2008年03月08日

■カウンター付き栓抜きはいかがですか

Beer counting bottle opener tells you how bad you are

 ダメ人間にどうぞという感じのイギリスからのニュース。自分が二日酔いの朝、頭が痛くて昨日いったいどれだけビール瓶を開けたのかも思い出せない、そんな悲しい思いをしなくてすむように、とカウンター付きの栓抜きが売られているそうです。朗報ですね!
 写真の商品は「ザ・ビア・トラッカー」。手持ちの部分にデジタルカウンターが付いており、ビール瓶のふたをプシュっとやるたびに自動的に数字がカウントされていきます。
 「お酒を飲み過ぎた日の翌朝、ビア・トラッカーのおかげで自分が何故こんなひどい目(=二日酔い)にあっているのかを正確に知ることができるのです。あなたが記憶をなくしても、ビア・トラッカーは記録をとどめておいてくれるのですからね。」とは、オンラインギフトショップでこの商品を3.99ポンド(約830円)で売っているマーク・デイビスさんのコメント。
 ビンビールで飲む場合が多い海外ならではの発想ですなあ。日本だと宅飲みでは缶が主流だしなあ…。
 さて、元の記事はMetro.co.ukなんですけど、元記事に付いている読者のコメントで見のがせないものがあったのでご紹介。

”うーん…。朝、空き瓶の数を数えたらいいんじゃないの?”/ニック・ブリストル、イングランド

 まさにおっしゃる通りです…返す言葉もありません…
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 17:58 | トラックバック

2008年03月06日

■寝ているだけでお金を稼ぐ人

Student gets rich staying in bed
20080306.jpg
 オランダからのニュース。とある学生が、寝ているだけでお金をもうける方法を実行中だそうです。そんな夢のような方法が...?
 この人はドイテコムさん22歳。ズーテルメールに住んでいるというドイテコムさんは、自分のウェブサイトにベッドで寝ているところをウェブカメラで中継し、このページに広告を出すことで収入を得ているのだそうです。グラビアアイドルでもない野郎の学生さんが寝ているだけで広告なんかつくんだろうか?と思いきや、実行してから21日間で、3500ポンド(約72万円)もの収入を得ることができたそうですよ!恐るべし...
 ちなみに彼のサイトはこちら。
http://www.slapendrijk.nl
 「CAM」をクリックすると、現在のドイテコムさんの様子が見れます。私が覗いたときは友人が来てテレビを見ながらしゃべっていました。以下、彼のコメントです。
 「眠ることは僕の趣味です。そしてそれは唯一の得意技でもあります。誰もが僕にいったい何がしたいのかと聞いてきますが、ただ単に眠りたいだけなんです。シャワーを浴びたり、洗面所にいったり、何か食べるものを作っているとき以外は一日中ベッドにいます。僕がしたいのはそれだけ。リッチになるまではずっとベッドにいるつもりだよ。」
 ちなみに現在までに訪問者は450000人を超えているとのこと。寝ているだけで...72万円か...。そういえば自分のHPを1ピクセル1ドルで売って100万ドルを儲けたっていう人もいましたな。”楽にお金を稼ぐアイデア”はまだまだあるということですな
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 05:20 | トラックバック

2008年03月04日

■ホテルのシラミ問題、犬の鼻で解決

Dogs sniff out bedbugs at New York hotels

 犬は本当に何でも嗅ぎ分けるな、というアメリカからのニュース。犬の鼻でホテルの客室に巣くうシラミ(トコジラミ:ナンキンムシとも言うようです)を探し出すサービスが今ニューヨークで引っ張りだこなんだそうです。
 以前は警察犬課(いわゆるK-9)にいたというカールさんは、6匹の犬を雇い、専門の会社を立ち上げたところ、市にはびこるシラミの被害から逃れようというホテルからの依頼で大忙しだとか。
 「我々はホテルやアパートのオーナーからの要請で大変だよ。彼らの要求全てに応えるのは難しいね。」そして、
 「我々には守秘義務があるので、依頼を受けた企業の名を明かすことはできないんだ。だけど、クライアントの中には最高級のホテルも入っているよ。シラミの被害が広まる前に防ぐのは利益の点でも重要だからね。」
 調査によると、2007年には6889件のシラミによる苦情が寄せられており、建物のオーナー2008人が昆虫被害の関係で裁判所等の出頭命令を受けているとか。比較してみると2004年には苦情被害は537件、出頭命令を受けているオーナーは82人ということで、ニューヨークではものすごい勢いで被害が拡大しているもよう。
 それにしてもあんな小さい虫の臭いを犬は嗅ぎ分けることができるんですね。嗅いでいる間に鼻に入ってきちゃったりはしないのかしら?
<ネタ元:6abc.com

投稿者 ono takuya : 13:58 | トラックバック

2008年02月19日

■ブタのアーティスト「Pigcasso」が人気者に

Introducing porky Pigcasso

 というわけでたまにはアートな話題をアメリカから。今人気の「Pigcassoピグ・カソ」とは↑写真の通り絵を描くブタさんのニックネームです。このブタはベトナム・ポット・ベリーと呼ばれる種で、彼には「スミスフィールド」という名前がついているのですが、そのアーティスティックな能力からこう呼ばれているそうです。彼の飼い主は54歳になるというフラン・マーティンさん。フランさんが彼に筆を持たせ、絵を描かせることを教えたそうで、彼はすでに100以上の作品を完成させているのだとか。
 10歳になるというこのブタさんはホームタウンのヴァージニアでも有名人に。現在彼の「抽象画」はチャリティー活動への資金作りに販売されているそうですよ。写真の後ろに見えているのがその作品ですね。ブタが描いたと言われなけりゃ抽象画ならこんなもんだよなとか思ってしまいそうです。しかし気になるのは彼がくわえているのはスティックで、手前に写っている赤いのはスネアドラムに見えることなんだ。まさか他にも芸があるわけではというポテンシャルを感じさせる、そんな「Pigcasso」なのでした。あと、ちょっと名前が似てるけど「Pricasso」とはぜんぜん別物だから気をつけて扱ってほしいんだ
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 18:36 | トラックバック

2008年02月18日

■犬にしか聞こえない犬専用CDが大ヒット

Songs for dogs may hit the U.S.

 犬専用のCDがアメリカでヒットするかもよ、というニュースです。ニュージーランドで生まれた「人間の耳には聞こえない、犬のための歌」がこんどは世界的にリリースされるそうです。
 "A Very Silent Night"と題されたこのアルバム、犬の耳でしか聞くことができない、非常に高い波長の音域で録音されているんだとか。これはもともと、王立ニュージーランド動物愛護協会(RNZSPCA)がその活動資金を調達するため、昨年のクリスマス前に発売されました。結果的に売り上げは6000枚を超える大ヒットとなり、現在このアルバムを販売するする権利を巡ってアメリカとオーストラリアの業者が争っているそうです。
 「我々はニュージーランドでのCDの成功にとても喜んでいるよ」とRNZSPCA代表のボブ・ケーリッジ氏はコメントしてます。
 さて、この"A Very Silent Night"、ビデオクリップ(!)も出ているのですが、映像は”続きを読む”でどうぞ。

というわけで、以下がYouTubeの映像。


 当然ですが、音が聞こえません。人間には(笑)。じゃあ実際この映像を流すと犬が反応するかどうかってのも疑問ですが...だれか試してみた人教えてくださいませ!
 販売権で争っていると言う話ですが、まあクリスマス商戦まではまだまだあるから、ゆっくりやればいいと思うんだ
参考:犬の聴覚について(トリマーPunch!)
<ネタ元:UPI.com

投稿者 ono takuya : 17:09 | トラックバック

2008年02月14日

■雑誌に「なめって味わえる」広告掲載

Welch's unveils tasty ads
 これはちょっと革新的なアメリカからのニュース。「この濃さが、ウェルチ。」で日本でも有名な飲料メーカーのウェルチが、雑誌に実際になめって味わうことのできる広告を掲載するそうです。広告が出るのは今月のピープル誌。広告の一部がはがれるようになっており、それをなめるとウェルチジュースの味を試すことができる、というもののようです。
 ちなみにこの技術は「ファースト・フレイバー」という、広告に味を加えることを専門的に行っている企業によるものだとか。この会社のチーフ・エグゼクティブであるジェイ・ミンコフ氏のコメントは以下。
 「消費者が実際にその製品を味見してみるのは難しいことです。」また、ジェイ氏はウェルチはこの広告キャンペーンで消費者に興奮を与えるだろうとしています。しかし、実際のウェルチ側ではそれほど過度な期待はしていない様子。以下、ウェルチのマーケティング・チーフ、クリスさんのコメントです。
 「それがどんなに美味なものだとしても、多くの人は実際に雑誌をなめようとはしないでしょうからね。」うーん、確かに。
 そういえばかなり前に「実際に食べれる紙のメニュー」を発明した人を紹介しましたけど、こういうのと絡めて行けば結構面白いものができそうな気がするんだけどなあ。目指せ、なめれて食べれる雑誌!
関連:食べれる”メニュー”発明される
<ネタ元:UPI.com

投稿者 ono takuya : 07:59 | トラックバック

2008年02月03日

■乳搾りの熱で城を温める計画

Cows' milk key to Swedish castle's heating
 これはとてもエコロジーなスウェーデンからのニュース。ハルムスタード郊外にあるお城で、場内を暖めるに牛の乳搾りを利用する計画が進んでいるそうですよ。このお城はWapno城といい、周辺で毎日牛から搾られる8000ガロンの牛乳を冷却する際に使用される熱をそのまま城内を暖めるのに利用しようということになったようです。あーなるほど。牛乳→冷やしたい、お城→暖めたい、ということでお互いの熱エネルギーを交換してエネルギーを節約しようというわけですね。
 Wapno城のオーナー、レナート・E・ベングトソン氏によると、牛乳を冷却するシステムから出る熱をそのままお城の給水システムに組み込み、セントラルヒーティングを暖めるという説明をしています。また、氏によると城では石油を使用していた暖房システムを廃止するそうです。
 お互いに必要な熱を交換して利用するという、うまい話があったもんですなあ。牛と言えば北海道。せっかくサミットもあるんだし、サミット会場はこの手段で暖めればいいと思う。どうせ北海道なんて夏でも寒いんでしょ?え、そうでもないの?
<ネタ元:UPI.com

投稿者 ono takuya : 15:50 | トラックバック

2008年01月31日

■お年寄り専用の遊び場ができる

The playground of the pensioners

 これは日本でもあったらいいなと思うイギリスはマンチェスターからのニュース。お年寄りのために完璧な設備を作ろうという試みは2年をかけ、最終的にお年寄り用の遊び場を作ることで完成を見たようです。写真は新しくできた遊具で遊んでいるスーザン・エドガー(左)とシルビア・ブラモール(右)さん。一件普通の遊び場のように見えますが、ブラックリーのダム・ヘッド公園にある”オールド・ピープルズ・プレイ・エリア”はおそらくこの国では初めての試みだそうです。ここには年配の方に穏やかな運動を提供できるように設計された6つの遊具が設置されているとか。
 さて、実際にどんな風に遊べるのかは、マンチェスター・イブニングで放送されたニュース映像をご覧下さい。”続きを読む”からどうぞ。

 といった感じで、遊び+エクササイズ的な運動がこなせるようなものなのかな?6種類の遊具とは、マッサージ(上体運動)、スケート、スキー、プレス、スタンディング・プッシュアップとレッグ・ペダリング。公園の管理担当局によると、いくつかの遊具は車いすでも遊ぶことができ、これらは”ネバー・トゥー・オールド・トゥ・プレイ(遊ぶのに年齢は関係ないよ)”というスローガンを掲げているそうです。
 元々のアイデアは、公園の担当者がテレビでドイツの似たような器具を見たのが発端になっているそうです。お年寄りの遊具って、ありそうでなかったよな。ジムに行ってまで運動するのはあれだけど、天気のいい日にぶらりと公園に集まって遊びながら運動っていうのはアリだよね。日本も少子高齢化なんだから、こっち系の公園を増やしていったらいいと思うよ!
<ネタ元:Manchester Evening News

投稿者 ono takuya : 14:08 | トラックバック

2007年12月27日

■NYのゴミをアート作品として販売する男

Giving The Gift Of Garbage: NYC Trash Art

 アートってよくわからない、アメリカはニューヨークからのニュース。ジャスティン・ジグナックさんという方が、彼が住むグリニッジ・ビレッジ・アパート周辺でゴミを拾い、プレキシガラスの小さな箱にパッケージングして50ドルから100ドルの値段で”アート”として売っているのです。しかも結構売れているとか!ジャスティンさん曰く、
 「全てのゴミは、誰かの人生の一瞬のかけらであり、我々が住んでいる街の姿を映してるんだよ。」
 25歳の元マーケッタージャスティンさん曰く、ゴミは自分で集めているのだけど、湿っているものは選ばず、乾燥していて臭いのしないものだけを詰めているそうです。ソース記事の取材で彼は試しに一つ、ニューヨーク市の姿を映すようなアイテムを作ってくれたのですが、その際に入っていたのは
・レッドブルの缶
・駐車違反の切符
・タバコ
・名刺
これで50ドル。
 「それぞれのゴミは、その日の我々の暮らしの中で一つの役割を果たしたんだ。」とジャスティンさんは強調。このアイデアを思いついたのは7年前、美術学校の生徒だったときなんだって。現在、彼はウェブサイトでこの「ニューヨークシティ・ガーベージ」をすでに千個は売ったという話です。アートってすごいですね。さて、ジャスティンさんは事業の拡大をもくろんでいるそうです。まず始めに、ダブリンでのパレードのゴミをパッケージングして商品化する計画があり、彼は彼女と一緒にアイルランドへ行ったそうですよ。たしかに、世界中のゴミを集めて回ったら、きっと面白いような気はするんだよねえ。なんていうか、値段をつけたもん勝ちっていう気はしなくもないですが。「トマソン芸術」にも通じるものがあるようなないような...
 気になる方は以下のリンクからチェックしてみてください。
参考:nycgarbage.com
<ネタ元:wcbstv.com

投稿者 ono takuya : 11:48 | トラックバック

2007年12月23日

■「スクラップクラブ」が大人気

Beating the scrap out of each other

 イギリスからのニュース。映画「ファイト・クラブ」ならぬ「スクラップ・クラブ」が今人気だそうです。その名の通り、日ごろの憂さを晴らすためにいろんなものを破壊してスクラップにすることのできるクラブなんですね。サウスロンドンはペッカムのとある倉庫で開かれているそうです。発案したのはロンドンのアーティスト、ジョエル・カーエンとワジフさん。彼らはこの「破壊のアイデア」を実現するために、スクラップ置き場や建築用廃材を入れるゴミ箱などをあさって、使えるものを集めたそうです。もちろんスクラップにしたいものを自分で持ち込むのも可能とのこと。会場ではスレッジハンマーやバールなどを貸し出してくれます。
 ワジフさんのコメント。「みんなで共有できる、本物の感覚なんです。クラバーのご機嫌ぶりが伝わってきますよ。」
 今後もこのクラブは開催されるということで、詳細は公式HPを見てほしいそうですよ。スクラップクラブ、意外と楽しいかもしれないなあ。変な趣味に目覚めちゃって人んちの車壊したりするのはやめてくださいよ
HP:scrapclub.co.uk
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 15:08 | トラックバック

2007年12月20日

■喫煙場所に新アイデア「顔だけ外で吸え!」

Germams find way to beat smoking ban

 ドイツからのニュース。最近では肩身の狭い喫煙者のための喫煙場所、”スモーキング・ポイント”ですが、このほどとあるレストランが新しいタイプの喫煙場所を開発しました。......って説明は不要ですね。↑見たまんまです。店から顔と手だけ出して外で吸え、と。ドイツ語はさっぱりわかりませんが、どうせ張り紙には「今まさに寿命を縮めている最中の哀れな喫煙者です」とか書いてあるんでしょ。きっと。
 ちなみにここはニーダーザクセン州のレストラン「Malermeister Turm」、写真に写っているのはシェフのマイケル・ウィンディッシュさんです。どうも最近この州ではレストランにおける喫煙が禁止されたらしく、苦肉の策で店外に設置した喫煙所、ということのようですね。確かに外っちゃー外だが?
 外の人と目があったりしたら非常に気まずいような気もしますが、そこは持ち前の明るさで乗り切ってほしい次第ですビバスモーカー
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 12:44 | トラックバック

2007年11月30日

■アンブレラ・ハットを配るホテル

Silly hats for smokers

 イギリスからのニュース。全館禁煙のホテルで、喫煙者がタバコを吸いに外へ出る際にホテル側が雨風をしのぐための「アンブレラ・ハット(傘付帽子)」を渡しているそうです。↑ですね。このホテルはドーセットはポートランドの、崖の上にあるというクリフトンホテル。
 この提案を始めたのはホテルのオーナー、チャズ・チャールトンさん41歳。女性です。彼女がホテルに喫煙用シェルターの設置を断られたために考えたんだとか。ホテルのプランニング・チーフはシェルターが海からの風で飛ばされるかもと考えNGにしたようですね。そこで、これをかぶればいくらかは外の雨風を耐えることができるだろう、と。オーナーのチャズさん曰く、
 「この帽子は以前にあった豪雨以来、とても人気があります」ってほんとですか?一番気になるのはそこなんですけど...?
 日本人なら迷わず「肩ブレラ」を使うべきだと思うんだ。
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:06 | トラックバック

2007年11月07日

■”ウェッジー”防止パンツを双子が発明

Wedgie-proof underpants

 つーか”ウェッジー”って何?アメリカはロサンゼルスからのニュース。シャレッド君とジャスティン君という8歳の双子の兄弟が、”ウェッジープルーフ(ウェッジーに耐えられる)”パンツを発明したそうです。発明品の名前は”リップ・アウェイ1000”。で、誰しもが気になる「で、ウェッジーって何なの?」という疑問ですが、↑の写真の通り。簡単に言うと「ズボンの中からパンツを引っ張り出してお尻を吊り上げ、股間にダメージを与えるいたずら」ということのようです。向こうでは結構盛んに(?)行われている悪さのようで、これを防ぐためのパンツを開発した、ということのようですね。
 で、この双子の兄弟は発明したウェッジー防止機能とは、パンツのウエストバンドがマジックテープではずれるようになっているんですね。いじめっ子がパンツのゴムをぐいっとやったらべりっとそこがはずれ、魔の手から簡単に逃れられるようになっているのです。いかすぜ。
 彼らの発明はセントラル・オハイオ発明コンテストのファイナルまで進み、この双子はいまやテレビ出演が続いているとのこと。アメリカ人もくだらないいたずらをするんだなあ...と思ってたら、日本人も”電気あんま”とか?まあやってるレベルは一緒か...
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:38 | トラックバック

2007年11月04日

■梅毒のぬいぐるみをクリスマスに販売?

