアン(=メアリーの母親)に熱心に数学の教育を施して、「ナビエ–ストークス方程式の証明」とか言う誰もまだ解いていない問題を研究させていたのだけど、ダイアンは一人娘のメアリーを残して自殺してしまったの。イブリンはそれを自分が原因だとは思わず、今度は孫のメアリーに同じことをさせようとする。だけど、フランクは姉だったダイアンの「普通の子供に育てて欲しい」という願いのとおり、特別なことのない子供らしい子供にしてあげたいと思うわけ。
人類の進歩を担う子供?
 二人の意見はもちろん合わなくて、イブリンはフランクから親権を取り戻そうと裁判を起こします。そこで自分の娘だったダイアンについてこう陳述するのです。
「彼女(ダイアン)は普通の人とは違い特別なの。そう言う人は特別な問題を抱えてる。彼女の才能は想像を超える、10億人に一人よ。
 母と娘の関係を超えて責任を負った。世界を変える偉大な発見をする頭脳の持ち主はラジウムより希少。彼らなしでは進歩はないの」
 それに対し、フランクはこう言うのです。
「ダイアンはメアリーに子供でいて欲しかった。普通の人生を。友達をつくり、遊んで、幸せに」
家族の幸せとは?
 劇中のメアリーが持つ頭脳は”10億人に一人”と言われてますから、我々がそんな子を授かる可能性はほとんどないので心配する必要はなさそうです。だけど、日々育っていく子供に何を教え、どう導くのか、何がその子にとって一番の幸せなのか、悩まれる方は多いんじゃないでしょうか。一度しかない子供時代を勉強だけで浪費させてしまうのは悲しい気持ちもあるでしょうし、かと言って将来落ちこぼれにはなって欲しくない。結局は子供が大人になって振り返ってみるまで、それが正しかったのかどうかは誰にもわからないですよね。
 劇中のイブリンは自分の理想を無理やり子供に押し付けている、人間味の足りない人物に描かれていますけど、彼女だってこれほどの逸材の能力が発揮されないで終わってしまったら、人類にとって損失だ、と言う思いもきっとあると思うのです。変な使命感というか。それもまた一つの考え方ですよね。7歳の子供が自分で正しい将来を選べるわけではないでしょうし、その結果には誰も責任を持てないのですから。
 さて、結局メアリーがどうなってしまうのかは、映画でご覧いただければ。メアリー役のマッケナちゃんの演技が素晴らしくて、可愛くて、賢くて、本当に素敵な女の子を演じてくれています。メアリーが泣くと自分ももらい泣きをしてしまう程に。ある意味役者としてのマッケナちゃんこそが天才なんじゃないの。

 そんなわけで、映画「ギフテッド」の紹介でした。「天才児」というテーマと言われて思い浮かぶ映画といえば、「天才スピヴェット」、「リトル・ダンサー」かな。どっちも素晴らしい映画なので合わせてオススメしときます。

  

7月

22

あまりの暑さに犬がスプリンクラーを家の中に引っ張ってくる→大惨事

By ono



◼️気づけば家の中が水浸しに・・・
タイトルが全て。というわけで、アメリカはテキサス州からのニュース。あんまり暑かったので飼っている犬が庭にあったスプリンクラーを家の中まで持って来てしまって、家の中がすごいことになったそうです。知恵があるのかないのかどっちなのかしらこの犬。
 これはテキサス州のレイク・ダラスに住むカーラさんという女性のFacebookでの投稿が話題になったものです。彼女は↑の写真とともに、

That moment when your puppy drags the sprinkler through the doggie door 😲 Good thing I was wearing waterproof mascara 😁
うちの子犬が犬用ドアからスプリンクラーを引っ張って来た。不幸中の幸いはつけてたマスカラが防水だったってことくらい。

 と投稿したところ、瞬く間に「いいね!」が増加。7月22日現在ですでに2万件以上の「いいね」、10万件以上のシェアがされております。すごいことになってるな。もちろん、そんな中様々な人からこの件にコメントが寄せられているわけですが、

