2007年10月31日

■ケチャップで武装した強盗現る

Ketchup bandits only moderately successful
 今までにもメカジキを武器にしてみたり、指で拳銃のふりをしてみたり、おもちゃの水鉄砲で武装してみたりとおばかな強盗はいくつも紹介してきましたが、これは新しい。ケチャップで武装した強盗です。ギリシャからのニュース。
 ギリシャ警察の発表によると、スーパーマーケットの売り上げを持って銀行に来た従業員が待ち伏せされ襲われたそうです。ケチャップで。「強盗は、車をとめるために藪から突然飛び出し、ケチャップを車のフロントウインドウにぶつけてきたんです。」と警察。
 襲われた従業員は果敢にも強盗と格闘しましたが、彼が所持していた14万ユーロ(約2300万円)のうち400ユーロ(約66000円)だけが奪われ、犯人はオートバイで逃げ去ったとのことですが...?
 ケチャップが従業員の目潰しに使われたのかどうかが気になるところですが、被害を6万円程度に抑えた彼はすばらしいと思います。つーかどうせならマスタードソースとかにすればよかったのにね
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 13:00 | トラックバック

2007年10月30日

■サッカーコーチ、お尻を出して停職に

Coach accused of exposing buttocks
 なんだか似たようなニュースが続きますが、アメリカはカリフォルニアからのニュース。ソノマ郡の女子サッカーチームのコーチが、敵チームに対してお尻を出したためにコーチをはずされるという事件がありました。ウィンザー警察によると、週末に行われた16歳以下の女子サッカーリーグにおいて、いくつか乱闘に近い騒ぎが試合中にあり、このコーチもフィールドに出てきたようです。何か不満があったのか、ペタルマというチームのコーチは試合後にフィールドの中央へ出てきてウィンザーチームに向かってお尻を露出。警察ではこのコーチを公然わいせつ罪で告訴するよう指導しているとか。リーグの責任者によれば、このコーチは事件後いくつかの抗議を受けたこと、そしてコーチを辞めさせられたことを報告したそうです。コーチの名前は明らかになっていません。
 なんていうか、捨て身の抗議だったんでしょうけど。選手は全員女子だしなあ。
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 12:31 | トラックバック

2007年10月29日

■今日の管理人:一緒に入れない


■死んだおじいちゃんを掘り返す理由がSIMカード

投稿者 ono takuya : 13:00

■これは新しい、警官を追いかけるストリーカー

Naked streaker turns on cops

 とうわけで、ストリーキング界に新展開ですな。イギリスはニューカッスルからのニュース。裸で走り回るストリーキングの方が、逮捕に来た警察を威嚇し、逆に追いかけるという事件があったのです。↑の男性は写真の通り、ニューカッスルのタウンモアという草原で裸でジョギングしているところを数人の通行人が警察に通報したのです。連絡を受けた警官が駆けつけると彼らは裸のストリーキングを捉えようと近づいてきたのですが、最初逃げていたストリーカーは突然大声で警官を怒鳴りつけたそうです。警官の中にはびっくりして逃げ出す人もいたとか。その後はご覧の通り。いつもなら警察がストリーキングを捕まえようと追いかけるはずなのに、なぜか逆切れしたストリーカーに追われるはめに。
 目撃者のコメント。:「その日は風景写真を撮ろうとやってきたんだけど、あまりに珍しかったので、彼の写真を撮ることに決めました。警察が男を追っていたのに、男が突然立ち止まって警察を追いかけ始めたのがおかしかったね。」
 結局、最後はこの男性、逮捕されたんだそうです。しかし「攻めるストリーキング」という新境地を開拓した彼は素晴らしいと管理人は勝手に思っているのです
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 12:53 | コメント (111718)

2007年10月28日

■「自転車とセックス」で逮捕

Man admits to sex with bike
 別にいいんじゃないのといった感じですが、スコットランドはエジンバラからのニュース。27日、ホテルにおいて自転車とセックスをしていたのを発見された男性が、「治安妨害」で「性犯罪者」とされてしまったそうです。
 この男性はロバート・スチュワート。本人は「犯罪」を認めており、来月出廷することになっているそうです。アバリー・ハウス・ホステルというホテルにおいて、二人のメイドが部屋を掃除しようとスチュワートの部屋に入ったところを発見されたそうなのですが、そのコメントによると...
 「セックスをシミュレーションするかのように、男性は自転車を持っていて、前後に彼のお尻を動かしていました。」衝撃をうけたメイドは支配人に報告、そこから警察に連絡がいったそうです。個人的には人間としてどうかと思うけど、これが犯罪になってしまうとはねえ。お国柄なのかな。
 記事の最後で補足してあったんですけど、無機物とセックスして有罪判決を受けた人は彼が初めてではないそうですよ。1993年にカー・ワトキンズという電気技術者が、イングランドのレディッチにおいて舗道とセックスして逮捕されてるそうです。地面とセックスて。規模が違いますなあ。もう地球まで犯しちゃうっていうんだからね
<ネタ元:Earthtimes.org

