2008年02月26日

■女性に一目惚れして戻ってきた強盗

Romeo robber's downfall
20080226.jpg
 まさに恋は盲目、イタリアからのニュース。郵便局に強盗に入った男性が、キャッシャーの女性に一目惚れ、後でデートを申込に戻ってきたところ案の定逮捕されるという事件がありました。盲目過ぎだろ...
 犯人の男性はブルーノ・レペス(31)。先日ジェノバの郵便局に銃を持って強盗に入ったのですが、その際にお金を手渡してくれた女性、ルシア・マルセロさん(21)に一目惚れ。頭から離れなくなってしまったそうなのです。
 ブルーノは翌日、大きな花束を買い、昨日の無礼な行いをお詫びしに、そしてデートに誘うため、再びルシアさんのいる郵便局へと出向いたのでした。しかし非情にも彼女はブルーノと話す振りをして時間を稼ぎ、その間に無音の警報装置で警察に通報。数分後にブルーノは逮捕されました。警察は次のようにコメントしました。
 「たとえそれがどんなに危険かわかっていても、彼は戻ってきて彼女を誘い出さずにはいられなかったようです。」
 それほどまでブルーノが惚れたというルシアさんの美貌というのが非常に気になります。というか、ブルーノさんが買った花束って...盗んだ郵便局のお金だよね?そこんとこどうなの?
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:40 | トラックバック

2008年02月17日

■チョコレートで銀行を襲った女

Woman robs bank with chocolates
 バレンタインも終わったというのにね。アメリカはカンザス州からのニュース。チョコレートを武器に女性が銀行を襲うという事件がありました。2月15日のことだそうです。
 カンザス州はオレイサにあるショッピングモールでの出来事。一人の女性がモール内にあるキャピタル・フェデラル・バンクのカウンターを訪れ、箱を差し出し、この中には爆薬が入っているといって銀行にお金を出すよう要求したのです。彼女は現金を受け取ると箱を置きその場から消えました。ショッピングモール内は一時全員が非難する事態になり、爆弾処理班の出動となってしまったのです。しかし、この箱を処理班がX線検査したところ、中に入っていたのはチョコレートとなんの害もないワイヤーだけだったとか。
 ふられた女の恨みチョコなんでしょうか。困った人です。チョコが爆発...というとどうしても思い出してしまうのがあの「アブナイバレンタインデー」。♪爆発するよ私のチョコは〜
関連:アブナイバレンタインデー
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 16:07 | トラックバック

2008年02月16日

■行方不明の男性が映画のバックに写っていた件

Missing man spotted in movie

 油断は禁物だったイタリアからのニュース。家族からお金を奪って姿を消した男性がとある映画のバックに映っているのが発見され、見つかってしまうという事件がありました。
 この男性は45歳のマルチノ・カリバルディさん。とあるお店のオーナーだったという彼はある日家族の銀行口座から勝手にお金を引き出したまま失踪してしまっていたのでした。その額は37000ポンド。約780万円ですね。家族は探偵を雇ってまで居所を突き止めようとしたのですが、結局見つけられることができずにいたのです。
 しかしある日、マルチノさんの友人が昨年暮れに公開された「ナターレ・イン・クロアチア」という映画を観ていたとき、映画のバックにマルチノさんが愛人と一緒に映っているのを発見したのです。なんという偶然。ちなみにこの映画はドミニカ共和国で撮影されたらしく、家族は現在マルチノさんを追跡し、お金を返済させるよう法的手続きを開始したとか。残念でしたね。ほろ苦い映画初デビューになってしまったようです
関連:
ローマの平日@裏話
ローマ在住の日本人の方によるブログ。映画「ナターレ・イン・クロアチア」について触れています。毎年恒例のクリスマス映画らしいのですが、2007年のは評判が良いみたいです。
ナターレ・イン・クロアチア(Yahoo Cinema)
映画のトレーラーなどが観れます。
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 08:14 | トラックバック

2008年02月12日

■パンツ一丁の警官、犯人を追う

Underpant-clad cop chases muggers
 格好いいけどおかしい、アメリカからのニュース。緊急事態で時間がなかったため、強盗を警官がパンツ一丁で追いかけるという事件がありました。場所はヴァージン諸島。セント・トーマスで深夜に男性が二人組の武装強盗に襲われ、銃で撃たれて現金を全て奪われてしまったのでした。
 男性は直後に警察官のダニエル・チニーの家のドアをドンドン叩き、助けを求めたのです。被害者の話を聞くとチニーは銃をつかんで車に飛び乗り、すぐに犯人の追跡を始めました。しかし彼は、あまりに急いでいたのでパンツしかはいていなかったそうです。チニーはすぐに犯人の車を追いつめ、犯人が車から降りて逃げ出すとチニーもそのままパンツ姿で追跡。犯人はほどなく逮捕され、お手柄となったようです。すごいですねえ。
 ちなみにこのチニー警察官、セント・トーマスでは熱心に交通違反切符を切りまくることと、不法駐車の車をどかすために拡声器を使ってどなることで有名な方なんだとか。彼の上司であるチーフのロドニー氏曰く、「みんなは彼のことで不満を言います。けれども、彼は彼の仕事をきちんとやっているのです。」とのことです。「私の部下にチニーがもう10人もいれば、交通はもっとスムーズになるでしょうね。」
 うるさいやつだけど熱血漢、みたいなキャラが何となく見えてくるチニーさんですけど、パンツで駆けていく姿を想像するとおかしくていいですな。こういう時のために、男性も下着はきちんと選ばなくちゃだめですぞ
※今回のニュースで初めて知ったのが「ヴァージン諸島」。ここです。西側がアメリカ領、左側がイギリス領なんですね。今回の事件はセント・トーマス島、アメリカ領の方です。(参考:Wikipedia
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 13:05 | トラックバック

2008年02月10日

■生徒にオッパイを露出した先生、罰金を科される

Swedish teacher fined for flashing boobs

 問題なのは年齢だという感じがするスウェーデンからのニュース。黒板に卑猥な落書きをされた女性教師が、仕返しに自分のオッパイを生徒に見せるという事件がありました。
 それって仕返しというよりはご褒美なんじゃ...?と思った方は早とちり。女性教師の年齢は47歳だそうです。もうすぐ50のおっぱいか...微妙...いや、きれいな人もいるにはいるが、一般的には「おばさん」だわな。これは後にセクシャル・ハラスメントに当たるとして有罪の判決が下されたそうです。先生は自分の裸の胸にはなんらセクシャルなものはなく、単に男の子が書いた卑猥な落書きに反応しただけだと主張しています。以下先生のコメント。
 「私はちょっとカッとなってしまったんです。男の子に下品で卑猥なことを書かせるのを止めたかったんです。」
 この「おっぱい事件(記事の直訳です)」は有罪となりましたが、この先生は他にも男子生徒の局部をさわるなどのわいせつ行為があったという疑いがかけられたのです。しかしどうも生徒の証言がいい加減だということでこちらの方は取り下げられました。
 先生は60日間分の賃金と同程度の額の罰金を言い渡されました。また、おっぱいを見せられたという「精神的外傷」のため、彼女は損害賠償として男の子に5000クローナ(約9万7千円)を支払うよう命令されたそうです。なんていうか、47歳のおっぱいを見せられたら10万円程の精神的外傷を被るということが明らかになってしまったわけです...。だが、黒木瞳も47歳だと言うことを忘れないでほしい
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 16:59 | トラックバック

2008年02月07日

■史上最もおバカな指名手配写真

The most stupid e-fit appeal ever
 ちょっとおバカな警察はタイからのニュース。最近王立タイ警察が公開した容疑者の似顔絵が「史上最も最悪」と話題になっています。現在も逃走中という銀行強盗の似顔絵写真が公開されており、この犯人における情報を一般からも広く募っているというのですが...。
 で、それほどまでに最悪という似顔絵は一体どのようなものなのでしょうか。

...ええと、どこから突っ込めばいいでしょうかね?とりあえずはソース記事をそのまま紹介すると、「彼には何の特徴もありません。顔があるべきところには銀色のバイザーがかかっています。彼の黒い頭には何かとても膨らんだものがかぶさっています。ヘルメットでもつけているのでしょうか?」これで犯人の顔が特定できたら、すごい超能力者ですね。
 「Mr.ヘルメット・ヘッド」と呼ばれているこの犯人は、数週間前20万バーツ(約67万円)を政府貯蓄銀行のラードプラオ支店から盗んだ疑いがかけられています。警察は目撃者からの証言を元に”似顔絵”を作成したとなっていますが。どうしましょうかこれ
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 16:44 | トラックバック

2008年02月01日

■強盗に入る家を間違えたどろぼう

Burglars break into wrong store
 人違いもはなはだしいアメリカはマイアミからのニュース。泥棒が宝石店に侵入したのですが、間違ってとなりのローン会社に入ってしまい、何も盗れずに逃走する、という事件がありました。
 マイアミ・ヘラルド・リポートによると、宝石店「ジュエリー・バイ・フランク」のオーナー、フランク・グラチアーノ3世が言うには、泥棒たちは間違ってフランクさんの宝石店の隣にある住宅ローンの会社、「ハウスホールド・ファイナンス」の屋根を突き破って侵入したそうなのです。しかも、宝石店の方も全てのショーケースは空にしており、貴重なものはしまいこんであったんですと。どのみち徒労だったわけですね。警察が到着する前に犯人達は逃げたそうです。泥棒が入った時間はソース記事には書いてありませんが、夜中だったんですね。
 「彼らはまさに今、来るべきでしたね。」とフランクさん。「今ならたくさん渡せるのにね。」なんだか余裕しゃくしゃくで逆に腹立たしい気もしますが...ひがみ根性かしら?
<ネタ元:UPI.com

投稿者 ono takuya : 18:01 | トラックバック

2008年01月25日

■銀行強盗、バスを待っている間に捕まる

Using a car might have been better...
 むしろ走って逃げたほうが良かったような気がするアメリカはジョージア州からのニュース。銀行強盗をした女性がバスで逃走しようとしたのですが、バス停で待っている間に警察に捕まるという事件がありました。この女性はチャンネル・モナー・ガスキン22歳。今週水曜日の出来事です。
 「それはあまり賢明な方法ではありませんでしたね。」とはサンディ・スプリングスの警察官、スティーブ・ローズ氏のコメント。警察によると、犯人のガスキンはこの日の午後1時に銀行に入り、武器を出さずにお金を要求したそうです。一袋の現金を得ると彼女は駐車場を横切ってレストランのほうへ走って逃げていきました。この際銀行は防犯用のカラーボールを犯人に命中させたため、彼女と現金にはオレンジ色のインクがべっとりとついたようです。レストランを出た彼女は食品雑貨店のトイレでインクの付いた服を着替え、家に帰ろうとバス停に向かったとのこと。
 なぜ普通にバスで逃走しようとしたのかはわかりませんが、彼女の自供によると以前にも同じやり方でバスで逃走し強盗を成功させているようです。現在はフルトン郡の刑務所に入れられており、余罪とともに罰せられるだろうとのことです。
 なんていうか、公共交通機関を使うあたりはエコ的で良いと思われますが、バスは往々にして遅れることが多いのでタクシーを使った方がいいよということでOK?

<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 13:52 | トラックバック

2008年01月18日

■逃げる犯人を追う警察、次々に湖に落ちる

Pol-ice Allow Robber To Slip Net
 おばかなのは犯罪者ではなく警察の方だったというハンガリーからのニュース。凍った湖の上を逃げる強盗を追いかけていた警察官が湖に落ち、それを救出に来た他の警察官も次々に湖に落ちるというなんともとほほな事件がありました。場所はハンガリー西部のシグリゲト。犯人を追っていて湖に落ちたのは婦人警官のアニさん。この様子を見ていた通行人が警察に通報、応援が駆けつけたのですが、彼らも彼女を湖から引っ張り出そうとして湖へぼちゃり。結局次々に応援を呼ぶはめになり、最終的に消防隊員が安全に全員を救出したとき、助け出された警察官の数は30人にもなっていたそうです。ちなみに強盗はまだ捕まっていないそうです。
 やってることはお笑いウルトラクイズとなんら変わらないと思いました。ハンガリー警察の面白さはたけし軍団並みです
<ネタ元:Clumsy Crooks

投稿者 ono takuya : 17:41 | トラックバック

2008年01月16日

■芝刈り機に飲酒運転で逮捕

But officer, it's just a lawn mower
 それが何であれ酔っ払ってたら飲酒運転なんだなという感じのニュージーランドからのニュース。タイトルの通り、芝刈り機にお酒を飲んで乗っていた男性が、飲酒運転だとして警察に告発されたそうです。
 この男性はリチャード・ガン、52歳。ニュージーランド北部のダーガビルという町の通りを、月曜の深夜芝刈り機で飲酒運転していて捕まったそうです。ちなみにその時、警察に止められたガンさんからは規定の2倍以上のアルコールが検出されたとか。彼は以前車の免許を失っているんですね。それで芝刈り機で出かけていたようです。テレビの取材に対しガンさんは、
 「大丈夫だと思ったんだよね。」とコメント。自転車ですら、時速5マイル(約8キロ)しかスピードの出ない芝刈り機よりも速いんだと強調した上で、
 「僕は警察が彼ら(自転車乗り)を見逃しているのを見ているんだ。」んー、確かにもっともな気もするけど...。このまま行けばガンさんは懲役を科されるかもしれないそうですよ。ちなみに芝刈り機の方は28日間警察に押収されるそうです。
 自転車より遅いものに乗ってて捕まるってのもな...つーか最初っから自転車に乗ればよかった話なのでは...?
関連:芝刈り機トラブル
■芝刈り機で免停と戦う男
■芝刈り機で密入国、言い訳は”芝刈りしてて迷った”
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 17:59 | トラックバック

2008年01月05日

■スピード違反の男性、土の中に隠れたが捕まる

Speeder hides by burrowing into ground
 アイデアだけは買うアメリカはシアトルからのニュース。スピード違反で捕まりそうになった泥棒が、付近の土を掘って中に隠れていたのだが結局見つかって捕まるという事件がありました。
 場所はハイウェイ169。スピード違反で車を止められた男性(20)は、近くの柔らかい地面を急いで掘り、自分自身に土や葉っぱをかぶせて隠れ、州警察をやり過ごしたそうです。今週水曜の話。彼はそこで1時間ほど隠れていたようなのですが、その後自分の彼女に迎えに来てくれるようメールを送ったのです。しかし、彼が穴から這い出てきたところを発見され、警察は彼を逮捕してしまいました。彼は現在ケントの刑務所に収監されており、マリファナの所持や迷惑行為、飲酒運転などの嫌疑で裁判にかけられるということです。
 それにしても捕まりそうになってすぐ土を掘って隠れられたということはものすごいスキルでも持ってるんじゃないだろうか?その辺の匠の技を出所したら是非教えていただきたいものです。よろしく
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 14:13 | トラックバック

2007年12月28日

■デブい泥棒、窓にはまって動けず逮捕

Overweight thief caught in window
 中国からのニュース。北西中国の陝西省にある西安で、窓につかえて動けなくなっている泥棒が捕まりました。太りすぎです。先週土曜日の出来事。
 リューさん(女性)が家に帰ってきたところ、窓で動けなくなっている男性を見つけ、警察に通報したのです。警察は男性を窓から開放した後、逮捕して連行しました。この男性は26歳、湖北省から季節労働者としてやってきていたそうです。彼は自身が労働に耐えられなくなり、ドアや窓のこじ開け方を覚えたので盗みに入ったと供述しているようです。
 男性は「私は太りすぎでした。痩せていたら捕まえられなかったでしょうね」と警察に話したそうです。
 ...えーと、コメントは必要でしょうか?
<ネタ元:CHINAdaily.com

投稿者 ono takuya : 14:22 | トラックバック

2007年12月08日

■タイヤ泥棒、掘ったトンネルが小さくて運べず

Tunnel tire burglar fails to plan exit
 タイヤの大きさも計算しておけよという感じのアメリカはオレゴン州からのニュース。壁の下にトンネルを掘り、店に侵入してタイヤを盗もうとした強盗がいたのですが、掘ったトンネルが狭すぎてタイヤが運べなかったという事件がありました。
 強盗に入られたのは「スティールズ・ユニバーサル・タイヤ・アンド・ホイール」。トンネルは外部から商品の保管庫まで掘られていたそうです。穴の直径は2フィート(60センチ)、長さは数フィートあったとか。もちろん直径60センチではタイヤなど運べるはずもなく。ちなみにこの保管庫にはセミトラックのタイヤが置いてあるだけだったそうです。盗めるものは他になかったんだね。
 コキーユ警察のパトリック・スミス氏曰く、「こんなの初めて見たよ。とても滑稽だね。」
 さてこの事件の前に同じ地元のレストランにも強盗が入っており、63ドルが盗まれているのですが、指紋を調べたところどうもこの事件と同じ犯人のようです。こちらは進入した強盗が店の金庫に手をつけたのですが結局開けることができないまま逃走しているとか。べたべた指紋は残すわ、金庫は開けれないわ、トンネルは小さすぎて運べないわで、ほんとにダメな人たち...ある意味無害なのでいいですけど、もうちょっと頑張ってほしかった
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 13:37 | トラックバック

2007年12月03日

■ゴミ容器に隠れた強盗、回収車にひっくり返される

Trash truck scoops up suspect

 逃亡中の強盗がダンプスター(大型のゴミ容器ですね)に隠れていたのですが、ゴミ収集車がやってきてひっくりかえして中身をあけられてしまったために外に転がり出てきて警察に捕まるという事件がありました。コントかよ。
 中に隠れていたのは13歳の少女。たまたま彼女を追跡していたスノホミッシュ群保安官代理の前に転がり出てきたために即逮捕。警察のスポークスマン、レベッカ・ホバーによれば
 「彼女はダンプスターの中でいくつかのゴミの下に隠れていました。ゴミの収集で降ろされてしまったのです。」怪我はなかったようです。
 事件は金曜の午前9時頃。エヴェレットの128番街で彼女ともう一人の男がピザハットの従業員を襲ったのです。二人は刃物を突きつけ現金を要求。いくらかの現金を得て二人は逃走、男の方はすぐ捕まったのですが、現金と刃物を所持していたとか。女性の方が逃げてしまったため、警察は警察犬を導入して捜査を開始、追跡の最中にゴミ箱の前へ来たところで運良く?外へ転がり出てきたということのようですな。タイミングが悪いと言うかなんと言うか...今度はゴミ収集車をハイジャックして逃げるとかそういう発想が欲しかった
<ネタ元:Heraldnet

投稿者 ono takuya : 12:50 | トラックバック

2007年11月18日

■おとぼけ強盗、自分の腕を撃つ

Burglary suspect shoots self in arm
 というわけで、アメリカはニューヨークからのニュース。民家に強盗に入った男が間違って自分の腕を銃で撃ち、病院に治療に来てばれてつかまるという事件がありました。怪我をしたのはロングアイランドはロッキーポイントのスティーブン・ホームズ。先週の金曜日ボート・ジェファーソンの家に強盗に入った3人組の一人です。3人は全員マスクをかぶり、一人が家の中を物色している間残りの二人が家の住人を監視していたとか。被害者曰く、上の階から銃声が聞こえたそうで、犯人達は350ドルと宝石を持って逃げたとのことです。
 その後犯人のホームズは治療を受けるためにジョン・T・マザー記念病院に来たのですが、病院のスタッフが銃の傷を見て警察を呼んだもよう。結局これで犯行がばれてしまったんですね。だから銃はおもちゃにしとけばよかったのに...
参考:■おもちゃ屋オーナー、水鉄砲で銀行強盗
<ネタ元:Earthtimes.org

投稿者 ono takuya : 14:04 | トラックバック

2007年11月13日

■車でポルノを見ていて書類送検

Police cite man for watching porn in car
 アメリカはテキサス州からのニュース。テキサスのフォートワース警察は、自動車の中でポルノDVDを見ていたとして訴えられている男性を法廷に召喚しました。呼び出されたのはアーヴィングから来た24歳のキャメロン.J.ウォーカー。キャメロンは不適切な映像の流布(エロビデオですね)、免許証不携帯、アルコールの所持などの軽犯罪をパトロール中の警官に発見されたとのことです。何やってんだか...
 キャメロンは月曜の深夜2時頃クラブ近くの駐車場に車をとめ、ポルノDVDを鑑賞していた疑い。調べによると、彼の車内に設置してある10インチのスクリーンに”複数の裸の人々”が映し出されており、車の外を通る人に対して映像が見れる状況にあった、というのが罪状のようですね。
 なんだか翻訳するのもばかばかしいニュースでした。ポルノを車内で見るなら窓はスモークにしたほうがいいと思うわよ
<ネタ元:Oddnews-AP>

2007年11月10日

■地下トンネルに17年潜伏していた男逮捕

Criminal hid in tunnel for 17 years

 中国からのニュース。17年間逃げていた指名手配犯がようやく捕まったのですが、実は犯人は自宅の下に自分でトンネルを掘り、その中に隠れていたそうです。17年も。
 場所は安徽省淮北市スイ溪県(読み方は聞かないの)において、警察が見つけた犯人の名前はフイ。17年前の1990年、近所の人とトラブルになったフイは相手を刺し殺し、そのまま逃走していたのですね。警察曰く、「我々は犯人が自分の家で隠れていると言う情報を得たのですが、地下のトンネルを見つけてとても驚きました。」
 彼は17年間、彼と妻の二人で掘ったというトンネルにずっと住み、他にはどこにも行かなかったことを認めています。で、その犯人のコメント。

「とても退屈でした」

 それはそうだろう。妻も彼の逃亡?を援助して共謀したと嫌疑がかかっているそうです。それにしてもよくそんな狭苦しい地下にいられたもんです。本当に退屈だったんだろうね。
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:59 | トラックバック

2007年11月02日

■意味不明の奇怪な暴徒

And you thought you had a bad day...
アメリカはテネシーからのニュース。あんまりにも奇怪な行動をした男性が捕まったようです。いや、何がしたいのかさっぱりわからないのですが...この人、車を衝突させ、侵入した家の人に銃で撃たれ、レストランの窓を壊し、下着になって逃げた後に捕まるというよくわからないことになったそうなのです。いったい何なのこれ?
 警察の発表によると、最初に一人の男が自分の車を道路のポールにぶつけたところから事件が始まるらしいのです。その後車の男が、近くにあった家のドアをどんどん叩き始めたのです。そしてその男は家の窓を蹴り破ったのですが、家の中にいた住人のルロイ・ブルースさんは彼を銃で撃ったんだそうです。男はなぜかズボンや上着などを脱ぎ捨て逃走。血を流していたそうです。それから男はマクドナルドに向かい、正面の窓を石ころで破壊したとか。目撃者のリサ・フーカはテレビの取材に応え、「警察が男を見つけるのは簡単でした。男は誰かが押さえつけていなければならない状態でした」と語ったそうです。その後レストランで男が捕まったとき、男はシャツと下着以外を脱いでいたとか...
 怪我をしているということもあるのでこの男は地域のメディカルセンターへ運ばれましたが、警察は男が病院を出たら捕まえるそうです。何がなんだかさっぱりわかりませんが、酔っぱらっていたのか、変な薬でもきまっていたのか、最初の事故でパニックになっていたのか...困った人です。
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 15:54 | トラックバック