Syphilis for Christmas?

 クリスマスプレゼントにかわいいぬいぐるみはいかがでしょうか。ただしぬいぐるみのモデルは細菌やウイルスですけど。
 アメリカのメーカー、ジャイアント・マイクローブスは、微生物や細菌の形状をそのまま大きくしたぬいぐるみを発売しているそうです。ものすごい数のバリエーションがあり、その中にはマラリアや狂牛病もあるとか。他にもサルモネラ菌、エボラ、にきび、狂犬病、黒死病にインフルエンザウイルス。それぞれのぬいぐるみには小冊子が付いており、その微生物のリアルな顕微鏡写真や詳しい情報が掲載されているそうです。
 もともとは子供たちがこうした生物に対して学ぶことができるようにということで商品を企画したのですが、意外と面白プレゼントを探している大人に受けてしまった様子。例えばエボラの宣伝文句はこう。:「エボラは1976年のその発見以来、微生物界のティラノサウルスになりました。愛を。」
 藻のぬいぐるみにはこんな説明が。:「プールが好き?こいつらはいつでも出てくる準備ができています。あなたが一緒に泳いでいる仲間について学んでください。」
 ということで、以下にかわいらしい彼らとモデルの微生物の写真を並べてみました。よくできているよ。

  
まずは有名な風邪菌。風邪引きの友人にあげてみたい。いがいとかわいい?

  
エボラ菌。発病は突発的で、発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、食欲不振などから、嘔吐、下痢、腹痛などを呈する。 進行すると口腔、歯肉、結膜、鼻腔、皮膚、消化管など全身に出血、吐血、下血がみられ、死亡する。 死亡率は50〜90%と非常に高い(Wikipedia)

  
水虫菌です。本当に水虫の人にあげたらきっと喜ばれることでしょう。怒られても知りませんけどね

  
サルモネラ菌。典型的な感染型食中毒であり、その主な症状は、嘔吐、水様性下痢などの消化器症状、発熱(高熱)などで、抵抗力のない者は菌血症を起こし重症化することがある(Wikipedia)
飲食店にはちょっと飾ってほしくない一品。

  
クラミジア。性交・オーラルセックス・キスなどにより粘膜に感染する。感染部位は咽頭、尿道(男性のみ)、膣内(女性のみ)。相手が咽頭感染している場合通常の口づけでは感染する可能性は低いが、ディープキスの場合は感染率が高くなる(Wikipedia)とのこと。やりまくりの友人にお灸をすえるときなどにどうぞ。

  
日本でも問題になった狂牛病。血走った攻撃的な目が印象的。牛の模様がかえってまがまがしさを増加させているような...

  
恐怖のアンパンマン...ではありません。赤血球です。他の菌なんかよりはぜんぜん無害なはずなのに、今までで一番恐いですな。

みなさんもこじゃれたクリスマスプレゼントにどうでしょうか。部屋が汚い彼氏にはシラミやノミもありますので、是非ご一考を。
参考:Giant MicrobesHP
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:50 | トラックバック

2007年10月23日

■新型掃除マシーン中国に登場

New brooms sweep clean

 えー、中国から。↑の機械で何がしたいのかは写真でだいたいわかりますね。ええ、みなさん何がおっしゃりたいかもわかります。でも一応説明させてください。
 トラクターに12本以上の竹ほうきを装備したこの道路清掃マシーンは、河北省のチンホワンタオで実際に稼働しているそうです。これを見た通行人のコメント:「最初は信じることができませんでしたが、それは本当に道路をきれいにしていました。」
 で、見た人が全員思うであろう疑問、「掃くのはいいけど、そのゴミはどうなるの?」情報ソースの北京ニュースによりますと、「この機械はあくまでゴミをよせるだけなので、誰かが後できれいにしなければならない」だってさ。役立たず....
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 20:22 | トラックバック

2007年10月22日

■自家製のヘリを作っちゃった人

Home-made helicopters hit northern Nigeria

 いかにも手作り、といった感じのDIY感がぷんぷんするこのヘリコプター、手作りですが確かに飛ぶんです!ナイジェリアからのニュース。北ナイジェリアに住む物理学部学生のムバラク・マホメット・アブドゥラヒさん24歳は、自宅の庭で古い車やバイクの部品を使って一からヘリコプターを作り上げたそうです。
 「これを造るのに8ヶ月かかりました。」とのこと。このチョッパー、彼がスクラップのアルミニウムを買って造ったそうなのですが、アブドゥラヒさんはパソコンと携帯電話の修理でお金を稼ぎ、それと父親からも寄付をもらってまかなったとのこと。肝心のモーターは133馬力のホンダシビックの中古エンジン。シートは古いトヨタサルーンから持ってきたそうです。すごいのは、その他の部品は数年前近くのカノウという地域に墜落したボーイング747の残骸を利用しているということですよ!何でも使えちゃうんだね。
 ご覧の通りフォーシーターでサイズは結構大きめ。車長は12メートルで幅は5メートル、高さが7メートル。
 気になる性能ですが、今のところ高度7フィート(2メートル10センチ)まで上昇するのが精一杯なんだそうです...今後に期待ですね...
 アブドゥラヒさんはナイジェリア政府が彼のことに注目し、ヘリコプターの注文を外国のメーカーではなく国内で生産することを期待しているのですが、なかなか難しいとコメントしています。「誰も私が何をしているか見に来ません。この国は才能に報いてくれないのです。」
 現在彼は次のモデルを製作中とのこと。ツーシーターの小さめのもので、15フィート(4.5メートル)の高さを3時間フライトすることが可能になるそうですよ。こちらは台湾で製造されたモーターを使っているとか。アルジェリア製のヘリコプターが飛べるようになる日はいつなのかわかりませんが、個人的には応援しておりますよ〜とりあえずはめちゃめちゃ怖いのでドアだけは取り付けてくださいまし
<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 17:06 | トラックバック

2007年10月08日

■イカすハロウィンコスチューム

Hilarious Costumes
 
davesdaily.comで紹介されていたのですが、アメリカでは10月31日のハロウィンが近づいてきており、ハロウィンパーティーで着るためのコスチュームが市場では熱いようです。面白系のコスチュームと言えば日本ではドンキホーテか東急ハンズ、ロフトあたりなのでしょうが、アメリカのはやっぱりちょっと突き抜けています。以下ちょっとだけご紹介。


まずはケチャップ。これぐらいはまあ普通ですね。マスタードも売ってました。$39.89。

徐々におかしなのが...これはブーブークッションですね。坐るとおならの音がするという。これに関しては子供サイズもあるらしく、ブーブークッションが向こうでは一般的なのでしょうか。$29.89。

ペアで。コンセントとソケット。やっぱりプラグインするのは男の方ですか...$39.89。

だんだんコントみたいになってきました。赤ちゃん風...というか赤ちゃん。つくりが凝っているだけにちょっと高いです。$99.89。

非常に感想を言いづらいというか...微妙です...ねずみ取りにかかったネズミ。顔の位置はそれでいいのかというのが気になります。$58.89。

ああっこれはまさに憧れのハナ肇の銅像コント用...!色は白ですけど$74.89で夢が叶いますよ。

個人的には一番これ好きかも。ぜひとも友人女性に着せてみたいものです。$38.89。

お、ハロウィンだけにおばけなのかな...と思って商品名を見たら”スペルマ”。精子かよ!$34.89。

もうここまでくるとわけが分かりません。サメに食われた人コスチューム。$74.89。

紹介している商品は「Prank Place.com」というショッピングサイトのもので、サイトを見た限りでは日本にも発送してくれるようです。年末パーティーに向けてへんてこなコスチュームを探している人は是非検討してみてはいかがでしょう?
<ネタ元:davesdaily.com

投稿者 ono takuya : 09:18 | トラックバック

2007年09月13日

■浮気用アリバイ請け負いサービス登場inフランス

Web service gives alibis for adulterers
 フランスからのニュース。浮気・不倫などの不正行為(?)が発覚することを隠すためのヘルプサービスがフランスで始まったそうですよ。私立探偵をしていたレジーヌさんが創立した会社「Ibila(イビラ:アリバイAlibiのスペルを反対にしたものですね)」で、ネット上に拠点を置くというこの企業は”偽の週末のセミナーの招待状”、”職場からの偽の緊急通報”、”存在しない結婚式への招待”などなど、旦那(もしくは妻)がいないことを正当化するあらゆるものを提供してくれるそうです。頼もしいですね。ちょっと長くなってしまったので、サービスの詳細は”続きを読む”からどうぞ。

 レジーヌさん(女性です)曰く、このサービスはカップルや夫婦に気づかれない浮気を可能にすることで、配偶者などを守ることが目的だそうです。以下彼女のコメント。
 「アリバイがきちんと成立していて、配偶者が何も疑うことがなければ、結婚を継続することが可能なのです。」
 利用方法はネットからで、特定の日付と時間のアリバイを要求すると、それに見合うようにクライアントの職業や個人の状況を考慮して”弁解”を作り出すんだとか。レジーヌさんとそのスタッフが、偽のホテルやレストランの領収証や他の種類を作り出し、彼女が言うところの「ちょっとした嘘」を提供するんだとか。他にも、もし参加していないセミナーに出たことにしたい場合、そのセミナーでもらえるであろうペンや帽子、Tシャツなども製作するそうですよ。
 個人情報が絡むために過去の事例を言うことはできない、と前置きした上で、レジーヌさんは一件の例を教えてくれています。仮に「ジェラルディーン」と呼ぶ女性です。
 このジェラルディーンさんは、厳格な男性と結婚していたのですが、海外生活をしていてたまたま自分の町に来ていた過去のボーイフレンドと1時間だけ会いに出かけたかったんだそうです。
 「その男性は彼女が生涯をかけて愛した人でした。だから、彼女は男性に会わなければいけなかったんです」とレジーヌさん。そこでイビラスタッフと彼らは計画を準備しました。
 ジェラルディーンは自動車学校を所有していたので、レジーヌさんは指定された日に、翌日の運転免許試験の前に直前の訓練を受けたいと学生のふりをして電話。
 「夫はそれを認めたどころか、彼女のためにガレージから車を出すとまで言ってくれたそうです。」みごと外出成功と言うわけですね。

 さて、気になる料金のほうは、ジェラルディーンのような簡単な弁明は19ユーロ(約3千円)、より精巧で時間のかかるアリバイについては150ユーロ(約2万4千円)以上になるそうです。彼女の説明によると、自身が作った架空のホテルやレストランからにせものの書類を作成しており、実際の施設の書類に手を加えて偽造しているいるわけではないので、仕事としては公明正大であるとしています。また、クライアントにはそれらの作成した書類をフランス政府を欺くためなどには決して使わないと誓う文書に署名してもらっているんだそうですよ。ま、確かに架空の請求書乱発して脱税とかされても困るしね。クライアントの要望によっては秘密の旅行のためにホテルのブッキングや電車・飛行機の予約も請け負うとか。プレゼントを買うことも受け付けていて、花、香水、チョコレートなどの後から見たら疑わしい買い物も、後から銀行の記録に出てこなくて住むようにしてくれるそうです。
 レジーヌさんによると、顧客のうち60%は男性であるそうです。年齢層は25歳から60歳と幅広いようですが、主に40台の中ごろが主力だとか。レジーヌさん自身は「非常に友好的な」離婚の後で2年前に再婚。自分の今の仕事について夫がどう思うかと聞かれ、答えは「彼は、私がおかしなことを考えていると思っているようですね。」
 レジーヌさん自身がそういうちょっと怪しげなメールの招待状や電話を受けたとき、夫は疑わしく思うでしょうか?と聞かれると、「いいえ、彼は私を完全に信用していますので。それに、私も彼を信用しています。彼が不正なことをしていたら、私はすぐに見破れるでしょうね。」ということです。

 ちなみにレジーヌさんは50歳で2児の母。こういったアリバイ偽装サービスはヨーロッパで2番目だということです。日本だと、逆の不倫相手に対する「分かれさせ屋」みたいのはあるけど、不倫や浮気を秘密裏にバックアップするサービスってないかもね。意外と日本ではビジネスチャンスかもよ!
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 13:11 | トラックバック

2007年09月05日

■パンダの糞でつくったお土産、ついに発売

Panda poo gifts on sale

 中国からのニュース。各方面ですでに話題になっている、あれです。中国が来年の北京オリンピックの際にお土産として大々的に「パンダのうんち」をお土産として売り出そうとしている、というニュースが8月に報じられていたのですが、ついにその全貌が明らかになりました。↑ですね。元記事でも言っているように、確かにこいつらはくまのプーさんと同じくらいかわいく、実際くまのpoo(poo=ウンチのこと)さんであることは間違いないわけです。見た感じ心なしか微笑んでいるようにも見えるというこのお土産、中国は四川省、成都から出てきたもの。ここでは60匹のジャイアントパンダが毎日トン単位で糞を排泄しており、その処理に困った挙句のこのアイデアだそうです。
 センターのジン・シミンさん曰く、「我々は糞の処理に毎月400ポンドはかけていました。しかし、現在はそれらの半分を記念品として売り出し、有利に処理することができるのです」とのこと。糞は乾燥・殺菌されているので安心だとのことですが...どうみてもウンチです。本当にありがとうございました。
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 17:57 | トラックバック

2007年08月27日

■ネットで”宿題やるサービス”in韓国

The blog ate my homework...