投稿者 ono takuya : 13:05 | トラックバック

2007年10月26日

■死んだおじいちゃんを掘り返す理由がSIMカード

Hitch hits mobile phone funeral
 モンテネグロからのニュース。モンテネグロ中部の町で、とあるおじいちゃんが亡くなってお葬式を執り行い、棺に入れて埋葬したのですが、「棺に一緒に入れた携帯電話にSIMカードを入れ忘れた」という理由でこの棺を再び掘り起こさなければならなくなった、という事件がありました。なくなったおじいちゃんはアルソさん67歳。晩年は愛用の携帯で毎日友人と話していたというアルソさんは自分が死んだら棺にその携帯電話を入れてほしいと息子に頼んでいたそうです。息子のブラノさん(38)曰く、
 「彼が望んだので、私たちは携帯電話を棺に入れました。しかし、私の10歳の息子がそれで遊んでいて、知らない間にSIMカードを抜いてしまっていたのです。」ちなみにSIMカードとは携帯電話を使えるようにするために必要な、個別の登録番号が記録されているICカードのことですね。
 「それで、我々はそれを携帯に入れるために、再び彼を掘り起こさなければなりません。」
 ヨーロッパなどの火葬しないでそのまま埋葬する風習の地域では、最近棺に携帯電話を入れる人が増えているという話をどこかで聞きましたな。たぶん仮死状態で埋められて後で蘇生でもしたときのために入れてあげるということなのでしょうが、「...ん?何で俺は棺おけに入っているんだ?間違って埋葬されてしまったみたいだな。おお、よしよし、携帯を入れておいてくれるとは気がきいている。どれどれ...ってSIMカード入ってねえええええええぇぇぇぇ」みたいのはごめんです
参考:ところでモンテネグロってどこ
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:53 | トラックバック

2007年10月25日

■今日の管理人:暴れない


■娘のコーチをママがイスで襲撃

投稿者 ono takuya : 07:53

2007年10月24日

■娘のコーチをママがイスで襲撃

Soccer mom charged with chair attack
 ニューヨークからのニュース。自分の娘が所属しているサッカーチームのコーチにキレた母親が、折りたたみ椅子でコーチを殴りつけるという事件がありました。プロレスか!
 事件は先週の日曜日。イースト・ロッカウェーに住むアリシア・ビジルは娘が所属するサッカーチーム、「リンブルック・イースト・ロッカウェー・サッカークラブ」のコーチに対し指示が悪いと怒鳴ったのです。しかし恐れをなしたのかコーチが彼女から逃げようとしたとき、カッとなったアリシアさんは折りたたみ椅子を手に持ちコーチを襲撃。コーチは唇と頬に切り傷を負ったそうです。事件がどのように収まったかについては詳しく書いてありませんが、月曜の夜にアリシアさんは自宅で逮捕。コーチを「無謀な危険にさらした」罪で出廷するよう命令されました。
 ママ恐るべし。不審者よりもママのほうがよっぽど怖いというこの現実はどうなのか
<ネタ元:Earthtimes.org

投稿者 ono takuya : 13:47 | トラックバック

2007年10月23日

■新型掃除マシーン中国に登場

New brooms sweep clean

 えー、中国から。↑の機械で何がしたいのかは写真でだいたいわかりますね。ええ、みなさん何がおっしゃりたいかもわかります。でも一応説明させてください。
 トラクターに12本以上の竹ほうきを装備したこの道路清掃マシーンは、河北省のチンホワンタオで実際に稼働しているそうです。これを見た通行人のコメント:「最初は信じることができませんでしたが、それは本当に道路をきれいにしていました。」
 で、見た人が全員思うであろう疑問、「掃くのはいいけど、そのゴミはどうなるの?」情報ソースの北京ニュースによりますと、「この機械はあくまでゴミをよせるだけなので、誰かが後できれいにしなければならない」だってさ。役立たず....
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 20:22 | トラックバック