2007年10月31日

■ケチャップで武装した強盗現る

Ketchup bandits only moderately successful
 今までにもメカジキを武器にしてみたり、指で拳銃のふりをしてみたり、おもちゃの水鉄砲で武装してみたりとおばかな強盗はいくつも紹介してきましたが、これは新しい。ケチャップで武装した強盗です。ギリシャからのニュース。
 ギリシャ警察の発表によると、スーパーマーケットの売り上げを持って銀行に来た従業員が待ち伏せされ襲われたそうです。ケチャップで。「強盗は、車をとめるために藪から突然飛び出し、ケチャップを車のフロントウインドウにぶつけてきたんです。」と警察。
 襲われた従業員は果敢にも強盗と格闘しましたが、彼が所持していた14万ユーロ(約2300万円)のうち400ユーロ(約66000円)だけが奪われ、犯人はオートバイで逃げ去ったとのことですが...?
 ケチャップが従業員の目潰しに使われたのかどうかが気になるところですが、被害を6万円程度に抑えた彼はすばらしいと思います。つーかどうせならマスタードソースとかにすればよかったのにね
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 13:00 | トラックバック

2007年10月12日

■病院強盗、後でこっそり治療に来る

Delivery man spots attacker at hospital
 アメリカはミルウォーキーからのニュース。病院を襲った強盗が未遂に終わり逃げたのですが、その後犯人の一人が強盗の際に負った傷を同じ病院にこっそり治療に来て捕まるというおばかな事件がありました。
 病院の名前は明らかになっていないのですが、この病院に今週の火曜日に二人組の強盗が押し入り、銃を突きつけたのです。しかし、たまたまこの場に居合わせたという、配達中のピザハットの従業員が勇敢にも犯人に飛び掛っていったのです。犯人の一人が従業員の顔を殴ったのですが、彼は犯人の銃をつかみ、もぎ取ることに成功。今度はその銃で逆に犯人を殴りつけたのでした。何度か殴ると犯人は逃げていったそうです。
 さて、この時負傷した勇敢なピザハットの従業員はその病院で傷の手当てをしてもらうことになりました。ところが、傷を処理しているときに、彼は病院に先ほどの犯人の一人が治療に来ているのを発見。どうやら自分が銃で殴ったときの傷を治療しに来たようです。犯人は速攻で逮捕、現在もう一人の犯人を追っているとのことです。それにしてもなんでわざわさ同じ病院に来るかねえ...ミルウォーキーってそんなに病院が少ないところなの?いや、きっとものすごい外科の名医がいるにちがいないんだ
<ネタ元:Odd news-AP

投稿者 ono takuya : 13:36 | トラックバック

2007年10月06日

■お中元を放っておいた上司にキレた部下暴れる

Worker trashes office after jelly snub
 ソースは海外ニュースですが、舞台は日本です。たぶん大阪。上司にゼリーのお菓子をプレゼントした部下が、上司がプレゼントに手をつけていないと激怒、オフィスで大暴れするという事件がありました。31歳のこの男性、オンラインで洋服を販売する会社で働いていたのですが、仕事が成功裏に終わったことの感謝の気持ちとして、ゼリーのお菓子一箱を上司にプレゼントしたんだそうです。夏の話。しかし、後でこの男性は上司がもらったお菓子を机の下に投げっぱなしにしてあるのを発見。これを見て何かがキレたらしく、男性は職場で暴れてパソコン22台を破壊するという騒ぎになったそうです。夏と言いますからたぶんお中元か何かだとは思うのですが...どんだけ放っておいたもんだか。男性は大阪の法廷で容疑を認めているそうです。
 こんな部下がそうそう職場にいるとは思いませんが、みなさんももらったお中元が投げっぱなしになってないか気をつけてみてくださいませ!
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 12:57 | トラックバック

2007年09月15日

■自分で仕掛けたブービートラップにひっかかる

Police: Man sets off his own booby trap
 アメリカはミシガン州からのニュース。家に泥棒に入られるのに嫌気がさした男性が、自宅の周りに爆弾らしきものを用意してブービートラップを仕掛けたのですが、うっかり自分で引っかかってしまい手に怪我を負うという事件がありました。この男性はビクターさん(50)。血まみれのタオルで右手を包み、先週の木曜に隣家に飛び込んできたそうです。消防局のマギー氏いわく、
 「明らかに、彼は今度家に押し入ろうとした人間に対してブービートラップを仕掛けようとしていましたね。」
 マギー氏によると、ビクターさんは以前に家宅侵入の被害にあったことがあるそうです。隣人のパトリックさんのコメントでは、「爆発はパイプ爆弾のようでした。彼は偶然それを作動させてしまったのですね。爆発で彼の手はほとんど吹き飛ばされたようでしたよ。」
 警察は彼を告訴するため調査中だそうです。
 「ドカンと爆発するようなものは、何であれ違法です。」とは警察のブルース・ファーガソン氏。「人が合法的に爆弾を製造していい理由なんてのはないからね。」
 自分で仕掛けた爆弾に引っかかってちゃ世話ないですな。もっと平和的なトラップにすればよかったのにねえ...。管理人だったら赤外線のセンサーを置いて、引っかかったら大音量で”黒板を爪で引っかいた音”が鳴るようにしておくのだがどうか
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 13:22 | トラックバック

2007年09月11日

■トレビの泉から磁石でお金を盗む男、逮捕

Crowd watches as thieves raid fountain
 ほんとにやる人がいるとは思わなかったローマからのニュース。「肩越しに泉へコインを投げると再びローマを訪れることができるという言い伝え」で有名なローマのトレビの泉で、泉の底から磁石を使ってコインを集めていた二人組が現場で逮捕されました。警察の発表では犯人はおよそ800ユーロ(約12万5千円)を拾い上げていたそうです。なかなかの金額ですね。ちなみにこのお金、本来はカリタスというカトリック系の慈善団体に寄付されているものだとか。
 犯人はルーマニア人の若者で、長い棒の先に磁石をつけてコインを拾っていたそうです。
 目の前に小金が落ちてたら拾うだろ?ということで今までにも同様の盗人はいたらしいのですが、元記事によると、今までで一番有名なのは「ダルタニアン」というあだ名をつけられた泥棒。剣のような形の棒の先に磁石をつけてお金を拾っていた(やっぱり磁石なんだ)ことからそう呼ばれたらしいですが、この男の場合は30年近くもこつこつ盗んでたそうで、2002年に噴水のある地域から締め出されたそうです。
 いつ行ったって観光客がいっぱいいるようなところで盗めるはずがないんだからさ。もうちょっとましな盗み方を考えないと。あ、いいこと思いついた!う飼いを雇ってそいつらに...
<ネタ元:UPI.com

投稿者 ono takuya : 12:47 | トラックバック

2007年09月10日

■服をはぎ取られ全裸で逃げた強盗

Foiled burglar loses clothes in tussle
 どちらかというと強盗の方がかわいそうになってくるニュースがアメリカはミネソタ州から。とある家に強盗に入った男性が、その家に住む老夫婦によって服を奪われ、逃げ出すという事件がありました。詳細は以下。
 ダルースの町に住むウェイン・ボニファス(69)とキャシー・ボニファス夫妻は、木曜の夜隣人宅で夕飯を食べた後、家に帰ってきたところで自宅に不法侵入している男を発見しました。ウェインさん本人の証言によると、
 「奴が家内につかみかかるとすぐに私は男を捕まえ、キッチンで奴を床に押さえつけ、ヘッドロックとアームロックをかけたんだ。」とのこと。奥さんの証言によると、最初にウェインさんは男性のシャツを脱がしたそうで、その後「今時の若者のせいかズボンはゆるくはいていたのね。私が彼のズボンを引っ張ると、ズボンとパンツ、おまけに靴まで全部脱げたわ。彼は完全に裸だったわね。」
 その後警察がやってきて、容疑者を特定できるかどうかボニファス夫妻に聞いたところ、次の返事が返ってきたそうです。
 「ああ、そうだね。犯人はダルースの町中で裸で走っている唯一の人間だよ。」
 町を裸で走る犯人(たぶん)は20分程で逮捕されました。年齢は20歳で、彼は第一級の強盗の他2つの嫌疑がかかるだろうとのことです。
 ...久しぶりに原文を読んだ時点で吹き出しました。20歳の強盗がおじいちゃんとおばあちゃんにヘッドロックされるは服は脱がされるわ、あげくの果てに全裸で逃げていく様子を想像すると、強盗の方がかわいそうに思えてくるからなんだか不思議だ
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 16:18 | トラックバック

2007年09月09日

■消防士マニア、勝手に消火に参加

Fake firefighter showed up at disasters
 アメリカはカリフォルニアからのニュース。消防士になりたかった一般人が、知らん振りして消火や事故の現場に潜り込み、活動に参加するという事件がありました。調べによると世界貿易センタービルや電車の撤去、カトリーナなどの災害処理、野火の鎮火などにあたっていたそうです。
 男性の名前はジェームズ・キャンベル、自身の運転免許証もロサンゼルス消防士のユニフォームで写っているとか。当局の言うところでは、”一番の問題は彼が消防士ではないということです”ってそりゃそうだ。彼は先週の金曜日、警察に”消防士になりすますこと”の容疑で逮捕されました。盗まれた道具や銃を所有しているなど、重罪であるとのことです。
 彼のアパートでは大量の消防道具一式が発見されたそうです。通常の制服、黄色の消防活動スーツ、ヘルメット、ウォレットバッジ、それにL.A.の消防局用無線、などなど。壁にはキャンベルがユニフォームを着て被災地で写っている写真が何百と飾ってあったそうですよ。只者じゃねえ!
 オレンジカウンティの検事、アンドレ氏のコメントは以下。
 「この人は本当に消防士になりたかった男ですね。彼は英雄として振舞いたかったんですね。」
 おまけにこの人販売目的でDVDまで作っていたというから、もうね、すごいです。ただし、彼がどんなにがんばっても本当に消防士になるのは無理だったようです。どうも、救護隊員として働いていた頃の1987年にクレジットカードの詐欺で有罪判決を受け、救護隊員の資格を取り消されているからなんですね。この罪のせいでL.A.の消防に入ることもできなかった、と。しかしそれほど写真が残ってるってことは、消防活動しながらセルフタイマーでパシャリと....?誰か気づけよ
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 14:45 | トラックバック

2007年09月08日

■武装強盗、入ったお店で普通に接客する

Thieves helpfully serve customers
 ウルグアイからのニュース。モンテビデオにおいて、武装強盗がスポーツ用品店に押し入ったのですが、その後30分あまりの間、強盗自身がお店にやってきたお客さんに普通に接客するというよくわからない事件がありました。彼らは従業員の一人を縛って奥の部屋に監禁、もう一人の従業員に現金を渡すよう指示。しかしその後彼らは30分、お店にやってきたお客に普通に営業し、商品を売っていたそうです。
 警察曰く、その理由が1)強盗の現場であることを隠したかったのか、それとも2)もうちょっと現金がほしかったのか、3)お客に対して礼儀正しくする流儀だったのか、は定かではない、とのこと。その後彼らは待機していたトラックに乗り込み、レジのお金と賞品を持って逃げたそうです。
 売り上げも(笑)含めて、いくら盗まれたのかは明らかになっていないそうです。記事によるとまだ犯人は捕まっていないそうですが...
 強盗後も営業を続けた理由は明らかに1)だと思いますけど、できれば3)であってほしいですな。
「まずい!客が来たぞ!はやくずらかろうぜ!」
「何言ってんだよ、お客様だぞ!いらっしゃいませ!」
...みたいな。
<ネタ元:Metoro.co.uk

投稿者 ono takuya : 13:29 | トラックバック

2007年09月05日

■石鹸でぬるぬるになって脱獄した囚人

Swiss inmates slip away
 スイスからのニュース。裸になってせっけんを泡立て、ぬるぬるになった状態で脱獄に成功した4人組の囚人が逃走中だそうです。ちなみに鉄格子の間からではなく、食べ物を出し入れするハッチから脱出したそうです。どんだけぬるぬるにしたんだか。舞台となったのはスイスのクロイツリンゲン刑務所。
 主犯格は20歳のやせこけていたバート。服を脱いで裸になり、体中にせっけんを塗りつけてみごと脱獄。その後3人の仲間の独房を開け、まんまと脱走していったそうです。翌朝気づいた看守と警察は捜査を開始、現在のところ一人しか逮捕できていないとか。
 がりがりにやせてすり抜けてみたり、トンネル掘ってみたり、脱獄犯も大変ですなあ。”続きを読む”に過去の面白脱獄犯をまとめてみました。参考までにどうぞ。

おばか脱獄犯まとめ

看守がサッカー観戦に夢中になってる間に脱走
みんなサッカーが大好きなんだな。たぶんテレビは没収だ
40mのトンネルを掘って脱獄
めずらしく成功した例ですね。
ダイエットして脱獄
どんだけがりがりだったんでしょうか。
双子が入れ替わって脱獄
もう片方もうまいこと入所してのすごい頭脳プレー
脱獄したが出会い系に写真載せばれる
待ち合わせの場所に来たのは警官だったようです
トンネルを掘ったが出口が敷地内だった
あと30センチが足りなかったらしい。無念...
バスの下に張り付いて脱獄
だが途中で落下→背中に怪我。
双子が服を着替えて脱獄
面会に来た弟が兄とこっそり入れ替わり。さすが双子
脱走後刑務所に戻るも門前払い
人の善意を無にする好意...か?
賛美歌を歌ってのこぎりの音を消す
のこぎりの音を消すとはよほどひどい歌声だったのか

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 15:30 | トラックバック

2007年08月31日

■フラダンスで注意をそらそうとした強盗

Naked man does hula, steals beer at store
 アメリカはミズーリ州からのニュース。裸でフラダンスを踊り、店内の注意を引きつけている間にビールを盗み出す、というあまりにも必死な強盗がつかまりました。事件はデソトのフィッシュズ・クイックストップという店で8月18日未明に起こりました。従業員ヴィッキー・ゲインズの話によると、覆面をした裸の男が店の中に入ってきて、フラダンスを始めたと言うのです。
 警察の話によると、裸ダンサーが店内の注意を引きつけ、その間に共犯がビールケースを盗む、という段取りだったようです。しかし、当然それはうまくいきませんでした。ゲインズがすぐに警察を呼ぶと、ダンサー役と泥棒役の男性はすぐさま駆けつけた三人目の男が運転する車で逃走。しかし店内にいた客がナンバープレートを覚えていたので、3人は数日後に逮捕されたそうです。
 警察の発表では、犯人は19歳から23歳の男で、万引きと公然わいせつ罪の嫌疑がかかるだろうとのことです。
 ダンサーが女性だったらひょっとしたら成功してたかもしれないのに...バカだなあ...それにしてもなぜフラダンス?
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 18:21 | トラックバック

2007年08月29日

■当て逃げ犯人、パスタの染みで犯行がばれる

Spaghetti nails hit and run driver
 ドイツからのニュース。運転中にスパゲッティ・カルボナーラを夢中で食べていたせいで車に激突した後現場から逃げた当て逃げ犯人が数時間後につかまるという事件がありました。犯人はイエンス・マーティン28歳。場所は南東ドイツのGoerwihlという町。彼は駐車中の2台の車にぶつかったあと知らん振りで家に帰宅しており、警察は彼の車を自宅で発見。捕まえようと質問したところ、本人は車が盗まれて、その間にぶつけられたんだと主張。しかし車の中には食べこぼしのカルボナーラがあり、しかも彼が着ていたシャツにはカルボナーラの染みまでついている始末。おまけに髪の毛にさえスパゲッティがついているのに及んで、「どうみてもお前だろ!」ということに。警察のコメントによると、
 「彼は車が盗まれたと主張しようとしましたが、食べ物がマッチしました。彼が事故の時点でそれを食べていたのは明白です」とのこと。まったく...
 とにかく片手で食べれなさそうなものを運転中にがっつくのはやめて頂きたいという、そんな事件でした。
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:28 | トラックバック

2007年08月19日

■万引き女性、トップレスで逃げる

Shoplifter makes topless escape bid
 何をしたいのかさっぱり分からないニュース、アメリカから。万引きで捕まった女性が突然トップレスになって逃げ出すという事件がありました。
 ペンシルバニア州に近いトレントンという都市で、ある店舗で女性が盗みをしているところをみつかり、直後に警察が彼女を発見、店に連れ戻しました。店のマネージャーは盗まれた品物をこの女性のバッグから発見したそうです。その後警察が彼女を連行しようとした際にもみあいになり、突然女性は着ていたシャツを脱いで警察から逃れるとそのまま通りに出て走っていったと言うのです。シャツをつかまれてたから脱いだのか、それともそのまま走っていって「助けて!」とか言ってかく乱するためか、ただ単に露出狂なのかはわかりませんけどね、管理人は。ただしすぐに女性は捕まりました。警察は彼女を逮捕、その場でうつぶせにさせたそうです。そうそうにおっぱいは見せないぞ、ということでしょうか。最後に、ソース記事の最後の一行を直訳しておきますね
 トップレス・チェイスにおいては、誰も怪我をしませんでした。
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 19:38 | トラックバック

2007年08月15日

■「母が死んだので前借りしたい」の直後に母登場

'Dead' mum visits son at work
 もっとましな嘘をつけよ、といいたくなるニュース、ルーマニアから。
 先日、ヤーシ郡のパシュカニに住むフローリン・ランドゥさん(27)は「母が急に死んだので葬儀のためのお金を貸してほしい」と職場のボスに頼み込み、約150ポンド(約3万5千円)をもらったのですが、その直後、死んだはずの彼の母が職場に現れたため、そのお金をすぐに返さなければならなくなったそうです。このフローリンさんはすぐに会社をクビに。しかも現在詐欺罪の疑いで警察の調査を受けているそうです。検察側のスポークスマン曰く、
 「あの青年は彼の母が死んだと呼び出しを受けたんだと言ってますが、それが誰かは言おうとしません。」
 ...まさか会社にお母さんがやってくるなんてねえ。たかが3万円でクビになるは詐欺罪だわ、おかんにはこっぴどく怒られるわ(たぶん)、自業自得にはあんまりな気も。親戚を死んだことにするならものすごい離れたところにいる人にしようという人生訓でした
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 19:29 | トラックバック

2007年08月12日

■ヤギを強姦した男、「乳搾り」と言い訳

Accused Says He Was Just Milking Goat
 アメリカ・ワシントン州はタコマからのニュース。ヤギとセックスしたとして訴えられた男性が、8月10日に動物虐待容疑で法廷に償還される、というできごとがありました。新聞によると、63歳になるというアーサー・ロートンが、自分が働いているイートン・ビルの開拓農場博物館で、飼われているヤギを強姦(?)しているところを発見されたというものです。さて、彼の必死な言い訳はこちら。

「ヤギの乳を搾ろうとしていたんです」 ...嘘つき!