 というわけで韓国からのニュース。韓国の子供たちはお金を払って宿題をやってくれるサービスのためにインターネットを活用している、ということです。500以上あるというこの手のサイトでは、8ドル50セント〜11ドルで宿題を請け負うんだそうです。とあるサイトに寄せられているコメントには例えば「週末までに3つの英語の日記を書かなければならないんです。でも私はやりたくない。誰か私の代わりにやってくれませんか。そしていくらならやってくれますか?」だって。なるほど。バイト的に他人の宿題を請け負うことがこういう風にやり取りされているわけですね。他にも、すでに出来上がっている宿題を500ウォンでダウンロードできるようになるサイトなどもあるんだそうです。専門家はそういったサイトが、子供に望むものは何でもお金で手に入るというようなメッセージを送っていることを危惧しているとコメントしていますが。
 これは「宿題代行サービス」というビジネスチャンスがあるということかしら?まあ、子供のお小遣いの範囲だから、あんま儲けは期待できなさそうですけど...なんか日本でも流行りそうね、これ
<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 15:09 | トラックバック

2007年08月11日

■動物園、ウンチを肥料として販売

Zoo hopes to make money from poop
 フロリダはタンパからのニュース。フロリダの動物園では今回、象や他の大型動物のウンチを肥料として販売することでお金儲けを画策している、とのことです。なるほど!
 計画をしているのはタンパのラウリー公園動物園。もう動物のウンチを業者に処理してもらうのにお金を払う必要がなくなる、と言ってますね。4匹の象だけでも200ポンド(約90キロ)ウンチを生産(笑)するので、かなりの額が得られるだろう、と。来週から販売を開始するそうですよ。
 肥料にするには3ヶ月かかるとかで、ウンチはスターバックスのコーヒーの出がらしやたくさんの有機物と混ぜ合わせ、発酵させて、最終的にはふるいにかけて木のチップを取り除いて完成。動物園の園芸家、マーガレット・バウンズさん曰く
 「それは本当に豊かな土ができます。ハエも臭いも無いのです。」とのことですよ...象のウンチで1日90キロか...これがお金になるってんだからこれはもう笑うしかないね!お土産に売るよりはよっぽど良いよね(笑)
<ネタ元:Earthtimes.org/

投稿者 ono takuya : 19:23 | トラックバック

2007年07月15日

■ラーメン風呂大人気in箱根

Japanese soak in their noodles

 日本のニュースなんだけど、なぜか海外でも紹介されちゃってるよ。せっかくだからAFPに掲載され-たニュースを翻訳して紹介するよ。本末転倒だけど。
 ハコネ・ジャパンー日本人はラーメンが大好きで、その中でも何人かはあまりにも好きなので文字通りラーメンのボウルに飛び込む用意ができています。日本の温泉は土曜日に、ラーメンに似ている特別な浴槽を始めました。一対の巨大なはしにぶら下がるラーメン、コショウの香りのする湯船。
 「コショウの香りは心をリフレッシュする影響を持つと言われています。そして、燃え尽きた心臓を暖めて、情熱を燃やすのです」と説明するのは、日本でも最も人気のある温泉リゾート、ハコネ・コワキエン・ユネッサンinハコネです。
 水着を着たラーメン・ラバーズはラーメン・ボウルの形をした湯船に飛び込んで、ブイヨンになりました。
 「お客様は最初は困惑したかもしれませんが、楽しんだと思います。お湯がコショウのいい匂いがするからです。」と従業員のユースケ・サトウ氏は麺の形をした塩(本当は入浴剤)を入れながら言いました。ハコネ・コワキエンにはクリエイティブな浴槽が多くあり、ワインやコーヒーで満たされた風呂もあります。昨年はカレーも登場しました。
 「人々を驚かせるもっとたくさんのアイデアを考えたいです」サトウ氏は言いました。
 ということで。せっかくだからラーメンの香りがする入浴剤も出してほしいなあ。ちなみにちゃんとした?日本語のニュースソースはこちら。
温泉テーマパークにラーメン風呂 箱根
関連:ビール健康ランドでビール風呂
<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 12:34 | トラックバック

2007年06月28日

■議会、草刈機の代わりに羊を導入

Sheep to 'cut' council grass
 イギリスからのニュース。このほどノリッジのノーフォーク市議会において、エコロジーの意味もこめて、議会本部の草刈をするのに羊を導入することを検討しているそうです。この場合は議会が雇う羊飼いが羊を世話するようになるだろうとのこと。議会曰く、
 「我々議会本部の敷地で草刈用の羊を飼う可能性を調査する初期の段階です。まだ何も決まってません。しかし、これが可能ならば、環境にやさしいオプションとなるでしょう。我々の草刈の量を減らすことで、芝生の上の足跡も減るのですから。」
 ナショナル・ファーマーズ・ユニオンことNFUのスポークスマン、ブライアン・フィナティー氏もNFUとしては大いに賛成だとして次のようにコメントしています。
 「こうしたやり方は野生動物の自然保護区でもすでに使われています。良いことではないでしょうか。確かに環境には良いのです」
 燃料代とえさ代、羊飼いのメンテと考えると安上がりではないようにも思いますが、「生きる芝刈り」を導入するのはありだよね。一家に一台ならぬ一匹なんていう時代が来るのかな?てか、それ以前に庭のある家に住まなきゃだわね...orz
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 10:26 | トラックバック

2007年06月26日

■デブ専用?の救急車登場

Canada unveils heavyweight ambulance
 カナダはカルガリーからのニュース。この程ヘルスケア・オフィシャルズという部局では、太り過ぎの人間を輸送・治療するための専門の救急車を配備することにしたそうです。デブの人には朗報だね!この救急車には普通よりも幅の広いストレッチャー、450kgまで耐えられる機械式のリフトを装備しているそうです。エマージェンシー・メディカル・サービスのチーフ、エリック氏のコメントは以下。
 「人々の体重は重くなっていています。我々はより大きな人を処理でき、傷ついた人を救護隊員が運び上げれるようにする必要があるのです。」
 調査によると、近年カナダ人の太り過ぎの数は劇的に増加しており、20%以上、600万人のカナダ人が太り過ぎだと言われているようですね。その中の一人、体重250kgあるというチャド・キャンベルさんはこの新型車を歓迎しており、彼が以前運ばれた時は消防士4人に救護隊員2人が必要で、標準的な救急車はそんな状況ではギアも入れられない、とコメントしています。実際標準の救急車は160kgまでしか対応していないそうです。つーか160kg超えた時点で病院行った方が良いと思います。カナダには相撲はないわけだし。
 続きを読むにデブにまつわる過去記事をまとめてみました。お暇な方は是非。

デブな職員は地上勤務に戻すと警告、インドの航空会社
やっぱり燃費にも響くということでしょうか
ファットマン、自分探しの旅完了
デブが4500kmの道のりを制覇してニューヨークに到着
強盗にうたれたデブ、脂肪で無傷
天然の防弾チョッキ
太った客はより高額料金で
ドイツのホテルにて。理由は「やせてる人は長生きするので、それだけたくさん利用してもらえるから」
オーストラリア人にはもっと頑丈なトイレを
デブが座ると壊れる危険性があると警告。
デブを入院させるのに家を破壊
すでにドアからは出られなかったようです
パイロット・客室乗務員にダイエット勧告
再びインド。これはもうお国柄
機長「機体のバランスが悪い」と太った人を前に移動
物理的に間違っていないかもしれないが...
デブの母さん強盗を撃退
120kgの母さんにお尻で押さえ込まれた強盗。さあ被害者はどっちだ
警察官「くびになりたくなかったらやせろ」命令
あまりにも泥棒に逃げられたようだ
太めの女ばかりの強盗集団
隠れようがないと思うのだが
370kgの男性、暑さで呼吸困難
太った人って苦しそうっていうイメージが。やっぱり。
『新型チアリーダー』は巨漢デブ男集団
そんなうれしくないチアリーダーがあっていいのか
<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 14:47 | トラックバック

2007年06月17日

■ロシアのロボコップ、デビュー初日に雨で故障

Robocop shorts in rain
 未来はまだまだ先のようです。ロシアからのニュース。犯罪戦闘部隊に所属した革命的なロシア製のロボコップが、雨による回路のショートでデビュー初日に故障したそうですよ。
 まあ、ロボコップとは言っても外見は「4つの車輪が付いた卵形のロボット」だそうで、ガッシャガッシャと歩き回ったり、太ももから銃を出して人を撃ちまくったりするわけではないようです。Perm市で警察と市当局による共同プロジェクトで生まれたものなんだとか。ビデオカメラとセンサーを備えたそれは町中を巡回し、警察にデータを送信して犯罪に対する警戒を促すというわけですな。市民の期待を一手に受けて登場したこの卵形ロボコップですが、結局2、3時間町を歩いただけで故障、メカニックを呼ぶはめに。
 市当局曰く、豪雨だったので雨が内部に漏れ、回路がショートしたということを言ってます。現在のロボはプロトタイプで、将来は量産されるそうですよ。どうせなら武装も重視して、こいつを量産して欲しかったな
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 21:16 | トラックバック

2007年06月01日

■恐竜が街を闊歩で通行人びびる

Doyouthinkhesaurus?
 
 もう一件Metro.co.ukより。恐竜が街を歩き、通行人が驚いておりますね。これはシドニーの博物館からでてきたもので、ライブシアター・パフォーマンスをPRするためのものだそうです。シドニーのハイドパークを歩き回ったとか。
 何が気になるかって、もちろん中に人が入ってるわけなのですが、よくみると前足には両手が入っている様子...ものすごい前かがみで歩いているのですよ。中の人はさぞや腰を痛めていることでしょう...え?中の人なんていないって?ごめんなさい、汚れた大人の視点で...
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 14:29 | トラックバック

2007年05月20日

■水中ゴルフin中国

今週のニュースの中で時間がなくて紹介ができなかった話題を掲載します!運良く日本語のサイトではまだ紹介されていないようです。中国から。

Golfers overcome 'water hazard'
 世界初の水中ゴルフトーナメントが中国で開催されました。場所は福建省の福州。Zuohai Aquariumという水族館のイベントの一環として、深さが15メートルもある展示用の水槽に5人の参加者が入り、ゴルフを強引にプレイ。↓写真のとおりですね。水族館のスポークスマン曰く、「ルールも普通のゴルフとほとんど同じです。最初にボールをホールに落とした人が勝ちです。」とはいうものの、結局はかかった時間(打った打数ではないことに注意)で順位を決めたそうですよ。水族館側は
 「水は試合を非常に面白くします。魚はプレーヤーの気を散らしたりはしませんが、水中での浮力は体の安定を難しくします。」とした上で、水流の関係も試合を難しくする、と付け加えたとか。結果は1位の人が1分20秒で落としたのに対し、最下位の方は5分もかかったとか。
 まさか北京五輪の正式種目にとか、企んでませんよね?それにしても水槽の中でクラブを振り回す何て物騒な...OBでボールがガラスを突き破ったらしゃれになりませんなはっはっは

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:18 | トラックバック

2007年05月17日

■ビキニで販売、ラテ売れ行き絶好調

Bikinis boost coffee sales
 アメリカはオレゴン州、セイラムからのニュース。ドライブスルー方式の喫茶店でエスプレッソ職人が上半身ビキニになったとたん売り上げが好調とのこと。そりゃそうだろ!
 これはカフェ「コーヒー・ネイション」オーナーのアダム氏とスティーブン氏が発案。店の前に中央分離帯ができ、車が左折(アメリカなので)して入ってきづらくなってしまったために、何とか客を引き付けようと考えた苦肉の策で、従業員の女性6人を上半身ビキニにしてみたわけですが...
 「本当にうまくいきました。我々の売り上げは毎日上がっています。」砂浜にラウンドチェアー、というトロピカルなイメージを前面に押し出す夏の間はこのユニフォームを続投するつもりだそうです。
 「僕らは何か面白くて、違ったものをやりたかったんだ」とはもう一人のオーナー、スティーブンスさん。売り上げは以前の倍になったということで、だいたい買って行く客層は容易に想像がつくわけですが...ほんと男ってわかりやすいというかバカっていうか...
 ...僕の町にも進出してくれないかな
<ネタ元:Earthtimes.org

投稿者 ono takuya : 12:04 | トラックバック

2007年05月11日

■台湾に「病院バー」登場

看護で開拓
そういえば以前トイレがテーマのレストランを紹介したのも台湾だったな。座るところが便座で、トイレの形をした容器にカレーを盛り付けて出すという...で、今回は台湾に「病院バー」が登場。別に病院の中にバーができたわけじゃなくて、病院をテーマにしたバーということで、もちろんウェイトレスはナース姿(なぜがうさぎの耳つき)、飲み物は点滴の容器から注ぐという懲りよう。トイレには「緊急治療室」と書いてあるそうです。やはりここまでやったら、さくらエキストラ動員して毎日「リアルERショー」をやってくれれば完璧かな。この手のバーなら日本でも流行ると思うんですけど...誰かやりません?

関連:トイレがテーマのレストランin台湾
<ネタ元:京都新聞

投稿者 ono takuya : 11:13 | トラックバック

■ジェットエンジンを積んだトイレ、続報

先日簡易トイレにジェットエンジンをつけた男という記事で紹介したジェットエンジン搭載の簡易トイレをご紹介しましたが、このトイレが激走する動画がGIZMODOで紹介されていたのでこちらでもご案内。のっけからトイレットペーパーを持って乗り込むあたりで吹きました。

まあとにかくあきれるやら笑えるやら。ところでひとつ気になる点が。製作者のポール・ステンダーさん、管理人が見たソースでは「A US inventor」と書いてあったので「アメリカ人発明家」と紹介したのですが、動画を載せていたGIZMODOではイギリス人とのこと。どっちが正しいんだろ?調べてみないと...。
関連:ポール・ステンダーHP
   簡易トイレにジェットエンジンをつけた男
<ネタ元:GIZMODO

投稿者 ono takuya : 09:28 | トラックバック

2007年05月02日

■簡易トイレにジェットエンジンをつけた男

Jet-powered loo
久しぶりに比類のないおバカがいました。やっぱりアメリカ人です。↓ご覧の通り、簡易トイレにジェットエンジンを装備して時速112kmの猛スピードで移動することを可能にした方がいらっしゃいます。発明されたのは43歳の発明家、ポール・ステンダーさん。ぼろぼろの古い簡易トイレに1000馬力のボーイング社のターボエンジンをゴーカートのシャーシの上に搭載しております。お値段約120万円のこのマシン、9mもの炎を吹き出しながら前進したとか。とりあえずドアには穴が二つあいており、どこへ飛んでいくのか覗けるようにはなっているようです。前が見えてもまったく無力だけどね!ちなみに名前は「Port-O-Loo」。
いたってまじめな本人のコメントは以下。
「最初はほんとのトイレっぽくしようと思って、トイレットペーパーを装備させたんだ。だけど、紙がジェットエンジンに詰まったらすごく危険だってすぐにわかったのさ。エンジンが紙を吸い込んだら、大爆発だよ。僕も一緒にね。」
あきれてものが言えませんが、笑いが止まらないのはどうしてだろ?

関連:人は何故ジェットをつけたがるのか
ショッピングカートにジェットエンジン
ジェットの翼で空を飛ぶ人
おばあちゃんの車いすに勝手にジェットエンジン
公道を走れるジェットビートル(Engadget Japanese)
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 22:11 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月01日

■建築業者、対カモメのボディーガードを雇う

Builder hires seagull bodyguard
イギリスのニュース。建設作業中にカモメに急降下で襲われることに嫌気がさした社長のコリン・ジョーンズ氏(38)が、作業員の仕事中にカモメから守るため、ボディーガードのアルバイトを募集したそうです。ちなみにガードの武器は「ほうき」。
屋根での作業中にカモメに襲われ負傷者がでたということで、ジョーンズ社長は新聞にボディーガード募集の広告を掲載。時給は6ポンド(約1400円)、応募条件は「アウトドアが好きで、カモメに詳しく、視力が良くて足が速いこと」。
結果、20以上の質問の末に雇用されたのはスティーブ・ジャッコーさん。彼は以前から作業中に鳥を威嚇するのにホイッスルを使っているとかで、今後の活躍が期待されます。つーかボディーガードがほうき持ってカモメを追い掛け回すって...絵的に想像すると笑えます。カモメ撃退に頑張りすぎて屋根から落ちないかが一番心配

<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 13:29 | トラックバック

2007年04月14日

■料理用にサボテン出荷開始

And how would you like your cactus, rare or well-done?
イスラエルからのニュース。地元の農場で、高血圧や糖尿病に良いとして食用にサボテンを出荷している、とのこと。メキシコじゃありません、イスラエルです。あんなもん食べれたんですね...
現在イスラエルの農場では、メキシコから輸入された、薬効成分があるという20種類以上のサボテンが栽培されているとのこと。
「メキシコではサボテンはご馳走なんですよ」とはテルアビブの北にあるEmek Hefer農場の責任者であるRahamim Shaar(読みは...ラハミン・シャー...?)さんのコメント。「フライパンでステーキのように焼いたり、アルミホイルで包んでオーブンで焼いたりするんです」だって。近い将来イスラエルの風景がメキシカンになるのもありえる話なのか?日本もタコスなんか出してないでサボテンを出せサボテンを
参考:
・メキシコのサボテン料理(All about グルメ)
・メキシコではサボテンを食べるって聞いたけど、ホント?

<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 14:47 | トラックバック

2007年04月10日

■ものすごくすっぱいキャンディーで事故防止

Thailand hopes holy sour candy will stop road accidents
タイの警察は、交通事故を減らすための試みとして、眠気覚ましのために「スーパーサワー」という非常にすっぱいお菓子を配り始めたそうですよ。金曜日から5日間続く新年の祝賀会に合わせて14万個を配る予定だとか。この期間はタイでも最大の休暇なのですが、その分飲酒運転が大量に増え、交通事故の発生率も年間で一番多いそう。
もとの発案はタイのPrachaup Khiri Khan(読めない...)にある仏教の修道院長で、この方が全国のドライバーのために200,000バーツ(5,700ドル=約68万円)を寄付しました。このお金で「スーパーサワー」を買い、修道士の皆さんでお祈りして清めた飴を配るんだとか。このため先週の土曜には2999人が集まったようです。ハイウェイ警察署長のパニヤさん曰く、「このお菓子は非常にすっぱいです。そして、それは運転手を起こしておくでしょう。キャンディは修道士によって祝福されました。だから、運転するとき人々はより快適で自信の満ちたものになるでしょう。」とのこと。「スーパーサワー」ね...さてさて、どれほどすっぱいものなのか非常に興味がありますね。つーかまずは飲酒運転を取り締まる方が先のような気が...
<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 13:44 | トラックバック

■上司のケツをなめるくらいなら...という広告

Goatse ad tells you to get a job without colon-climbing
ドイツからのニュース。ドイツの求職支援サイトが、ハンブルグにおいて下のような広告を出したとかで話題になっています。実際に掲示されたのは昨年暮れのようですが...広告は「上司のケツの上を這いずり回るくらいなら、もっといい仕事を得る方法がありますよ」ということを訴えているものだそうで。ご覧の通り、下の「アスホール」な部分はアーチ上に穴が開いていてちゃんと向こう側に歩いていけるようになっております。それにしてもこの下、あんまくぐりたくないです...いや、嫌悪感だろうがなんだろうが、注意を引きつけたもん勝ちなのか?
情報ソースは「Boing Boing」でした。

<ネタ元:Boing Boing

投稿者 ono takuya : 13:35 | トラックバック

2007年02月21日

■バスの車内でヨガサービス

Israeli bus passengers taught yoga
イスラエルからのニュース。市内を走る普通のバスの車内で、ヨガ教室のサービスが始まったそうですよ。教えているのは、ヨガ歴21年のベテラン、ミリさんです。車内で座ったままでもできるヨガを乗車中に手ほどきしているもよう。もともとは先生のミリさんが思いついてテルアビブのバス会社に提案したことから始まりました。理由について先生は「バスは歴史的にテロの対象とされてきた過去があります。リラックスすること、そして命は恐怖よりも強いものだと示すことは重要だと思ったのです」とのこと。乗客の大部分がヨガに参加しており、通常よりもリラックスでき、仕事をする心の準備もできると言っているそうです。ヨガは毎週火曜日の便でのみ行われています。バスでヨガって新しいね。こういうサービス、新たなアイデアにどうかな、バス会社の皆様...?