2007年10月22日

■自家製のヘリを作っちゃった人

Home-made helicopters hit northern Nigeria

 いかにも手作り、といった感じのDIY感がぷんぷんするこのヘリコプター、手作りですが確かに飛ぶんです!ナイジェリアからのニュース。北ナイジェリアに住む物理学部学生のムバラク・マホメット・アブドゥラヒさん24歳は、自宅の庭で古い車やバイクの部品を使って一からヘリコプターを作り上げたそうです。
 「これを造るのに8ヶ月かかりました。」とのこと。このチョッパー、彼がスクラップのアルミニウムを買って造ったそうなのですが、アブドゥラヒさんはパソコンと携帯電話の修理でお金を稼ぎ、それと父親からも寄付をもらってまかなったとのこと。肝心のモーターは133馬力のホンダシビックの中古エンジン。シートは古いトヨタサルーンから持ってきたそうです。すごいのは、その他の部品は数年前近くのカノウという地域に墜落したボーイング747の残骸を利用しているということですよ!何でも使えちゃうんだね。
 ご覧の通りフォーシーターでサイズは結構大きめ。車長は12メートルで幅は5メートル、高さが7メートル。
 気になる性能ですが、今のところ高度7フィート(2メートル10センチ)まで上昇するのが精一杯なんだそうです...今後に期待ですね...
 アブドゥラヒさんはナイジェリア政府が彼のことに注目し、ヘリコプターの注文を外国のメーカーではなく国内で生産することを期待しているのですが、なかなか難しいとコメントしています。「誰も私が何をしているか見に来ません。この国は才能に報いてくれないのです。」
 現在彼は次のモデルを製作中とのこと。ツーシーターの小さめのもので、15フィート(4.5メートル)の高さを3時間フライトすることが可能になるそうですよ。こちらは台湾で製造されたモーターを使っているとか。アルジェリア製のヘリコプターが飛べるようになる日はいつなのかわかりませんが、個人的には応援しておりますよ〜とりあえずはめちゃめちゃ怖いのでドアだけは取り付けてくださいまし
<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 17:06 | トラックバック

2007年10月20日

■今日の管理人:埋まらない


■車を脇に寄せたらコンクリが乾いてなかった件

投稿者 ono takuya : 14:30

■車を脇に寄せたらコンクリが乾いてなかった件

Stop, Police!

 ↑いったい何があったのか、ドイツからのニュース。どうもパトカーが来たので車を脇に寄せたら、そこはまだコンクリートが乾いてなくて...という事件があったようですね。場所はドイツ北部、Ratekau付近の自動車道です。62歳になるハンス・ペーター・ワグナーさんは、バックミラーにパトカーが回転灯を回しながら近づいてくるのが見えたので、すぐに道を譲ろうと車を脇へ寄せたそうです。しかしそこは新しくコンクリートをうったばかりのエリアだったのでした。ご覧の通り、車はずぶずぶと埋まってしまったのです。ワグナーさんの車はこの後警察が引き抜いてくれたそうです。良かった良かった。...ってちっとも良くねえよ!何でまた標識や柵が設置しなかったものやら...車の突っ込んだ後はせっかくだからそのまま残して固めておいたらいいと思うんだ。きっと新しい観光名所になることでしょう。
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:52 | トラックバック

2007年10月19日

■ワニに襲われたのに眠りこけていた人

Too drunk to go to hospital after croc attack, tourist sleeps instead

 オーストラリアからのニュース。川で泳いでいる最中にワニに襲われ大怪我を負った男性が、病院に行く前に睡魔に負けてキャンプ場で寝入ってしまうという事件がありました。
 この男性はマット・オーティン。彼はクイーンズランド北西部の、クロコダイルが住んでいることで知られているエリアでキャンプをしていたのでした。ビールを12缶も空け、かなり酔っ払っていたようです。彼はカウベイいう所で川に飛び込んだのですが、彼が落ちた場所がなんとクロコダイルの上だったという漫画のような展開。勇敢にもマットさんはそこでクロコダイルとの格闘になったのですが、彼は後に40針も縫う大怪我を負ってしまいました。命からがらキャンプ場に戻ったときには顔がかなりひどい状態だったそうです。なのにこのマーティンさんは救助もしくは治療を頼む前に7時間も眠ってしまったそうです。その後目が覚めてから彼は病院へと駆け込んだのですが、病院に着いたときは顔の出血が止まらず、毛布を顔に巻きつけて出血をおさえていたとか。40針もの傷を負ってぐーぐー寝てしまうとは...猛者というかなんというか。実はそのまま車で病院に行ったら飲酒運転になるので几帳面に酔いを覚ましていた...ということはないですかそうですか
<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 13:49 | トラックバック