 さて、ちなみに同州では動物に対する性的な虐待で犯罪とされるのは二人目だとか。一人目はイナムクロウという町で馬とセックスして捕まった男性。ちなみに自分の家族のピットブル犬とセックスしたとして訴えられる男性は5月、無罪を認定されたということです。家族内なら和姦だろいうという、なんとなくてきとうな感じがしないでもないですが。
 しかし63歳にもなってヤギとエッチしようなんて...いや、逆に今までやってみたかったけど長年押さえていたのが我慢できなくなったのかも。どうしてもそんな気分になったら家族のペットとして迎え入れてからなら無罪になるかもしれないのでお勧めです
<ネタ元:My way.com

投稿者 ono takuya : 14:43 | トラックバック

2007年08月10日

■犯行の最中に寝落ちしちゃった泥棒

Dozy burglar nabbed with loot
 ノルウェーからのニュース。泥棒を成功させたまではいいが、睡魔に勝つことができず、逃亡の最中にうっかり眠ってしまった泥棒が捕まりました。どうも泥棒には成功、車も盗んで逃走するつもりだったらしいのですが、ハンドルを握ったままぐうぐう寝てるところを不審に思った通行人に通報され、警察に捕まってしまったようです。警察の報告では後部座席には盗んだと疑われる品が満載だったとか。そこまでは良かったのにね...
 Haugeland and Sunnhordland警察の発表では、犯人の名前は明らかにされていませんが年齢は42歳。警察のハラルド・アーサさんは以下のようにコメントしました。「仕事中に居眠りしてはいけませんね」確かに
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 15:58 | トラックバック

2007年07月27日

■上司のお茶に小便を入れたメイド、逮捕

Maid jailed for urine beverage
 中国からのニュース。メイドさんが自分のボスに尿を薄めてコップ一杯出したとして逮捕されました。まじめにソースを直訳すると29歳の女性は、「毒、もしくは他の破壊的有害物質を投与したこと」を認めたそうですが、尿は肌のトリートメントで、誤ってコップに入ってしまったと主張しているそうです。嘘つき!
 さて、気になるのは、上司がこの尿を飲んだかどうかなのですが、どうも匂いをかいだ後で怪しいと思ったらしく、それを飲んでみろとメイドに命令したそうです。ピンチのメイドは仕方なく自分でそれを飲んだそうです...おバカ...それなのに結局通報され、香港の法廷により投獄。罪状は6日間だったそうです。未遂でもだめなんだね。「毒物」だもんね。
 うちの職場はお茶とかインスタントコーヒーとかセルフだから大丈夫だな、って話をしてたら女の子が「でもお湯はジャーポットだからどうにでもなりますよ(笑)」だって。恐えぇぇぇ.....
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 12:51 | トラックバック

2007年07月24日

■泥棒と被害者、本屋でばったり

Victim and thief meet again at bookstore
 アメリカはアリゾナ州、プレスコットからのニュース。59歳になる女性がクレジットカードを盗まれた上に不正に使用をされたので、このことでお店へ抗議に行ったところ、なんとカウンターに盗んだ犯人が偶然訪れ、すぐに逮捕されるという事件がありました。
 この女性、盗まれたカードで覚えのない請求が来たため、抗議するためにヘイスティングス・ブックスアンドミュージックへ出かけていきました。ちなみにDVDに200ドルが支払われていたそうです。カウンターで女性がその話をしている最中に一人の男性がカウンターにやってきて、その店で買った8枚のDVDを返品したいのでお金を返してほしいと言い出したそうです。店の奥からマネージャーが両者の話を聞きに来たところで、すべてが解決。男性は盗んだカードで買ったDVDを返品して現金に換えようとしたんだな。だけどそのことで文句をいいに来ていた女性が偶然隣にいたのが悪かった。
 マネージャーのコメント:「DVDのレシートを見て、隣に来てる年配の女性を見て、女性の隣に立っている男性の方を見て、一言こう言ったんです。”解決しましたよ”ってね。」
 男性は急いで店を出たもののすぐに警察が駆けつけ逮捕。22歳のこの男性は盗んだクレジットカードを使ったことを認めたそうです。食品雑貨店やウォルマートで合計716ドルを使ったとか。あほだのう.....
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 15:15 | トラックバック

2007年07月15日

■ニセ警察官、誤って本物に声をかける

Fake cop stops real cop, gets shock

 アメリカはロングアイランドからのニュース。警察官になりすました男性が他人の車をとめて職務質問(笑)しようとしたところ、声をかけたのが本物の警察ですぐにばれた、という事件があったそうです。
 男性の名前はロバート・レーン25歳。彼は自分のSUVに警察のようなライトをつけ走行。自分の車を遮ったとして男性の車をとめさせ、警察のバッジを見せてきたのですが...相手はその日非番の本物の刑事だったのでした。こいつは怪しいとすぐに思った刑事さんはその場でサフォークの警察に通報。すぐに捕まったそうです。何やってんだか...
 そういえば以前日本にもいましたな。こういう人。
制服で巡回のニセ警官逮捕
↑の場合は、冬なのに着ていた制服が春秋用だったのでばれたそうです。つめが甘かった。
関連:スタバのコスプレでスタバに行ってみる(デイリーポータルZ)
<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 11:30 | トラックバック

2007年07月02日

■おバカ999コール記念日70回目

70 years of stupid 999 calls
 とことんバカな理由で救急車を呼ぶやつらが多いイギリスのニュースです。イギリスでは今年で70回目を迎えるという「バカな999コール記念日」を祝った(?)そうですよ。そんな記念日があるとはね。
 さてさて、消防車、救急車、警察を呼ぶための番号はイギリスでは999なのですが、イギリスに999コールが始まってから、初めていたずらの電話をしてきたのが1937年の6月30日、これが最初の記念日なんだそうです。以来70年間、悪ふざけと時間の無駄遣いの歴史が始まったわけです。この記事に書かれているそのくだらない999コールの壮大な歴史の一部分を紹介させていただきましょう。
・クロスワードのヘルプを頼む
・シャンプーが目に入ったから
・ピザの注文を頼んだ
・バッテリーが動かないと苦情
・テレビのリモコンに手が届かない(老婦人)
・電信柱にとまっているフクロウの調査
いいですか、どれも消防・救急・警察を呼ぶ番号999にかかってきた電話です。まったくもう...。
 イギリス全土では1週間に56万件の999コールがあるのですが、この内の40%(約22万件!)がいたずらか時間の無駄のどうでも良い案件なんだそうです。それにしても40%って...当局ではこういう記念日を宣伝することで、国民にこういった電話の自重を呼びかけているそうですよ。
 イギリス人は体を張っていたずらするのが大好きなのか、ただのバカなのか。だんだんわかんなくなってきたなあ...
関連:無茶な理由で救急車を呼ぶ人たち
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 21:23 | トラックバック

2007年06月22日

■囚人、刑務所の料理がおいしいので出所拒否

Prison food too good to leave
 インドからのニュース。刑務所の料理が余りにおいしくてヘルシーなので、収監されている囚人が出所を拒否しているよ、というお話です。待遇良過ぎだろ!
 現在バンガロールにあるParappana Agrahara:パラッパナ・アグラハラ刑務所には、規定人員の2倍以上にもなるという4700人が収容されているそうです。地元の新聞によると、現在彼らは年齢を偽ってまで入所しており、保釈のための出所を願い出ることを拒否している、とのこと。この刑務所にはISKCONこと「インターナショナル クリシュナ コンシャスネス」、国際クリシュナ意識協会が食べ物を提供しており、今年の五月から菜食主義による食事を出しているそうなんです。これによると、昼食と夕食にはあつあつのお米に2種類の野菜、サンバーと言われる豆料理、それにバターミルクが出るんだとか。また、祝祭日のほか週に一度はデザートが出るんだそうです。この30年の間に20回も強盗で逮捕されたというラージャ・レディ氏曰く、
 「一日に3回、栄養価の高い食事が提供されているというのに、なぜわざわざ外へ犯罪を犯しに行かなければならないのですか?」だってさ。なんつーか外に出る=悪いことをするという認識をまずなおせよおまいら。捕まるたびに食事が悪くなるとかそういうルールにしたほうがいいんじゃないの?
参考:インド料理(wikipedia)
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 19:17 | トラックバック

2007年06月13日

■武装強盗、武器はメカジキ

Australian attacked with swordfish snout

 他に武器はなかったんでしょうか。オーストラリアからのフィッシャーマンなニュース。今週の水曜、クイーンズランド州バンダバーグにおいて、とある男性のトレーラーハウスに男二人組が侵入してきてこの男性を襲って行ったのですが、その際の武器がメカジキの鼻だったと被害者は証言しているそうです。メカジキて...あんた...この男性は腕や背中に傷を負い、警察を呼んで救護隊員に治療をしてもらったそうです。とがったギザギザのメカジキの鼻だったと言ってますが、本人が希望を取り下げたので、警察の方も現在は特に調査してないそうです。
 ↑がメカジキなんですが、こんなもんで刺されたら確かに致命傷になりかねませんなはっは
 ...もう一度言うけどなんでメカジキ?オーストラリアだから?
参考:カジキ類(wikipedia)
<ネタ元:Oddnews-AP

※追伸?
その後AFPでも同じニュースが報道されているのですが、こっちのソースによると、凶器に使われたのは「ノコギリエイ」だってよ。swordfish:メカジキとsawfishノコギリエイ。確かにスペルは似てるんだけど...どっちなんだよ!いや、どっちにしても面白いんだけど...
↓AFPのソース記事
Australian robbers attack man with sawfish snout

投稿者 ono takuya : 12:41 | トラックバック

2007年06月12日

■強盗、おかんに耳をつかまれしょっぴかれる

Robber caught - by mum
 おかんは強し、という感じのチェコからのニュース。ファーストフード店を狙って犯行を重ねていた武装強盗が、犯行の際に自分の母親に見つけられ、そのままお母さんに耳をつかまれて警察まで連れて行かれるというまるでマンガのような事件がありました。プラハからのようです。捕まったのは20歳になるマイケルさん、見つけたのはそのお母さんのKatka(読みは...カカ?)さん44歳。お母さんが捕まえた場所はマクドナルドだったそうです。警察曰く、「彼は抵抗する様子もなく、一連の強盗事件の容疑を認め、供述しました。」また、こうもコメントしています。
 「捕まえるのが我々だったら、ああもうまくはいかなかったでしょうね」
 かあちゃん... ( ゚д゚)
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:43 | トラックバック

2007年05月25日

■食堂のサラダドレッシングに精液を混ぜた学生

Salad dressing semen spawns trouble
 アメリカはシカゴからのニュース。学校の食堂からサラダドレッシングを持ち出し、自分の精液を混ぜて戻すという身の毛もよだつ犯罪を行った17歳の学生に審判が下されました。750ドルの罰金と2年間の奉仕活動だそうです。いいの?その程度で!
 デュペイジ裁判所のテレンス・シーン判事が下したものなのですが、犯人は17歳の学生マルコ・カストロ。罪状は上記の通りで、学校側への謝罪の文章と、2年間の執行猶予が確定。シーン氏曰く、
 「これはもうバカの限度を超えています。あなたが2年間の間にもう一度チャンスを与える価値があると見せてくれたなら、そうしましょう」とのこと。彼は昨年の12月6日、学生食堂のドレッシングを持ち出し、洗面所で射精してから戻したという内容で、治安紊乱(びんらん)行為の罪で逮捕されておりました。カストロ君についた弁護士曰く、
 「彼はもう十分苦しみました。最終学年の単位を逃し、自身とその家族が甚大な恥をかいたのですから」
 食堂を利用した人から病気などの報告は受けていないということですが、もし自分がそんなドレッシングを使ってたらと思うと...
 殺せ!生きて返すな!kill kill kill kill kill kill.......
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 12:35 | トラックバック

2007年05月16日

■強盗直後にビールで乾杯→逮捕

Bank robber caught with beer
 もう一件、おバカ強盗のニュース、アメリカはフロリダ州からです。銀行強盗を成功させた犯人が、すぐ向かいのレストランでビールで祝杯、当然すぐにばれて捕まるという事件がありました。何から突っ込んでいいやらまったくもう...
 とあるショッピングセンターの中に開店していた銀行、「バンク・オブ・アメリカ」に強盗が入りました。犯人の名前はジェームス・テイラー。彼はキャッシャーにおとなしく金を出せというメモと拳銃を提示。強盗はまんまと成功し、テイラーは金を手にして銀行を後にしました。彼はこの後すんなりと銀行を出て行き、車で駐車場を出ると何とショッピングセンターの道路を挟んで反対側にあるレストランに向かい、シャツを着替えてレストランでビールを頼んだのです。しかし、銀行でこの男の後ろに立っていた客が異変に気づき、犯人の行動を追っており、レストランにいることがすぐに通報され、まもなく犯人は逮捕。ビールを飲み干せたかどうかは明らかになっていないということです。ビールくらいもうちょっと我慢しろよ。

<ネタ元:Metro.co.uk

投稿者 ono takuya : 13:31 | トラックバック

■警察署に進入した泥棒、オートロックで閉じ込められる

Burglars baffle police
 ニュージーランドからのニュース。警察署に泥棒に入ったのですが、うっかり独房に入った隙にドアのオートロックが作動、困った泥棒が何とかイスを投げつけて窓を割って逃げるという事件がありました。ちなみに盗まれたものは何もないそうです。何しに来たんだろ?つーか泥棒にすらなってないなこれ。あまりのてきとうさに、地元警察も困惑しているとか。
 泥棒に入られたのはマタマタ警察署。窓から侵入したようなのですが、独房に入った際に上記の通りうっかりドアを閉めてしまったようで、オートロックにより閉じ込められてしまったもよう。仕方なくイスで窓を破壊して逃げ出したようなのですが...以下、警察のコメント。
 「我々にはまったく意図がわかりません。独房には当時誰も拘留されていませんでした。銃火器や警察の道具など、何も持っていかれていません。制服も盗まれていませんし、署内で壊されたものも特にありません。3人が勤務していましたが、署には誰もいませんでした。」
 まったくもって意味不明。どうせネタにするならオートロックで閉じ込められたまま見つかってくれなくちゃ...困った人たちだ
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:23 | トラックバック

2007年05月13日

■自宅がいやで逮捕してもらった男性

Italian prefers prison over his mother's arguing
 イタリアはシチリアからのニュース。自宅での母親と継父のいさかいに絶えられなくなってしまった男性が、刑務所に入れてくれるよう警察に頼むという事件がありました。この男性はマルチェロさん24歳。海賊版CDの販売で彼は自宅謹慎処分にされており、無断で家から出ると逮捕されてしまう立場にあったのですが、家での争いに巻き込まれるくらいなら逮捕されたほうがましと判断、警察に電話して家を出たそうです。
 警察がマルチェロさんを逮捕しに駆けつけると、彼は「会えて幸せです」と言ったとか。イタリアの夫婦喧嘩は刑務所よりもひどいということでしょうか。つーか自宅謹慎になった彼の自業自得という気も。これも刑罰の一つですなはっは
<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 16:55 | トラックバック

2007年04月29日

■恋人に会いに行く度に車を盗んでた男

Police say man was love-struck thief
アメリカはカリフォルニアからのニュース。毎回車を盗んでは乗り捨てていた男がついに捕まりました。その数なんと26台にものぼるのですが、犯行の理由が
「彼女に会いに行くのに車が無かったので」って...
犯人の男性はアントニオ・モレノ31歳。捕まったときは1987年式のトヨタカムリに乗っていたそうです。彼が住んでいるのはイングルウッド、恋人がいるのはサンタバーバラ。地図で見た感じではその間100〜120kmくらいですかね。今年の一月からの犯行とのことですが、どうやら犯人は特定の年式の日本車を動かすことのできる道具を持っていたようです。盗まれていたのは主にトヨタ・カムリとニッサン・セントラ。ほほう、そんな便利な道具があったとは...
それにしても無茶な泥棒だな。ある意味カーシェアリングとしてエコロジーの最先端を行ってると言えなくもないが...
関連:おバカ車泥棒
車泥棒と知らずにみんなが運転のアドバイス
ヌードで気をひいた隙に車泥棒
盗んだ車は修理中、ブレーキがきかず激突
盗んだ車がマニュアル車で運転できなかった泥棒
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 16:14 | トラックバック

2007年04月25日

■夜中、銀行に馬と侵入した男性

Drunk man parks horse in German bank
ドイツからのニュース。深夜、酔っ払った男性が馬を連れて銀行のロビーに侵入し、朝まで寝ていて通報されるという事件がありました。場所はヴィーゼンブルクのとある銀行。通報されたウルフガング・ハインリッヒ氏(40)は、前日馬を連れたまましこたま飲んでしまったため家まで帰れなくなり、馬をどこかにつないで一休み...と思ったらしいのですが、つなぐ杭が見当たらず、一緒に銀行のロビーに侵入して朝を迎えてしまったということのようです。↓がその写真。朝一で来た顧客も入り口で馬と寝ている人が占拠しててびっくり、あわてて警察を呼んだようですね。写っている馬は6歳になるサミー君。特に警察からのお咎めはなかったようです。以上、ドイツから酔っ払いのある風景でした。

<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 12:28 | トラックバック

2007年04月18日

■投光機のスイッチをつけて気付かれた泥棒

Burglar's light hands
はい、ドイツからのニュース。深夜スポーツクラブに侵入した泥棒が、懐中電灯を忘れてきたので明かりのスイッチをつけたらそれが屋外投光機のスイッチで外の競技場がびかびかに明るくなり、近所の通報ですぐに警察が駆けつけて逮捕されるという事件がありました。
犯人はヨハン・スターク(46)。アーヘンのフットボールクラブに深夜3時に忍び込んだのですが、彼が最初につけたスイッチが外の投光器だったと。警察によればスプリンクラーのスイッチも入っていたそうです。ところかまわずスイッチオンしたな(笑)
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 21:58 | トラックバック

2007年04月15日

■万引き女性、警官に母乳噴射で逃走

18歳の少女が警官に向けて右の乳頭を露出させ、母乳噴射で逃げようとする
なんでも評点さんですごいニュースが報じられてます。イギリスからのニュース。ロンドンの南西にあるリッチモンドの靴店で、女性が靴を持ち逃げしようとしたところに警官が到着したのですが、犯人の女性は何を思ったか乳房を露出させ警官に向けて「母乳噴射攻撃」を決行、警官がひるんだところを逃走しようとしたのですが...。やっぱりつかまったそうです。母乳を顔などに浴びせたことで、彼女は公務執行妨害の罪に問われているようですね。それにしても斬新な手段...人間は着々と進化の道を歩んでいるのですね
<ネタ元:なんでも評点

投稿者 ono takuya : 13:47 | トラックバック

2007年04月07日

■覗き魔、はしごを置き忘れ御用

Peeping Tom leaves ladder behind
アメリカはウィスコンシン州からのニュース。アパートの2階の窓をはしごを使って覗き見していた男を現在警察が捜査中とのことです。ただし、犯人はとても大事な証拠、”はしご”を置いていったので、捕まるのも時間の問題かと。
マット・エジャートンさん(24歳・注:男)が先日の朝、ベッドルームの窓の向こうに人影を感じ、調べに行ったのです。カーテンを開けたとたん、窓のすぐ外に男がいたとか。マットさん曰く「私の鼻はほとんどガラスにくっつくほどだったよ。そいつの顔はすぐそこにあったんだ。まるでホラー映画みたいだったよ。」とのこと。この男はびっくりしてあわててはしごを降り、逃げて行ったそうですが、肝心のはしごが置きっ放しだったと。マットさんは「はしごを押し倒してやろうと窓を開けようとしたけど間に合わなかった」とコメントしています。
つーかなんで男の部屋を覗くかな。リサーチ不足...いや推奨はしないんですけど
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 16:40 | トラックバック

2007年03月21日

■泥棒、牛にブーツを履かせて連れ去る

Rustlers gave cows wellies
ルーマニアからのニュース。牛を盗みに来た泥棒が、牛の足跡で追跡されないようにと、牛にゴム長靴を履かせて連れ去ったのですが、ついてきた豚には何もしなかったため結局足跡でばれるという事件がありました。場所はMehedintiのBurila Mare(読めない...)だそうです。深夜に3人の男がとある女性の厩舎(きゅうしゃ)に進入、牛に長靴を履かせて連れ去ったようですね。朝になって気づいた女性が警察に通報。以下、女性のコメントです。
「私が朝起きて、動物に餌をあげに行ったら、誰もいなかったわ。本当に、消えてしまったの。外には靴の跡だけが残っていたわ。だけど近くでよく見ると、豚の足跡が残っていたの。豚の分まで靴が足りなかったのか、豚につけるものが見つからなかったのね」
結局警察はこの豚の足跡を手がかりに犯人を追跡、見事3人の泥棒は捕まった、というお話。牛に長靴...ってのは新しいね!見た目もすごくシュールだったでしょうな
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:10 | トラックバック

2007年03月13日

■知らない男が裸で寝ていた件

Naked intruder found asleep on couch
アメリカはカリフォルニア州、コスタメサからのニュース。とある女性宅で、女性が朝起きてきたらソファーで裸で寝ている不審者を発見、すぐ警察に通報して逮捕されるという事件がありました。男性は二日酔いで毛布をかぶって寝ており、どうも派手に酔っ払った挙句自分のうちと間違え侵入してそのまま寝てしまったということでしょうか。この男性はマイケル・ボニー36歳、警察は不法侵入と公然わいせつ罪で男性を逮捕。保釈金には25万ドルが課せられる予定だそうです。ほんとにもう何やってんだか...
どうして人間って酔っ払うと服を脱ぎたがるのかね。いや管理人も朝起きたら裸で寝てて周りに昨日着てた服がなかったときには戦慄を覚えましたけどね
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 13:46 | トラックバック

2007年03月11日

■刑務所のバスルームからダイヤ、やっぱり盗品

Stolen diamond found in prison bathroom
監獄系ニュースが続きますが、カリフォルニアからのニュース。2005年に25000ドル(約300万円)のダイヤモンドを盗んで捕まった犯人がいたのですが、盗んだはずのダイヤが見つからず2年が経過、最近になって、ついに刑務所のシャワー室の排水溝にあるのが見つかったそうです。犯人は39歳のブレット・アレン・ラングフォード。ジュエリー・エクスプレスという宝石店で2カラットのダイヤを見せてくれるよう店員に頼んだ後、そのダイヤを掴んで逃走、逮捕されていたのですが、盗んだはずのダイヤが見つからず裁判が続いていたそうですよ。シャワー室の配管を探せといったのは盗んだラングフォード本人。今までは刑務所を移動になるたびにダイヤを飲み込んで持ち運んでいたらしいのですが、ある日突然の検査が入ったためダイヤをシャワー室に放り投げたら配水管に落ちていってしまったというオチ。拾えないとあきらめたのか、一種の司法取引なのかはわかりませんが、次回の公判の際にこのダイヤは証拠品として提出されるそうです。
ちゃんときれいにしてお店に戻されるらしいよ。ウンチまみれに何度もなったこのダイヤ...誰か買うかな?
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 13:31 | トラックバック

■看守がテレビに夢中→囚人逃亡

Prisoners escape during Champions League clash
ルーマニアからのニュース。刑務所の看守がサッカーのチャンピオンリーグ観戦に夢中になっている隙に囚人が脱獄するという事件がありました。場所はクライオヴァ刑務所、脱獄したのは5人の囚人で、やっていた試合はレアルマドリッドとバイエルンミュンヘン。彼らは金属のこで1階窓の鉄格子を切り取ったようです。音がばれないように自分たちのテレビもボリュームを上げ、ハーフタイムの直後にはもう脱走していたとか。ただし逃げた囚人たちはすぐにばれ、30分ほどでまた捕まってしまったようですね。
みんなサッカーが大好きなんだということがよくわかったね。
関連:脱獄する人たち
40mのトンネルを掘って脱獄
ダイエットして脱獄
双子が入れ替わって脱獄
脱獄したが出会い系に写真載せばれる
トンネルを掘ったが出口が敷地内だった
バスの下に張り付いて脱獄
双子が服を着替えて脱獄
脱走後刑務所に戻るも門前払い
賛美歌を歌ってのこぎりの音を消す
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:27 | トラックバック

2007年03月07日

■チャックが開いていて隠してたマリファナがばれる

Unzipped fly leads officers to pot stash
アメリカはウィスコンシン州からのニュース。ニュースソースを以下原文直訳です。
”悪いことに、誰も彼のズボンのチャックが開いていると教えてくれませんでした。22歳の男性は、下着に麻薬を隠していたとして薬物不法所持で逮捕されたのです。”だってさ。
この男性、乗っていた車が溝にはまって動けなくなっていたところを警察に見つかったのですが、ズボンのジッパーが開いていたため、服に何かあるのかと尋ねたところ下着の中からマリファナとパイプが見つかったのだそうです。もちろん速攻で逮捕とのこと...お粗末。
ズボンのジッパーはちゃんと上げておこうねというよい教訓になりましたね。いい奴も悪い奴も、身だしなみは大事なのよやっぱ
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 16:29 | トラックバック

2007年02月28日

■指で銃の振りして強盗、すぐばれて捕まる

Bank robber nabbed 30 feet from bank
アメリカはネバダ州からのニュース。65歳のおじいちゃんが銀行強盗に入ったのですが、銃がないもんだからポケットの中で手をピストルの形にして拳銃のふりをアピール。当然すぐにばれて駆けつけた警察に取り押さえられるという事件がありました。ほんとにもう何やってんだか...
エアギターならぬエア拳銃とでも言うんでしょうか、この犯人はキース・ウッダールさん。強盗に入ったのはエルコのグレート・ベースン銀行です。警察もすぐに現場に到着、銀行から30フィート(約9メートル)も行かないうちに捕まってしまったようですが、生活が苦しかったのか、「ただ刑務所に戻りたかったんです」とコメントしているとか。なんかMr.ビーンでそういうシーンあったよね。冗談でピストルのふりして胸のポケットに指を入れたら警察に追いかけられ、「武器を床に置け」といわれて仕方なく銃の形にした指を床に置いていましたな。同じぐらい間抜けです...
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 14:27 | トラックバック