・ウケる。恐ろしいけど、面白くもある。
・うちの犬には見せないようにしなくちゃ。
・のんきに写真撮ってないで真っ先にスプリンクラー止めたら?
・うちに犬用のドアがなくてほんと良かった。
・わんちゃんはお気に入りを飼い主とシェアしたかったんだろうねハハハ

 といった感じ。「写真撮ってないで・・・」のくだりはわからなくもないけど、この途方にくれる感じを誰かとシェアしたかった、という気持ちもわかります。あと「マスカラが防水て良かった」っていうのはカーラさんのアメリカンジョークなのかしら。この辺のノリが未だに言葉の壁だわー
 ちなみにテキサス州のレイク・ダラスの天気を見てみたら、晴れ・最高気温40度、最低気温26度(7月22日)ですって。そりゃ犬もスプリンクラー自室に持って来たくなりますわな・・・

<ネタ元:Dog brings sprinkler inside house to cool off during hot weather

7月

11

全く気がつかずに他人の車を2週間乗り回していた女性

By ono



◼️他人の車を2週間
 気がつかないとは恐ろしいことです・・・というわけでイギリスからのニュース。自分が借りたレンタカーと側に停めてあった他人の車を間違え、2週間もの間他人の車を乗り回してしまった女性がいたと話題になっています。
 事件が起きたのはイギリス南部のコーンウォールにあるウォルマートの駐車場。名前の明らかになっていないこの女性は、日産の黒いセントラをレンタルしていたのですが、ウォルマートで買い物をした後すぐ側に停めてあった黒いインフィニティ(これも日産)に間違えて乗ってしまい、そのまま走り出してしまいました。偶然にも、彼女が間違えて乗り込んだインフィニティは、車の電子キー(スマートキー)が車内に置きっ放しになっていたために、そのまま発進できてしまったのですね。

◼️これ、うちの車じゃありませんよ
 さて、それから2週間。この女性が「車内のインテリアが良くないし、後ろにゴルフクラブが積んである」などとレンタル会社に不満を言いに行ったことで事件が発覚。彼女の乗っている車が明らかに自社でレンタルしたものではないと問題になり、どうしてこうなったか彼女の記憶を辿ることになりました。間違いがあったかもしれない、というウォルマートの駐車場へ行ってみたところ、レンタルしたセントラはまだそこにちゃんとありました。警察に確認してもらったところ、彼女がずっと乗っていた誰かのインフィニティには盗難届が出されていたそうです。
 コーンウォール地域警察(CCPS)ではこうコメント。
「気を付けてください。運転時以外は絶対に車の電子キーを車内に置いておいてはいけません。誰が乗って行くかもわからないのですから!」

◼️間違えることはある・・・かも?
 乗り込んだ車の車内が明らかにさっきまでの車と違ってたらわかるだろ!という方もいらっしゃると思うんですけど、気にしない人って全然気づかないものなんですよ。いや私のことですけどね。何年か前、パン屋さんの前に車を停めて買い物して、戻ってきて車に乗り込んだらなんか違和感があるなーと思っていたら、自分の車の隣に止まっていた全然違う人の車。びっくりしました。発進しなかったのでたぶんセーフですけどね。
 結局、車の鍵はちゃんとかけましょうねっていう話ですね。ははは。皆さんもお気を付けを。

<ネタ元:Woman mistakenly takes other person’s car in Cornwall, error noticed two weeks later

7月

7

事故を起こした男、ジョギングのふりをして現場から逃走するも怪しすぎてバレる

By ono



◼️マディソン郡の事故
 何かを隠そうとすると逆に怪しげな感じになってしまうよね。と言うわけでアメリカはウィスコンシン州マディソンからのニュース。事故を起こした男が警察に捕まりたくなくてジョギングのふりをして逃げ出したのですが、あっさりとバレるという事件がありました。
 さて、今週の火曜日の午後7時45分頃、マディソン郡のサウス・ストウトン道路で事故がありました。19歳の男の乗る車が車線変更をしようとしたところ、同時に他の車も車線変更をかけてきました。慌てた男性の車はハンドル操作を誤り、路外へ飛び出しました。車は路肩にぶつかった衝撃で横転し、そのまま木々にぶつかって止まったそうです。