2007年10月18日

■出血と呼吸困難の原因は鼻に詰まった歯ブラシ

Doctors find toothbrush in woman's nose
 インドはムンバイからのニュース。原因不明の激痛と呼吸困難に苦しむ女性が病院を訪れたところ、その原因は鼻の奥に詰まった歯ブラシだったことが判明する、という事件がありました。何をどうやったんだよ。
 2ヶ月前の話らしいのですが、31歳の女性がムンバイの病院を訪れ、息苦しさや激痛を訴えてきたのです。病院がCTスキャンをしてみたところ、彼女の鼻の奥に折れた歯ブラシが詰まっていることが判明。話を聞いてみると、彼女はこうコメントしました。
 「以前私が歯磨きをしているときに、夫が偶然私の背中を押したのです。その時持っていた歯ブラシが折れました。私はブラシの下の部分を持っていましたが、折れた方は見つけることができませんでした。その後、鼻から出血が止まらなくなったのです。
 それ以来、息苦しくなり、鼻から嫌な臭いがするようになりました。息ができずに落ち着くこともできなくなったのです。」
 さて、彼女を手術して歯ブラシを取り出した医師のシェス氏はこうコメント。
 「彼女の鼻からの臭いは2フィート(60センチ)離れてもひどく臭いました。もしブラシが気管に落ちていたら窒息死していたかもしれません。」
 歯ブラシが折れた時点でまず鼻を疑おうよ...と突っ込みたくもなるのですが。よほど鼻の大きい人じゃないとそんなの入らないのじゃ...?とにかく元に戻せてよかったです。旦那は一生恨まれますな。ご用心
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 18:12 | トラックバック

2007年10月17日

■今日の管理人:人のせいにしない


■偶然のOBでけが人を発見

投稿者 ono takuya : 17:44

■偶然のOBでけが人を発見

Bad Golf Shot Leads To Incredible Rescue
 アメリカはニュージャージーからのニュース。ゴルフ中に偶然のOBが、たまたま事故って動けなくなっていた人を発見する、という事件がありました。
 ヴィンセント・ロメオ博士はいつもはスコア80以下の上手なゴルファーだったのですが、先週の木曜日、たまたま派手にミスショットをしてしまいました。場所はモンローのフォースゲイト・カントリー・クラブ。ショットはコースを離れ、森の奥へと飛んでしまったのです。しかし、本当に偶然なのですが、ボールの先に森の中でバイクで事故った男性が動けなくなっていたのでした。さいしょ、ロメオ氏はボールを捜しに行ったとき何かが聞こえたのですが、最初は風の音だろうと思ったそうです。
 「ボールを打とうとショットの用意をしたとき、もう一度叫ぶ声が聞こえたんだ。それで私は誰かがいる、と思ったのです。」彼は森の中へ入っていって大声を出したそうです。
 「僕は叫んだんだ。”助けが必要ですか?”、”私はゴルフのトラックにいます”とね。」
 この時、46歳のマーク・フランツさんは森の中をダートバイクで走っていて木に衝突、動くことができなくなっていたそうです。後で警察が調べたとき、彼は足、腕と助骨を骨折していたとか。苦痛の中彼は一晩を森で過ごし、助けを求めて叫んでいたそうなのですね。見つかるまでには結局17時間もかかっていたそうです。もう一晩見つからないでいたら命はなかったかもしれないということで、ロメオ氏は、この偶然のミスショットはホールインワンよりもうれしいとコメントしています。
 管理人はゴルフがわからないので80ってスコアが良いのか悪いのかよくわからないんだ。ゴルフで一番うれしいのはホールインワンだと思っていたんだけど、さらにその上の”ミスショットで怪我人を発見”てのが一番ってことになりそうだね
<ネタ元:wcbstv.com

投稿者 ono takuya : 17:24

2007年10月16日

■デブがバルコニーから落下、脂肪のおかげで助かる

Being fat is good for you

 デブだからこそ助かった命がある。ドイツからのニュース。ホテルのバルコニーから落下した男性が、地面に激突した際、お腹の脂肪がクッションになって助かるという事件がありました。
 男性の名前はゲルハルト・スタイナー27歳。バイロイトにあるホテルのバルコニーで、ソーセージを食べていたんだそうです。どういった経緯かは明らかになっていないのですが(どうせ酔っぱらってたんだろうけどね!)、スタイナー氏はバルコニーでバランスを崩し、地面へ高さ20フィート(6m)以上を落下。しかし幸運にも彼はあばらにすこしあざを作った程度で済んだのです。
 彼を診察した医者は、普通の人間だったら死んでいたかもしれないが、彼の脂肪が彼自身を救った、とコメントしています。最後に、ソース記事の最後の文章を直訳でお届けします。
-だから、もしあなたがマーズバー(チョコレートバー、スニッカーズのようなお菓子)をもう一本食べようかどうか迷っているなら、今の話を思い出してください。-
 デブなんだから気にしないで食えよってことかしら?
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 14:11 | トラックバック

2007年10月14日

■マクドナルドのとなりの看板が...!