2007年02月23日

■抱きつきおばさんスリ現れる

Police warn men about 'Hugging Bandit'
アメリカはバッファローからのニュース。酔っ払った男性を狙い、突然抱きついてきては財布を抜いて去っていくという「ハグ強盗女」による被害が深刻化、警察が注意を呼びかけているそうですよ。親しげに近づいてきては男性に何かを話しかけてはハグ、その後彼女が去ったときには財布もなくなっているというそうですよ。なかなかのやり手らしく、深夜の2時から4時の間に現れ、盗んだクレジットカードは直後に使われてしまうとかで、気づいたときはもう遅いという話。
一番最近の犯行は先週の日曜、体格のがっしりした女性が男性にセックスの話を持ちかけてきたのですが、男性が断ると、ハグをしていなくなったと。当然財布はすられた後。水曜日に警察は容疑者と思われる女性の写真を含めていくつか写真を見せたのですが、男性曰く「酔っていてよく覚えていない」。警察側では以前窃盗などの容疑で何度も逮捕された経歴のある、とある女性が犯人ではないかと目星はついているのですが、それによると女性は48歳だとか。そんなのに抱き付かれてもぜんぜんうれしくないヨ...いや、若いならいいのかって問題でもないが
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 13:40 | トラックバック

■逃亡中の強盗、トイレに落ちる

Robber up to his neck in it...
ルーマニアからのニュース。Moara Vlasieiという(読めない...orz)で、10代の女性に対し強盗をはたらいた男性が警察に追われて逃げたのですが、トイレの下水槽に落ちてつかまる、という事件があったようです。犯人は30歳代の男性で、警察に追われた彼は2,3のフェンスを越え、民家の屋根に登ったりしながら逃亡したのです。その後犯人は一時的に隠れるために民家に侵入、トイレに潜んでいました。しかしそこの住人である老婦人が夜中トイレにやってきて犯人を発見。慌てて逃げようと泥棒が走り出した瞬間、なんとトイレの床が崩落。彼は下水槽へまっさかさまに落ちてしまったそうです...以下、警察の発表。
「それはあまりにも臭い仕事でした。我々は彼をきれいにしてやらなければならず、新しい服を与えなければ話もできなかったのですから」
それにしてもトイレの床が抜けるってありかよ。強盗にあった女性も、盗んだものを返してほしくなくなったと思うの
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:36 | トラックバック

2007年02月13日

■空港の搭乗検査でパンツまで脱ぐ男

Tourist lands in court after dropping trousers at Manila airport
フィリピンはマニラからのニュース。マニラの国際空港で、X線検査のところをズボンを下げて通過した男性が逮捕されました。捕まったのは66歳のハンス・ジャーゲン・オスカーさん。X線検査に引っかかって2回歩かされたときに、思いあまって他の乗客もたくさんいる中でズボンを降ろしてしまったようです。ドイツから来ていた方らしく、フランクフルトまで乗っていく予定が、警察に拘留されてしまいました。罪状は「危機・スキャンダル・好色の行為」だそうで...。日本だったら笑われて終わりのような気がするのだが。フィリピン的には最長で懲役2年を課せられる可能性があるとか。みんなもフィリピンに行った時は人前でズボン降ろさないでね!だれだお前だけだとか言ってるのは

<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 13:21 | トラックバック

2007年02月08日

■スキーのゴンドラで脱いだ人、捕まる

Man accused of being nude on ski lift
スキー場のゴンドラリフトの中で服を脱いで裸になった人がつかまりました。どうにも微妙だな...
アメリカ・バーモント州はブラトルボローからのニュースです。捕まったのはストラットンマウンテンリゾートのスキー場でゴンドラに乗ったウィリアム・N・バレット(46)さん。目撃者によると、ゴンドラの中で裸になったウィリアムさんは、降りるときには服を着ており、無罪を主張しているとか。天気が良かったのでジャケットやシャツを脱いだといっているのですが、どうもマリファナを不法所持していたらしく、合せ技で逮捕。天気が良くて気持ちよかったのは何となくわかりますけど(笑)
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 16:29 | トラックバック

2007年02月07日

■乗って帰ったのが他人の車だったお母さん

Woman uses daughter's key to 'steal' car
お母さんが娘から車のキーを預かり、娘の車で帰ってきたのですが、実はそれがまったく違う他人の車だったという事件がありました。オハイオ州からのニュース。この日ケイト・アンダーソンさんは娘の車を拾って帰ることになっており、鍵を預かり、オハイオ大学の建物の近くに止めたというニッケルグレイのトヨタカムリをみつけ、普通に鍵を開けてエンジンをかけ、自宅まで乗って帰ってきたのですが、実はこれが赤の他人の車。持ち主のチャーリーさんは授業が終わって帰ろうと思ったら車が無くてびっくりです。最初レッカーされたと重い警察に向かうも記録が無く、窃盗の届出を出すはめに。一方娘も戻ってきた車が自分のカムリではないことにびっくり、車の中の書類を調べてチャーリーさんを特定、大学に連絡を取って一件落着したそうです。
どうも車が20年ぐらい前の型では鍵のバリエーションに限界があり、まれにまったく同じ形の鍵が存在してしまうという現象ががあるそうです。しかも今回はそれが偶然同じ敷地内にとまってしまったという。すごいですね。お母さんのケイトさんは無意識で車の窃盗犯になってしまったわけですが、あまりに特異なケースなのでおとがめはなしのようです。
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 12:45 | トラックバック

2007年02月06日

■刑務所から脱走した男、戻るが入れてもらえず

Prison turns away escaped convict
ベルギーからのニュースです。脱走した囚人が心を入れ替えて刑務所に戻ることにしたのですが、身分証明証がないからと門前払いになる、という珍事がありました。強盗と薬物取引で収監されていた24歳のハキムは、先月医者に診てもらうことでガンという町の刑務所を出た際に脱走、警察でも捜索に入っていました。
彼の事務弁護士、ナタリーは彼に会い、出頭するように説得。納得した彼は弁護士と一緒に刑務所まで出向いたのです。しかし、刑務所側はハキムさんの身分証明書を示すよう要求、そんなもの持っているわけない脱走中の彼は要求にこたえられず、書類を持ってまた来るようにと返されてしまったんだって。なんだかなあ。刑務所の発表によると、(書類がないので)我々は彼を特定できませんでした。間違った人間を監禁してしまったら、スキャンダルになるでしょう?」とのこと。どうも脱走した刑務所と違う刑務所に連れて行ったのもトラブルの原因のよう。それにしても囚人が門前払いって...
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:33 | トラックバック

2007年02月02日

■犯行現場に入れ歯を落とした男、逮捕

Thief caught by false teeth
世におバカ犯罪の種は尽きまじ、ということでポーランドからのニュース。車からカーステレオの機材を盗んだ犯人が、犯行現場に自分の入れ歯を落としていったためにすぐに犯行がばれる、という事件がありました。ポーランド北西、Czarna Dabrowka(読めない...orz)での事件で、犯人はヴォイテックさん54歳。記事によると「総入れ歯」とのことですが...どうも車に進入後すぐに警報装置が鳴り出したため、あわてて逃げ出した時に落として行ったようですね。当然こんなものが残ってれば歯医者なんかを調べれば持ち主は一目瞭然。ヴォイテックさんは即逮捕ということです。いればの落し物には気をつけなければね...!

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 15:01 | トラックバック

2007年01月30日

■きれいなパンツがないとキレて下着に火をつけたら家事に

Husband's underpant tantrum destroys home
クロアチアからのニュース。ザグレブの近くに住んでいる男性が、「ひとつもきれいなパンツがないじゃないか」と汚れたパンツしかないことにキレてパンツを全て庭に投げつけ、火をつけたのですが、これが延焼して家が火事になる、という本当におバカな事件がありました。
男性はイェルビッチさん55歳、クローゼットの中に古いパンツしか見つけられず、ついかっとなってしまったそうです。警察の調べに対し、「家内は何もやっていません。私が正気を失ってしまったのです」とコメント。結局パンツの炎が延焼して家は全焼。何をやってんだか...ちなみにイェルビッチさんは家族を危険な状態にあわせたということで、最高懲役8年が科される可能性があるそうですよ。火事の原因がパンツって、保険屋さんも困るよねこういうのぷぷぷ
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:37 | トラックバック

2007年01月29日

■酔っぱらった男、電車によじ上ったら動き出して連れて行かれる

Drunk man goes for unexpected train ride
アメリカはノースダコタからのニュース。ダウンタウンを横切る形で停まっていた電車に、よじ上って反対側に行こうとした酔っぱらいの男性がいたのですが、よじ上ったところで電車が動きだし連れて行かれるはめに。寒さで死にそうと思ったのか、携帯電話で救助を要請するという事件がありました。電話をかけたのはファーゴの西、キャッスルトンのところだそうです。それから2、3マイル電車が進んだところで車掌に連絡、なんとか電車を停めることができ、男性は無事に降りられたそうです。おとなしく電車が行くのを待ってりゃ良かったのに...おバカ...
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 11:15 | トラックバック

2007年01月20日

■GPSを盗んだ泥棒、すぐ居場所がばれる

GPS devices lead to suspects' home
アメリカはリンデンハーストからのニュース。GPSの信号発信機を装備した装置を盗んだ泥棒が、当然その機械で居場所を測定されてすぐ警察に捕まるというトホホな事件がありました。月曜の夜にバビロン社の倉庫に忍び込んだ泥棒が携帯電話だと思って14台の機械を盗んだのですが、実はこれ、作業用の自動車などに取り付けてその位置を知らせるためのGPS装置。当然、盗まれた直後にその機械の位置情報を調べるとある民家から信号が発信されており、あっというまに御用。よりによってGPSの発信機を盗むとは...
犯人はスティーブン(20)他2名。ちなみにバビロン社では今年に入ってからすでに300台のダンプや除雪車、街頭清掃車などにこの発信機を取り付けているそうです。なるほど、出先でサボってるやつはいないかというチクリマシンな訳ですな...私の職場の車には絶対に導入しないでくださいマジで。
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 13:28 | トラックバック

2007年01月12日

■逃げた強盗、隠れた先は警察だった

Burglary suspect picks bad hiding place
アメリカからのニュース。シラキュースのオノンダガ湖郡刑務所へ運搬される途中だった強盗容疑者が、パトカーから逃げ出し逃走したのですが、その後隠れた場所が不運だったという話。強盗容疑で搬送途中だったのは33歳の男性ブライアン・バレンチノ。一瞬の隙をついてパトカーの後部ガラスを蹴り開け、手錠をつけたまま逃走、付近の建物に逃げ込み、廊下を走ってドアの後ろに隠れていたのですが....何とも運の悪いことに彼の隠れていたのは郡保安官の事務所本部。保安官事務所のトレードマ−クであるドアにつけられた大きな黄色い星のマークにも気がつかなかったようです。こんなわかりやすい「飛んで火にいる...」もないもんだと思いますけど、当然即逮捕。脱走の追加容疑もおまけでつくはめになったということです。目が悪かったのだろう。きっとそうだろう。みんなもこういう時のために眼鏡の度は合わせておいた方がいいと思うよ
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 19:36 | トラックバック

2007年01月10日

■盗まれた便器元に戻る

Urinal returned to pub
このブログでは紹介していなかったんですが、先週の5日、イギリスのとあるパプで何者かに小便器がきれいに盗まれるという事件があり、なんでそんなもんを盗むのかと話題になっていたのですが、どうやらこの犯人、自首してきたようです。
男性用小便器が盗まれたのはサウサンプトンにある「ロイヤルオーク・パブ」。実は何度もトイレを出入りする犯人男性が防犯カメラに写されており、新聞でも話題になっていました。パブを経営するアラン・ドレジャ氏は「信じられないくらい上手に便器を壁から取り外し、水切りもしている。これはプロの仕事だ」とコメント。その犯人が注目されていたのですが...。
42歳という犯人は現在のところ名前が明らかにされておりませんが、便器を盗んだ理由は「記念品にしたかった」って何の記念だよ!!便器が戻ったことに喜んだオーナーのアランさんはこの便器をパブに展示するなどとコメントしているそうです。やめた方がいいと思います。
犯人は注意を受けた、とソースには書かれていますが...それだけ?

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 22:12 | トラックバック

2006年12月14日

■グーグルアースで見つかるいたずら書き

Huge willy seen from space
イギリスからのニュース。無料で世界中の衛星写真などが見れる「グーグルアース」で、このほどストックトンのある学校の屋根にちんちんの絵がいたずら書きされていることがわかり、波紋を呼んでいます。
グーグルの衛星写真で発見されるまで誰も気がつかなかったみたい。どうも元生徒がかなり前にやったいたずらのようです。一人の元生徒によると、犯人の学生たちは週末に警備員に気づかれないようにフェンスを飛び越えて学校に侵入し、なんとか屋根に登ったそうです。で、みんなでちんちんの絵↓を屋根に書いた、と。すでに消されてしまったそうですが、グーグル上ではまだご覧のとおり。たぶん描かれたのはグーグルマップもない頃でしょ、きっと。誰のためにやったのかさっぱりわかりませんが、セックス教団ザインの信者でないのは確かなようです

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:51 | トラックバック

2006年12月11日

■万引き犯、ポケットが重すぎてズボンが脱げる

Overloaded Pants End Shoplifter's Escape
アメリカはインディアナ州からのニュース。万引きをした人が、あまりにポケットにものを詰め込みすぎていたために逃げようとしたらポケットの重みでズボンが落ちるという事件がありました。場所はインディアナポリスの北東、Lapelのバウアーズマーケットというお店。犯人は18歳の女性で、30分程店にいた後59セントのキャンディを買おうとした後お金が足りなかったので、帰ろうとしたのを、オーナーがキャッチ。彼女がポケットに商品を入れたのを見ていたため、オーナーは彼女を引き止め、警察を呼んだそうです。
警察が着くまでオーナーは女性の腕をつかんでいたのですが、到着したとたんに腕を振りほどいて女性が逃亡、しかし盗品を詰め込みすぎたズボンが重すぎて耐えきれず、足首まで一気にずり落ちてしまったのでした。おかげで女性は警察とオーナーにむき出しのお尻を見せるはめに。ポケットから出てきたのはジャガイモの皮むき器、アイスクリームさじ、それとセットの計量スプーン、2本のケーキを飾るジェルチューブと6本のロロキャンディーバー。ポケットにあんまりものをいれちゃいけないよ、と。いざというとき逃げられなくなるからね!
<ネタ元:davesdaily.com

投稿者 ono takuya : 17:06 | トラックバック

2006年11月30日

■ギターをパンツに隠そうとした男→ばればれで逮捕

Owner: Man tried to hide guitar in pants
アーカンソー州はドゥクイーンからのニュース。楽器ストアからギターを盗んだ男性が、ギターをズボンの中に突っ込んで持ち去ろうとしたのですが、服のふくらみが明らかにギターの形だったのですぐばれる、という事件があったそうです。舞台となったお店は71号線沿いの「ギターズアンドキャデラックス」。
オーナーのクリフトンさんは、店から出てピックアップトラックに向かう革のジャケットを着た男性の服が不自然にふくらんでいたので「おい、何を持っているんだ」と聞いたところ、男性は「何にも。」と知らんふり。クリフトンさんはギターの形をした不自然なふくらみを指し「何か持っているだろう」と問い詰めたところ、ズボンの中からギターが出てきたという。ネックの部分がひざの辺りまで突っ込まれ、ボディ部分は首の近くまできていたそうです。あ、そんな風に隠していたのね...
ギターを取り戻してその場は許してあげたそうなのですが、店に戻るとどうもワイヤレスのシステムがなくなっていることに気がつきました。まだ隠してたのかよ!ということで今度は警察に電話、無事に男性の自宅で盗まれた機材を発見できたそうです。犯人はモーガン・コナスター29歳。この人のおかげで、ギターは服に隠せないということがよくわかりました。本当にありがとう。
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 14:21 | トラックバック

2006年11月24日

■製氷車でバーガーキング、当然くびに

Midnight Zamboni run prompts firings
スケートリンクの氷を整備する製氷車のことをザンボーニと呼ぶそうなのですが、このザンボーニでこっそり夜中にバーガーキングのドライブスルーへ出かけた職員が発覚、くびになったそうです。アイダホはボイシからのニュース。アイダホ・アイスワールドというスケートリンクの臨時職員二人がやっちゃったようですね。夜中にものすごい音を立ててでかい作業車がドライブスルーに入っていったらそりゃばれるわな、と。施設のディレクター、ジム・ホールさんはかんかん。2度目はない、ということですぐ解雇に。「彼らは事態の深刻さをわかっていないようです。」
約800万円以上するというザンボーニも、1枚100万円以上するブレードも被害はなかったそうですが、公道を無免許の車両で走った、ということで告発される可能性があるとか。出かける途中、道路上もつるつるに整備していってくれたら許され...るわけないか。管理人の友人はリヤカーでドライブスルーに行ったことがあるそうだ。普通にポテトもどうですかと勧められたらしいよ。どんな車もオッケーなのね、ドライブスルー
関連:リンク内でザンボーニ暴走→逮捕
<ネタ元:Odd News - AP

投稿者 ono takuya : 12:49 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月15日

■飛行機でいちゃつくバカップルにテロ法適用

Mid-flight sexual play lands US couple afoul of anti-terrorism law
アメリカのとんだエロカップルがテロ法にひっかかって捕まっております。下手をすると最長20年の懲役もありえるとか。二人はカール君とドーンさん。ロサンゼルスを出発したサウスウエスト航空の機内でいちぃちゃし始め、フライトアテンダントの忠告も無視、告発文書によるとカール君は彼女の股間にも顔をうずめていたとか。乗客が不快だとして2度目に注意されると切れたカール君は「放っておかないとひどい目にあうぞ」とフライトアテンダントを脅迫。この辺が対テロ法と呼ばれる「パトリオット法」に引っかかったらしく、飛行機がノースカロライナのローリーに着くと、この二人は即逮捕。弁護士は男性が気分が悪かったので女性のひざに頭を置いていただけだと主張しています。いわゆるテロ法に抵触していれば最悪20年の懲役がつきそうだということなのですが...
とんだエロリストですねって万死に値するギャグを言ってるのは誰ですか

二人の愛の劇場となったサウスウエスト航空
<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 17:16 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月11日

■食い逃げの償いは皿洗いで

Teen who skipped tab made to wash dishes
アメリカはインディアナ州、バルパライソからのニュース。18.19ドル(約2000円)の勘定を払わずに食い逃げした19歳の少女に対して、裁判所が罰として刑務所の皿洗いを命ずる、という事件がありました。
裁判において、レストラン側が賠償は求めていないということだったので、裁判官のデイビッドは昔のテレビ番組を思い出し、皿洗いをさせようと思ったようです。当初事件のあったレストランでやらせようと思ったのですが、お店側がその子に戻ってきてほしくないと拒んだため、刑務所の厨房で皿洗いとなったようです。またそういう面白判決を...アメリカ人て...
参考:
ラーメン代の代わりにお皿を洗ってもいいですか? ByデイリーポータルZ
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 14:51 | コメント (0) | トラックバック

2006年11月03日

■泥棒が斧を持った警備員に追いかけられ警察に通報

Chased by ax-wielding guard, Polish burglar calls cops for help
ポーランドはワルシャワからのニュース。押し入った家で斧を持った警備員に追いかけられた泥棒が警察に助けを求めるという事件がありました。何やってんだか。名前の明らかになっていない25歳の男は、とある邸宅にトラックを停めて泥棒に入ったのですが、あっという間にセキュリティに引っかかってしまい、なんと手に斧を持った警備員が襲い掛かってきたのです。泥棒は家から逃げ出し、トラックで逃走しようとしたのですが、追っかけてきた警備員の斧に車を破壊され、逃げることもできなくなり、ついには警察に自分から電話をして「助けてくれ」と頼む羽目に。泥棒は現在頭部に怪我を負って入院中。また鬼のような警備員も「合法的な防御の境界を逸脱する」という嫌疑をかけられ目下取調べを受けているとか...斧で追っかけまわすなんて恐ろしい警備員だな。逆にこれぐらいの方が安心なのか...?
<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 16:25 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月18日

■おもちゃ屋オーナー、水鉄砲で銀行強盗

Toyshop owner robs bank with water pistol
もうタイトルだけでお腹いっぱいな感じのニュース。オーストリアからです。とあるおもちゃ屋のオーナーだった44歳の男性が銀行強盗に入ったのです。ストッキングをかぶり手にはおもちゃの水鉄砲をもって。カウンターにお金を出すよう脅迫したのですが、銃がプラスチックのおもちゃだと気付いた警備員が「これ以上の混乱を避けるために、その銃を渡しなさい」と要求。銃がおもちゃだとばれた犯人はおとなしく捕まったようですね。「おもちゃ屋が倒産して、こうするしかなかったんだ」と犯人は警察に打ち明けたようですが...おもちゃ屋なんだからさ、もっとリアルなエアガンとかもって強盗に行ってほしいと思ったりするのだが...水鉄砲て...
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 16:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月15日

■息子を誘拐する母親、4回目で逮捕

Woman "kidnaps" son four times for ransom
南スペイン、セビリャ市からのニュース。旦那から金をせしめるために、自分の子どもを4回も偽装誘拐した母親が、4回目でついにばれて捕まるという事件がありました。合計で100万ユーロ(約1億5千万円!)以上もせしめたそうです。犯人の奥さん(といっても途中で離婚したので元奥さん)には5人の共犯者がいたとか。さすがに4回目の誘拐のときに旦那も何か変だと思ったらしく、自分で私立探偵を雇って操作してもらったところ奥さんの関与が判明。どうみても気付くのが遅すぎです。慰謝料代わりにしても100万ユーロはちと高すぎたな
<ネタ元:Oddly Enough - Reuters

投稿者 ono takuya : 12:44 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月23日

■酔っ払い、自分の車に轢かれる

Angry drink driver runs himself over
アメリカはカリフォルニアから。酔っ払って車を運転していた男性が、何が気に入らなかったのか突然バイクの集団を車で追いかけ始め、挙句の果てには自分のとめておいた車に引かれるという事件がありました。この人は50歳の男性で、いきなり車に追いかけられたバイカーたちは二手に分かれて逃げたのです。そのうちの2台が道路から外れたところへ男性が車をとめ、ビリヤードのキューを持って襲ってきたのですが、車にブレーキをかけてなかったのか、動き出した車に自分が轢かれ道路に倒れこんだそうです。バイカーたちは危ないからと道路から引きずり出して助けてあげたとか。
男性は切り傷・擦り傷で病院へ。現在凶器使用と飲酒運転、暴行の嫌疑をかけられているとか。自分の愛車に轢かれるとは...あまりのだめっぷりに思わずため息。車もきっとわざとやったと思うよ、こんな持ち主いやだからねえ
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:37 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月22日