<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 12:31 | トラックバック

2007年01月23日

■おならの匂いを消すパンツ登場

Fartypants launched
アメリカから。今まで誰もが待ち望んでいた、おならの匂いを吸収して消してくれるパンツが発売されます。開発したのはアンダーテック社。アンダーイースというこの新製品はお尻の部分にフェルトや炭、グラスファイバーなどの繊維で何層かのフィルターが装着されており、これで匂いを消す仕組み。また、それ以外の部分からガスが漏れていかないように、足回りとウエスト回りのゴムはぴっちりしているそうです。
創業者で発明家であるバック・ワイマーさん曰く、「このアンダーイースは、人間の悪いガスから保護するための下着です」だって。「ずいぶんからかわれましたが、我々はこれが目的にかなう重大な製品であることを疑いません。」と本人はいたって本気。まあ、本人も言ってるように、旅行中の飛行機や電車の中では確かに便利かも...?パンツは洗濯機で洗うことができ、数週間から数ヶ月効果が持続するそうです。
サイトで販売もしているようなので、気になるあなたはぜひチェックを!
つーか。お尻の部分...盛り上がりすぎなのでは?
参考:アンダーテック社HP

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:28 | トラックバック

2007年01月17日

■男子校内のパブ、指紋スキャナー導入

門男子校イートン校のパブ、指紋スキャナー導入で学生の飲みすぎを防止
イギリスからのニュース。英国の名門私立男子校イートン校内のパブでは、未成年の飲酒や学生の飲みすぎを防止するため、指紋スキャナーを導入、データベースに登録された者だけがアルコールを買えるシステムを作ったそうですよ。なんでもウィリアム王子などの出身校としても知られるほんとの名門校のようですね。今後は食事と一緒でなければアルコールを買えず、それも一人1.1リットルまでに制限されるとか。つーかイギリスでは16歳以上でお酒が飲めるのだな。学校内にパブがあって飲酒可能ってのがイギリスのお国柄か...
同校出身者によると「お金が続く限り誰でも好きなだけ酒を飲めるのが当たり前だった」んだってさ!すごいね!無闇すぎるね!
それにしても指紋スキャナ導入ってすごいセキュリティだな。同時に”保護者がパブでの飲食代として入金している専用口座の残高を確認”もできるってことらしく、ダメ人間増殖を防ぐにはいいかもね。
参考:イートン・カレッジ公式HP
<ネタ元:Internet Journey

投稿者 ono takuya : 12:51 | トラックバック

2007年01月13日

■おっぱいが大きくなるビール大好評

Breast-boosting beer
2007年の1月からEUに正式加盟したブルガリアからのニュース。ブルガリアがEUに加盟して、お酒に関する関税も撤廃されたために、近隣からブルガリアに「おっぱいが大きくなるビール」を買いに来る人が大勢いるそうですよ。これは地元で「ボザ」と呼ばれているビールで、発酵した小麦粉とイースト菌で作られたビール。女性の胸を大きくするという効果が報告されており、結構な話題の一品だとか。どうも男性が奥さんや彼女に飲ませようと買う場合が多いそうです。
ルーマニアから買いに来たコンスタンタン・バーバルさん曰く「ためしに家内に一ケース買うんだ。本当に効果があることを期待してるよ。」
オーストリアでスキー場のオーナーをしているクラウスさんももうすぐ買いに行く予定だそうです:「以前からBOZAについては聞いていました。ただ、関税がかかるととても高価だったのです。それがなくなった今、私はスキー場の顧客に提供しようと思っています」
巨乳好きのおっぱい星人は日本人に限ったことではなかったのですね...誰か日本でも販売してくれないかな...?
参考:BOZA(英語)

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:44 | トラックバック

2006年12月08日

■一人のクリスマス、一緒に騒ぐ友達のDVDはいかが

Xmas dinner guests - on DVD
オランダの制作会社が、一人ものがクリスマスの夜寂しく食事をしなくて済むよう、DVDを新たに発売するそうです。DVDにはあなたのお友達が出てきて、食事したり、会話したり、飲み物を飲んだりするそうです。この映像ソフトは6人の俳優がフューチャリングされており、好きな人を選んで映像を流すことができるとか。制作者の一人、クリスさん曰く、
「座って、テレビを見ながら食事しているときに、このDVDを観るんだ。俳優はロマンチックな夜や、素敵な議論を提供することができる。僕らはテーブル仲間として、良い選択ができるよう、たくさんの相手を用意したよ」ということだそうです。
うん、いいんだ、わかってる。この記事を読んだほぼ全員が「そんなDVD流してる方がかえって寂しくなるだろ」って思うだろうことはね。むしろ普通のTV観てた方がいいんじゃねみたいな。まあでも、「ちょっとちゃんと聞いてんの?相づちくらいうちなさいよ!」とパートナーに責め立てられるよりはこっちの方が気楽でいいかも。返事しなくていいんだもん。ずっとしゃべっててくれるって、ある意味ありがたいかもね
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 16:51 | トラックバック

2006年12月07日

■学生撃退にロボット設置

Dr Who fan exterminates students
イギリスからのニュース。酔っ払った学生に嫌気のさしたDr.フーの熱狂的信者が、自宅にロボット「ダーレク」を設置して威嚇しているそうです。ちなみに、ダーレクとは↓、イギリスのSFテレビシリーズ「Dr.フー」に出てくる敵役のロボット。中には製作者のアンドリューさんが乗り込めるようになっており、ボイスチェンジャーを使ってロボットの声で話すことができるようになっているとか。酔っ払った学生が近づくと「私は学生が好きではない。抹殺せよ!」と叫ぶんだとか。製作には8ヶ月、20万円以上がかかっているそうです。
「最高なのは、誰かが近づいてくるのを中で待っていて、触った瞬間に”抹殺せよ!”って叫ぶんだ。心臓が飛び出るほど驚くよ」って困った人だなあ、もう。
ノリは大好きなんで、いろんなところにダーレクを連れて行ってどんどん抹殺していっていただきたいと思います
参考:ドクター・フーNHK海外ドラマHP

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:57 | トラックバック

2006年11月08日

■オーダーメイドのコンドームが売れている

Custom-made condoms
ロシアの医者が、オーダーメイドのコンドーム販売を始めてかなり儲かっているらしい、というニュース。モスクワで泌尿器科医を営むピョートル先生が、「自分にあったコンドームが見つけられない」という患者の不満を聞いたのがきっかけで、ユーザーに合わせたサイズのコンドームを作り始めたんだそうです。
で、転機になったのが、コンドームにイラストなどをデザインするようになってから。個別にイラストを入れるオリジナル性が受けて売れに売れているようです。
「人々はクマやミッキーマウス、ゾウなどがイラストされているのを好みます。」
...まずはディズニーとの裁判に備えようね。
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:27 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月03日

■あそこを大きく見せるパンツ、大盛況

Size matters for makers of Aussie "Wonderjock"
オーストラリアはシドニーからのニュース。シドニーの下着メーカー、オージー・バムが、男性のあそこがより大きく見えるという画期的なパンツ、「ワンダージョック」を発売、売れに売れているとか。発売からまた1週間ですが、すでにワンダージョックは5万着も売れているそうですよ。需要あんのかよ!
今までだらりと下がるか行き場のなかったちんちんを、うまく前方のカップに納めるように格納することで、↓のように素晴らしいもっこりかんを演出。寄せてあげるブラのちんちん版といったところでしょうか。オンラインによる通信販売でアンダーウェアを手がけていたオージーバム社によると、
「ワンダージョックは、あそこをより大きく見せたいというオンラインの顧客からの要望をフィードバックしたものです。一般のお店は、顧客のパンツに対する要望をフィードバックするのには理想的ではありません」
確かに普通にお店に行って、「もうちょっと股間のラインをきれいに見せたいんだけど」みたいな会話ができるはずもなく。オンラインDVDレンタルが流行るのと同じ理屈か?
オージー・バムのHP
日本語にも対応しています。一着いかがですか?

<ネタ元: Oddly Enough - Reuters UK

投稿者 ono takuya : 16:47 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月26日

■最も醜い野菜大賞は

Parsnip wins ugly veg contest
イギリスからのニュース。「もっとも醜い野菜コンテスト」が開催されたもよう。何段にもなったトマトやねじれたにんじんなどが出品されましたが、大賞を取ったのは↓のパースニップ、いわゆるサトウニンジンです。もうなんか野菜というよりはどこの星からやってきたんですかといったふぜいですが、れっきとした野菜。開催者のリズ・ウッドワードさんいわく、
「この賞は我々が外見上で野菜を審査してはならないと言いたいのです。そして、我々はスーパーマーケットの多くで見つかる美容的に完全で形がよい野菜のイメージに疑問を呈しなければなりません。(ほぼ直訳)」、見た目で選んじゃだめだよって言いたいわけだね。こんなのが普通にスーパーで売ってたら怖いけどね!

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:27 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月10日

■便器と車椅子が合体、新開発

「水洗トイレ一体型車いす」 長崎のベンチャー企業が開発
長崎市のベンチャー企業、ジャパン・オアシスが水洗トイレを内蔵した車椅子を開発したそうです。確かにどっちも座って使うものだからなあ。防臭液入りの水が便器を洗浄するために、匂いもなく清潔、と。もとは高齢者や障害者に向けた開発のようで、1日1100円で貸し出す予定だそうですよ。
そうか、開発理由は真面目だったんだ...てっきりネタかと...失礼しました

<ネタ元:街の灯

投稿者 ono takuya : 13:04 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月09日

■羊のウンチで紙をつくる

Paper from sheep poo
イギリスはスノードニアからのニュース。クリエイティブ・ペーパー・ウェールズという会社が、羊のウンチからグリーティングカードを作ることでミレニアム・アワードを受賞、20000ポンド(役436万円)の賞金をゲットしたそうです。
製造方法は周囲から羊のウンチを集めてきて圧力釜で殺菌・洗浄し、繊維を取り出して紙やダンボールをつくるんだとか。また、洗浄に使用された水も肥料として使われるので無駄にならないのだそうです。すばらしい。
創業者のローレンスとレズは、ユニークなウェールズ人でありたいんだとコメントしています。
できた紙はうっすら茶色いなんてことはないですよね...?
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:36 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月02日

■世界初、海底郵便局

Underwater Post Office
百式さんで紹介されてました。バヌアツ共和国のそばにつくられたという海中の郵便局。ちゃんとここから手紙を出すこともできるということです。確かに手紙が海中郵便局とか書いた消印で送られてきたらびっくりするかも。つーか、郵便局とはいえ海中。消印なんて押せるのか?きっと手紙もびしょびしょで...うわあ想像したくない(笑)

あと、水中郵便局といったらやっぱ水中ポストでしょう。なんと日本にもあるんですよ!水中ポスト。ここで紹介しているのですが...すでに2万通も入れていく人がいるとは恐るべし。
<ネタ元:百式

投稿者 ono takuya : 13:57 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月26日

■オナニーグッズ、グッドデザイン賞を逃す

グッドデザイン賞アダルトグッズはNo!1次突破も…
グッドデザイン賞の1次審査を見事通過し、ビックサイトで行われる2次審査におしゃれな(ここ大事)男性用自慰用品「TENGA」が出品されたのですが、「審査はするが展示は下げよ」、「実際に試せないから審査対象外。だから展示も不可」、「女性など一部審査員から展示自体に批判があり、直前になって対象外となった」などいろいろないちゃもん指摘がなされ、結局展示ブースにも「審査対象外」の張り紙が。2次審査を通ればGマークがつけれたんだけどね...残念。
ホームページを見る限り、確かにオナニーグッズとは思えないおしゃれ感。使い方さえ言われなければ普通に部屋においてあっても違和感がないあたりがすごいですなあ。その分使い道がばれたときのどん引きもすごいことになるんだろうけど...

<ネタ元:ZAKZAK

投稿者 ono takuya : 13:58 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月07日

■中国にある、スタッフを殴っても良いバー

Bar in China allows stressed out customers to beat up staff
ということで中国は南京からのニュース。最近オープンしたこのバーには珍しいオプションがついていて、なんと「追加料金を払えば、従業員を殴ったり、グラスを壊したり、大声で叫んだりしても良い」というサービスなんだって。店では20代から30代の、殴られても良いという頑丈な男性を雇用したとか。もし客が女性を殴りたいと言ったら女性の格好もさせるそうですっておいおい。
この店のオーナーは29歳のウー・ゴンさん。日本で似たような店があるのを見てインスピレーションを受けたといってますが...それってただ単に泥酔した客じゃないよね...?
<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 17:56 | コメント (0) | トラックバック

■空中に浮くベッドを開発

Designer creates floating bed
オランダはアムステルダムからのニュース。オランダ人の若い建築家が、磁石の力で空中に浮くベッドを開発したそうですよ。この方名前はJanjaap Ruijssenaars(読めん)、映画「2001年宇宙の旅」に出てくる、空中に浮かぶ黒いモノリスを見てひらめいたんだとか。
「たとえどこの建築物に住んでいても、重力の影響は受けています。私はそうではない場合はないのかと考えたのです」だってさ。
床とベッドに強力な磁石が組み込まれ、ベッドが宙に浮くようになっており、ある程度の固定をするために細いワイヤーで床とベッドをつないでいるんだそうです。本人曰くまだベッドは快適にはできていないので、寝具やクッションが必要とのこと。また、ピアスをした人は浮いているベッドと床の間には絶対に入ってはいけないと警告もしたそうです。突然人が入ってくると磁石が引き寄せられるんだとか...ぐしゃり。
ていうかさ、ある意味一番びっくりなのはこのお値段。はい、オープンザプライス。
120万ユーロ(約1億7千万)かちゃかちゃちーん
...誰も買えねえよ!!
<ネタ元:Oddly Enough - Reuters UK

投稿者 ono takuya : 17:32 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月27日

■オーストラリアのパトカー、ポルシェ導入

Police test Porsche patrol car
オーストラリアからのニュース。オーストラリア警察では、スピード違反取締りのためにポルシェ911を導入したということです。↓がその写真。最高時速280km以上を誇るポルシェなんかに追っかけられることを考えれば、誰も逃げ切ろうとは考えない...ってことでしょうか。道路脇にとめておくだけで、見かけたドライバーが思わずブレーキを踏むという効果もあるそうですよ。
唯一の不満は車内がせまっくるしいことらしいのですが、速度感知レーダーと酒気探知器のような必須の器材を積む余裕は十分にあるとか。そういえばイタリア警察に配備されたランボルギーニのパトカーはどうなった?活躍してんのか?
参考:イタリア警察にランボルギーニを配備

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:34 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月24日

■テキーラ一本2600万円

Unique bottle of tequila sold for $225,000
メキシコシティーからのニュース。金とプラチナでできたポトルに入った超高級テキーラが225000ドル(約2600万円)という値段で売買され、話題を呼んでおりますよ。ボトル一本2600万!
テキーラはリュウゼツランという植物から作られるもともとは安いお酒で、労働者や農民が飲むものだったのですが、最近にわかに世界中で人気が高まったいるそうです。今回販売されたテキーラボトルは「Tequila Ley .925」という業者がプロデュースしたもので、↓がそれ。商品名は「アズテック・パッション・リミテッド・エディション」。Tequila Ley .925のCEO・アルタミラノさんは世界で最も高い酒のボトルを売ったということでギネスブックに申請したいとか。それにしても高過ぎだろ!

<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 14:43 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月18日

■バイアグラアイス発見

Odd flavor options offered at ice cream stand in Hungary
BoingBoingから。たれ込みによるとハンガリーのバンクーバーではバイアグラアイスが売られているのが発見された↓、とのこと。味をためしてみたところ、酸っぱいレモネード系の味がしたとか。バンクーバーでも他の店でも見かけるというこのバイアグラアイス、いったいバイアグラの成分は入ってるのかどうか、非常に気になりますな。日本のサーティワンとかでもぜひラインナップに入れていただきたいと強く希望!おっさんも行きやすくなるから、きっと

<ネタ元:BoingBoing

投稿者 ono takuya : 14:23 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月13日

■口型トイレ苦情で撤去

Mouth-shaped urinal sparks complaints
オランダからのニュース。オランダのマクドナルドで、トイレの小便器に女性の唇型↓を使用していたのですが、客からの苦情により渋々撤去させられるはめになったんだとか。まあ、女性の口の形ってのが微妙に女性の反発心をかったんでしょうなあ。デザイン的には面白いと思うのですが...
ちなみにこの便器、バスルーム・マニアというメーカーの「Kisses!」という商品。実はこの商品、2004年にもバージン航空がアメリカのケネディ空港に設置しようとして苦情が出て断念しているらしいよ。デザイナーのヴァンさんいわく、何ら淫らな意味ではなく、マンガチックな口としてデザインしただけで、リアルな女性の口をイメージしている訳ではないといってます。管理人的にはすごく好きなんだけどなあ。みなさんはどうですか?
参考:バスルーム・マニアHP

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 19:28 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月07日

■いやな上司にはタランチュラを

冗談にしては度が過ぎる!?――上司に送った包みの中にタランチュラ!
イギリスからのニュース。スーパーマーケットチェーン「マークス&スペンサー」で、社員のマーロンさんがが職場を辞める際、上司にいたずらで毒蜘蛛のタランチュラをプレゼントしたそうです。プラスチックの容器に入れてプレゼントしたらしいのですが、容器を開けてティッシュの中からかさかさとタランチュラが出てくるのを見たスーザンさんはあまりのショックに熟睡できなくなったとしてマーロンさんを告訴しました。マーロンさんは地域社会奉仕命令(1年間)と、精神障害への補償として200ポンド(約4万円)の支払いを命じられたそうです。
ちなみにクモはメキシカン・レッドニーというタランチュラの一種↓、比較的毒性は弱いもよう。弱いといってもアレルギー体質の人は死の危険性もあるというからほんとしゃれになりませんな。絶滅危惧種にもなっている希少なクモで1匹最高70ポンド(約1万4,000円)とか。
しかし残念なことにマーロンさんはスーザンさんが箱を開ける際、たまたま会議に呼び出されていてこの恐怖の瞬間を見ることができなかったんだってさ。5万4千円もしたいたずらなのに...最前列で見たかったろう..