Strange but fitting pairing of signs

 Boing Boingで紹介されていた記事なのですが、↑の写真はロンドン、オックスフォードストリートのある日の風景。「マクドナルドはこちら」のプラカードを持った人の隣にもう一つプラカードが。ちょっとおかしな組み合わせになってしまっているのです。詳細は”続きを読む”で。


 上が拡大した画像です。となりのプラカードには「スマートリポクリニックはこちら」。スマートリポとは部分ダイエットのことですね。なんとも皮肉な組み合わせになってしまったものです。マック側は「となりでダイエットの宣伝すんじゃねえよ、マックにいきづらいだろーが」って気分でしょうし。クリニック側は「マックなんか食べてねえでダイエットしろよ」って感じでしょうか?ま、マックを食べて太る人がいるからこそダイエット産業が儲かるわけで、そう考えると写真の二人が仲良さそうなのもうなづけます。
 ソース記事にはいくつかコメントがついていたのですが、その中には「なかなか面白いけど、ダンキンドーナッツのやつ程ではないですね」。ちなみにダンキンドーナッツの件とは以下の写真↓。

絶妙な重なり具合により、
「キリストは僕たちのダンキンドーナッツのために死んだ。」
となってしまっているわけですね。キリストの命軽すぎです
参考:スマートリポ(リポレーザー) 【口コミ広場】
<ネタ元:Boing Boing

投稿者 ono takuya : 12:44 | トラックバック

2007年10月13日

■ジャンクメールでアート作品

Woman's artwork is pure junk

 ...アートなんですかね?イギリスはニューカッスルからのニュース。ニューカッスルはフェンハムに住むアン・コーエンさん54歳が、迷惑メールでアート作品を作っている、と話題になっています。↑がそれなのですが、アンさんは自宅に届いたDMなど迷惑メールの全てを、写真のように串刺しにして積み上げているのです。今年の1月1日に始めたというこの作品、現在ではすでに5フィート(1.5メートル)以上の高さにまで到達しているとか。いったい何が作品になるかわかりませんなあ
<ネタ元:Metro.co.uk
※追加:同じニュースがANANOVAでも報じられていました。
Junk mail into art

こちらにはもう少し詳しい説明が紹介されてますね。それによると、4人の子供を持つというアンさんはこのディスプレイを12月末まで続けるそうです。一つの家庭に年間どれくらい迷惑メールが来るのかを明らかにしたいんだとか。1年間の活動が終わったら、これに色を塗り、作品としてギャラリーに展示することを希望しているとのことです。
 「あまりにも迷惑メールが多くて、私たちは手紙であふれかえっているんです。このことについて議論するために、私はアートにするという方法を使いました。」
 なんていうか、大人の自由研究?ともかく本人は楽しげ。なんかいいです
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:31 | トラックバック

2007年10月12日

■病院強盗、後でこっそり治療に来る

Delivery man spots attacker at hospital
 アメリカはミルウォーキーからのニュース。病院を襲った強盗が未遂に終わり逃げたのですが、その後犯人の一人が強盗の際に負った傷を同じ病院にこっそり治療に来て捕まるというおばかな事件がありました。
 病院の名前は明らかになっていないのですが、この病院に今週の火曜日に二人組の強盗が押し入り、銃を突きつけたのです。しかし、たまたまこの場に居合わせたという、配達中のピザハットの従業員が勇敢にも犯人に飛び掛っていったのです。犯人の一人が従業員の顔を殴ったのですが、彼は犯人の銃をつかみ、もぎ取ることに成功。今度はその銃で逆に犯人を殴りつけたのでした。何度か殴ると犯人は逃げていったそうです。
 さて、この時負傷した勇敢なピザハットの従業員はその病院で傷の手当てをしてもらうことになりました。ところが、傷を処理しているときに、彼は病院に先ほどの犯人の一人が治療に来ているのを発見。どうやら自分が銃で殴ったときの傷を治療しに来たようです。犯人は速攻で逮捕、現在もう一人の犯人を追っているとのことです。それにしてもなんでわざわさ同じ病院に来るかねえ...ミルウォーキーってそんなに病院が少ないところなの?いや、きっとものすごい外科の名医がいるにちがいないんだ
<ネタ元:Odd news-AP

投稿者 ono takuya : 13:36 | トラックバック

■今日の管理人:刺青を入れない


■妻の顔を背中に入れ墨した男性、ふられる

投稿者 ono takuya : 10:26

2007年10月11日

■犬をなじったら刑務所に入れられた人

Pa. man jailed on dog taunting charge
 アメリカはペンシルバニア州、ピッツバーグからのニュース。今週の日曜に警察犬をなじったとして男性が逮捕され、巨額の保釈金が課されるという事件がありました。捕まったのはケニス・キング氏23歳。保釈金はなんと$100、000(約1170万円)にもなるそうです。事件は彼が警察車両のそばを歩いているときに起こったそうなのですが...
 警察の発表によると、キングは自分が犬が嫌いだと叫び、犬が吠え始めると殺すぞ、と脅したそうです。...えー、それだけ?ちなみに、ペンシルバニア州には次のような法律があるそうです。
「ペンシルバニア州の動物虐待法において、警察犬をののしることは重罪である」
 キング氏のお母さんもこれには怒っているようです。
「確かに事態は深刻かもしれないけれど、この保釈金は高過ぎます。誰かを傷つけたりすると逮捕されるけれど、それだってこんなに高い保釈金は払わないわ。」
犬に向かって殺すぞ!で1000万ですからねえ。ペンシルバニアは怖いですな!
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 15:54 | トラックバック