■車泥棒と知らずにみんなが運転のアドバイス

Samaritans unwittingly help in car theft
アメリカはアリゾナ州からのニュース。14歳の男の子が車を盗難、しかしマニュアル車なので上手く運転できずに通行人に助けを求めたところ、近くにいた通行人みんながよってたかって親切にアドバイスするというなんともあれげな事件がありました。警察の発表によると、都合15人が彼のドライブにアドバイス、挙句の果てには動けなくなった車を押してあげすらしたとか。マルガリータさんという方は最初車の窓越しに指示を出していたのですが、最後には自分も車に乗り込んで一緒にドライブ。最終的に通報により警察が駆けつけ、女性は解放されました。
助けてあげた人はサマリア人だったとのことですが、警察発表では「誰も、14才がなぜ車両で外出していて、それを運転する方法を知らないのかについて尋ねませんでした」だってさ。ほほえましい...を突き抜けて突っ込みどころ満載な素敵な人たちだったようです。お疲れ様
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 13:08 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月18日

■あまりの悲鳴に強盗退散

Man's screams scared off armed robbers
ブラジルからのニュース。郵便局を襲った強盗に、あまりにびっくりした男性が大声で悲鳴をあげ、その声の大きさに強盗がびっくりして逃げ出す、という事件があったようです。サオ・ルイズという町から来たこの男性は、郵便局の外の露天で本を売る関係で、郵便局に用事を足しにきていたのですが、運悪く強盗に遭遇。帰り際に銃を持った強盗が来ていることに気付いたこの男性、あまりにびっくりして大声で悲鳴を上げ、露店で売る本をぜんぶ棚からひっくり返してしまったとか。強盗もこれにはびっくり、銃を持っているのも忘れ、逃げてしまったそうです。
警察のコメント「たとえそれが意図的でなかったとしても、彼は強盗を止めました。我々は、彼に章を与えるつもりです。我々は、彼をかっこ悪くておびえたヒーローと呼んでいます!」
そんなヒーロー嫌だ...(;´Д`)
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 19:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月10日

■ディズニーランドに囚人人形乱入

Prisoner statue smuggled into Disneyland ride
みんなの夢の国ディズニーランド(米国)に、アブグレイブ刑務所から囚人が乱入して大騒ぎ、というニュース。ビッグサンダーマウンテンの敷地内に、オレンジ色の囚人服を着た、以前イラクで米兵による虐待が問題になったアブグレイブ刑務所の囚人の格好をしたマネキンがこっそり設置されてしまったようなのです。セキュリティスタッフにより1時間半後には撤去されてしまったようですが、なかなか面白いことを...どうもやったのはゲリラアーティストのバンクシーさんじゃないかといわれているようですよ。あの、古代人がショッピングカートを押している壁画をこっそり大英博物館に展示しちゃった人ですよね(笑)

参考:
バンクシー解説(エルエル)
バンクシーHP
<ネタ元:BoingBoing

投稿者 ono takuya : 12:54 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月07日

■携帯電話をあそこに隠す囚人

Cell phones found inside four prisoners
あそこといっても...肛門です。エル・サルバドルからのニュース。エルサルバドル中心部にあるZacatecoluca刑務所において、4人の囚人がけつの穴に携帯電話を隠し持っていることがエックス線検査により発見されたそうです。見つかったのは携帯が9台と充電器が1台。まあ、よくも隠したもんだよ(笑)どうもギャング集団が構成員に持たせるために仕込んだらしく、刑務所の中と外で連絡を取って犯罪の指示などをしていたようですが...ずっと隠していたのか、検査のある時だけお尻に突っ込んでいたのか、電話をかける時はやっぱり臭ったのか、いろんなことが気になる一件でした。危険なのでやめてください

関連:携帯を隠す女
盗んだ携帯をお尻に隠す女inルーマニア
盗んだ携帯を秘部に隠す女inルーマニア
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 14:21 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月06日

■襲った相手はカラテチャンプ

Muggers pick wrong victim
ドイツはハンブルグからのニュース。17歳の3人組が携帯電話を盗もうと通行人に襲い掛かったのですが、たまたま相手はジュニアキックボクシングと空手のチャンピオンだったため、逆にこっぴどくやられるという事件があったようです。襲われたのは17歳のパウリ・ボルハルト君。兄弟に携帯で電話しているところ、電話をよこすように要求され、拒否すると襲われたので3人とも叩きのめして帰宅。通行人に発見された3人組は病院で手当てを受ける羽目になったそうです。うーん、相手を間違えたか...
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:14 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月01日

■酔っぱらった花婿大暴れ→逮捕

Drunk Groom Arrested At Own Wedding Reception
アメリカはボストンからのニュース。結婚式の宴で酔っぱらい、場外で警官に暴行をはたらいた花婿が逮捕されました。暴れた花婿はデリック・ジャンドロン24歳。最初ウスター通りのコロンブスホールで泥酔したデリックさんを落ち着かせようとしているところに警官が到着したのですが、この警官に対してデリックさんが暴行を加えたとか。保釈の判断が出された後、拘束命令を破ったとかでデリックさんはその後また逮捕。新婚初夜は素敵な刑務所で過ごされたようです。本当におめでとうございます
関連:結婚式で大暴れ
新婚初夜は義理の父とin留置所
結婚式で儀式の銃発砲、参列者大怪我
結婚式の宴最中にセックス→膣けいれん
<ネタ元:davesdaily.com

投稿者 ono takuya : 13:05 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月15日

■悪徳業者撲滅を叫んでいたのは悪徳業者

悪徳業者撲滅を呼びかけた業者逮捕 札幌
ほとんどネタなんじゃねえのかといった感じですが札幌からのニュース。悪徳業者の撲滅を呼びかける無料情報誌を配布し、被害に遭わない「5カ条」を呼びかけていた札幌のリフォーム業者が、高齢者にうそをついて改修工事をしたとして逮捕。配布していた情報誌には「悪徳業者撲滅運動を推進しております」と宣言。なのに、消費生活センターには「次々と工事をしたがる」などとの相談が約150件寄せられていた
おまえら...面白すぎるヨ...最高
<ネタ元:asahi.com

投稿者 ono takuya : 13:57 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月10日

■そっちはATMじゃなかった強盗

ATM robbers yank out the wrong machine
マレーシアからのニュース。強盗3人組が銀行に押し入りATMの機械から現金を盗もうとしたのですが、誤ってぜんぜん違う機械を壊してしまい大失敗、という事件があったようです。強盗があったのはブキットの町。3人は銀行に侵入した後ATMの機械(と彼らが思ったもの)にロープを巻きつけ、2台の車で引っ張り機械をはずしたそうです。その後3人は機械を破壊したのですが、どうもそれがATMではなくてチェックディポジットの機械だったために現金は入っておらず、犯人は手ぶらで逃走したとのこと。警察ではこの3人の行方を追っているそうですが...勘違いなのかおばかなのかこの人たち。だから言ってるじゃないの、事前にきちんと計画しましょうって
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 12:57 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月24日

■追跡の警察官実は無免許

Police chief cited for not having driver's license
ウィスコンシン州からのニュース。スピード違反の車を追跡しているパトカーが事故ったのですが、調べてみたら運転していた警察官が無免許だった、という事件があったようです。おいおい。
渦中の警察官はラリーさん53歳。スピード違反の車を見つけ、追跡しようと車をUターンさせたところ、他の車にぶつけられ、ラリーさんは4本の助骨をおる怪我を負い病院へ運ばれました。
それにしても53歳で免許がないって。今までよく見つからなかったなあ。まあ、まさか取り締まりの警官が免許持ってないとは誰も思わんだろうし。これから教習所通いが始まるのかラリーさんは。がんばれ。
<ネタ元:WCCO.com

投稿者 ono takuya : 15:15 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月15日

■あの人に会いたくて911→御用

Woman arrested for 911 dial-a-date ploy
アメリカはオレゴン州からのニュース。たまたま隣人が呼んだ警察官があまりにも格好良かったので、その男性に一目会いたかった女性が911(日本でいう110番)に電話して「もう一度戻ってきてもらえないかしら」伝えたところ、この警察官、なんと戻ってきたのです。
彼女を「非常システムの不正使用」で逮捕するために。女性の名前はドュバシュさん。電話口で「私はもう45だし、もう一度会いたいのだけど911に電話する以外に方法を知らないのです」と言ったとか。なんか切迫したものを感じますなあ...
現在、彼女は6000ドルの罰金か1年間の刑務所を課される可能性があるということですが、まあでも、彼氏には会えたんだから高いホスト代だと思ってもらうしかありませんなははは
<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 12:20 | コメント (0) | トラックバック

■泥棒が煙突に落ちる→御用

Burglar fell down chimney
オランダはマーストリヒトからのニュース。強盗に入った犯人が屋根から逃げようとしたら煙突に落ちて動けなくなりすぐにつかまるという事件があったようです。33歳の男性がとある家に押し入り、宝石類と現金を持って家のルーフウィンドウから逃げようと屋根に出たのですが、どうも暗がりでつまづき煙突に落ちてしまったもよう。そのまま動けなくなった犯人は思わず助けを呼んでしまい、声を聞いた家主が警察に通用して即逮捕。
あまりにいい感じのダメっぷりに好きになりそうで恐いです
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月10日

■強盗が”俺の番組を見たかい”と警察に電話

Fugitive Urges Cop to Watch TV Program
アメリカのテレビで「America's Most Wanted」という番組があるのです。FBIのブラックリストに載っている凶悪犯罪者の犯行を再現映像で紹介し、捜査状況を公開して全米から情報を募るというものなのですが、これに自分の何十事件もの銀行強盗を紹介された犯人が得意になって警察に「俺が出ているAmerica's Most Wantedを見たかい」と電話をかけたそうです。案の定電話から犯人は割り出され、2週間しないうちにFBIによってインディアナポリスで捕まったそうです。バカ。よっぽど誇らしかったんだろうねえ。見て見て、俺が紹介されてるよみたいな感じでしょうか。
参考:"America's Most Wanted"の総司会者
<ネタ元:my way.com

投稿者 ono takuya : 21:01 | コメント (1) | トラックバック

2006年07月06日

■泥棒にコーヒーをおごられる警察官

Coffee break costs cops dear
クロアチアはコルチュル島からのニュース。傷害の罪で二人の警察官に逮捕された男が、警察官に「おごるから最後に一杯だけコーヒーを飲ませてくれ」という要求にまんまとのってしまい、二人がコーヒーを飲んでいる間に案の定犯人は店の裏からこっそりと逃げ出す、という事件があったようです。なんで逮捕したばっかりの犯人にコーヒーをおごられなきゃならんのか、というお間抜け警官は現在調査中だそうですが、彼らは停職になる他、さらに懲戒処分を受けるかもしれないそうですよ。それもコーヒーおごったら勘弁してくれたりして。クロアチアクオリティってことで
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 19:12 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月01日

■「金を出せ」とメモで脅す強盗、裏には自分の住所

Police: Heist note had suspect's address
世の中におバカ強盗の種は尽きまじ、NYからのニュース。銀行強盗が「金を出せ」と書いたメモ紙をだして脅迫、まんまと金を盗んで逃走したのですが、残していったメモ紙の裏に犯人の住所がご丁寧にも書いてあったので、すぐに捕まるという事件がありました。犯人はシャーメイン・ウィリアムズ・スタイン30歳。襲われたのはチェーズ銀行で被害額は22000ドル(約255万円)。どうも自分の家に送られてきた郵便広告をメモ紙に使ったみたいですね。強盗があったのは6月10日、この後数週間町を離れていた犯人が戻ってきたところ、今週逮捕されたそうです。ちなみに出納の係だったジョン・ミューラー(20)が共犯で、犯人が銀行を出ていくまで警報を鳴らさなかったんだってさ。だったらそのメモ処理しとけよって
<ネタ元:ODDNEWS-AP

投稿者 ono takuya : 10:02 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月20日

■チケットを盗むもすぐばれた訳

World Cup thief's own goal
時節柄ワールドカップがらみのニュースが多いですな。ドイツからのニュース。42歳のエバさんが、ブラジルーオーストラリア戦を観るためにミュンヘンスタジアムに向かう途中強盗にあったのです。犯人はエバさんからバッグを盗んだのですが、そのバッグの中に試合のチケットが入っていたものだからいそいそと会場へ向かったところ、隣に座っていたのがエバさんの旦那さんだったために、お前は誰だということになりすぐに通報、逮捕されたそうです。必死で奥さんのふりしてればさらにネタになったのに...残念
<ネタ元:ANANOVA

※お詫び...どうもこれ、ガセネタだったみたい。やられた!「図々しいW杯チケット泥棒」は警察の勘違いだったによると、担当していた2つの事件がごっちゃになって報道されてしまったみたい。だからチケットを盗んだ犯人は旦那とははち合わせしていない、と。大変失礼いたしました。

投稿者 ono takuya : 08:27 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月18日

■美女に見とれての事故、多過ぎ

脇見運転事故の原因第2位「美女に見とれて」
メキシコからのニュース。交通事故防止基金が行った調査によると、同国の交通事故の大半がよそ見・脇見らしいのですが、発表されたよそ見の原因、第1位は「携帯電話」、第2位は「美女に見とれて」なんだってさ。どんだけ美女が多いんだコロンビア。つーかあんたら美女に弱すぎ!
...俺も気をつけようっと orz
同基金のコメント抜粋
「コロンビアでは魅力的な女性がいると、男性はクラクションを鳴らして声をかけるので、運転に集中できない」だってさ
<ネタ元:Livedoor News

投稿者 ono takuya : 13:24 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月24日

■金をばら撒いて逃げる強盗

Robber threw cash as he fled
警備員の追っ手をかわすために、盗んだお金をばら撒いて逃げるという強盗が出現、アメリカはニュージャージーからのニュース。襲われたのはジャージーシティのとある銀行です。強盗はカウンターまで来て「1万ドル(約112万円)をよこせ」と書いたメモを渡し、バッグに20ドル札でお金を詰めさせたそうです。男が逃げた後出納係はすぐに警報を鳴らして警備員を呼んだのです。しかし強盗は追っ手が来ると肩越しに現金を後ろへぽいぽい投げ始めたとか。当然現金を目の前にして拾おうとひるむ警備員。まんまと犯人は逃亡に成功したそうです。結局渡したお金は5600ドルちょっと、逃げる際にばら撒いたお金は1400ドルほどらしいので、最終的には4200ドルほどの被害。うーん、このやり方は新しいかも。今のうちにビジネス特許をとっといたほうがいいかもよ
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:41 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月12日

■強盗が来るも爆睡中

Dozy attendants no match for robbers
セルビアからのニュース。深夜ガソリンスタンドに強盗が押し入り金庫を持ち去ったのですが、夜間勤務の職員が爆睡していて気づかなかったという事件があったようです。お間抜けな職員はアナトールとダメック。強盗はドアを突破して押し入り、約650万円入っていた300kg以上ある金庫を建物から引きずり出し、持ち去ったもよう。警察曰く「あのでかい金庫を持ち出すには、死人が起きるほどの音がしただろうに」
しかもこの二人、起きた後も金庫がなくなっていることに気づかず、朝出勤してきた職員が見つけたそうだよ。まさに本物のミスター.ダマーですねジムキャリーさん
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 08:13 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月09日

■ニセ貴族、素性がばれる

Mystery fake lord is really US citizen: British police
イギリスから。死んだ赤ちゃんのIDをその墓石から盗んで、肩書のある英国貴族のふりをしていた謎の男性がいたのですが、ようやっとその素性がわかりました。23年前に姿を消したアメリカ人男性だったようです。彼は昨年11月からパスポート偽造で21ヶ月刑務所に入っているのですが、かたくなに証言を拒んだため、どこからやってきた誰なのかまったくわからなかったのです。彼はクリストファー・エドワード・バッキンガム卿を名乗り、結婚、2人の子供までもうけていたとか。
映画「ジャッカルの日」のように、赤ちゃんのときに死んだ人間の名を名乗り、18世紀まで使用されていた家紋を利用して貴族に成りすましていた男性。新聞社のウェブサイトで写真を見つけたアメリカの父親が「100%息子に違いない」と申し出たそうです。彼の家族が言うには、本人はアメリカのディズニーワールドで働いていた頃からイギリスの文化や人々を愛していて、イギリス的なアクセントを身に付けたのだろう、と。イギリス人になりたかったんだね。
ちなみに彼の本名は「チャールズ・アルバート・ストップフォード3世」。なんかこっちの方が貴族っぽくね?
 DVDジャッカルの日:\989
<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 10:27 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月21日

■シルクハットの強盗、ビルからビルへ

“怪盗”シルクハット逮捕…ビルからビルへと飛び移る
大阪は北新地からのニュース。シルクハットのような帽子をかぶり、ビルの屋上から屋上へと渡り歩いて盗みをはたらいていた男性、杉本功容疑者(48)が捕まったそうです。隣接するビルの屋上から飲食店に盗みに入る方法を用い、一店あたりボトル1本、タバコ数箱と自らに掟を課し窃盗していたもよう。あの、シルクハットの意味は?
なんともコメントの難しいこだわり強盗でした。あ、もしかしてタキシード仮面さま?

<ネタ元:SANSPO.COM

投稿者 ono takuya : 12:09 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月18日

■車椅子の泥棒、走って逃げる

Woman in Wheelchair Flees on Foot
アメリカはインディアナから。動力つきの車椅子に乗って買物をしていた客が、車椅子に盗んだ品物を隠していて万引きで捕まったのです。犯人はジャクリーンという女性。しかし女性が連行中に具合が悪くなったと訴えるので仕方なく病院に連れて行ったところ、車椅子だし遠くへは行かないだろうと後で病院に警官が様子を見に行ったらすでに奴はいなかったらしい。車椅子だけ残して。

「...歩いて逃げやがった...!」
きっとあれだな、本当に歩けなかったんだけど、逃げなきゃ逃げなきゃっていう必死の心が奇跡を呼んでジャクリーンは立ち上がったんだな。「立った!ジャクリーンが立った!」そう考えるとちょっぴり良い話かもと思ったり思わなかったり
<ネタ元:davesdaily.com

投稿者 ono takuya : 12:35 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月05日

■マスターをビールでつぶす強盗

Pub burglars served free beers
オーストリアはアムシュテッテンからのニュース。パブに2人組の男たちが現れ、マスターにただでビールをがんがんごちそう、酔っ払って寝入ったところで盗みをはたらくという強盗があらわれたようです。2人組はふらふらやってきて、マスターに3パイントほどビールをご馳走したとか。つぶされてしまったのは47歳のヘルマン・ベントさん。寝ている間にお店からは高価なオーディオ機器や貴重品などをごっそり持っていかれたそうですが、当のヘルマンさんはよく覚えていないらしく、「大きい男と小さい男だったよ」というのが精一杯のようです。おまえ向き合ってしゃべってたんだからさ、もうちょっとなんとか...
酔っ払いに乾杯
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 10:04 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月01日

■泥棒に入ったら力士の合宿所だった

忍び込んだら力士20人…コソ泥、合宿中とは知らず
タイトルの通りですね。大阪府堺市からのニュース。祥雲寺の境内にある合宿所に男が忍び込み、盗むものはないかと物色していたのですが、この合宿所、たまたま出羽海部屋の力士約20人が合宿中。食事から戻ってきた出羽の郷に見つかりその場で取り押さえられたそうです。ああ...下調べが甘かった(泣)
あんまり面白いネタだったので、海外の面白ニュースでも紹介されていますね。
Shocked burglar arrested by sumo wrestlers
<ネタ元:ZAKZAK

投稿者 ono takuya : 12:26 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月30日

■目の前にあったのに

Man misses world's biggest rock
オーストラリアからのニュース。エアーズロックという世界最大の岩(半分山だなこりゃ)がオーストラリアにあるのですが、この岩の100m手前でとあるドライバーが「エアーズロックはどっちですか」と道を聞き、しかも聞いた相手が偶然警察アンド自分が飲酒運転だったという奇跡により、そのまま逮捕されるという事件があったようです。夜だから見えなかったんだろうな。それにしても目の前にあったなんて...いや、飲酒運転もダメだけどさ。ちなみにこの岩、最近は現地の言葉で「ウルル」と呼ばれているんですね。ウルル、ウルルって何のことかと思ったよ
参考:ウルル(エアーズロック)/wikipedia

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 15:51 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月20日

■万引きするスーパーマン

Superman busted for stuffing DVD into tights
アメリカはオハイオ州から。スーパーマンがスーツの中にお店のDVDを詰め込んで万引きしようとして捕まったそうです。犯人は10代のマシュー・ビネガー、デイトン地区のK-マートでの犯行でした。なんだ本物じゃないのかよ。見つからないように犯罪をするのに、あえて何もしなくても注目が集まりそうな格好をしているあたりがみそですね。彼は逮捕歴があり、180日間の刑務所と200ドルの罰金を言い渡されたそうです。犯人の姉のミシェルさん曰く「あいつは世界で最もバカな犯罪者だわ。」よくわかってますね。

<ネタ元:abc7.com

2006年03月18日

■全部聞かれてた放火犯

Two Men Arrested After Mistaken 911 Call
オクラホマはイーニッドからのニュース。放火犯の二人が逮捕されました。実はこの二人、たまたま間違って押された携帯のボタンが911につながり、犯行の相談全てが警察に聞かれていたようなのです。おバカ...
最初は知人の車を盗む予定だったのが、途中から車を燃やす話になったのだとか。街中を走ってる間、約4時間に渡って会話が聞かれていたらしく、「あれは燃えそうだな、...指紋でばれないか?」、「俺、ライター持ってるよ。よし行こうぜ!」などの会話が交わされていたとか。結局二人とも第3級放火罪で逮捕されたそうです。携帯は折りたたみ式にしとかないとダメだっていう、そういう話ですよね?
<ネタ元:Oddnews-AP