<ネタ元:Internet Journey

投稿者 ono takuya : 18:56 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月05日

■二通りの辛いアイス発売

日本とアメリカで同時に「辛いアイス」を思いついた人がいたみたいです。熱さのせいでしょうか。
Tahoe bear swills booze with pizza snack
まずはアメリカはノースカロライナからのニュース。「Sunni Sky's」というアイスクリームショップが新発売するという「コールド・スウェット」というアイスは、食べる前に「お金を返さなくていい」という契約書にサインをしなければならないそうです。どんな味だよ。3種類の香辛料と2種類の辛いソースが入っているというこのアイス、「火のような味がするよ」とは常連客であるスコットさんのコメント。「最初はいいアイデアだと思ったんだけど、あんなに辛くなるとは思わなかった」とも言ってます。
例の契約書にはいくつもの注意事項があり、健康に問題のある人や妊婦は食べられない、18以下の人には保護者同伴などのきまりがあるそうです。
客として初めて注文した22歳のジャスティンは一口食べただけでトイレに走っていって吐いたんだってさ!すごいね!ちなみに残りの「コールドスウェット」がなくなったらまたつくるかどうかはわからないらしい。気になる人は急いだ方がいいと思います

ハバネロの刺激をアイスに
こちらは日本。暴君ハバネロで辛党のハートをわしづかみにした東ハトがアイス版のハバネロを発売するそうです。時期は7月10日から8月31日までの限定販売。記事によると「アイスに「暴君ハバネロ」を砕いて入れたもので、「冷たいのに汗が出る」「甘いのに辛い」という不思議な感覚を味わえる」そうですよ。これぐらいならなんとか吐かずにすみそうだ(笑)

<ネタ元:Oddnews-AP Livedoorニュース

投稿者 ono takuya : 20:07 | コメント (0) | トラックバック

■14歳、ブタのかいば桶から潜水艦

Teen builds sub out of pig trough
スイスからのニュース。14歳のアーロン君がなんとかいば桶を改造して潜水艦をつくってしまったそうです。このお手製の潜水艦、「ENDO(特別海洋探査研究所?の略)」はブタにえさをやる用の真ちゅうでできたピカピカの桶を使用し、15分間の処女航海に成功したそうですよ。アーボン港の港湾警察にもちゃんと許可をもらっているとか...
アーロン君は10歳の時から古い農機具などを使ってペダルで進む船をつくっていて、いつかこれでコンスタンス湖の水中を探検したいと言っていたんだってさ。桶で潜水艦ねえ...でっかい桶をふたつくっつけたやつを想像するとなんか笑っちゃうけど、きっとそんなしょぼいものじゃないんだろうね(笑)
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 19:28 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月11日

■ワールドカップトイレ編

Worlde Cup: The Extra 'E' is for Extra ...
ドイツで行われているサッカー・ワールドカップ関連グッズのご紹介です。
ワールドカップの盛り上がりはこんなところにも。さあみんなで小便を掛け合ってゴールを狙うのだ!
紹介しているブログのコメント
「Men are weird.(男ってバカだね)」

orz


<ネタ元:BoingBoing

投稿者 ono takuya : 10:14 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月02日

■縄のない縄跳び発明...?

コードレスなわとびの特許が承認される
アメリカでからのニュース。米特許商標庁において、縄が無い縄跳び「コードレス・ジャンプ・ロープ」の 特許出願 が承認されたそうですよ。錘が入っているので縄跳びと同じ感覚が得られるそうですが...↓。
まあ、まだ製品化されたわけではないのでいいんですけど、ネタ元のスラッシュドットジャパンの皆さんのコメントがあまりに面白かったので、ちょっとご紹介。
注意
「片方だけ失くす」という、従来の縄跳びには無い新たな欠点があります。
Re:注意
じゃあ紐で繋いでおけばいいのさ。
参考:PatentlySilly.comの記事

<ネタ元:スラッシュドットジャパン

投稿者 ono takuya : 13:25 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月01日

■コンタクトレンズ続報

一昨日のエントリーで、星飛雄馬バージョンのコンタクトも作ったら...と冗談で言っていたのですが、BlackJoker様からのたれ込みにより、ほんとに発売されていることが発覚。マジですか?
LensOrder4uというサイトのSFXレンズという項目にはあるわあるわヤバげな感じのレンズが...すごいです
 
<ネタ元:BlackJoker様よりたれ込み>

投稿者 ono takuya : 07:50 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月30日

■サッカーボールコンタクト発売

痛くない
6月にワールドカップが開催されるドイツで、サッカーボールのデザインと、ドイツ国旗デザインのコンタクトレンズが発売されたそうです。すごいインパクトだね!管理人としては目の中に炎が浮かぶ星飛雄馬バージョンのコンタクトもつくって欲しいところだがどうか

<ネタ元:京都新聞

投稿者 ono takuya : 12:02 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月20日

■宝石が売れればヌードが見れる件について

Model reveals her jewels
ワールドカップで浮かれている(勝手な思い込み)ドイツはベルリンからのニュース。モデルの全身がびっしりクリスタルビーズで覆われており、このクリスタルが売れるたびにモデルがヌードになっていく、という楽しげなイベントが行なわれております。クリスタルは全てネットオークションのE-bayで売られており、現在どの程度売れているのかはサイトで確認できるそうです。
millioncrystalbody.com
ちなみにクリスタルビーズは一個につき1ユーロ(約140円)ヌードが見たけりゃ大人買いしなってことですね。ちなみに全身のビーズは100万個。現在のところはまだ顔半分も出てませんなあ。これは定期的にチェックしていきたいと思います。
ちなみに全部売れたあかつきには、最後の一個を買ってくれた人にモデルのシャンタルさんが直接届けに行くそうですよ。まさかヌードで...って期待させてませんか?
 普通に恐いです
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 11:07 | コメント (1) | トラックバック

2006年05月18日

■ピザの香りを登録商標に

Company Wants to Trademark Pizza Scent
リトアニアからのニュース。ピザ屋さんが焼きたてのピザの匂いを商標登録しようとしているらしいのです。このピザ屋さん、リトアニアとラトビアに店をもつ”Cili Pica"というチェーンらしいんですけど、会社曰く、うちのトレードマークでピザ屋を選んでいる人が多いので、うちのピザの焼きたての香りに知的所有権を与えたい、ということのよう。現在役所ではこの商標申請に関してはノーコメント。これが認められたからといって他の店がピザを作れなくなる訳じゃないんですが、Cili Picaだけが「うちのこの匂いが焼きたてのピザの匂いなんです!」といえるようになる、とか。もうね、他の店もどんどんやって泥仕合したら面白いよ!「おいおい、そのチリピザの匂いはうちの商標を侵害してるよ!」「お前こそうちのミックスピザの匂い侵害してるじゃねえか!」みたいなね

<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 12:25 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月12日

■犬のための24時間ラジオ開局ータイ

Thailand launches round-the-clock radio show for dogs
はい、という訳でタイからのニュース。アメリカのペットのためのラジオ番組にインスパイアされたタイの愛犬家が、犬のための24時間ラジオを開局したそうですよ。オペレータのAnupan Boonchuen(読めねえ)さんのコメント。
「私は、犬がしばしば音楽に反応することに気がついたのです。音楽を聴いて尻尾を振るものもいれば、寝ていた犬が頭を持ち上げることもありました。」
ということで、この方曰く犬はタイのフォークソングが好きらしく、なんとなく普通にタイのフォークラジオになっている感じらしいよ。これ、日本とかでもやる人がいそうだなあ。ぜひタイのフォークソング路線で行ってほしいがどうか
LINK:タイの24時間わんこラジオ

<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 08:29 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月29日

■酒乱防止に指紋をスキャン

British town's pubs scan fingerprints to spot louts
イギリスはヨーヴィルから。酔っ払って暴れた客が他の店に行くのを阻止するため、この町のパブでは指紋認識マシーンを導入したのだそうですよ。現在店にどんな客がいるか指紋をスキャンして管理しており、ネットワーク上で他の店からも参照できるようになっているとか。酔っ払ってトラブルを起こして追い出された客が出たらすぐさまネットワークで情報が流れ、他の店でも注意することができるという効果だそうです。指紋で管理してるから、それは俺のことじゃないといってもばれちゃうしね。
IT時代のパブはサイバーだね。バーテンはきっとロボだよ

<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 15:44 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月26日

■ビール腹にビールを隠せ

Beerbelly is a big success
アメリカの中年男3人が考え出した発明品「Beerbelly」が大ヒットしているんだそうです。さて、そのビアベリーとは、肩からぶら下げてお腹につけるタンクで、チューブをつけてビールなどを飲むことができるというもの。上からシャツを着れば普通のビール腹で太っているようにしか見えないというすばらしい一品(笑)。もともとはスタジアムや映画館にビールをこっそり持ち込む目的で開発したらしいのですが、世のダメ人間たちの共感を得たのか5日間で200万個を売り上げる大ヒットになったそうです。
すばらしい!そのぽってりした腹、最高だよ!
これ以上腹を出したくないので僕は着れそうにないなトホホ

参考:Beerbelly.com
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:35 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月13日

■すごい長いバス登場

長さ18メートルのバス、杭州で登場
中国は杭州からのニュース。4月末に開通する高速公共交通1号線に投入される新型のバスが発表されたのですが、長さ18メートル、定員はなんと160人!以前中国で帰省ラッシュの時には電車でトイレに入れないのでオムツがバカ売れというニュースを紹介しましたが、これで少しは緩和されるんじゃないでしょうか...?
追伸:交差点はどうやって曲がるのか誰か教えてください

<ネタ元:hellonavi.com

投稿者 ono takuya : 12:33 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月04日

■デジタル墓石を開発

Inventor develops digital tombstone
オランダからのニュース。65歳になるオランダ人のヘンク・ロズマさん(読み方あってる?)が、故人の写真や映像が流れるデジタル墓石を開発したそうです。墓石に液晶画面が埋め込まれており、赤外線で墓参者が来ると映像や写真とともに故人のメッセージも流れるようになっているとか。ヘンクさんは自分の誕生日パーティのときに自分の人生をDVDの映像にして流したのですが、このDVDのコピーを多くの友人に求められたことからアイデアがひらめいたんだとか。俺ならメッセージの代わりに大音量で女性の悲鳴とかを流して墓参りに来た人を恐怖に陥れるような、そんな素敵な墓石にしたいですが何か
関連:
宇宙に遺灰をまくサービス
故人の遺灰をダイヤに
墓地で結婚式
猫の墓石は1200万円の彫刻だった
ホーンテッドマンションに自分の墓石
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月25日

■世界初、ビール健康ランド

World's first beer health spa
チェコからのニュース。ホドヴァーという地域のビール醸造所の地下に、世界初のビール健康ランドがオープンするそうですよ。ビール風呂、ビール化粧品、ビールマッサージなどが売り物なのだとか。ここにはビクトリア洋式の7つのビール風呂があり、客はビールの中で泳いで、風呂の隣りにあるバーでビールをたらふく飲むことができるそうです。気になるお値段は週末のコースが80ポンド(約16000円)。オーナー曰く、
「私は他の国でも、ビールのお風呂に入れる話を聞いたことがあります。しかしそれはただのお遊びです。我々はビールが持つ治癒能力を信じており、あらゆる処置を提供します。ここは成熟したビールスパなのです」だって。
ビールが体に良いって言うなら、じゃんじゃん飲むしかないでしょう、ねえ
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 10:17 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月14日

■千羽鶴が売っている

千羽鶴がネットで買える!?
Excite Bit コネタから。なんと千羽鶴が通販で買えるんだそうですよ。お値段は「990羽セット」が12600円〜31500円。「完成品セット」が18900円〜37800円。990羽の方は一応最後の10羽だけ自分で織ってね、というもので、完成品はほんとにただ渡すだけ。つーかここまで来たら10羽ぐらい織ったって変わらねーよ(笑)!まあでもね、お金=労働の証と考えれば、金で買うのも悪くないかな。逆に、そんなに時間使わせて悪いことしたなーと相手に思わせなくて済むから、むしろ気楽かもなあ。うん、この割り切りドライ感覚は好きだ

アイエスカンパニー
<ネタ元:Excite Bit コネタ

投稿者 ono takuya : 20:39 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月12日

■妊婦のおなかに広告を

Woman Sells Ad Rights to Pregnancy on eBay
アメリカから。セントルイスに住んでいるアジア・フランシスさん(21)という女性が、「妊娠したおなかに広告を載せる権利」をネットオークションのe-Bayにかけたそうですよ。具体的には、妊娠したおなかに刺青で広告を入れ、出産するときにその様子をオンラインでネット中継する、ということのようです。オークションは既に落札されており、カリフォルニアのインターネット会社が1000ドル(約12万円)で落札しております。
元記事によると、こうした個人を広告スペースとして売り出すのはもう新しいことじゃないそうです。以前紹介したアンドリューさんはおでこに広告を載せて37,000ドル以上稼いでいるし、ミッシェルさんは子どもの服に広告を載せる権利を月1000ドルでオークションにかけたそうです。さーて次は体のどの辺がオークションにかけられるかな。やっぱり管理人が思わず目がいく場所ったら...た、た、谷間ですか!
関連:体を広告スペースとしてオークションにかけた人たち
全身をオークションに出した中国人
おでこをオークションにかけたアンドリューさん
ハゲの後頭部をオークションにかけたジェレミーさん
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 09:49 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月08日

■特注柩はポルノ雑誌用スペース完備

Russian to take porn mags to the grave
ロシアのお年寄りウラジミールさんが、自分が死んだ時のために専用の柩を特別注文したのですが、この柩には他のにはない特別な機能がついているのです。その昨日とは、
「ポルノ雑誌を入れるスペースが特別に作ってある」
なんですかこの機能は...このウラジミールさん、最近心臓発作を起こした時に死を意識したらしいのですが、その時「私のポルノ雑誌コレクションを残しておきたくないな」と思ったそうなのです。以下、”65歳でまだ結婚していない”ウラジミールさんのコメント。
「これらの雑誌の女の子は長い間私の友達でした。私は来世にもこの女の子たちに一緒に来てほしいのです」
悲しい...悲しすぎて涙が止まりません
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 23:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月28日

■アメリカの珍お菓子事情

ポテトチップスに雑学を印刷――技術が生む奇妙な食品
アメリカでは、最先端の科学技術を惜しげもなく利用して、珍お菓子がどんどん誕生しているようです。
プリングルズ・プリンツ
あのポテトチップのプリングルス1枚1枚に雑学を印刷。今は2006年のギネスブックネタが印刷されているようですが...インクが青色って、美味しくなさそうだよう
一枚ごとにストーリーが進むようになってれば先が気になってどんどん食が進むってのはどうだ
チーズイット・ツイスターズ
一片のスナックで二つの味が楽しめるという最先端技術で、楽しめる味というのが「チェダーチーズ」と「モア・チェダーチーズ」...意味ないじゃん。だいたいモア・チェダーって何だよ
グレープル
見た目はリンゴなのに味はグレープ、という本当に画期的な逸品。強烈なブドウの臭いがするそうです。どうせならもっと違うものの味がしたらいいのにね。リンゴだけど食べたらカレー味とか...オエエ
やっぱブドウ辺りでいいです

<ネタ元:Wired Japan

投稿者 ono takuya : 12:32 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月23日

■見るからにヤバイおもちゃ2点

ANANOVAから。どう見ても子どものおもちゃにはまずいだろ的商品が相次いでリリースされておりますな。まずはこちら。
Row over nuclear toys
なんと広島と長崎に落とされた原爆、「リトルボーイ」と「ファットマン」の模型、43分の1です。ぱっと見は新手のサンダーバードみたいですが、しゃれになりませんな。案の定批評家からは懸念の声があがっているのですが、「我々は核戦争の狂気を訴えたい」とな。ブラムス社。