2007年10月10日

■裸で飛び込めば無料のランチメニュ−登場

Eatery to keep 'Naked Lunch' on menu

 アメリカはメーン州、グリーンヴィルからのニュース。メーン州東部の「ザ・ブラック・フロッグ・レストラン」では、この程新メニュー”裸のランチ”を提供することに決めました。これは、近くにあるムースヘッドレイクという湖に裸で飛び込むと無料で提供されるメニューだそうです。メニューの名前は”スキニーディップ”というもので、バゲットロールにスライスした骨付きあばら肉をはさんだもの。
 オーナーのレイ・ターナー氏は、多くの人が彼の考えに賛同したこと、そしてこれが州の法律に違反していないからという理由でこのアイデアを決行することにしたそうです。しかしこのメニューの宣伝に対して、町からは不満を言う声も上がっており、町当局ではこれが禁止すべき事項かどうか議論されたとのこと。さて、メーン州において公然わいせつ罪を犯すためには、人に不快感や衝撃を与える目的で性器を露出させなければならないそうです。しかし、ターナー曰く、レストランの客は、”裸のランチ”参加者がレストランのある埠頭の橋から飛び込むしりが少しの時間目に入るだけど言い切りました。
 「小さくて白い尻が揺れるのが見えるだけですよ」ですって。水から上がった際には大事な部分はタオルで隠しておくそうです。彼の予想では、夏の間は毎週2、3人が思い切ってやるだろう、しかし涼しくなってしまった今、だれもやる気にはならないだろうとのことです。
 「よほどただのサンドイッチが欲しくない限り、あんなとこには入りませんよ。」彼は湖が水温約15度なのを指摘。「とても寒いです。」
 さーて、実際に飛び込む人がどれほどいるものか...興味は尽きませんが、彼の言う通り、もう夏は終わったからねえ...猛者が出てくるのを期待しましょう

<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 20:46 | トラックバック

2007年10月09日

■妻の顔を背中に入れ墨した男性、ふられる

Tattoo unlucky for words
 入れ墨なんて不用意に入れるもんじゃねえなというイギリスはサウスウェールズからのニュース。ポート・タルボットに住むアラン・ジェンキンス氏38歳は、36歳になるリサさんとの結婚15周年を祝って、背中に20時間かけてリサさんの実物大の顔を入れ墨したのです。しかし、その後に妻が職場の同僚と浮気していることが発覚。二人の子供を持つアランさんは愕然としてしまいました。
 アランさんはその後家を出ました。リサさんは現在恋愛中のラトビア人、カスパー・ガバルス25歳を自宅に招く予定だそうです。アランの立場って... ちなみに、入れ墨に870ポンド(約20万円)を使ったという彼のコメントは以下。
 「タトゥーのおかげで、彼女は永遠に僕の背中にいるんだ。これは彼女に、僕らの愛が永遠に続くということを示す方法だったんだけどね。」
 リサさんのコメント:「私は彼に自分の顔を背中に入れ墨してほしいなんて要求したことは一度もないわ。私はカスパーと恋に落ちるとは思わなかったけれども、偶然よ。」
 さて、入れ墨の方はというと、レーザー手術で消す方法はあるのですが、数千ポンドの費用がかかるため、今のアランさんには無理だということです。最後のアランさんのコメント。
 「今後誰かと出会ったとしても、アレはずっと背中にあります。もしも私が誰かと関係を持つようになったとしても、私の胸の方が空いていますから。」
 きっとまた同じことが繰り返されるような気がするのは私だけじゃないと思いますけど...?それにしても浮気をしているのは奥さんの方なのに、家を出されているアランさん...あんまりです。・゚・(ノД`)・゚・。
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 16:20 | トラックバック

2007年10月08日

■イカすハロウィンコスチューム

Hilarious Costumes
 
davesdaily.comで紹介されていたのですが、アメリカでは10月31日のハロウィンが近づいてきており、ハロウィンパーティーで着るためのコスチュームが市場では熱いようです。面白系のコスチュームと言えば日本ではドンキホーテか東急ハンズ、ロフトあたりなのでしょうが、アメリカのはやっぱりちょっと突き抜けています。以下ちょっとだけご紹介。