投稿者 ono takuya : 10:36 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月13日

■裁判所に来たついでに敷物を持っていく女

Woman steals courthouse rug after paying ticket
せっかく来たんだから手ぶらで帰るのもあれだし、ということで裁判所の廊下から敷物を盗んでいった女が捕まりました。ウエストバージニアからのニュース。犯人はサラ・ザボロトニーという女性で、スピード違反の罰金を払いに裁判所に来ていたのですが、帰り際に廊下の敷物を畳んでいるところが監視カメラに写っていたそうです。自宅に行ってみると彼女は「これ、返すから忘れてもらえないかしら」と懇願しましたがそうはいかず、結局刑務所で5日間を過ごすはめになったそうです。自分の家に敷いちゃって、「もう、うちの子ですから」ってわけには...いかなかったんだろうなやっぱり
<ネタ元:davesdaily.com

投稿者 ono takuya : 11:22 | コメント (0) | トラックバック

■本当にいたコショウ強盗

神戸に“ハクション大泥棒”出現!コショウふりかけレジ強奪
漫画ではよくコショウをふりかけてくしゃみで動けなくなるっていうのを見かけますが、本当にそれを実践して強盗を働いているやつがいました。神戸からのニュース。神戸市西区のアダルトショップに閉店間際に客のふりをした体格のいい男が、商品を買うと見せかけてレジの店員にコショウをぱっぱっ。店員がひるんだ隙にレジごと盗んで逃走したそうです。肝心の効き目の方はいまいちのようです。ふりかけるなら違うものの方が...
過去の事件簿によると平成12年、13年、15年にコショウを使った強盗が報告されてます。2年に一度くらいは思いつく奴がいるということになりますな。
<ネタ元:SANSPO.COM

投稿者 ono takuya : 11:03 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月03日

■教会でセックスの悪巧み失敗

Priest in trouble over sex tape
ルーマニアからのニュース。教会の神父が、教区の評議員を社会的に陥れ、自分がその地位につこうと画策したのです。そのやり方というのが、
「若い女に誘惑させて教会でセックスさせてビデオでとって流しちゃえ計画」
で、実際に女性を雇ってセックスさせるとことまでは成功したのですが、このことがかえって教区民の怒りに火をつけたもよう。47歳のフロレア神父は教会から追放され、現在恐喝未遂で警察の取調べを受けているとか。策におぼれとるなあ。どうでもいいけどうっかり策にのせられたモイーズさんは74歳。元気な年寄りです、あっちの方もね
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:54 | コメント (0) | トラックバック

2006年03月01日

■酔っ払った女がベニスで暴走

Woman's Venetian joyride
さすが水の都ベニス、酔っ払いも水の上です。20歳になる女性が、ちょうどベニスで行なわれていたカーニバルで盛り上がりすぎて酔っ払い、無人のモーターボートに飛び乗って大暴走。あまりに無茶な運転で、追跡していた水上警察も4人が負傷するという事態に。さらに多数のボートが追突にあい損害を受けているようです。酔っ払って髪を振り乱した女が運転するボートを傷だらけで追いかける必至の水上警察...っていう絵を想像するだけで十分楽しめるネタでした。ありがとうございました。
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 18:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月28日

■ヤギとやった男、ヤギと結婚させられる

Man forced to marry goat
スーダンからのニュース。夜中に人の家のヤギとセックスをしているところを見つかった男が、村の長老議会にかけられ、「やっちゃったんだから妻にしてもらわないとな」と結論、ヤギを15000ディナール(約8千円)で嫁に出すことにしたそうです。ヤギの飼い主はアリフィさん。夜中にヤギと勝手にやっていた男トンベを捕まえた後すぐに長老達に相談したそうですが、長老会議は「そいつがヤギを奥さんのように扱ったんだから、警察に突き出すんじゃなくて、持参金を払わせて結婚させなきゃだめだ」と審判を下したもよう。逮捕されたわけじゃないので、前科がつかなくて良かったね!ヤギとお幸せに...
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:45 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月27日

■犬のウンチをDNA鑑定

DNA TEST MY DOGGIE'S POO
イギリスはマン島からのニュース。公園で犬がウンチをしたとして飼い主が罰金を請求されているのですが、飼い主が納得がいかないと犬のウンチのDNA鑑定を要求している、というニュース。ちなみに渦中のワンこの名前はピピンちゃん。飼い主のニコラさん(32)は「ピピンちゃんは広い場所を走り回ってたし、他にも犬はたくさんいたわ」と逃げの構え。議会の方も鑑定の用意があると表明し、結果「黒」だった場合は1000ポンド(約20万円!)の罰金が科されるそうですよ。島の南部では犬の糞がひどくて条例で取り締まることにしたんだとか。20万は安くないな。みんなもウンチ袋もって歩こうぜ
<ネタ元:davesdaily.com

投稿者 ono takuya : 13:58 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月24日

■県境では注意が必要

県境でポイ捨て――車窓から捨てたフライドポテトとその包みで、ドライバーに二重の罰金!
えー、タイトルの通りです。イギリスはテンドリンからのニュース。車の助手席に同乗していたマシューさんが、コルチェスターでフライドポテトを包みごと窓から投げ捨てたのですが、これが運悪く後ろを走っていた人に見つかり、通報。このことでマシューさんは50ポンド、約1万円の罰金を支払う羽目になったのですが、なんとこの場所が隣のテンドリンとの県境で、捨てたフライドポテトがテンドリン側にも落ちていたことから、さらにテンドリンからも罰金の支払い請求書が届くというはめに。
この件に関して、マシューさんはテンドリンからの請求書は拒否しており、訴訟を起こす覚悟もあるとか。投げたゴミが分裂して二つの自治体に落ちたとき、どっちにも罰金は....支払っときましょうよ。投げたのあんただし
<ネタ元:InternetJourney

投稿者 ono takuya : 13:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月17日

■羊レイプは性犯罪ではない...か?

羊をレイプした男 「自分は性犯罪者ではない」
アメリカはミシガン州から。ジェフリー・ヘインズさん(42)が、隣家に侵入して羊をレイプして逮捕されたのです。州では性犯罪者の消息をリスト化して公開しているのですが、この男「私は人間に対して性犯罪をするような人間ではないから」と、リストへの掲載をやめてくれるよう嘆願したそうです。まあ確かに人様にレイプできないから羊に走っちゃったんでしょうけど...結局嘆願は速攻で棄却。まあ当然か。しかもこんな形で世界中にニュースが流れちゃって...もう世界の誰もが「ジェフリー・ヘインズ?ああ、羊レイプで捕まった変態でしょ。」
どうでもいいけど、女性のあそこに一番感触が近いのはヤギだそうですよ。誰か試してみてください。もちろん双方合意の上で
<ネタ元:BlackJoker様タレコミ>

投稿者 ono takuya : 10:17 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月13日

■児童が粉砂糖で逮捕

Boy Charged With Felony For Powdered Sugar
アメリカから。オーロラという地域の学校で、12歳の生徒が科学の授業で使うのに砂糖を家から持ってきたところ、コカインと間違われ警察に連行されるという事件があったようです。この生徒が友達に冗談で「コカインだぜ」といって砂糖を見せているのを学校の用務員さんが聞いて大慌て、警察に通報したという次第。
日本だったらほんとに冗談で済むところだけど、シャレにならないのがさすがアメリカ。あっちの子供は進んでるなあ(笑)
<ネタ元:davesdaily.com

投稿者 ono takuya : 19:08 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月11日

■遅れてきた強盗、閉店時間に間に合わず

Early closing thwarts bankrobber
クロアチアはザグレブからのニュース。Podravskaという銀行に強盗がやってきたのですが、10分遅れたせいで銀行は閉店しており、困った強盗はそのまま逃げ出すという事件があったようです。銀行の職員曰く、「みんなが家に帰ろうと準備していたら、マスクをかぶり銃を持った男が店内に入ろうとしているのが見えた」とか。「マスクはしていたけど、混乱しているのは見ていてわかった」そうです。
一応警察はこの男を捜していて、強盗未遂容疑で嫌疑がかかっているそうです。かわいそうだからほっておいてあげようよ。彼きっと傷ついてるからさ
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:50 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月09日

■送られてきたのはコンドーム爆弾

Woman Accused of Mailing Condom Explosives
ボストンからのニュース。元ストリップクラブのウェイトレスのキンバリー(40)が、テレビ局やストリップクラブに「コンドーム爆弾」送りつけたとして逮捕されました。このコンドーム爆弾は小包に入って届けられ、コンドームの中に爆発性のある液体をパンパンに入れてあったもようです。液体は配管洗剤とガソリンの混合で、十分に爆発する可能性のある液体だとか。爆弾のうち一つはブリッジウォーター大学にも配達され、液体が漏れ出していたことから全員が避難するという騒ぎもあったようです。
理由については、「男どもに酷使されるのに疲れた」というコメントのようですが...なぜにコンドーム爆弾?彼女の論理で行くとストリップクラブとテレビ局は女性酷使の諸悪の根源ということに...あ、間違ってないか。ならいいや
<ネタ元:OddNews-AP

投稿者 ono takuya : 13:36 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月05日

■証拠品紛失って...エロCDかよ!

証拠品のわいせつCD−ROM紛失…警部ら処分
三重県警の男性警部ら4名が、押収した証拠品のCDロム100枚以上を紛失したとして処分されたのですが、そのCDロムというのが猥褻画像てんこもりの品々。紛失...ていうか絶対持って帰ったでしょ!おまいら!
「署員が持ち出した可能性もある」として捜査中だそうですが...バカだなあ。コピってから持ち帰ればよかったのにね。
<ネタ元:Costa del sol

投稿者 ono takuya : 09:48 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月03日

■泥棒、煙突にはまる

Alleged Burglar Gets Stuck in Oven Vent
フロリダはオーランドからのニュース。ロニー・シールズという37歳の男性が、コンビニの屋根についていたかまどの穴(煙突?)の中で動けなくなっているところを見つかり、警察に通報されました。どうも昨晩の深夜2時頃この店に侵入を試みたのですが途中で身動きができなくなったらしく、そのまま開店時間の朝8時まで出られずにいたもよう。あーあー写真まで撮られちゃって...
この男性、とりあえず怪我をしていたことから近くの病院に運ばれたのですが、当然泥棒の嫌疑をかけられ、1000ドル程の罰金が科されるそうです。激やせで脱獄に成功した例もあるんだし、こんどはダイエットしてから挑戦してみてはいかがでしょうか。残念

<ネタ元:Odd news-AP

投稿者 ono takuya : 13:54 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月01日

■酒びたりにはスリッパの刑

Boozing hubbies face wives' slippers
インドからのニュース。アンドラ・プラデシュ地方のジャパリ村で、「酒を飲むのを見つけられた男は妻のスリッパで5回ひっぱたかれる」というよくわからない罰(?)が決定したようです。女性の委員会が推進する「飲酒に対する脅威の抑制」が目的で、この罪が適用されるのは妻帯者のみ。また、スリッパで殴られる他にも64ポンド(約1万3千円)の罰金まで課されるんだって。しかもこの罰金は男の妻に渡されるようになっているとか。
...なんだこの鬼嫁村は?
ちなみにこの女性による委員、地元の酒店を閉店させようという試みが失敗しての新しい策。以前紹介した「議員全員が女性の村」よりまだひどいよね...日本は平和です。平和ってすばらしい。ジャパリ村の旦那に合掌
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:38 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月27日

■二人乗りだと安いんだよ

Police: Driver Uses Mannequin in HOV Lane
コロラド州からのニュース。アメリカの道路には渋滞緩和のためにHOV(ハイオキュパンシービーグル)というレーンがあって、ここはバスやバイクの他は二人以上乗っている車しか通れないのです。快適に走れるために、逆に違反すると罰金が高いことで有名なのですが、このHOVを走りたいがために助手席にマネキンを乗せて走っていた男性が警察に捕まったそうです。罰金は13000円ぐらいだとか。↓がその人形なんだけど、やっぱスーパードールくらい積んどかないとだめでしょ。日本では新潟市(国道113号)、長野や金沢で導入されているらしいですが、みんなはもっとましな人形を乗せようね

<ネタ元:Odd news-AP

投稿者 ono takuya : 13:02 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月24日

■電車でパンツ

New York subway riders caught with pants down
ニューヨークから。Improv Everywhere(どこでもアドリブという意味)という一団が、ニューヨークの地下鉄でズボンを下ろしてパンツ姿で乗車する、というパフォーマンスを決行したのですが、「治安紊乱(ちあんびんらん)行為で8人が逮捕されるという事件になったそうです。主催者は「ズボンをはいていない以外はまったく普通に振舞ってください。何か聞かれたら”ズボンを忘れた”と答えること。他の人もそうなのは偶然の一致だと主張してください」と呼びかけ、各地からなんと160人が参加。警察が介入してきてそのうち8人が逮捕されたそうです。Improv Everywhereのチャーリー・トッドは過剰に反応する警察を批判しています。「いかれた警察官は25人も応援を呼んできたんだぜ」
ちなみにImprov Everywhereが他に行ってきた活動は、”偽のU2ライブ”、”マンハッタンで地上1メートルの柵から飛び降りようとする自殺者”などのネタがあるそうですよ。もうね、バカ万歳!
参考:Improv Everywhereのサイト
 今回のイベントの様子も見れます(笑)
参考:2005年11月8日のhotwired記事
 MP3エクスペリメントという彼ら主催イベントのレポート
<ネタ元:Off beat-AFP

投稿者 ono takuya : 13:58 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月20日

■激痩せで脱獄成功

Report: Inmate Loses Weight, Escapes
オーストラリアはシドニーからのニュース。服役中の囚人がダイエットを強行、痩せた体で鉄格子をすり抜け、見事脱獄に成功するという事件があったようです。犯人はロバート・コール( 36)この数週間で15キロほど痩せたそうです。彼は鉄格子とその端の壁をぎりぎり通れるくらいに削って脱獄したとか。みんなも何かあったときのために体は細くしておこうね!

<ネタ元:Odd News-AP

投稿者 ono takuya : 13:03 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月14日

■強盗先で食事&居眠り→逮捕

Burglars fall asleep on the job
マレーシアからのニュース。マレーシアの南Johor州において、男二人が深夜とある邸宅に侵入して宝石類を盗んだのですが、そのまま帰ればいいものをどうもおなかがすいたからとその家の台所で食材をむしゃむしゃ、そのまま居眠りしてしまったそうです。当然翌朝その家の所有者である女性に見つかり速攻で通報→逮捕となった次第。なんか前にもこういう強盗紹介したような...
盗みに入るならご飯食べてから行けってことでしょうかね。違うか
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 08:10 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月10日

■強盗は犬のふり

Burglar pretended to be a dog
イギリスはストックトン・オン・ティーズからのニュース。90歳の老兄弟の家に二人組の強盗が入ったのですが、この強盗、一人が犬の振りをして四つん這いで家中を吠え回り、家の人があっけにとられて見ているうちにもう一人がお金を盗んで逃走する、というものすごい陽動作戦を使ったようです。
...アイデアの勝利?いや、でもまねしたくない...orz
「気が散る度」10?
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 11:49 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月30日

■そっちは現金じゃなかった

Armed robbers steal first aid kit instead of cash
ドイツからのニュース。グロナウ地方の道路上で、現金輸送車を武装強盗が襲ったのですが、犯人が間違えて現金入りのスーツケースではなく応急手当キットのほうを持って逃げる、という事件があったそうです。武装強盗は走行中の現金輸送車に銃を打ち込み、停車を要求。トランクを開けさせスーツケースを奪って逃げたのですが、急いだためか中身はファーストエイドキットだったという話。警察のスポークスマンも「もっともバカな泥棒という賞があるならやつらは有力候補でしょうな」とコメント。「職員は怪我をしませんでしたが、強盗未遂事件として調査を続けています」とのこと。いや是非とも逮捕して頂いて、犯人にコメントをもらわなくちゃ!
今年もきれいにおバカ犯罪で締めくくってくれましたなオッホ!
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:16 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月25日

■ピンクなドレスの正体は

Raider in pink robs Scottish arcade
スコットランドからのニュース。警察は現在「明るいピンクのドレスに茶色のウィッグをした男」を強盗容疑で探しているそうです。それにしてもずいぶん派手な強盗...
この男、グラスゴーでショッピングモール内のゲームセンターに押し入り、女性スタッフ2人を縛り上げた後で現金4,000ポンド(約80万円)を奪って逃走したとか。警察では「こんな派手な男がショッピングセンターを歩いてたら犯罪の前後に誰か気が付いているに違いない」とコメント。それにしてもなぜ女装?強盗よりもそっちのほうが気になる感じ。

<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 12:02 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月23日

■ましなサンタはおらんのか

Ho, ho, humbug -- Santa's split personality
くびになったり警察に捕まったり、今年のクリスマスはあまりにもダメなサンタが多い、とAFPが報じています。今年のダメサンタニュース総集編といった感じであんまりなニュースがまとめられていますのご紹介。
・香港では「我々は民主主義を求める」という旗を持った男が交通渋滞を引き起こして逮捕、3時間の拘束。
・ロンドンではサンタの扮装で子どもたちとサンタランドで交流した俳優のアランシーモアが時間の使いすぎで即くび、追い出される
・バーミンガムでは自称「駐車違反切符サンタ」が駐車違反の紙を張られた車のワイパーに30ポンドをはさんでプレゼント
・イギリスのドーセットではストリーキングサンタが出現、若い女性3人がサンタの裸を見せられる被害
・北フランスの銀行では20ユーロと間違って50ユーロをATMが払い出し予想外のクリスマスプレゼントに沸く(サンタ関係なくね?)
・ポルトガルではサンタが大人気で、大人も含めて30万人近い人がサンタメールを出し、国では全員に返事とプレゼント(鉛筆)を送る
などが紹介されてます。他にも酔っ払ったサンタ軍団がニュージーランドで大暴れなんてのもありましたな。
以前紹介した生首を持つサンタなんかに比べればかわいいもんじゃないですかはっはっは
関連:生首を振り回す恐怖のサンタ
<ネタ元:Off beat-AFP

投稿者 ono takuya : 13:59 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月17日

■酔って裸で新記録

Drunk Finn Sets Norwegian Fine Record
ノルウェーはオスロからのニュース。パスで裸になった男が警察に公然わいせつで逮捕されたのですが、この男常習犯、ついに逮捕歴99回という大記録を打ち立てたそうです。名前の明らかにされていないこの男性はフィンランド人、酒に酔うと服を脱いでしまうというくせがあり、警察でも有名だそうですよ。逮捕の繰り返しの果てにたまった罰金額は14,260ドルといいますから、約160万円?ため過ぎです(笑)
あのさ、下に海パンはいとけばいいんじゃないの?下着はだめでも水着ならOKとか...だめですかそうですか
<ネタ元:Odd News-AP

投稿者 ono takuya : 12:50 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月15日

■「英語わかんないの?」泥棒大弱り

Mexican Restaurant Workers Foil Robbery
アメリカはインディアナ州から。メキシコ料理の店に強盗が入ったのですが、従業員の一人が英語がわからないのをいいことにもう一人の従業員も英語がわからないふりをしてお茶をにごして時間稼ぎ、通報した警察が到着してあえなく逮捕、という事件があったもよう。
ジェームズ(44)が銃を持っているそぶりをしてレジに詰め寄り、金を要求したのですが、たまたまこいつが英語がわかんなかった様子。これに乗じてもう一人の従業員も英語がわからない振り。この間に他の職員とお客が警察に通報したそうですがパードン?
都合が悪くなると日本語がわからないふりをするマジシャン”ムッシュ・ピエール”に通じる芸風ですな。いや誉めてるんですって!
参考?:ムッシュ・ピエール
<ネタ元:Odd News-AP

投稿者 ono takuya : 17:30 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月10日

■チーズのために殺し屋を雇う

チーズをコカインと思い込み、捜査員を殺し屋と信じ…
ほんとに冗談のようなニュースがメンフィス州から。内容は簡単なのでコピペしますと以下。
18歳の女が他人の家のチーズをコカインの塊と思い込み、住民4人を殺害して奪おうと計画したが、おとり捜査員を「殺し屋」に雇ってしまい逮捕された
そうですよ。なんですかこの珍騒動は...もっと詳しい話は出ていないのかと思ったら、こちらに元記事が。
Woman Allegedly Hires Hit Man For Cheese
女性の名前はジェシカサンディブース、コカインの塊だと思ったのはケーソ・フレスコ・チーズという中南米産のチーズで、白くてぽろぽろしているそうです。あー、それでコカインの塊...情報提供を受けたおとり捜査員はジェシカさんに弾の出ない銃まで渡し、家に侵入する直前までは一緒にいたそうです。おとり捜査員の方...一言「あれ、チーズですよ」で済んだのでは?その辺どう?
<ネタ元:ZAKZAK

投稿者 ono takuya : 12:12 | コメント (0) | トラックバック

■電話で銀行強盗→当然失敗

New Zealand Man Tries to Rob Bank by Phone
ニュージーランドはウェリントンからのニュース。ニュージーランド銀行を襲ってまんまと成功した犯人は、何を思ったか今度は電話による銀行強盗を計画、当然逆探知されて逮捕される、という事件があったようです。で、この男が銀行にかけた電話とは「俺はこの間お前の銀行から金を奪ったものだ。今度はかばんに現金を入れて道路に立ってろ。ゆっくり車で近づいていってかばんを受け取るからな」...えーと、アホですか?で、私服警官がかばんを持って立っていたのですが、犯人は来ず、犯人の電話があって場所を少し移動したのですがそれでも犯人は来ず。しょうがないから電話を逆探知して逮捕しましたよ、という事件でした。
そういえば昔スネークマンショーで、銀行に爆弾を仕掛けた犯人がそこに電話をかける、という設定で、電話に出た人を強迫して変なことをさせると言うネタがありましたな...って年がばれるよorz
<ネタ元:OddNews-AP

投稿者 ono takuya : 11:22 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月08日

■サンタがスピード違反で逮捕

Ban for speedy Santa
もういっちょドイツからのニュース。プレゼントを届ける途中のサンタさんがスピード違反で捕まりました。この方ベルンハルトジーベルト(36)、3ヶ月の免許停止処分だそうです。老人ホームにプレゼントを届ける途中遅れそうだったのでついスピードが出たと主張しております。サンタもおっちょこちょいですね。サンタさんなんだし、プレゼントを届けるっていう使命があったんだし、少しぐらいなら大目に見てあげようよと思ったりもするんですが...で、何キロで捕まったの...え?
時速148キロ!?
た、逮捕しろ!!!
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:58 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月02日

■盗んだお金が爆発

Unlucky Bank Robber Pleads Guilty
ワシントンからのニュース。マイケル・ドナフー(53)が銀行強盗をはたらき逃亡したのですが、銀行の出納係が現金を入れたバッグにひそかに爆発する染料の入ったボールをこっそり忍ばせておいたところ、まんまとボールが爆発、しかも運悪く爆発した場所の目の前にちょうどお昼ご飯を食べていたFBI職員がいたもんだからそのまま連行される、という事件があったもようです。この後マイケルは他にも2件の強盗をはたらいていたことが発覚、4年以上の懲役を求刑されそうだ、とのことですよ。出納係GJ!
どうせだから次回は例の一千万円札束リモコン使って犯人を煙に巻いてくれるのを希望

<ネタ元:Odd News-AP

投稿者 ono takuya : 08:11 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月01日

■盗んだ車は修理中

Man stole car with no brakes
もいっちょANANOVAからロシアのニュース。南モスクワで24歳の男性が車の修理屋から日産プリメーラを盗んで逃走。しかし数ヤード走ったところで車は激突、すぐ御用となりました。修理中の車だったため、ブレーキがついていなかったもようです。目撃者談によれば車は信号をすり抜け、そのまま他の車に突っ込んでいったとか。モスクワ警察の発表によると、この男は修理屋が鍵をつけたまま車を離れているのを見て車の窃盗を思いついたと言っているそうです。
ブレーキついてなかったのね...ご愁傷様 orz
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:06 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月24日

■楽勝だぜ、と

Bank robbers taunt police with note
ブラジルはサンパウロからのニュース。銀行の壁に穴を開け、金庫から現金を盗んでいった犯人が、銀行の壁に「piece of cake(お茶の子さいさい)」と書き残して行ったそうです。穴を開けられた壁の厚さは60センチ、盗まれた現金は£10000というから約200万円...たいした額じゃないなあ。警察は「これは恥ずべきことです。彼らには本当にpiece of cakeだったんだと思います」とのこと。「ピースオブケイク」。なんかこのフレーズはやらないかなあ
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:52 | コメント (0) | トラックバック

■犬小屋ブーム

Wash. Man Caught in Doghouse by Police Dog
ワシントンからのニュース。朝の通学時間にひき逃げをした犯人がいたのですが、警察犬による追跡の結果、男は犬小屋の中に隠れているところを発見されたそうです。
それからもう一件。
Suspected Bank Robber Found in Dog House
ミネソタ州からのニュース。銀行強盗の罪で追われていた犯人が、犬小屋の中に隠れていたところを警察犬に発見された、という事件があったもよう。

...これ、同じニュースじゃないですよね?どちらも23日の出来事なんですけど。なぜみんな犬小屋に隠れるのだ?少なくともうちで飼ってる犬の小屋には大の大人が隠れるようなスペースはなし。アメリカの犬小屋事情は非常にバブリーな様子が伺えるニュース2件でした。
<ネタ元:OddNews-AP

投稿者 ono takuya : 13:36 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月23日

■タクシーかと思ったら...