◼️シャツとパンツ(下着)で逃げ出した男
 ところが、男は事故のせいで警察に逮捕されると思ったのか、現場から逃げることを決意。着ていた服をいくつか脱ぎ捨てると、Tシャツに下着のパンツといった格好に変装(?)、あたかもジョギング中のようなていで走り始めたのでした。
 マディソン警察署長のマイク・コバル氏は、こう説明。
「疑いのかかっている男性は現場から逃げ出し、服を脱ぎ捨てましたがすぐに警察が捕まえました。最初、男性は自分はただのジョギング中の市民で、事故とは関係ないと主張しましたが、嘘がバレたために警察で確保しました。」だそうです。

◼️結構な罰金刑が
 ちなみに男性には「自動車運転の過失」、「車の当て逃げ」、「免許取り消し後の運転」で罰金が科されるだろうとのことです。んん?「免許取り消し後の運転」?そうか、それで警察沙汰にしたくなくて事故現場から逃げ出したということだったんですね。
 さすがに下着姿で「ランニング中です」と言い張るのは無理だということがわかりましたね。皆さんは気をつけましょう。

<ネタ元:‘Jogger’ arrested after his car flips over, Madison police say

7月

4

【これがインドだ】花嫁、「落雷の時の彼のリアクションがひどかったので」急に結婚式を取りやめる

By ono



◼️インドの結婚式は結構荒っぽい?
 もうインドだったらなんでもありだとでもいうのでしょうか。タイトルの通りですが、「落雷の際の新郎のリアクションがひどかった」という理由で、結婚式を途中で中止し、結婚を取りやめたという花嫁が話題になっています。
 式が執り行われていたのはインドのビハール州東部。式の最中に天候が悪化し、付近の畑に雷が落ちたのですが、その際の新郎の怯えっぷりを見て花嫁がドン引き。「おかしな行動をとった」として急に結婚式の取りやめを言い出したのです。

◼️最後は逮捕者が出る始末
 もちろん式自体は途中まで順調に進んでいたため、新郎側の親戚はすぐに抗議。しかし花嫁側の人たちによって逆に暴行を受け、乱闘騒ぎになりました。えっ、暴行?どういうテンション?
 最後は警察が介入することになったのですが、担当警察官のシッドゥシュワー氏によれば、花嫁側の親戚の3人が暴行で逮捕されたとのことです。

◼️インドの結婚式あるある
 インドにおいて結婚というのは社会的な行事であると同時にビッグ・ビジネスでもあるため、希にこのような不思議な理由で婚約が破断したりするようです。
 例えば、結婚式の際に酔っ払った新郎がついやってしまったお尻をくねらせるおかしなダンスを見て幻滅、式の途中で新婦が泣きながら帰ってしまった(2017年)、とか、新郎の家族が、肉がちゃんと出てこないと文句を言って結婚式を中止にしてしまっただとか、結婚パーティーでアイスクリームが足りないと両家の間で大騒動になり、間に入った3人の警官が負傷した、などです。
 色々とすごいなー、インド。自分の主張は絶対引かない、っていうお国柄なのかもね。

参考:インドの色々すごい結婚式(過去記事から)
結婚式、家に帰れず電話で「誓います」
 式はインド、新郎はクウェートから電話で結婚式に出席。・・・出席?
結婚式で象が大暴れ!
 インドといえば象だし・・・。派手で良いと思います。
新郎がまさかの結婚式ドタキャン、会場から「じゃあ僕が結婚します!」→解決
 これこそまるで映画のような話。

<ネタ元:Indian wedding descends into mass brawl after groom spooked by lightning


QLOOKアクセス解析