まずはケチャップ。これぐらいはまあ普通ですね。マスタードも売ってました。$39.89。

徐々におかしなのが...これはブーブークッションですね。坐るとおならの音がするという。これに関しては子供サイズもあるらしく、ブーブークッションが向こうでは一般的なのでしょうか。$29.89。

ペアで。コンセントとソケット。やっぱりプラグインするのは男の方ですか...$39.89。

だんだんコントみたいになってきました。赤ちゃん風...というか赤ちゃん。つくりが凝っているだけにちょっと高いです。$99.89。

非常に感想を言いづらいというか...微妙です...ねずみ取りにかかったネズミ。顔の位置はそれでいいのかというのが気になります。$58.89。

ああっこれはまさに憧れのハナ肇の銅像コント用...!色は白ですけど$74.89で夢が叶いますよ。

個人的には一番これ好きかも。ぜひとも友人女性に着せてみたいものです。$38.89。

お、ハロウィンだけにおばけなのかな...と思って商品名を見たら”スペルマ”。精子かよ!$34.89。

もうここまでくるとわけが分かりません。サメに食われた人コスチューム。$74.89。

紹介している商品は「Prank Place.com」というショッピングサイトのもので、サイトを見た限りでは日本にも発送してくれるようです。年末パーティーに向けてへんてこなコスチュームを探している人は是非検討してみてはいかがでしょう?
<ネタ元:davesdaily.com

投稿者 ono takuya : 09:18 | トラックバック

2007年10月06日

■今日の管理人:賞味期限を切らさない


■お中元を放っておいた上司にキレた部下暴れる

投稿者 ono takuya : 17:51

■お中元を放っておいた上司にキレた部下暴れる

Worker trashes office after jelly snub
 ソースは海外ニュースですが、舞台は日本です。たぶん大阪。上司にゼリーのお菓子をプレゼントした部下が、上司がプレゼントに手をつけていないと激怒、オフィスで大暴れするという事件がありました。31歳のこの男性、オンラインで洋服を販売する会社で働いていたのですが、仕事が成功裏に終わったことの感謝の気持ちとして、ゼリーのお菓子一箱を上司にプレゼントしたんだそうです。夏の話。しかし、後でこの男性は上司がもらったお菓子を机の下に投げっぱなしにしてあるのを発見。これを見て何かがキレたらしく、男性は職場で暴れてパソコン22台を破壊するという騒ぎになったそうです。夏と言いますからたぶんお中元か何かだとは思うのですが...どんだけ放っておいたもんだか。男性は大阪の法廷で容疑を認めているそうです。
 こんな部下がそうそう職場にいるとは思いませんが、みなさんももらったお中元が投げっぱなしになってないか気をつけてみてくださいませ!
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 12:57 | トラックバック

2007年10月05日

■法廷でエロい着信音が鳴り響く

Orgasm ringtone shocks court
 オーストラリアからのニュース。裁判の最中に満員の法廷で携帯電話の着信音が大きくなってしまったのですが、その着信音が女性のエロいあえぎ声だったことが波紋を広げています。事件が起こったのはイプスウィッチ下級裁判所。約20秒間もの間「いわゆる喘ぎ声」が鳴り響き、弁護士や傍聴者は笑いをこらえるのに大変だったとのことです。
 治安判事のロジャー・スターク氏は着信音を無視、冷静に法廷を進めようとしたのですが、「オゥイエェァ...イェア...オウイェァ...」と着信音は鳴り続けたそうです。電話が鳴ったのは傍聴席からで、席の男性が必死で電話を切ろうとしたのが目撃されているとか。男性は法廷侮辱罪か公的不法妨害の嫌疑で最大6ヶ月の刑が課される可能性があるということです。つーか鳴った鳴らないはともかく、そんな音声を着メロにしている時点でダメだと思うんですけど
参考:
「ポルノ女王のあえぎ声」、携帯着信音ダウンロードサービス登場/AZOZ
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:41 | トラックバック

2007年10月04日

■シェリー酒で浣腸して死んじゃった人の件

Charges dropped in sherry enema death
 男性がシェリー酒で浣腸をしたせいで死んでしまったという事件があり、妻がアルコール中毒で殺そうとしたとして立件していたのですが、この程取り下げられたようです。アメリカはテキサス州からのニュース。
 テキサスシティー法廷記録によると、容疑がかかったのはタミー・ジーン・ワーナー45歳。証拠不十分で告訴は取り下げられたとか。事件自体は2004年5月のことで、マイケル・ワーナー(当時58歳)が亡くなったとき、検死によるとシェリー酒で浣腸したことがわかり、これにより血中のアルコール濃度は0.47にもなっていたそうです。ちなみに0.47とは月桂冠のホームページの解説では、
0.41-050%:昏睡状態。屎尿失禁。呼吸麻痺をきたし、死亡する危険大:日本酒(1升以上)/ビール(大瓶10本以上)/ウイスキー(ボトル1本以上)
 そっかー、浣腸すると一気に酔いが回るんですね〜...妻のタミー・ワーナーさんによると、夫は酔っぱらうために生前よくお酒の浣腸をしていたとか。プレイかよ!
参考:血中アルコール濃度と酩酊度/Gekkeikan
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 13:46 | トラックバック