Man Seeking Taxi Hops Into Police Car
カリフォルニアはサンタクルスからのニュース。アルコールとコカインでふらふらの男(20)がタクシーだと思って乗り込んだ車が実はパトカーで、そのまま刑務所に連れて行かれるというニュースがあったようです。この男は警官のエステルさんが車外で他の人に職務質問をしている間に勝手に乗り込んだらしく、調べたところ男にアルコールとコカイン摂取の疑いがあったのでそのまま逮捕、となったらしい。まあ私も酔っ払って隣のアパートのドアがちゃがちゃやって怒られたことあるから同じようなもんかな。みんなも気をつけようね
<ネタ元:OddNews-AP

投稿者 ono takuya : 14:05 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月22日

■足跡がくっきり→御用

Deputy Tracks Suspect With Snow Footprints
ミネソタからのニュース。ある雪の日に商店からテレビを盗んだ男性がいたのですが、警報機が鳴って保安官が来てみると外は雪で足跡がくっきり。1マイル先でテレビを持っている男性を見つけて足跡を調べたら同じものだったので即御用というおまぬけな事件があったもようです。足跡をきれいに残しての盗みもどうかと思うが、テレビを盗むのに徒歩でってのもどうかと思いますよこの人
<ネタ元:OddNews-AP

投稿者 ono takuya : 12:36 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月21日

■私は泥棒です

こんなのあり?日本ではありえない刑罰受ける男の姿
NNNのニュース映像からアラバマ州のニュース。リンク先には動画あり。盗みを働いた男が、裁判所で言い渡されたのが「100日間の刑務所 or 道路脇で”私は泥棒です”の看板を背負って10時間」。で、男は迷うことなく看板背負って10時間をチョイス。いや、俺も間違いなくそうするし。それにしてもアメリカはオリジナリティあふれる判例が多くて好き。半ば嫌がらせ的なところが気になるが

関連:警察をブタ呼ばわり→養豚場で1日過ごす刑
<ネタ元:痛いニュース+@2ch

投稿者 ono takuya : 22:45 | コメント (0) | トラックバック

■何番だったっけ

口論の末、留置場で同房者殴る男逮捕
えー広島からのニュース。広島市南区の無職の男(37)が、留置所内で同房内にいた男性を口論の末殴ったとして障害の疑いで逮捕したのですが、その口論の内容というが

プロ野球選手の背番号について

...だそうです。なんて死ぬほどどうでも良い理由なのでしょうか。いや奴らにはきっと逮捕よりも大事な問題だったに違いない。「×番の○○選手がさ、」「いや、○○選手は△番だろ」「違うだろ×番だろ」「△番だって!」「何だとコノヤロー」......せめて誰の背番号でもめたのかも教えてほしかった
<ネタ元:ZAKZAK

投稿者 ono takuya : 19:40 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月12日

■もしもし?今銀行強盗中なんだけど...

Thief Robs Banks While Chatting on Phone
アメリカはワシントン州から。最近携帯電話でおしゃべりをしながら悠々とお金を奪うという奇抜な銀行強盗がここ数週間で4件も犯行を繰り返し、警察では行方を追っているとのこと。↓が防犯カメラに写った犯人。なんか普通に電話で話しているよ。「あ、もしもしあっくん〜?あたしー。えー今?今ちょっと銀行強盗やっててえ、あ、ちょっと待って。...早く金出しなさいよ!...それでさ、この間の親父がちょーきもくてー」
みたいな感じなんでしょうか?11月4日の犯行の時は銃も見せているということなので冗談でもなさそうです。周りの人に普通の客と思わせるカモフラージュなのか、電話の向こうは共犯者なのか...
一番面白いのは単に雑談しながらの銀行強盗なんだけどな

<ネタ元:Odd News-AP

投稿者 ono takuya : 12:11 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月05日

■いやー迷っちゃった

Lawnmower used in border run
中国からのニュース。中国人男性二人が、芝刈り機に乗ってロシアとの国境を越え密入国しようとして捕まったらしいです。なぜ芝刈り機...?と思ったら、「草を刈ってるうちに道に迷った」と言い訳をしているらしいです。そのためか〜!ロシア側曰く、「こういう危険な庭師は初めてではない」とコメント、再三の勧告にも関わらずやってくるしょうもない侵入者に怒っているようです。
この無理矢理な言い訳...部屋に来た女の子の服を脱がせるためにストーブの火力を上げて部屋を暖かくする言い訳が「サボテン飼ってるから」っていうのと同じレベルですな...って僕の話じゃないですよ!!
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:28 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月04日

■本当に動けないんだってば!

Man Sues After Using Glue-Covered Toilet
アメリカはコロラド州からのニュース。ホームデポというお店の従業員が訴えられています。なんでかといいますと、お店のトイレの便座に接着剤を塗った不届き者がいたのですが、たまたま座ってしまったボブダウアティーさん(57)が動けなくなって助けを求めたところ、従業員は冗談だと思って15分間放っておいたということで訴えられたもよう。結局15分後に救急車が呼ばれてきたのですがはがすことができず、便座ごとはずして病院へ連れて行かれたそうです。ボブさんは従業員に助けを無視されたことで訴えているわけですが、どっちかっつーと接着剤を塗った人を先に探してほしい感じが。トリッキーすぎるいたずらは理解されにくい。和式なら良かったのにね
<ネタ元:Odd News-AP

投稿者 ono takuya : 09:47 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月02日

■シリアルおばあちゃん

Italian pensioner brandishes kitchen knife in attempt to rob bank
イタリアからのニュース。銀行の融資窓口で、お金を貸してもらえないことに業を煮やした80歳のおばあちゃんが、「あたしに貸す金はないって?全部出しなさいよ!!」とマジギレ。あげくにバッグから包丁を出して振り回し始めたという事件のがジェノバのとある銀行で起きたそうです。銀行側は仕方なくアラームを鳴らして警察を要請、説得してもらったとか。ちなみに生活資金として融資を希望した額は2000-3000ユーロ(約28万円〜42万円)だそうです。
なんていうか、映画「シリアル・ママ」を地で行くようなキャラですな。つーかこっちも実話をもとにした映画みたいですけど。俺的にはもっと暴れてほしかったな。「今日の元気さん(今勝手に命名)」みたいな感じで
<ネタ元:Offbeat AFP

投稿者 ono takuya : 01:24 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月21日

■熱いコーヒー、やけどに注意

Man Stops Carjacking With Hot Coffee
アメリカ・サウスカロライナからのニュース。車を盗もうとした強盗が止まっている車に近づいて窓をノック、銃を突きつけて車から降りるように言ったのですが...どうも相手が悪かった。ドライバーはいきなりドアを開けて強盗の足にドン、持っていたさっき買ったばかりの熱いコーヒーを相手の顔にバシャリ。慌てふためく強盗を組み伏せ、銃を奪い逆に突きつける...って刑事ドラマじゃないですよねこれ?犯人は結局近くの森に逃げ込み逃走中。また、乱闘の最中に車で逃げ出した一味と思われる二人組も現在捜索中だそうです。みなさんも熱いコーヒーには気をつけて楽しいカージャックライフを送ってください
<ネタ元:OddNews-AP

投稿者 ono takuya : 09:55 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月19日

■食べて解決

Suspect tried to eat evidence
ロシアからのニュース。警官に賄賂を使おうとしているところを見つかった犯人が、証拠を消そうとその場でいきなりお金をがつがつ食べ始める、という事件があったようです。薬物乱用の件で容疑を受けたこの人、捜査官が来たときに訴訟を取り下げてもらおうと1200ポンドを賄賂に出したそうです。しかし捜査官は賄賂を拒否、この瞬間に賄賂の証拠を消そうととっさに紙幣を口に入れ始めたもよう。結局その場で逮捕されたのですが、食べることができたお札はたった一枚だったそうです。
ごちそうさまでした。
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 14:13 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月08日

■裸で侵入するも...

Police Find Naked Man Hanging From Ceiling
アメリカはダーリントンからのニュース。3日の早朝キャッシング会社で警備のアラームがなって警察が駆けつけたところ、天井から裸の男がぶら下がっているのを発見、男(マイケルギルバート22歳)は天井からぼとりとおちてそのまま逃げ去ろうとしたのですが当然逮捕されるという事件があったようです。どうも通気口から侵入したらしいのですが、服を脱がないと入れなかったようだとのこと。ちなみにこの男、「誰かが僕の鍵を屋根の上に投げちゃったものだから、それで取りに来たんだ」だってさ。警察曰く「敷地内には現金は置いておかないんだけどね」えーとお疲れ様でした。
<ネタ元:OddNews-AP

投稿者 ono takuya : 10:19 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月03日

■デートの相手はポリスマン(男)

Fugitive goes on date with policeman
先週金曜のハンガリーからのニュース。刑務所から脱獄し逃亡していた男が、出会い系サイトに写真を載せ女の子をナンパ。デートの約束を取り付けいそいそと出かけていったらそこにいたのは脂ぎったおっさん(勝手な想像)、しかも自分を捜している捜査官だった、という悲しい話がブダペストであったようです。だから出会い系サイトはやめとけって。どうせサクラばっかりだし。ある意味今回もサクラだったわけだし。
<ネタ元:Offbeat-AFP

投稿者 ono takuya : 07:05 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月29日

■ミス刑務所コンテスト開催

Beauty contest behind bars
コロンビアからのニュース。同地最大の刑務所において、女性収監者のミスコンが行われたそうです。武装強盗のハイジ・レオンや麻薬密売人ユーリ・ウリーベなど諸悪の権化が参加する中、みごと優勝に輝いたのは、500グラムのヘロインを胃の中に入れてアメリカに密輸しようとしたユーリさんでした。いつの時代も悪い女に惹かれるのよね、男って

<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 16:30 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月27日

■マニュアル車が運転できなかった車泥棒

Manual Transmission Foils Carjacker
アメリカはカンザスからのニュース。郊外の駐車場で男がシボレーのカマロに乗っていたらショットガンを持った男が近づいてきて降りるように要求。乗っていた男性は仕方なく車を明け渡したのですが、車がマニュアル車だったために犯人が運転できず、キーだけを持って逃走するという事件があったそうです。犯人も車に乗ってから叫んだろうね。「あららー俺オートマの免許しか持ってなかったー!!」免許も持ってないのにマニュアル車盗もうなんて、本と困った子だよ
 シボレーカマロ。
<ネタ元:Odd News-AP

投稿者 ono takuya : 13:14 | コメント (0) | トラックバック

■下手なドライバーにすっぱいお仕置き

Sour taste for bad drivers
ハンガリーからのニュース。小学生が警察の交通取締りに同行し、危険な運転をしているドライバーにはすっぱいレモンを出してかじらせる、というキャンペーンをやっているそうです。ちなみに優良なドライバーにはリンゴをあげているんだとか。確かに、警察に注意されるより子どもにさとされたほうがなんだかきくようなきもするなあ。これは地域の果物拡大政策の一環として行っているらしいです。
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:30 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月16日

■新婚初夜は義理の父とin留置所

Police Charge 11 After Wedding Party Brawl
ニューヨークからのニュース。結婚式で花婿たちが次の結婚式の参列者と大乱闘、新郎、その兄、新郎の父、新郎の義理の父その他合計11人が逮捕され、当然新婚初夜は留置所で家族水入らずのひと時を過ごすという事件があったもよう。なんでも次の式に来た参列者が新郎のことをカメラマンと間違えたために口論になり、挙句の果てには参加者全員を巻き込んでの大乱闘に。結果逮捕された11人には「治安紊乱行為と第一級の暴動」容疑だとか。血の気の多いやつらよのう
<ネタ元:Odd News-AP

投稿者 ono takuya : 15:05 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月14日

■携帯ニュースその1

Phone Dealer Arrested in Sex Videos Case
ギリシャはアテネからのニュース。携帯電話の業者が、修理に持ち込まれた携帯から持ち主のプライベートセックスムービーをこっそり抜き出し、販売していたとして逮捕されました。名前が公表されていない44歳の犯人宅のパソコンからは数千本のプライベートポルノムービーも発見されたとか。つーかおまいらギリシャ人はそんなにプライベートセックスをムービーにとっているのですか(´Д`;)
<ネタ元:Odd News - AP

投稿者 ono takuya : 12:51 | コメント (0) | トラックバック

■携帯ニュースその2

Thief hid phone up her bum
今度はルーマニアからのニュース。バスの車内で携帯電話を盗んだ女性がおり、車から降りるときに乗客に訴えられたのですが、警察が来て身体検査をしても見つからず。試しに警察が盗まれた電話の番号にかけてみると、容疑者の女性の服の中からくぐもったベルの音が。この女性を警察に連行して服を脱がしてみると、なんと盗んだ携帯電話をお尻の中に隠していたことが判明。携帯は警察が殺菌剤をスプレーして持ち主に返しましたとさ、という事件でした。警察も「ブラやズボンの中に隠す犯人はいるが、お尻に隠す奴は初めてだ」とコメント。その独創性はかうけど...自分でも使いたくないんじゃないでしょうか。いや、意外とブルセラ的ニーズが...?コアだなあ
関連:
見つかったはいいが...:どちらかというとこっちの方が断然上手(?)
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:33 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月13日

■「お父さん?今強盗に行ってるの」

'My Dad's burgling your house'
オランダからのニュース。31歳の男性が仕事から帰ってくると家の前には不審な車が止まっており、後部座席には二人の子ども。「パパはどうしたの?」「うん、そこの家に強盗に入ってる」「!」...というわけで男性は大急ぎで家に飛び込むと中には家を物色している男女。見つかると二人は家から飛び出し、車に乗って逃走。いまだに行方不明だそうです。んー、週末は家族で空き巣まわり、素敵な休日を過ごされたアットホームパパのお話でした。...ってオイ!
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 13:54 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月11日

■あれ、ものまねだったの?

ジダンがいたずらの被害者に!サッカー仏代表全員がものまね芸人に騙される
えー、フランスのニュース。ラジオで有名な物まね芸人がシラク大統領を語って嘘のジョーク電話をサッカーフランス代表チームのジダン選手にかけ、「私のためにも国歌は胸に手を当てて歌ってほしい」※フランスでは普通こういうときは胸に手を当てたりしない
と電話。すっかり信じてしまったジダンと選手一同はまじめに胸に手を当ててラ・マルセイエーズを歌いましたとさ、というお話。いやーすっかり騙されちゃったね!もっと変なポーズだったらどうなってたかな?すげー気になるよ
<ネタ元:ABC振興会

投稿者 ono takuya : 19:27 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月24日

■結婚したくなくて誘拐を自作

Man faked kidnap to skip wedding
グァテマラの男性が、結婚式がいやで、式の当日失踪して誘拐されたと嘘をついたのですが、すぐにばれるという事件があったようです。25歳のこの男性、式当日にいなくなり、数時間後に現れて「誘拐されてたんだ!」と警察に主張したのですが、警察ではこの主張が嘘だとすぐに見破られ、現在警察の時間を無駄に浪費した罪で嫌疑を受けているそうです。身代金も何もなしで融解もくそもあったもんじゃないと思うのですが...さてさて、誘拐狂言してまで結婚したくなかった相手とはいったい?顔?性格?
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:36 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月20日

■刑務所に入れられる牛

Cow jailed in Colombia
もいっちょANANOVAからコロンビアのニュース。道路の真ん中をうろうろしていてバイクと衝突、事故を引き起こした牛が、その罪を問われ刑務所に入れられているそうです。女性の怪我はたいした事はありませんでしたが、警察は危険と判断してその牛さんを「逮捕」。所有者もわからないのでとりあえず「拘留」しておくそうです。「事故を起こしたら、人間なら刑務所に入れられます。牛だって当然でしょう?」と警察はコメント。なんつーか、その迷いのなさが好きです。
以前北海道の高速道路で迷い込んだ鹿に車が衝突、車の所有者が道路公団を管理責任で訴えたことがありますが(参考ページ)、結局これは裁判で認められなかったようです。「悪いのはこいつですよ!」とすかさず鹿を逮捕するぐらいの勢いが欲しいものですな
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 14:02 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月16日

■ファッキンな看板が盗まれる

ファッキン村の看板、盗難続く
オーストリアからのニュース。オーストリアには「"Fucking"ファッキン村」という英語圏的には非常に物騒な名前の村があるのですが、近年ここの看板がイギリスからの旅行者によって盗まれるという事件が相次いでいるとのこと。名前が面白いので旅の記念に持って行っちゃうんだろうけどね。そんなことだから村では旅行客に注意を呼びかけているそうです。この村は800年の歴史があって、たぶん最初に移住してきたファック氏にちなみ、それに定住を意味する"ing"がついてファッキン村になったのだろうといわれてるそうです。どうでもいいけどオーストリア内には他にも「Windpassing(オナラ)やWank on the Lake(湖の上でオナニー)といった名前の地域が存在」だってさ!
参考1:私は「きたない奴」出身です
参考2:世界の「珍名」所 大集合
<ネタ元:X51.ORG

投稿者 ono takuya : 13:27 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月14日

■せっかく透かしを入れたのに

Counterfeit $100 Bills Bear Wrong Face
はい、アメリカはインディアナ州からのニュース。バーテンダーのブランディーさんが客から受け取った$100札を光に透かしてみたら、出てきた顔がベンジャミン・フランクリンじゃなくて$5札のリンカーンだったために偽札だとすぐにばれてしまったという事件があったもようです。せっかく透かしまで入れた偽札だったのに...顔が違うなんて...ちなみに犯人のディバインさん(22)は現在4つの偽札事件と4件の窃盗で告訴されてるということです。偽造された紙幣には明らかにインクジェットプリンタで印刷したようなドットが見られるとか。いっそのこと透かしに「ピザピザピザ...って10回言ってみてください」とか書いておいてその間に逃げるとか
$100札のベンジャミン
$5札のリンカーン
<ネタ元:odd news-AP

投稿者 ono takuya : 10:03 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月13日

■あと30センチだったのに

Prisoners nearly tunnel out of jail
ブラジルからのニュース。刑務所からの脱獄を計画した67人の男達が、刑務所の外までトンネルを掘って脱出する計画を実行。ついにトンネルは完成し脱獄に成功...と思いきや、刑務所の外壁までトンネルの長さが30センチ足りず、出てきたところはまだ刑務所の中だった、という事件があったようです。当然速攻で警備員に発見され、またそれぞれの個室へ戻される残念な結果に。職員のコメント「我々は笑いをガマンできませんでした。彼らは口もきけませんでした」だってさ。もうちょっとで大脱走だったのにね
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 10:36 | コメント (0) | トラックバック

■最凶のブッキング

3人の妻が病院ではちあわせ
イギリスはケタリングからのニュース。58歳のメルビンさんが心臓のバイパス手術で入院していたら、3人の奥さんが偶然にも同時にお見舞いではちあわせするという大惨事があったようですよ。どうもこの人、前の奥さんと別居生活に入った後離婚手続きをしないで他の女性と結婚するということを繰り返してしまったようなのね。しかもどの奥さんにも内緒で(笑)仕方がないので退院したメルビンさんは警察に自主。重婚罪で「執行猶予付きで4か月の刑と、126ドルを支払うよう判決をうけた」そうですよ。別居中の奥さんも見舞いにきてくれるなんて、ちょっといい話ですね。いや、それが最凶だったわけなんですけど
<ネタ元:Tokyo-Fuku-blog

投稿者 ono takuya : 10:11 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月08日

■金玉ロック。

Testicles under padlock for two weeks
アメリカはニューハンプシャーからのニュース。男性が2週間も金玉に南京錠をはめられるという事件があったもよう。友人との飲み会で、泥酔した男性が朝起きてみたら金玉に南京錠がかかってて、一緒に飲んでた友人はいないわ、鍵ははずせないわで...という顛末のようです。男性は金のこなどを使ってはずそうとしたのですが失敗、仕方なく病院へ行く羽目になったということらしい。病院だって打つ手なし、結局錠前屋を呼んで鍵をはずしてもらったそうです。なんていうか新手の貞操帯みたいなもんかしら?
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 21:08 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月07日