Kinky Top Trumps
一方こちらはドイツのおもちゃメーカーが発表したカードゲーム。↓見てのとおり、セックスの体位で点数が決まるカードゲームです。これはカルテットというカードゲームをベースにしています。カルテットはヨーロッパでは古くから小さい子どもの遊びとして親しまれているゲームですが、最近ではさまざまな図柄のカルテットが発売され、企業のプロモーションにも使われたりするそうです。カードは全部で32枚。それぞれの体位には「男の悦び」、「女の悦び」、「けがの危険性(!)」、「ポルノ的要素」という4つの要素があり点数が決まるそうですよ。なんだよ、日本的にはあと16枚カードが足りないなあ...あ、チョコボールオリジナルとか入れたらさらに足りないし。さ、みんなで楽しく性教育。これもエデュティメント産業ですな
参考:カードゲームがプロモーションに
参考:秘儀・四十八手&ADULT VISTA

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:11 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月18日

■東京にアイスバー登場

Swedish bar invites shivering Tokyo into ice world
アイスクリームのお店でなくて。↓のように店内全てが氷で作られたバーです。スウェーデンのユッカスヤルビ地方には毎年冬に全て氷で作られる「アイスホテル」というのがあるのですが、ここが東京に支店を出した形だそうです。東京はバーだけですが、ヨーロッパ以外に支店を出すのは初の試み。スウェーデンのアイスバーは夏の間は営業していない(つーか溶けている?)のですが、東京は通年営業するとか。氷の方はなんとスウェーデンのトルネ川から直接切り出して運んでくるそうですよ。さすが直営店の意地というか...
「夏にお客様が来て、氷のグラスでドリンクを飲むときの顔が楽しみです。ここは西麻布でもまったく他と異なる空間ですから」とは日本店のウェイター、シマダヒデアキさんのコメント。
元記事の最後には「日本は京都議定書の土地だし、エコフレンドリーな”クールビズ”でも有名だ。数千キロ離れた地域から氷を運んできて、1年中客のために部屋を凍らせておくのは環境に優しいのだろうか?」という皮肉も書かれておりますな。それにしてもこんなくそ寒い冬にオープンしなくても。夏だったら絶対客が殺到だね。ちなみにあまりに店内が寒いので、ウェイターは2時間交代だそうですよ。お疲れ様です〜
参考:本家スウェーデンのアイスホテルレポート

<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 12:14 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月12日

■点滴バー登場

点滴しながら酒を飲む? 「点滴バー」オープン
六本木に「点滴バー」がオープンしたそうです。気軽に点滴を打って体調管理をしてみようというコンセプトのようですよ。別に「飲みすぎて脱水症状を起こしてもすぐに点滴を打ってもらえるバー」ではないそうです。まあでも、「二日酔いの方」や「肌荒れ、ニキビ」、「疲労、眼精疲労」などのコースメニューがあってなかなかよさげな感じ。管理人のチープな未来感ではこういうのが当たり前になるような気がするんだけどなあ
参考:結び葉クリニック・点滴バーHP

<ネタ元:Livedoorニュース

投稿者 ono takuya : 12:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月08日

■サラリーマン川柳発表

サラリーマン川柳百選発表
第一生命が毎年募集しているサラリーマン川柳。ベストテンを決めるための百選が発表されましたね。とりあえず管理人が面白かったものを3つ選んどきます。

道たずね 防犯ブザーを 鳴らされる/土佐ッ子
 よほど怪しげだったか。
喫煙所 名前は知らぬが 顔見知り /煙たいぞう
 迫害されるほど共感。
セキュリティ 一番手薄な 妻の口  /無給警備員
 一番の敵は身内。
ベストテンを選ぶ投票は3月17日までだそうです。みんなも投票してみては。
<ネタ元:ZAKZAK

投稿者 ono takuya : 12:30 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月28日

■どんなに壊れても大丈夫な電車

新型地下鉄車両開発にフーリガンが協力
海外ボツ!ニュースから。アムステルダムでは、最近導入される新型の地下鉄車両に対して、強度テストをすることになったのですが、その方法がわざわざ地元のフーリガンを雇い、電車を好きなだけ破壊してもらうというもの。車両の弱い部分を洗い出すためのテストらしいのですが...このテストを提案したホルスト議員曰く、「ここのフーリガンは世界一凶暴ですから。」全然自慢できませんから(笑)
<ネタ元:海外ボツ!ニュース

投稿者 ono takuya : 12:23 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月18日

■カセットテープで服を織ってみた

カセットテープを織り込んだ、音を奏でる布
ニューヨークの映像アーティスト、アリス・サントロさんが「カセットのテープで服を織る」という奇抜なアイデアを考案、他の布と織り込んでソニックファブリックという名前で完成させたのですが、ある日この服の上でウォークマンの読み取り部分(ヘッド)をこすりつけてみたらもとになったテープの音がする、ということでとたんにこの服が注目の的に!自分で録音したテープを使って服を織れば演奏も可能に、ということでジョン・フィッシュマンというドラマー(↓写真)は既にライブでこの服を使用しているそうです。
布の状態でよければ既にネットでも買えるもよう。興味のある方は是非。
最後にサントロさんのコメント:「私にとって重要なのは、好きな音楽やサウンドに包まれて歩き回れるということだ」
参考:Sonic Fabricストア

<ネタ元:Wired News

投稿者 ono takuya : 12:29 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月16日

■100万ドルのアイデア

Million dollar idea -- Students turn pixels into profit
多くのビジネス課の学生がいかに負債を管理するか頭を抱えている一方で、21歳のアレックスさんはどうやってお金を使うか悩んでいるそうです、ロンドンのニュース。このアレックスさん、昨年の8月ウィルトシャーの自宅で、どうやってお金をもうけたら良いか思案しているうちに、「ホームページのスペースを1ピクセル1$で売ろう」と思い立ち早速実行。メディアに注目されたことから徐々に買い手が付き始め、最小単位の100ピクセル(10×10だね)はまたたくまに売れていったとか。もちろん買い取ったスペースは好きに使ってよいのですが、基本的には自社のHPへのリンクを貼ったバナーが表示されているとか。先週最後の1000ピクセルがネットオークションにかけられ、38,100ドルで落札されました。1日に120本も電話対応をする忙しさを抜け出して、当面の目標は大学進学だそうで。ためたお金は将来のビジネスアイデアに投資したいってさ。アイデア一発100万ドル。そんな生き方もいいよね
参考:milliondollarhomepage.com/アレックスさんのサイト。ただし激混みにつきほとんど見れない

<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 15:27 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月09日

■バーテンダーロボ?

バーテン失業?
セントルイスからのニュース。とある見本市からの一こまだそうです。スイッチを押すだけで自由自在にお酒を入れてくれる、と。これをもうちょっと進化させて美人バーテンダーロボがお酒をつくってくれたら結構いい感じかもね。ちょっと星新一の「ぼっこちゃん」を思い出しました。こっちにはめちゃめちゃブラックなオチがついてくるのですが...
参考:「ぼっこちゃん」星新一

<ネタ元:京都新聞

投稿者 ono takuya : 11:21 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月29日

■郵便局で犬の心理学講座

Postmen taught dog psychology
ドイツからのニュース。ドイツの郵便局では、郵便配達員が犬に襲われるのを防ぐために、メールによる「犬の心理学講座」を受講させているんだそうです。広報担当によると、クリスマス時期の犬の攻撃は、講座を始めた今年、過去10年間で一番少なく済んだんだってさ。スポークスマンのシルビアさんのコメント:「この講座を始めてから犬による被害が減りました、地域によっては半分までになっています。私達は配達員に、犬が向かってきても逃げないこと、そして危険な状況にどう対処すべきかを教えています」
なるほど。経験上の管理人的なアドバイスとしてはあれだな、傘。向かってきたら目の前でばっと広げればたいていの犬はびびります。そのあとさらに怒りを買う場合もありますけど...
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 11:45 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月26日

■ほんとの宇宙葬

Space burials, star names on sale by US company
えー、クリスマスは終わってしまいましたが、星のネーミング権や宇宙に墓を持っていく等、地球規模のプレゼントはどうですかとテキサスの会社が提唱しています。この会社はスペースサービス社。1997年から亡くなった人の遺灰を地球の衛星軌道にのっけるというサービスをしており、来年の3月に第6回目の発射を控えているとか。また、最初の打ち上げの際には24人が灰として宇宙に行ったのですが、この中にはスタートレックシリーズのクリエイタ、ジーン・ロッデンベリイも含まれていたとか。ちなみにお値段は遺灰1グラムにつき995ドル(約11万円)。ロケットを飛ばすことを考えれば意外と安いもんじゃないでしょうか。最高7グラムまで受け付けるそうですよ。そしてもう一つが星の(非公式)命名権。あの星はケイコ星だよ、などと好きな名前をつけることができ、ネットに接続された望遠鏡で見たり、星占いができたりするそう。
...ん、確か北海道の初山別村でもこれと同じサービスをやってましたな。「My Star System」として。こちらは一件5000円。ちょっと遅めのクリスマスプレゼントにはいいかもしれませんね!
関連:My Star System
関連:初山別村

<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 11:01 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月21日

■すごいロボ登場

人型ロボに3D映像を合成 NTTの「バーチャルヒューマノイド」
NTTグループの展示会「コミュニケーションEXPO」が22日まで開催されているのですが、そこで新型ヒューマノイドロボットが展示されております。その機構とは、
”人型ロボットの動きに合わせて、HMDに人間の3D映像を表示。まるで目の前にその人がいるかのような感覚を味わえる”
というもの。ヘッドマウンドディスプレイに写っているのは美人のお姉さんだけれど、目の前にいるのは変身ロボットみたいなすげーお粗末な外観のマネキン、ということですね。写真が以下なんだけど↓...そばで見てたらめちゃめちゃこっけいなのがちょっと(笑)
”ちょっぴりアダルトな使い方もできそうだが、「そういう方向に行かないよう、(健全な)活用法をこちらからどんどん提案していきたい」と説明員”とのことですが、どう見てもそっち方面にしか活用しがいのない気も...ね?

<ネタ元:Costa Del Sol

投稿者 ono takuya : 10:13 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月06日

■おっぱい家具がブーム

Erotic furniture fad
オランダからのニュース。家具作り職人、マリオさんによるセクシーな家具がオランダで大人気なんだそうですよ。材料は木を使用しており、おっぱいの形をした戸棚や女性の足をデザインにしたテーブルなど。↓がそうなのですが、やらしさよりも美しさを感じますな。家に置いておいたら客がドン引きするのは間違いなさそうですが...マリオさんのコメント:「女性の有機的な形が、私の木に対する情熱と結びつき、このようなデザインを完成させた」
ちなみにこの方のHPはこちら。見たところ一点もので既に売り切れも出ているようだから欲しい方はお早めに!
  
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:29 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月05日

■アメリカンはトイレでネット

Logging on, on the John -- Internet follows Americans everywhere
長いタイトルですが、「トイレの上でログオンーインターネットはどこでもアメリカ人についていきます」ということらしい。第5次のアメリカ人のインターネットの使い方調査の一部が発表され、それによるとWi-Fiを使ってワイヤレスでインターネット通信をする人の半分以上がトイレでネットをしている、ということらしいですよ。なるほど、トイレで新聞や本を読む人が結構いる以上、ネットをやっていても不思議はない、と。いずれTOTOとかも無線LAN内蔵トイレとか出してくるかな?あと抗菌ノートパソコンとか、ウォシュレット内蔵ノートパ(以下自粛)
<ネタ元:OffBeat-AFP

投稿者 ono takuya : 12:15 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月03日

■改造ジョイスティック

Joystick vibrator
ニュースではないのですが。大人のおもちゃをハンドメイドで自作している方のサイト。ジョイスティックバイブっていうからバイブをジョイスティックできゅきゅっと操作できるように改造してるのかと思いきや、ジョイスティック内部にバイレータをしこみ、これがまんま振動するというめちゃおバカガジェットになっております。まさにジョイスティック(お楽しみ棒)
関係ないけど管理人としてはポップコーンバケツを改造して、映画を見ながらにして...というPopcorn Pocket Pussyの方がバカっぽくて好きです

<ネタ元:山田様よりたれ込み>

投稿者 ono takuya : 11:41 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月30日

■エアギターをリアルにする研究

Students bring air guitar to life
フィンランドからのニュース。ヘルシンキ工業大学において、コンピュータサイエンス科の学生が、エアギターで本物の音を鳴らせるようなシステムを考案したとのことです。その名もエアギタープロジェクト。アキさんやユハさんが、演習として仮想器具の作成に取り組んだときに「真っ先に思いついた」とか。特殊な手袋をはめ、演奏(?)している動きをビデオカメラでコンピュータに取り込み、それに合わせてゴキゲンなギターサウンドが鳴るようになっているそうですよ。
でもねえ...音が鳴ったらエアギターじゃねんだよ。練習しなくちゃいけなくなるじゃん(笑)
関連:空気ギター大会優勝者のプレイにいろんな意味で絶句
参考:エアギター(wikipedia)
参考:エアギタージャパン HP
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 11:20 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月18日

■クリスマスディナーは全部ソーダで

New festive sodas knock the stuffing out of Christmas dinner
アメリカからのニュース。今年のクリスマスは七面鳥を料理するために臓物を取り出したり、野菜の皮をむいたりあくせくする必要はありません〜全部ソーダにしてみました!...というわけでアメリカから。クリスマスへ向けて、ディナーのメニューを無理やりソーダにした新商品が発表されたそうです。ん?何か以前にも肉汁味とかのソーダを紹介したような...ジョーンズソーダて...またお前か!お味のほうは、スモークサーモンパテ味、七面鳥の肉汁味、芽キャベツ味、ブロッコリーキャセロールのハーブ味、カボチャパイ味の品揃え。これでお手軽にクリスマスを迎えられるね!ジョーンズソーダ社の広報によれば、「一番ひどいのは芽キャベツ味で、これは恐ろしい味です...あとスモークサーモンは非常に生臭いです。リアルに煙いグリルでスモークした味がします」味は挑戦的だが、炭水化物とカロリーが少ないのでダイエッターは喜ぶだろう、とのことですが...
...
喜ぶのはバカだけですから!(俺とか)
マジ通販で買いたいヨ...

<ネタ元:Off beat AFP

投稿者 ono takuya : 13:00 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月14日

■有名人の子供の変な名前

Moon Unit Zappa tops celebrity children bizarre names poll
アメリカから。インターネットのオンライン調査で行われた、「有名人の子供の変な名前ランキング」が発表されたところ、フランクザッパの娘「ムーンユニット」がトップになったそうです。順次見て行くと、コールドプレイとグウィネスパルトロウの娘「アップル」、あと元INXSのマイケルハッチェンスとポーラの一人娘「Heavenly Hirani Tiger Lily(長い)」など。リストはこちら。
1 Moon Unit -- Frank Zappa
2 Apple -- Chris Martin (Colplay)
3 Misty Kyd -- Sharleen Spiteri (Texas)
4 Geronimo -- Alex James (Blur)
5 Heavenly Hirani Tiger Lily -- Michael Hutchence/Paula Yates
6 Dandelion(タンポポ)− Keith Richards(Rolling Stones)
7 Dweezil -- Frank Zappa
8 Elijah Bob Patricius Guggi Q -- Bono (U2)
9 Zowie Bowie -- David Bowie
10 Rufus Tiger -- Roger Taylor (Queen)
9位のZowieは「元気・精力」という他に「うわあ」という驚きの意味もあるとか。「うわっボーイだ」という名前なんでしょうか?デビッドボーイの息子は...
<ネタ元:OffBeat-AFP

投稿者 ono takuya : 12:34 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月12日

■新製品犬のよだれ味

「毒スライム味」「犬のよだれ味」「沼の水味」のソーダ発売
Tokyo Fuku blog様より、コピペすると以下。
”米エイヴリー・ビバレージ社はこのほど新しく「毒スライム味」「犬のよだれ味」「沼の水味」のソーダを発売した。ターゲットである10歳の子供からは激賞を受けたという”
だそうです。いったいどんな味なんだよもう。このメーカーのHP見たら説明が載ってました。なになに、それによりますと、それぞれ「毒スライム味」はブルーベリー、「犬のよだれ味」はオレンジ-レモンソーダ、「沼の水味」は6種類以上の成分を混入したフルーティーなジュースだとか。一番まずそうなのはこれかな(笑)意外と犬のよだれはスウィーティーなことが判明。
これっていわゆるアメリカにおける臭いものの代名詞みたいなものなんだろうね。日本でいうと...そうだなあ、さしずめ「夏の腋臭味」、「おじいちゃんの口臭味」、「冷蔵庫に置き忘れられた紫色の水(元なすび)味」とかどうでしょう?