■今日の管理人:ドレスで来ない


■消防の試験にウェディングドレスで来た女性

投稿者 ono takuya : 11:36

2007年10月03日

■立ち退き拒否のおばあちゃん、周りにビルが建ち始める

Seattle woman rejects $1M and stays put
 アメリカはシアトルからのニュース。開発で新しくビルが建つ地区に住んでいるおばあさんが巨額を積んでも立ち退きを拒否、ついにこの家を取り囲んで建設が始まってしまうという事件がありました。このおばあちゃんはエディス・メイスさん86歳。立ち退き料100万ドル(約1億1500万円)という提案を断り、築108年というこれまた年代ものの家とともに住んでいるそうです。メイスさん曰く、
 「私は動きたくありません。お金は必要ないんです。お金は何の意味もないわ。」
 彼女が1955年に自分の母親のためにこの家を買ったとき、小さな家が密集していたのですが、今ではこの地区に住む人もいなくなり、複合型店舗と駐車用のガレージが建っているだけなんだとか。彼女の家を囲むようにビルの建築は始まってしまっているわけで、どんどん家がコンクリの壁に取り囲まれているのですが、彼女は工事の雑音は気にならないといっています。テレビのボリュームを上げるか、オペラを聴くかしているんだそうです。ま、耳も遠いだろうしね(笑)
関連:
中国発、派手に取り残された家
取り残された家、その後
派手に取り残された家、完結
<ネタ元:UPI.com

投稿者 ono takuya : 18:08 | コメント (0)

2007年10月02日

■珍記録まとめ

 先日「【こぼれ話】耳で62キロ引き上げる=イヤ・リフティングでギネス記録」という記事がYahoo!ニュースで紹介され、関連記事として当ブログが紹介されていたのですが、リンクを張ってあったのが”珍しい記録一覧”という2005年の記事。いや、いいんですけど、2年も前の記事ではちょっと申し訳ないので、昨年と今年の珍記録記事をまとめてみました。こちらの方もぜひご参照くださいませ。
 内容は”続きを読む”で。

まずは2006年のまとめ。ブログの記事から珍記録を紹介しています。
■がらくた的今年の記録総決算

こちらはAFPがまとめた、2006年の珍記録紹介。
■今年の変な記録総集編

以下、2007年上半期の珍記録まとめです。

■ジェットコースター乗りっぱなし世界新記録
記録更新中の記事につき、最終的にどうなったのかが気になります...
■サウナ耐久世界選手権開催
おかしな珍競技といえばフィンランド。これはガチ。
■水中ホッピング新記録
アクアラングを背負って水中をホッピング。わけがわからない。
■小林をついに破るフードファイター新記録
世界の小林がホットドックで負けた!これは衝撃的だった
■たった一人で9つの議会に当選した人
定員割れの議会だけを狙って出馬。イギリスの制度ならでは。
■同時ホッピング記録inイギリス
海外の人はホッピングが大好き。そんな気がする

以上。年末に向けてもっと面白い記録を探していきたいと思います。

投稿者 ono takuya : 15:12 | トラックバック

■消防の試験にウェディングドレスで来た女性

Woman sat exam in wedding dress
 ルーマニアからのニュースです。消防士の試験が行われたのですが、突然ウェディングドレスを着た女性が試験を受けに来るという珍事がありました。女性はメディチ郡のトゥルヌ・セヴェリンから来たアリーナさんという方。25歳。アリーナさんは試験主催者に、自分は今日結婚式で、直接教会から来た、と伝えたそうです。信心深いというアリーナさんのコメントは以下。
 「私たちは結婚式の日取りを1年前から決めていたので、試験のために延期することができませんでした。牧師さんは、良くないことが起きるので、今日一日はウェディングドレスを脱がないようにと言ったので、私はドレスのまま試験会場に来たんです。」
 また、花婿であるロンさんやその付き人も会場までアリーナさんと同行。消防本部に”試験の後式を続けるから”と言ったそうです。つーか式の最中に試験に来てるのかよ!
 地元の消防ではあまりに驚き、この格好で試験を受けるのが規則違反に当たらないかどうかチェックしなければならなかったとか。その結果、「規則では試験の際適切な服装でなければならないとなっていますが、この規則には違反していないと思われる。」アリーナさんは無事試験を受けることができました。
 しかし、彼女を含めた3人の受験者は全員落第したそうです。結局それかよ!
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:11 | トラックバック