■死ぬまで石を投げつけろ

同性愛セックスに投石死刑
ナイジェリアからのニュース。男性がホモセックスをしたことによる裁判で、「死ぬまで石を投げつけられる刑」を言い渡されたとか。イスラム教に基づく判断ということのようですが、要するにホモは死ねってことなんでしょうなあ。厳しいなあ。以前にも同じ判決が出たことがあるらしいのですが、世間からの批判を浴びて実際に執行されたことはないとか。
<ネタ元:痛いニュース@2hk掲示板

投稿者 ono takuya : 13:34 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月30日

■何に使うのか

Toothless man steals toothbrushes
ブラジルからのニュース。Ribeiraoという町のスーパーマーケットで、男性が歯ブラシを7本盗んで捕まったのですが、捕まえた男を見てみたら歯が一本もなかった、という話。というか歯ナシ。歯がないのに歯ブラシを盗んだ理由を本人は「なんでこんなことをしたのか全くわからない」とコメント。つーかそんなことより犯人のロドリゲスさん、32歳の若さで歯が一本も残ってないという事実のほうが無性に気になるのですがその辺は?
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 16:34 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月22日

■裸くすぐり男参上

Florida Police Search for Naked Tickler
なんのことやら、という感じですが、フロリダの警察では不法に侵入しては寝ている人の足をくすぐっては逃げていく裸の男を現在も捜索中だそうです。最近では土曜と日曜に別々の家に進入があり、初老の女性が足をくすぐられたそうです。これに似通った事件は2001年以降起こっており、警察では関連性があると見て捜査しているとか。目撃情報によると犯人は常に裸で、色白で痩せた若く見える男性のもよう。しかしこれ、...何フェチですか??つーかそんな妖怪いそうですよね、ねえ水木先生?
<ネタ元: Odd News - AP

投稿者 ono takuya : 12:31 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月15日

■新人歌手鮮烈デビュー

Charged Gang Leader Recorded Song
仰天新人歌手のデビューです。歌っているのはティーンのギャング団、歌の内容は「自分たちが襲ったタクシー強盗の自慢」。はい、そんなわけでアメリカはガーフィールドからのニュース。ティーンのギャング団のうちの一人が持っていたCDが、自分たちの強盗を自慢した内容の歌を録音したものだったために即座に逮捕されてしまうという事件があったようです。手口としては人気のないところまで客としてタクシーに乗っていき、ついたところを待ち構えてピストルで脅し、追って来れないようにタイヤに穴をあけてから逃げる、というやりかたで、きっとその辺の詳しい話も歌になってたんだろうね。詩人だなあ。「今日の強盗は最高だったぜ、一つ歌でも作ってみるかおーいえー」、と。
<ネタ元:Odd News - AP

投稿者 ono takuya : 22:11 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月13日

■これも創意工夫

Prisoners Try to Escape on Bottom of Bus
オハイオ州からのニュース。刑務所から裁判所へ出て行くバスの下に張り付いて脱獄しようとした女性の囚人二人が捕まったそうです。途中までは良かったのですが、どうやら力尽きて転がり落ちたらしく、後ろからついてきていた車にみつかった模様。片方の女性モブリーは落ちたときに背中を打って怪我、病院に運ばれたようですね。また二人が車から落ちた直後にバスのバンパーがもう片方のモリッシーの頭にあたったようなのですがこちらは特に傷は負っていないとか。いやーまさに大脱走...あくまでうまくいけばの話ですけどね。「ショーシャンクの空に」みたいにはいかないものよのう
<ネタ元: Odd News - AP

投稿者 ono takuya : 10:10 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月20日

■おバカなキッドナッピング

Two Charged in Bogus 'Jackass' Kidnapping
アメリカから。LYKENSという地区で、男性がスタンドでガソリンのお金を払っていたら、近くにいた車のトランクから目隠しされた少年が飛び出してきたんですと。車に乗っていた男性は急いでその少年を捕まえるとまたトランクに投げ込み走り去るという事件があり、みていた男性はすぐ警察に通報したのですが、あとでこの男性を捕まえてみたら実はMTVのおばか映画「ジャッカス・ザ・ムービー」に出てくるいたずらをまねをしたものだと判明、治安紊乱(びんらん)行為:秩序を乱す行為:の罪で刑事告訴にあっているとか。ネタとしては最高だが、パクリなネタなのがちょっと惜しいな。次はオリジナルを!(やめてください)

参考:ジャッカス:オフィシャルブログ
<ネタ元:Odd News - AP

投稿者 ono takuya : 10:39 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月18日

■障害者は格闘家

障害で働けない…実は黒帯、ワニとも戦う武闘派
あまりにも面白すぎるニュースなのでいろんなサイトで紹介されていますな。障害があって働けないとして生活保護を受けていた男性が、実はワニと戦ったり柔道の黒帯を取っていたりしたことが判明、詐欺罪で逮捕されてしまったそうですよ。もっとも、警察に目をつけられたのは海賊版DVDのお店を経営していたりしたからなんですけどね。懲役は一年ですってさ。こういうときこそチコネッティ判事に面白判決を出してほしいんだけどな...
<ネタ元:Tokyo-Fuku-blog

投稿者 ono takuya : 16:58 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月17日

■このピザうんち入ってる

Cheerleaders Disciplined for Feces Pizza
アメリカはテキサス州からのニュース。チアリーダーのキャンプにおいてケラー高校のチアリーダー4名が、ライバルであるFossil Ridge高校から送られたピザに自分達でうんちを混ぜ、「このピザ、うんちが入ってる!」と主張、当然そんなわけはなくキャンプ途中で家に返される、という事件があった模様。ライバル高校をおとしめるためとはいえ、あまりにもしょうもない嘘だのう。証拠作りにちゃんと自分達でうんちを混入しておいたあたりは面白いので許す。
後日ケラーのチアリーダーチームはFossil Ridge高校のチームに謝罪、手紙を読みましたとさ。
<ネタ元:Odd News - AP

投稿者 ono takuya : 09:23 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月08日

■たまにはデブも活躍しないと

19st woman sat on robber
ロシアからのニュース。ウリヤノフスク州の一軒家に3人組の強盗が押し入り現金を要求したのですが、19ストーン(約120キロ)の母さんに反撃され、一人はお尻で抑えこまれて動けなくなり、そのまま警察に引き渡される、という事件があったようです。3人組は銃を振り回して威嚇したらしいのですが、このお母さんは果敢に体当たり。一人は下敷きになって動けなくなり、残りの二人は逃げ出したとか。娘が帰ってきて警察に通報するまでの1時間以上、かわいそうなこの強盗は120キロのお母さんの尻にしかれていた模様。「デブは打たれ強い」を実証するニュースでした。曙もPrideとかなら乗っかるだけで勝てるのにねえ...
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:35 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月06日

■老後の資金に

Octogenarian Nabbed in Prostitution Ring
アメリカはLINDENWOLDからのニュース。警察が売春組織のボスを捕まえてみたら、なんと80歳のおばあちゃんだった、という話。このばあちゃんの名前はヴェラトゥルジ、アパートを経営して、コールガールに相手をさせ、160ドルの料金のうち60ドルを自分の懐に入れているのをおとり捜査で捕まえたとか。このやり方はどうも以前自分の娘に教わったらしいのですが、その娘も既に死亡。老後の助成金代わりに金が必要だったとおばあちゃんはコメントしているようです。さすがに警察も「息をするのもつらそうなこの年寄りが...?」と捕まえるのにも疑った様子。健康状態も良くないのでしょっぴくことはせず、初犯でもあるので執行猶予がつくだろうという話です。以上、元気なお年寄りを応援しようのコーナーでした
<ネタ元:Odd News - AP

投稿者 ono takuya : 11:01 | コメント (0) | トラックバック

2005年06月03日

■別れ話はセックスの後に

怒る奥さん、ハサミでちょきん!
紹介が遅くなってしまっていまさらという感じなのですが、まだ知らない方にはぜひ伝えたいニュース。バンコクからのニュースなのですが、夫のアランさん(31)が、セックスを終えた後で妻のシリポンさんに「新しい女ができたので別れてくれ」といまさら告白。キレたシリポンは深夜になって裁断用のはさみで寝ているアランさんのチン○をチョキン。激痛で飛び起きたアランさんは救急車で運ばれましたとさ。彼女には「懲役2年以下、罰金2000バーツ以下、もしくは両方が科せられることになるが、アランさんが許してくれたら罪に問われない」とのことだそうですよ。やっぱね、やっちゃった後で言われても...いや、その前なら良いのかという話だが...それにしても無事にくっついたんでしょうかね?
<ネタ元:バン週馬鹿ネタ解説

投稿者 ono takuya : 17:16 | コメント (0) | トラックバック

2005年05月24日

■一歳児逮捕される

One-year-old arrested
はい、メキシコからのニュース。1歳児が逮捕されて刑務所で一晩過ごしたそうです。パパのロジャーさんが赤ちゃんと一緒にスーパーマーケットに来た際にロジャーがウォッカを6本万引き。ビンを赤ちゃんのいるカートに押し込んでいたせいで、通報で駆けつけた警官が「カートに盗品が入っていたんだからこいつも共犯だ」と赤ちゃんを連れて行ってしまったそうです。おいおい(笑)翌日になって警察は「息子だと思っていたのが赤ちゃんだった」とようやく認識したそうですが、よっぽど老け顔の赤ちゃんだったのでしょうか...?
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:37 | コメント (0) | トラックバック

2005年05月21日

■お父さんは心配症(リアル)

Disapproving Dad Allegedly Attempts Kidnap
アメリカはアイダホから。娘の付き合っている彼氏が気に入らないからと、彼氏を誘拐しちゃったパパが誘拐と暴行罪で逮捕されたそうです。最悪2万ドルの保釈金と25年の懲役刑の可能性もあるとか。このパパはトーマスさん49歳、彼氏が昼休みの時間を狙って自分のバンに無理やり連れ込み脅した疑い。トーマスさんは娘と彼氏との付き合いに反対してたんですと。車が信号で止まった隙に男性は逃亡。知人の乗っていた車に飛び乗り、携帯電話を借りて通報、逮捕となったようです。ああ、家族愛ってすばらしい...?
なつかしの漫画「お父さんは心配症」を思い出しました。
<ネタ元: Odd News - AP

投稿者 ono takuya : 16:09 | コメント (0) | トラックバック

2005年05月18日

■おっと寝ちまったよ!

Sleepy burglar arrested
もいっちょ、中国のニュースを。詳しい都市名が出ていないのですが、とある装飾会社に窓から忍び込んだ空き巣が、冷蔵庫にケーキと牛乳を見つけてしまったのが運のつき。思わずむしゃむしゃやっているうちに睡魔に教われグーグー。朝になって職員が出勤してもまだ寝ていたそうで、速攻で警察に通報され逮捕。久々に直球のおバカ犯罪系でちょっぴりうれしくなってしまいました。ミルクとケーキを冷蔵庫に入れておくってのもりっぱな防災アイテムかもしれませんな!
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 20:57 | コメント (0) | トラックバック

2005年05月04日

■本当のブタを知れ

Man learns to tell 'pigs' from cops
ニュージーランドから。警官のことを「ブタ」と呼んだ22才の男性が、「養豚場で1日過ごし、ブタと警官の違いをレポートする」という刑を受けたそうです。彼は「ブタという単語はオックスフォードの辞書にも出ているし、しばしば警察のことを呼ぶのに使われている」と主張しましたが、だめだったようです。例のレポートでは、「ひどく酔っ払っていた。この事件以来私は酒をやめた。警察の時間を無駄に使わせてしまった」と反省している模様。なんかこういうアメリカンジョーク、あったよね...
-----裁判所にて-----
「はい、原告側の勝ち、あんたの負け、以後警察官ををブタと呼んではいけない!」
「では裁判長、ブタを「ケイサツカン」と呼ぶのはどうでしょう」
「一向にかまわない」
男は帰りにっこり笑ってこう言った
「申し訳ありませんでした警察官」
<ネタ元:ANANOBA

投稿者 ono takuya : 14:42 | コメント (0)

2005年04月30日

■カエルを救えパート

Police save frogs from juicers
カエル関連ニュース、まずはペルーから。ペルー警察はカエルを原料とする精力増強ドリンクの販売メーカーの倉庫を検挙、約4000匹のカエルを救い出したそうです。『Frogshake』と呼ばれるこの製品はカエルをジューサーで液体と化したもので、リマでは男性のセックスパフォーマンスを強めるドリンクとして人気があるんだとか。救出されたカエルは自然保護区に帰されました。警察では「これは我々がカエルをジュースメーカーから救い出す新たな聖戦だ!」といきまいているそうです。飲んでみたいようなみたくないような...いや、飲めねーだろ、普通
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 12:52 | コメント (0)

2005年04月29日

■女バーテンダー、ババアをシェイク

女バーテンダー化粧注意され、女性をシェイク
駅のホームで、バーテンダーの女性が、汗をふいていただけなのに「こんなところで化粧するなんて」注意されたのにキレて注意した女性(65)の肩をつかんでシェイク。電車に接触させ、怪我を負わせた容疑で逮捕されたそうですよ。原文自体が普通に面白いので、ぜひニュースソースも見てみてください
<ネタ元:ZAKZAK

投稿者 ono takuya : 10:02 | コメント (0)

2005年04月21日

■病院での出会い

Detective finds criminal - in next bed
ドイツからのニュース。とある犯罪者が入院したところ、隣りのベッドに寝ていたのは彼を追っていた担当の警官だったという事件がありました。犯人は41歳の「Uwe.G」。一連の強盗事件の後逃亡中で、虫垂炎にかかり入院。隣りのベッドには彼を調査していたチームの警官・ウォルターさんが膀胱の病気で入院していたそうです。犯人をみたウォルターさんはすぐに通報、病気が治り次第犯人は刑務所に移管される予定です。いやー冗談みたいなほんとの話。刑務所には入ったけど、彼は一生使えるネタを拾ったという意味では幸せ物です
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:56 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月15日

■見つかったはいいが...

盗んだ携帯を局部に隠した女
えー、タイトルで一目瞭然。ルーマニアからのニュース。ピスティという町の混雑した店内で女性が買い物客から携帯を盗んだそうで、目撃者から通報があり捕まえてみたが携帯は見つからず。目撃者が絶対に盗むところを見たというので携帯に電話してみたらあそこからくぐもった発信音が...
盗まれた被害者は戻って来た携帯の受け取りを拒否しているそうです。確かに変なスメルがつーんとくるけいたいはちょっといやだ...
<ネタ元:Tokyo-Fuku-blob

投稿者 ono takuya : 18:26 | コメント (0) | トラックバック

2005年04月06日

■事実は小説より...

Suspect's Phone Tips Police to Burglary
アメリカはテネシー州からのニュース。男性二人組みが強盗の計画を打ち合わせしていたところ、うっかりポケットの中にあった携帯電話が911(日本の110番ね)を押してしまっており、計画が全て警察に筒抜けになっていた、というオバカ事件があった模様です。どうもショールームのトレーラーハウスにある冷蔵庫を盗もうとしたらしいのだけれど、行ってみたらすぐに警察が出てきて犯人も思わずびっくりという感じ。犯人が持っていた携帯電話の機能に、9を押されたら自動的に911に電話をかける機能があったらしく、それで何かの拍子に9が押ささって電話がいったようです。やっぱ電話は折りたたみにしとけってことですかねえ犯罪者の皆さん
<ネタ元:Strange News - AP

投稿者 ono takuya : 13:36 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月31日

■撃ち殺すわよ!(マジで)

Woman, 83, Wrestles, Shoots at Intruder
テネシー州からのニュース。83歳のおばあちゃんが侵入してきた強盗と格闘、ハンドガンを2発ぶっ放して、(財布を盗まれたものの)犯人を撃退していたことがわかりました。犯人は44歳のマーク。その事件の20分後、逃走中にスピード違反で逮捕されて銃や盗んだ財布が見つかり事件発覚→御用。犯人を撃退したおばあちゃんはクララ・グロスクローズさん。階下で物音がしたので銃を持ち降りてみたところ、窓から侵入した犯人が現金を要求、犯人と格闘しているうちにおばあちゃんは銃を2発撃ち、そのうちの1発が犯人に傷を負わせていたようです。犯人は恐れをなしたのか銃と財布を奪って逃走。その後つかまったようです。銃を奪ったんなら打ち返せばいいようなもんだけど、やっぱすごいけんまくで怖かったんだろうね(笑)ビバおばあちゃん!
<ネタ元:Strange News - AP

投稿者 ono takuya : 12:28 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月30日

■リアルくまのプーさん

侵入した店内でビールを飲みすぎ...
「なんでも評点」からイギリスのニュース。34歳の男性がスナックバーに侵入してビールを盗み飲みしたのだが、たくさん飲み過ぎたせいで腹が膨れ、侵入した窓に腹がつかえて脱出できなくなり逮捕されたとのこと。ちなみに腹に入ったビールは瓶が3本、缶が3本。うーん何リットル飲んでるのかねきみは?「なんでも評点さん」も言ってるけど、なんでビールを持って帰ってから飲もうとか思わなかったんだろうねえ、よほど飢えていたのかしら...
<ネタ元:なんでも評点

投稿者 ono takuya : 19:28 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月23日

■何がしたかったのか

バスジャックしたバスの行き先は…
東京発のニュース。少年がバスをハイジャック、運転手に「羽田へ向かえ」と脅したところ、実は乗っていたバスはもともと羽田行きだった、というお話。おいおい。「なーんだ、そっかー」で済むはずもなく、とりあえず少年は威力業務妨害容疑で逮捕されたそうです。日本のおバカ犯罪もなかなか頑張ってますな、感心感心
<ネタ元:世界びっくりニュース

投稿者 ono takuya : 09:04 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月20日

■新手のナンパ

Bogus cop wanted to meet women
オーストリアからのニュース。41歳の男性が、警察官のふりをしてスピード違反で車を止めさせ、開放してあげることで女性を引っ掛けようとしていたとして逮捕される事件がありました。彼は自分の車の上に回転灯をつけ、お手製のバッジを見せて免許証などを見せるよう要求、そのあとやさしく見逃してあげる、という方法で女性が自分にほれ込んで電話番号を教えてくれるのを待っていたそうです。7人ほど試した後でとある女性に見破られ御用となってしまったわけですが、彼いわく「私が女性と出会うにはこの方法しかありませんでした」とか。ちなみにナンパの方は「ダメでした」バカ...
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:06 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月13日

■美人のビンタは痛いのかうれしいのか

強烈なビンタをお見舞いして金品を盗みまくる美人
こちらはインドのニュース。”言い寄ってきた美人女性にいきなり強烈なビンタをお見舞いされ、怯んでいる隙に自分が身に付けていた貴重品等を奪い取られてしまう事件”が多発しており、警察では行方を追っているとか。主な犯行の方法としては「両替をしてもらえないでしょうか」と言い寄られ、財布を出した瞬間鼓膜を破る勢いでびんたをされ、隙を突いて財布を奪って逃げていったとか。す...すげー
<ネタ元:AZOZ Blog

投稿者 ono takuya : 15:49 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月11日

■見ろよあの髪型

罰は奇抜なヘアスタイル――非行集団への新対抗策
うわ、今ごろ8日のニュースでごめんささい。気が付かなかった...。で、カンボジアからのニュース。犯罪を繰り返す非行少年の集団への罰則処置として、あらたに「奇抜なスタイルに刈り上げる」という罰を適用することにした、というお話。なになに、...「頭の真ん中と側頭部部分を除いて髪を刈り上げ、逆毛にするスタイルなどが含まれている」ぅぅ?逆モヒカンみたいな感じなんだろうか...写真キボーン
<ネタ元:CNN

投稿者 ono takuya : 09:30 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月25日

■贈賄安すぎた

Policeman bribed with burgers
フロリダ州から。地元のパブでけんかをして警察官に捕まえたれた男が、「マクドナルドまで連れて行ってくれたらチーズバーガーを2個買ってやるから見逃してくれ」と賄賂を持ちかけたのですが、....はい、当然連行ですね。贈賄罪までおまけについちゃって...ビッグマック10個とかにすればよかったのか?
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:25 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月18日

■フェラーリのふりで逮捕

Man arrested for driving imaginary car
えー、いまいち詳細がつかめないのですが、32歳のデヴィットさんが、フェラーリのユニフォームに車のステアリングを持ってF1のふりをして走り回っていたら逮捕されたそうです(笑)。Yorkっていうから場所はペンシルバニアかな?まあ、受けねらいのパフォーマンスなんだろうけど、逮捕するこたないだろう...?法廷に出るか道路から出て行くか迫られ仕方なく彼は警告を受け入れてパフォーマンスをやめるほうにしたそうです。ん?、この人公道でそんなことやってたのかい?本人は「絶対におかしい。じゃあスーパーのショッピングカーとで車のふりをしてもつかまるのか」とコメントしておりますが...
<ネタ元:ANANOVA

投稿者 ono takuya : 09:41 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月10日

■女性選手のあそこがありえないことに

男が女性選手に成りすまし陸上大会に
ジンバブエからのニュース。この男、女性のふりをして大会に出場、記事によると「昨年6月にボツワナで開催された地方大会で優勝、モーリシャスで開催されたユース競技会において5部門で3位以内に入賞した」ですって。それ、目立ちすぎ。同じ記事がX51でも紹介されていますね。
女性金メダリストの股間からペニス発見、大問題に ジンバブエ
なになに、この男生まれたときはチ○コもま○こあるという両性具有だったのが、「地元の呪術医に頼んでペニスを失くしてもらった。しかしその時に十分な代金を支払わなかった為、最近になって再びペニスが生えてきた」んだって。チ○コが普通に生えてきてたまるか!つーか、金の問題?ま、ジョイナーだって一時期ひげが生えてて問題になってましたよね...
<ネタ元:Excite世界びっくりニュースX51.ORG

投稿者 ono takuya : 09:34 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月06日

■ままごとだったという話

「人質」人形の“素顔” 特殊部隊兵コーディー
イスラム系武装勢力が「人質にとった」として、インターネットのウェブサイトに公表した写真の「米兵」が、実はリアルなGIジョー人形の写真だったという話。正確にはドラゴン・モデルズUSA社の「特殊部隊兵コーディー」がそれらしい。先日の一日に「戦士旅団イラク」を名乗る武装勢力が↓の写真をWebに掲載、拘束されているイラク人の開放をせまったのだけれど、アメリカ軍ではこの人は確認されていないと発表、そうこうするうちにこの人間、おもちゃのコーディーにそっくりじゃねえのかという話になったらしい。確かに周りに人は写ってないし、突きつけられている銃も付属の銃と同じもののようなんだって。なんだ、「アメリカ軍人質処刑ままごと」に付き合わされたってだけかよ、と。お疲れさんでした

<ネタ元:ZAKZAK

投稿者 ono takuya : 09:33 | コメント (0) | トラックバック