<ネタ元:Tokyo Fuku blog

投稿者 ono takuya : 11:31 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月09日

■季節ものですから。

ほかほか“ウォームブラ”トリンプが発表
定期的に時事ネタを微妙に盛り込んだおばかブラジャーを発表してくれてほんとにネタに困らないトリンプから、この冬の新製品、「ウォームブラ」が登場。説明するまでもありませんが、”環境省が提唱する冬の省エネ運動「ウォームビズ」を応援するため”ということです。もちろん、”環境省が推奨する室内温度(20度)を超えるとランプとブザーで知らせるセンサーを搭載”という、ブラジャーが装備する必要あるのか全然わからない機能も忘れてません。さすがです。まだトリンプの公式ページでは触れられていないようですが、『 郵政想定外ブラ 』の時のように「※ブラジャーに投函した郵便は配達されません」のようなイカした説明がつくのを期待しています
参考:トリンプ・バカブラジャー列伝

<ネタ元:ZAKZAK

投稿者 ono takuya : 00:53 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月03日

■今なら家に奥さんがついてくる

House With Bride for Sale for $600,000
デンバーからのニュース。デボラヘールさん(48)が、ワシントンパークにある自分の家を売りに出すことになったのですが、そのオプションは「私自身」。600、000ドルといえば...約7千万。この48歳のオプションをいくらと見積もるかだよな...「私は心の友を探しているんです」とはデボラさんのコメントですが、eBay上で出品されているこの物件、既に60程のレスポンスがあったとか。ちなみに落札の最終期限は来年のバレンタインデーまで。デボラさんに(いや売ってるのは家なんだけど)よき落札者が現れますように
<ネタ元:Odd News AP

投稿者 ono takuya : 10:39 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月27日

■そのお味やいかに

London club launches £333 cocktail
イギリスから酒がらみのニュースをもう1件。ロンドンのUmbabaというクラブで、333ポンド(約6万8千円)のカクテル「マギー・ノワール」を発売、世界一高価なカクテルとしてギネスブックに申請するそうですよ。7万円近いカクテル...さてそのレシピは。
熟成されたコニャックのリチャードヘネシー、ドンペリ、ブラックベリーリキュールのクレム・ド・ミュール等で作られるそう。他にもレモングラスやライチ、西アフリカで古代から媚薬として使用されたyohimbe barkの抽出物などが入っているとか。トップジュエリーデザイナーのトム・ビンズ氏による24カラットホワイトゴールドのカクテルピン(よくチェリーとかに刺してあるやつ)にクリスタルガラスのグラスで出てくるもよう。
媚薬が入ってるってのがみそですね。7万もするカクテル飲ませるんだからやらずに帰すわけにはいかないぜってことでしょうかどうなんでしょうか
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 10:23 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月24日

■素敵な眠りは枕から

Danes Design Singing Pillows for Soldiers
デンマークからのニュース。平和維持軍に参加している兵士が、ストレスに負けず現地でも快適に眠れるように、小鳥のさえずりや音楽が流れてくる枕が開発されたそうです。実際に既に10個がコソボで活動しているデンマーク人兵士に使用されており、340人いるデンマーク人の間でおおむね好評だとか。意外と実用性高いかもなあ
なんていうかあれだな、ムードもりあげ楽団↓。そのうちムードもりあげ楽団自体がロボットで商品化されそうな期待

<ネタ元:OddNews-AP

投稿者 ono takuya : 15:35 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月20日

■最新モードがすごいことに

最新モード?!
火曜日のニュースなのですが。↓ポルトガルで行なわれたファッションショーから。こっこれは...亀○じゃないですよね?面白すぎです、勘弁してくださいもう最高
あまりの面白さに突込みどころが見当たりませんよこれ

<ネタ元:京都新聞

投稿者 ono takuya : 11:44 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月19日

■窒息おもちゃに猛抗議

Group Condemns Chicken Choking Toy
オーストラリアはシドニーからのニュース。首をつかむと羽をばたつかせ窒息する動作をすると言うニワトリのおもちゃに対して、動物愛護団体が「子供に悪い影響を与える」と猛抗議しているそうです。えーと、売っているのはJaycar Electronicsね...あった!これか↓(笑)商品紹介にも、「彼の首を絞めてください、窒息して、狂ったように羽と足をばたつかせます。放すとまたよたよたと踊り始めます」だってさ。クイーンズランド州の動物愛護協会スポークスマンのマイケルさんはこれで遊んだ子供が身の回りの動物にも同じ仕打ちをする、と猛抗議。一方、Jaycar Electronicsの常務は「これはただのストレス解消のおもちゃだ。ちょっとしたくすくす笑いを提供しているだけだ」と知らん顔。俺的にはJaycarさんに一票って感じなんだけど...どっちかというと同じコーナーで売られているこいつの方がよっぽど悪趣味だと思うのだがどうか、いやこっちも好きだけど

参考:上で紹介した最悪ペンスタンドがレビューされてます
エロブン:Mr.Old Butt
<ネタ元:OddNews-AP

投稿者 ono takuya : 14:35 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月11日

■革命的新発明らしいよ

Put the kettle on by SMS
たぶんイギリスからのニュース。科学者が、携帯電話からのショートメールでお湯を沸かすことができるやかんを開発したらしいよ。このケトルにはショートメールの受信装置がついていて、ソファーからでも、外出先からでもお湯を沸かすことができるんだ!商品名は「ReadyWhenUR」、来年1月から発売開始予定だとか。イギリスの老舗紅茶メーカーPGも絶賛しており、「今までで最もすばらしいTeasmade(自動紅茶沸かし機)だ」ですと。「ティータイムに革命をおこした」などすごい賞賛ですが、なんつーかイギリス人の紅茶に対する愛情はすごいですな。ちなみに発明は「ウォレスとグルミット」にインスパイアされたらしいよ。あーなんかわかる、その無駄に大げさでいまいち実用性のないあたりが大好き
参考:teasmade.com
自動紅茶沸かし機の今昔。なんていうか何かの時限爆弾にしか見えないようなものも...
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:08 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月23日

■韓国の最新鋭戦闘ロボ登場...

2011年まで「戦闘ロボット」開発へ
内容は”政府は21日、呉明(オ・ミョン)副首相兼科学技術部長官が第10回科学技術関係長官会議を開き、「犬馬型ロボット」の開発を中心とする「国防部と情報通信部間の研究開発協力の推進現況および計画」をまとめた。”とのことです。2011年には高機能な戦闘ロボが実用化されるというわけですね?で、そのモデルタイプがこちら!

...うわーかっこいい...どうせなら「テコンV」を実用化してほしかったな...
<ネタ元:痛いニュース+@2ch

投稿者 ono takuya : 19:13 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月16日

■既に移動要塞

£1m camper van
アラブの石油王が、世界最大のキャンピングカーを作ったそうです。全長は12mにも及び、13リッタ、600馬力のエンジンを搭載、最高4,000リットルの水と最高2,500リットルのディーゼル燃料を積んで砂漠を数週間補給なしで走ることができるとか。いやーここまで来ると大きいキャンピングカーというよりお家にタイヤをつけて転がしちゃったみたいな感じですな。で、気になるお値段のほうですが...ずばり2億円。ドリームジャンボでも当たったら注文してみる?あーよかった砂漠のない国に住んでて

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:51 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月10日

■「ワガママ」が大人気だって

一流レストランより上位!?――ヌードル・チェーン「ワガママ」、ロンドン・レストラン・ガイドで1位に
イギリスのヌードルチェーン店「ワガママ」が、ロンドンの人気レストランランキングで大手一流レストランを抜いて1位にランキングされたとのこと。「ワガママ」...な、名前の由来は?
記事によれば「 客は硬いベンチの椅子に座り、運ばれてくる料理の順番も狂いがち、他人と肘をつき合わせて食事をするという、一流レストランでは考えられないような店内の状況」...って日本のラーメン屋そのものですな。キーポイントは安いことと回転の速さなんだそうですが、これもまさに日本のラーメン屋。こんな形で日本食(か?)がブレークするとは。menuも"ramen","yasai chahan"など。みなさん上手にはしを使って食べるそうです。ビバ日本食
参考:
「ヌードルチェーン ワガママ」HP
「ワガママ」のレポート(「グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国(イギリス)に関する教材」より)
<ネタ元:Internet journey

投稿者 ono takuya : 13:52 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月09日

■ちょっといやな広告スペース

Ex-millionaire sells his body
中国からのニュース。元大富豪の37歳の男性が、自分の体を広告スペースとして売りに出しているそうです。↓ね。どうも顔には「ものぐさ」と書いてあるようですが意味不明...kissみたいなペイントといい...全て謎。この人、大富豪だったのに2年間のギャンブル生活で財産をすっかり使い果たし、既に破産してしまったのだとか。でも広告で得られる収入は貧しい山村の人が学校の先生にお金を払えるように使いたいとのことで、自分の金儲けではないと主張していますが...えーと誰か信用してくれる人はいますか?ひょっとして鉄拳さんじゃないですよね

参考:
おでこを広告スペースとしてオークションに出品
はげの後頭部を広告スペースとしてオークションに出品
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 17:43 | コメント (0)

2005年09月06日

■スイスでターザンが大流行

Tarzan craze in Switzerland
スイスからのニュース。ターザンのように木から木へとロープでスイングして移動するスポーツが大流行しているんだそうですよ。高さ30mの木の上に特別につくられたプラットホームから、ロープに自分を固定させて次の木まで移動するという感じのようです。体験者のコメントは「ものすごく集中力がいるので、自分がどんなに高いところにいるのか考える間もないの。まるで落ちるようなの」とのこと。バンジージャンプのように広まるかどうか?既に実践している人もいるみたいですけど(笑)
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:20 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月05日

■長ーいリムジン参上

VIPさま大歓迎
中国からのニュース。めちゃめちゃ長いリムジンを武漢市のホテルがお買い上げ。まるでフォトショップで加工して引っ張ったみたいです。お値段は400万元(約5400万円)、全長は9メートル。20人乗りですって。なんて高価なマイクロバスなのかしら。中には液晶テレビ、DVD、カラオケ等を装備。なんつーか、交差点で曲がるときすごいうっとうしいと思われるのだがそのへんはどうですか

<ネタ元:京都新聞

投稿者 ono takuya : 17:04 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月01日

■ダイエットロボ登場

Diet aid is barking!
飼い主のダイエットを監視するロボット犬がアメリカで開発されました。この犬はダイエットや運動をモニターして、アドバイスをしてくれるそうです。嫌なことにこのロボット犬はバスルームの体重計とリンクしていて、常に飼い主の体重をチェック、毎日の食事も記録していて、体重が減ると犬は踊り、ライトをフラッシュさせ、音楽を流して祝福してくれるそうですよ。なんか逆に体重が減ったときの反応が楽しみというか...赤色灯ファンファンまわして警告したりして。ガンガンアラーム鳴らしてね
 ...アイ○ですか?
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 17:45 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月26日

■ハムスターで充電

Hamster-powered phone charger
もいっちょANANOVAからイギリスのニュース。GCSE(日本でいう中学生みたいなもの)の科学プロジェクトで、16歳のピーターアッシュ君が、ハムスターが回す車輪で携帯電話が充電できる仕組みを発明したとのことです。↓必至に彼の充電に貢献しているハムスターは彼の飼っているエルビス君。いいように利用されているとも知らず楽しそうです。このアイデアを考えてきっかけは、妹が「エルビスったら夜中もずっと起きて車輪回してるのよ」と不満を漏らしたのがきっかけだとか。「エルビスが2分間車輪を回すごとに30分話ができるんだ」とアッシュ君。クリーンなエネルギーだねえ...あっスポーツジムのルームランナーに全部装備すれば電気代に...ならないかな?

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:36 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月24日

■"お前は上の空"判定機

「上の空」の会話を見破るソフト MITが開発
ちょっと遅くなりましたがCNNから。マサチューセッツ工科大で、電話の向こうの相手が本気なのか上の空なのかを判定する機械を開発したということだそうです。ソフトは「不愉快なやつ」を意味する俗語「Jerk」から「Jerk-O-Meter」と命名。話し方のパターンや声の調子を分析して、本気度を0-100%で測定するとか。つーか、こんなもん電話に搭載されたら俺が人の話全然聞いてないのばれちゃうじゃん。0%!0%!0%!すいません、実用化しないで下さい
<ネタ元:CNN

投稿者 ono takuya : 14:03 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月18日

■インドのさくらサービス

Wedding guests for hire
インドからのニュース。インドでは最近「結婚式の時にさくらのゲストをレンタルするサービス」が人気なんだそうですよ。このさくらサービスは他の一般客に知られないように伝統的な服や礼服を着て、新郎や新婦についても事前に勉強してから参加するのだとか。最近の流れで親戚間の付き合いが薄れてきていることもあって、結婚式の際に十分な参列客が集まらないことを心配する人が多いらしいですよ。そうか、この手のサービス日本でもありえそう。学識者やセレブ女性のゲスト貸し出しみたいな。うわ、こんな地位のある人が知り合いなんだーっていうブラフに使えないかな。誰ですか結婚詐欺だとかいってんのは
関連ネタ:インドの結婚事情
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:39 | コメント (0) | トラックバック

■次世代キーボード

Key computer breakthrough
ロシアからのニュース。モスクワに拠点を置くArt.Lebedev Studio社が、全てのキートップにCRTを内蔵するキーボードを開発したそうです。その名もall-purpose Optimus keyboard。キートップに画像を表示できるので↓、どんな言語のキーボードにも即座に変化。もちろんゲームのときなど、いちいちマニュアルを見なくてもどのキーが何の操作か表示させられるのですごく楽。現在はまだ開発中で、2006年の発売を目指すということなのですが、今のところお値段は約4万円というから、これぐらいなら買う価値はありそうな気が。キーボード全面を使って画像表示とかできたら面白いだろうなあ〜

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:20 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月06日

■テディベアも夏休み

Holidays for teddy bears
ドイツの旅行代理店が、テディベアーのためのホリデイツアーを企画しているんですと。代理店曰く「テディベアや他のおもちゃたちはいつも大変な目にあっています。気分転換に違ったものを観に行くのは彼らにとって良い機会です」だとか。このツアーでテディベアさん達はツアコンに連れられてピクニックをしたりミュンヘンビールハウスを訪れたりするらしいです。また、彼らの所有者が望みさえすれば釣りやゴルフ、あげくはバンジージャンプまで体験させてくれて、記念写真も送ってくれるんだとか。あれですか、ポストペットのリアル版みたいな感じですな。きっと微妙に汚れて帰ってきたテディベア達にまた愛着がわくでしょうみたいな。面白いサービスだと思うなあ。日本でも流行らないかな?パクるなら今のうちだ
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:07 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月26日

■お犬様の商品

Suncream for dogs
ペット用品の専門店「Pets At Home」で犬用のサンクリームが発売されて話題になっているとか。鼻先や耳を太陽から守るためのもののようです。お値段は2.99ポンド(約580円)。この店では他にも犬用のサングラスや牛肉味のアイスキャンディーも売っているそうです。牛肉味アイスは飛ぶように出ているってさ!アイスだけでも試食してみたいなあ。ゲテ食好きとしては
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:21 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月15日

■ロボットジョッキー登場

Robot camel jockeys
アフリカはカタールからのニュース。ドーハの郊外で行われたラクダレースにおいて、初めてロボットのジョッキーが登場してラクダを操りレースを行った、とのこと。あちらではラクダレースはとても人気があるらしいのですが、軽いからという理由で子どもがジョッキーをやる場合が多く、雇い主に奴隷のように使われるという懸念から今回のロボジョッキー導入に至ったようですよ。なんていうか理由は結構ヒューマンなのね。やっぱロボですから、当然のように口からミサイル飛んだり...しませんか?

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 10:11 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月03日

■リアルな「Hell」

Comic Book Features 'Hellish' Mich. Town
えー、アメリカから。ミシガンには「Hell:地獄」というめちゃめちゃぶっそうな名前の町があるのですが、このたびアメコミ出版を手掛ける「Funnel Cloud 9」がこの町に目をつけ、"Hell, Michigan"というコミックを立ち上げたんだそうです。Hellへ引っ越してきたカップル。妊娠した妻はだんなを切り刻んで自分も自殺。といった感じでストーリーが進んでいくそうなのですが...さて、気になるのは地元の声。ホラーのネタに使うのはやめてくれとひと騒動...かと思いきや、地元で事業を営む男性は「自分の町の名前が出るのはうれしいものさ」と以外に好評。さて、このHell、ブレイクしますかどうか。それにしてもこの町に住んでる人はみんな郵便物に「ミシガン州・地獄」って書いてあるんだよね。グリーティングカードとかとかもらいたくないなあ
Hellにある顔はめ看板。この辺は世界共通かw
<ネタ元:Odd News - AP

投稿者 ono takuya : 11:43 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月28日

■新手のホテル登場

Tree hotel opens in Germany
ドイツで、新しいホテルがオープン。見ての通り↓木の上に部屋があるという、まさに「男の隠れが」と行った感じの一品のようです。部屋は当然木でできており、約9mの高さに吊るされているそうですよ。部屋が5つ、細い通路で繋がっていて、お値段は一泊約2万円からとのこと。当然初日はどの部屋も予約済み。デザイナーのジュエルゲンバーグマンさん曰く、「木の上に住むのはあらゆる子供の夢であり、大人になってもその欲求はなくなりません。」ちょっといいかも

<ネタ元:ANANOVA
参考:ちょっとあれなホテル
ビールのプールがあるホテル
トナカイ専用駐車場があるホテル
「腹をこわしても訴えない」誓約書を書かせるレストランがあるホテル

投稿者 ono takuya : 13:28 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月15日

■ウェザリングってやつですな

ボトル入り泥で、都会のオフロード車を「それらしく」汚す!?
イギリスから。オフロードの四駆に乗ってるのに街乗りしかしてないアーバンな方々が、それでは格好悪いと「まるでラリーにでも行ってきたかのような」汚しを愛車に施す泥スプレーが人気商品なんですと。商品名は「Spray On Mud!」。インターネットで販売され、価格は約1,590円なり。つーかキミ達はぼくら田舎者を馬鹿にしてないかい?と突っ込みたくなるのを押さえつつ、そういえば昔ガンプラ流行った時みんな汚し塗装とかいって茶色い塗料こすりつけてましたな。角っこにシルバー塗って塗装はげだとかね。今思うと「戦闘で色が落ちた」というよりどう見ても「整備兵の怠慢で色が塗ってない」感じでしたけど

<ネタ元:InternetJourney

投稿者 ono takuya : 12:24 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月14日

■先生の悪態がスマッシュヒット♪

Swearing teacher is a radio smash
ベルギーからのニュース。アントワープの高校で、数学教師ラッカー先生が生徒に悪態をついているのですが、この音声を学生がサンプリング、テクノビートに乗せたダンスナンバーに仕立て上げ地元ラジオ局に送ったらリスナーに大受けしてさあ大変、ということらしいです。ラジオ局曰くU2よりも反応が良かったとか。副学部長アンゴーフィンさんはラッカー先生の悪態を大目にみるわけにはいかないとコメントしつつも、「生徒の注意を引くのは大変ですし、それぞれの先生には個々のやり方があります。ラッカー先生は軍隊経験が長かったのであんな風なのだと思いますが」と少しは理解を示している様子。ラッカー先生本人は「とてもうれしい。他の同僚の先生じゃあんな歌作れないでしょ(意訳)」と自慢げというかすてきに勘違い
参考:The Racker Song
<ネタ元:ANANOVA
P.S.つーかこの曲、英語じゃないので何言ってるのかわかんないよ!きっと「いいかよくきけこのくそ野郎ども」みたいなすてきな台詞を連呼してるんだろうけど...

投稿者 ono takuya : 15:46 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月11日

■死ぬときはこれで

Crazy coffins exhibition opens
もいっちょANANOVAから。イギリスのノッティンガムにある棺おけメーカーが、ドイツでへんてこな棺おけの展示会を開催しております。そういえば去年の今ごろも同じようなネタを紹介したような...。
They include coffins in the shape of a sports bag, a kite, a canal boat, a guitar - and even a skip.ということで、その棺の種類はスポーツバッグやギター↓、タコに運河船...えーとスキップ??スキップって何?Yahoo辞書...「skip: 《略式》借金を踏み倒して姿をくらました人」...すごい気になる...
ちなみにこれらの棺おけは利用者からのリクエストに応じて製作されたものだとか。あなたはどんな棺おけに入りたいですか。
 
<ネタ元:ANANOVA
P.S.この展示会のサイトもあるようです。「crazycoffins.co.uk/」。あまりにもしょぼいトップページは必見です

投稿者 ono takuya : 10:14 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月08日

■らぶりークマタン

新商品「テディ・スケアズ」
「かつてあなたが捨てたクマたちが、無念さを胸に秘めてテディ・スケアリーとして蘇った」というコンセプトの、不気味で愛らしい、クマのぬいぐるみだってさ。ちなみに私が一番好きな感じのへスターゴレムちゃんのプロフはこんな感じ。
死亡日 :1980年11月19日
趣味 :下水道あさり
好きな食べ物 :腐った毒草ヨーグルトとカビの生えた桃
もう最高!ラブ!「コレジャナイロボ」の次はぜひこのテディベアをお子様に(笑)

投稿者 ono takuya : 22:58 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月06日

■ココア味がきっとマッチする

店名“トイレ”の人気食堂…いすは白い洋式、お味は…
台湾で新しくオープンした食堂はその名も「マートン(便所)」便所かあ...↓写真のように、座るところが便器、料理も和式や洋式便座のミニチュアに盛りつけられて出てくるんですと。『...マートンの経営者は「特別の体験さ」と胸を張』っているそうですよ。このニュース、海外のYahooNewsでも紹介されてるんですけど、そちらから一行だけ引用を。
「食事客は”本物”を出すためにチキンカレーやチョコレートアイスクリームのような柔らかい、土色の商品をかき混ぜるよう奨励されます」

<ネタ元:ZAKZAK

投稿者 ono takuya : 10:34 | コメント (0)

2005年05月14日

■どこでもトイレダイアル

Dial-a-toilet launched in China
中国は上海で始まった新サービス、それが「Dial-a-toilet」。すごく急にトイレに行きたくなったんだけど、どこに行っていいかわからないとき、ここに電話すると最寄の公衆トイレの場所を教えてくれるのだ!イメージ的にはマトリックスみたいな感じ?GPSみたいの使って、「隣りのビルの3階の西側へ行け。そこにトイレがある」みたいな感じでしょうか(違うと思う)。
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:50 | コメント (0) | トラックバック

2005年05月12日

■ちょっと貸してもらおうか、ドイツ人を

実物のドイツ人を貸し出す「レンタ・ジャーマン」がドイツで話題集める
FNNヘッドラインから。主催者によれば、「海外旅行中に、ドイツやドイツ人について、しばしば質問されました。ドイツに関心が高いなら、そのドイツ人を貸し出したらどうだろうと考えた訳わけです」ですと。家族旅行やレジャーに連れまわすことができて、デート関係はお断り。お値段は実費抜きで...10〜15万円?高いよ!値段がしっかりしてるのもドイツ人気質ってことのようです
<ネタ元:痛いニュース+@2ch

投稿者 ono takuya : 14:17 | コメント (0) | トラックバック

2005年05月11日

■辛くて死んじゃうぜ

Chilli sauce is real killer
世界一辛いチリソースが誕生したとかで。その名も「16 Million Reserve」1600万点。チリの辛さ測定器の点数がそのまま商品名になったとからしいよ。数トンの唐辛子を蒸留して、「ピュアなカプサイシン」を取り出したというその辛さはタバスコの8000倍、商品を買う際には保護眼鏡と手袋を着用するという同意書にサインしなければならないとか...。テスターの人もも30分涙が止まらなかったそうですよ。ちなみにこちらで販売しているようですが、お値段は195$(約2万円)。誰か買ってレポートしてみませんか?...マジで注文してみるかな...

<ネタ元:AZOZ Blog

投稿者 ono takuya : 17:21 | コメント (0) | トラックバック

2005年05月04日

■離れてても抱き合える

Hugging T-shirt invented
イタリアはトリノから。とあるデザイナーが、離れている人同士がバーチャルに抱き合うことのできるTシャツを開発したそうです。その名も「F+R Hugs」。Tシャツは数箇所にセンサーが仕込まれており、携帯電話を通じて情報をやりとり、互いの脈拍や心臓の鼓動をTシャツ内部に仕込まれた機能で伝え、また肌に触れる部分の圧力を変化させることで、あたかもそこに本人がいるかのようにハグする感覚を再現するんだそうです。面白そうだなあ。どうですか?誰か俺とハグしたい人はいませんか?誰か...誰か...(泣)
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 14:27 | コメント (0)

2005年04月19日

■おいしゃさんごっこ

内臓付のクマちゃんぬいぐるみ
古今東西製品情報で紹介されてました。「クマちゃんの体を使って、体や治療について子供にも分かりやすく説明できるかわいいヌイグルミ」だそうです。なになに...「血液に見立てた液体(ジュースなど)を手足の管から注入可能」!?変なとこ懲りすぎだよ(笑)!クマちゃんのぬいぐるみのチャックを開けたら内臓が...なんか嫌なトラウマになりそうで勘弁してほしいような友人の出産祝いに買ってあげたいようなそんな微妙な気分にさせるナイス商品ではないでしょうかどうでしょうか

<ネタ元:古今東西製品情報

投稿者 ono takuya : 10:20 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月16日

■とりあえずつけてみた

シャンペン・パラシュート
「古今東西製品情報」さんから。はじけとんだシャンパンのコルクにパラシュートをつけよう、というぜんぜんわけわからない発想がスキです。どうでもいいけどこのサイト、しょうもないパーティーグッズが充実しててなんだか楽しげ。つーか、売れ筋アイテムに力士の着ぐるみってどうよ。UKでは相撲ブームなのかネタとして笑われてるだけなのかちょっと気になったりならなかったり

<ネタ元:古今東西製品情報

投稿者 ono takuya : 13:31 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月12日

■これであなたもスマートに装着

Automatic condom fitter on display
えー、スイスはジュネーブで行われている国際発明品の展示会で、「自動コンドーム付け機(↓)」が話題を呼んでいるとか。どんな仕組みなのかはちょっとわかりませんが、とにかくあっという間にコンドームを装着できる器具なんですと。「コンドームが使いづらいと感じている男性はたくさんいます。この発明品なら行為中につけたことすら女性に気づかれないでしょう」とのコメントも。発明者のセックさんは地元のセネガルで既にこの発明で成功しており、国際的に売り込むために出品したそうですよ。あなたはきちんと装着できてますか(笑)?

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 00:48 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月09日

■秘密主義。

Teenagers use 'spy pen'
もいっちょANANOVAからほのぼの系ニュース。付属の特殊なライトで照らさないと普通の人には書いた字が読めないという「spy pen」が中国の武漢でティーンエイジャーに大人気なんですと。試験中だとか、ラブレターとかに使われてるそうだけど...何に使うんだろ?カンニングとか?うーんいいアイデア求む。地元の校長先生は「禁止すべき」と憤慨ですが、「このペンはとても便利。うちの母は私の日記を読むけど、これなら読まれずに済むわ」とコメントする学生も。いや、母さんもそのペン買うからきっと
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:44 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月07日

■リスペクトなのか悪ふざけなのか

ヨハネ・パウロ2世、コミックのスーパーヒーローとして《復活》!
タイトルのとおりですな。「世界びっくりニュース」から。先日亡くなったばかりのヨハネ・パウロ2世をなんとスーパーヒーローにしちゃったという話。変身後のヨハネ・パウロ2世は「ポープマン」となるのだ。「ポープ」とは法王のことらしいよ。ということは「超人法王マン」...!ちなみに、最近発売予定の第1巻では「先日、死去したポーランド人の法王が、バットマン、スーパーマンといった伝説のコミックキャラと出会い、サタンと闘うための超能力の使い方を学ぶ」という内容らしいよ。ひょっとしてバットマンは恐れ多くも法王の先輩という設定に...いや何も言うまい
ちなみにコロンビアからのニュースでした
<ネタ元:世界びっくりニュース

投稿者 ono takuya : 09:23 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月05日

■お化け探知機発売

おばけ探知機能付きUSBメモリ発売
4月1日発売ですが、冗談ではないようです。どうせアメリカとかのインチキくさい会社が発売すんだろとか思ってたら...ソリッドアライアンスって日本じゃないですか〜!なになに、香港の電脳集団が開発したお化け探知機能ねえ。ソリッドアライアンスといえば寿司の形をしたUSBメモリ「SushiDisk」など、ちょっといっちゃった感じの強いメーカーですので、まあ、ありといえばありかな。どうでもいいがこのメーカー、HPを見てみると他にも「折りたたみ式ゴミステーション」やら「カロリーメーター付きボールペン」いやに間口の広い商品展開のよう。何でもいいからとりあえずUSBメモリにつけとけっていう発送は大好きです!これからもこの路線で!

<ネタ元:PCWatch

投稿者 ono takuya : 09:37 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月04日

■金になるならなんでもあり

City auctions erotic machines
もいっちょANANOVAからちょっぴりエロいニュースを。ブラジルのモンテスクラロス市では近々、「penis enlargement machines(陰茎拡大マシンby直訳)」をオークションにかけるそうです。とある大人のおもちゃの店が倒産し、従業員の給料を保証するために踏み切った措置なんだとか。オークションを認可した裁判官のコメントによれば、「裁判官になって12年間、27の町に勤務したが、こんなものを認可したのははじめてだ」。え、そうなの?ブラジルでは全然普通なことなのかと(笑)
つーか、何より気になるのはpenis enlargement machinesっていったいどんなマシーンなのでしょうか?僕にも効果はあるのですかどうですか
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:46 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月03日

■牛の糞が大人気ときたもんだ

Cow Urine Medicines Touted As a Cure All
牛の糞や尿が、便秘や下痢、糖尿病、果てはガンにまで効く万能薬だ、とインドでは大変なブームになっているんですと。一瞬糞や尿がそのまま瓶詰めにされてるのかと背筋が凍りましたがそこはそれ、ちゃんと錠剤に加工したり、クリームにして販売している模様。商品名は「牛の宝石」。どうもインドに古代から伝わる「アーユルベーダ」という薬草療法の古典に基づいているとか。インドでは牛は古来から神聖な動物なそうですが、糞は...糞は食べれないヨ...
「これらの薬には有効期限がありません。なぜなら化学物質がまったく入っていないからです。」と販売会社はコメント。...インドでは悠久な時間が流れているようです
<ネタ元:Strange News - AP

投稿者 ono takuya : 13:10 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月02日

■驚きの新機能...?

オンライン・ゲームに宅配ピザ注文の機能 ソニー
CNNから。英語版のオンラインゲーム「エバークエストII」で、ゲーム中にピザを注文することができる機能を搭載したそうです。はあ...「プレイ中にピザを注文すれば、ゲームに夢中になるあまりの空腹問題は解決される」っていうんだけどね。どっちかっていうと、ゲームよりもパソコン本体のほうにこういう機能があれば良いなあ。あと、コーヒーメーカーの機能と、冷蔵庫の機能とコンロとクーラーと(以下略)
<ネタ元:Slashdot

投稿者 ono takuya : 10:01 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月28日

■新手の商品デモ

Thais Promote Breast-Enhancement Exercise
タイはバンコクから。塗ると胸が大きくなるという奇跡のクリームに関するプロモーション(TVでのCMなどのことか?)で、実際に裸の胸をお姉ちゃんに露出させて実演するというデモンストレーションが政府の怒りに触れ、公然猥褻罪が適用される等の事件に発展。あげくの果てには政府の厚生省までが「認可されていない医薬品を使ってはいけません、乳を大きくしたいなら適度な運動が一番です」とコメントをするはめに。ちなみに二プレスはしてたらしいけどそんなもんでは許されないみたい。ニュースによると昨年もタイ人のモデルが肌を露出させすぎていると政府から非難をあびているというから、意外とお固い国なのね
<ネタ元:Strange News - AP

投稿者 ono takuya : 16:30 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月23日

■ナイトライダーキタ-----

New car to take on Knight Rider
↓は最近スイスで開発されたSENSOというコンセプトカー。ナイトライダーのキットよろしくドライバーと対話のできる賢い車なんだそうな。センサーでドライバーの体調などを測って車を調整できるんですと。たとえばドライバーが眠気を感じたら、それに反応してシートが揺れたり、緊張感が高まっているときはリラックスしたムードの音楽を流したりするとか...で、「しゃべる」って機能は特にアナウンスされてないなあ。どうせなら眠気を感じてたら「危ない!っ」とか叫んでくれた方が良いのに。んで、口うるさいママモードとかがあって、「安全運転するざます!」とか「「ブレーキは早めに踏むざます!」とかあったら...やっぱりいらないや

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 10:45 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月18日

■売れてるよおい

ダイコンのキャラクター「あおくび大根」が人気に。
あれは昨年の6月、このサイトでも紹介しましたが、サンリオとタカラの共同企画キャラ・第1回の「キディランド賞」をとった「あおくび大根」がここへ来てどうもブレイクしているらしいですよ!賞を与えちゃったもんだから仕方なく自社で勝手に煽って盛り上げているだけなのかと思いきや、意外とそうでもないらしい。サンリオにこんなゆるいキャラがいていいのだろうか...?みうらじゅんさん、どうですか(笑)?

公式ページ
<ネタ本:narinari.com

投稿者 ono takuya : 17:38 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月12日

■麗しきゲロのために

バージン・アトランティックのデザイナーズ・ゲロ袋
バージン・アトランティック航空では2001年から機内でおえっとなったときのためのゲロ袋のデザインコンテストを継続しているのですが、2005年版のベスト20が発表されたそうです。↓の感じね。こちらにアクセスして、左側の「Gallery」をクリックします。うーん明るいゲロだなあ。実際に上半期くらいまではこのデザインが採用されるそうですよ。
なんかゲロっていうとなつかしの珍ゲーム「スイッチ」を思い出しますな。いろんな場面で様々なスイッチを押してただくだらないギャグを見るだけのゲームなんだけど、10個に1個はゲロのスイッチで、自販機の下からゲロが出てきたり、パソコンのフロッピー取り出し口からゲロが出てきたり、とにかく最高でした(笑)
 
<ネタ元:Tokyo-Fuku-blog

投稿者 ono takuya : 13:51 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月11日

■そのメニュー、食べてください

Chef creates paper meals
シカゴから。Homaru Cantuさんというシェフが、食べられるインクを発明、同様に食べられる紙の上にインクジェットプリンタで印刷して、「食べられるメニュー」が完成したとか。ですから、紙の上のおいしそうなピザとかを、カロリーを気にしないでむしゃむしゃ食べられるわけですな。インクはにんじん、トマト、および紫色のじゃがいもなどで作られ紙も同様に大豆とジャガイモでできているようです。今は味も見た目どうりにできるよう調整しているんだと。既に彼は自分のレストラン「Moto」で使用してるんだってさ!
「あ、すみません、メニューのこれ、ください」
「どうぞ」
「だから、このメニューを」
「だから、どうぞ。そのままどうぞ」
「え?」
みたいなことになってるんでしょうか。楽しみ〜♪
天才、カントゥさん
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 10:05 | コメント (0) | トラックバック